ピレア(Pilea)の育て方

ピレア(Pilea)の育て方

ピレアは、種からの栽培ではなく、苗から育てる栽培方法になります。植え付けを行う際に最適な時期とされているのは、5月から9月いっぱいまでです。用意する用土は水はけの良い土を好みますので赤玉土と川砂を混ぜ合わせたものか、市販されている観葉植物の培養土を準備して、鉢に植え付けます。

ピレアの育て方

ピレアを育てる場合には、一年中明るい日影や、室内のカーテン越しなどの間接光が当たるような場所で育てます。適度な日光で育つ事で、横に広がり過ぎずに、締まった形に成長させる事ができます。

直射日光には弱い植物なので、強い日差しに当てて育ててしまうと、葉が焼けてしまい、色が褪せてしまったり、枯れてしまう事もあります。逆に、あまり日陰の環境で育て続けて日照不足になってしまうと徒長してしまい、姿形が崩れて成長してしまいます。

ピレアは光が当たる方向を向いて、成長する特徴がありますので、バランスよく育つように、時々鉢の向きを180度変えてあげる必要があります。冬の間に、室内の窓際などの明るい場所で育てる際には、

夜間の窓際は非常に冷えやすく5度を下回る事がありますので、冬の間は昼間は窓際に置いて、夜間は部屋の奥中央に置くようにしましょう。野外では霜が付着し、枯れてしまいます。

水やりについては、春~秋の間は土の表面が乾いたときにたっぷり与えます。特に夏の間は水切れをおこさないように、毎日水やりが必要になります。ピレアは多湿の環境を好みますので、霧吹きなどを使用して、葉水で水分を保つようにしましょう。

冬の間は夏に比べ成長もあまりしない事もあり、水もあまり必要としませんので、土の表面が乾いてから、2日~3日程度待って水を与えます。冬の間に、乾燥気味に育てる事で耐寒性が上がる事にもつながります。

肥料を与える場合には、5月~9月の間に行います。液体肥料を使用する時には、10日に1回程度与えます。置き肥を使用する場合には、月に1回程度の頻度が最適とされています。肥料を与える際には肥料の濃度が濃くなりすぎないように注意しましょう。

ピレアを育てるポイントと気をつけたい病害虫

ピレアを栽培して、成長を続ける中でそのままにしておくと、あまり枝分かれせずに茎が長く伸びていき、バランスが悪くなってきます。これを防ぐ為に、ある程度茎が伸びた頃に先端の新芽を指先などでつまんで切り取ると、ワキからも芽を出し伸びてくるので、

バランスの良いまとまった形の鉢植えに仕立て上げる事ができるようになります。この様な作業のことを摘み芯と言います。ピレアを栽培する上で、注意したい事は、‘根づまり‘です。鉢の中が根でいっぱいになってしまう根づまりを起こしてしまうと、

下の方の葉が落ちてしまうようになります。このような事にならないように、事前に植え替えの作業が必要になってきます。小さな鉢であれば、1年くらいで根づまりを起こしてしまうので、鉢の底を確認して根が鉢底まで伸びてきていないかを観察します。

根が鉢底まで伸びている場合は、根づまり寸前の状態とされていますので、これを基準にして植え替え作業を行います。植え替えを行う際には、鉢から抜いた株は周りの土を3分の1程度落として、それから傷んだ根をハサミなどを使用して切り落とします。

伸びすぎて下葉が落ちてしまった茎や、弱々しくなってしまった茎もこの時根元から5センチ程度残して切り落としましょう。その後に、新しい用土を用意して一回り大きな鉢に植え替えを行います。植え替えを行うのに適した最も時期は5月~9月頃です。

ピレアを増やしたい場合には、4月~9月の間に作業をするのが最適と言われています。延びすぎた枝を切って5センチ程度に切り分けて、先端の葉を残して下葉は落とします。パーライトとバーミキュライトを均等に混ぜ合わせたものを3号程度のポットに入れ、

茎の2分の1程度を挿します。これを明るい日影に置いて、さし床を乾燥させないようにこまめに管理をしていれば2週間~3週間で発根し、1ヶ月くらいすると鉢上げができるようになります。使用する用土は植え替えをする際のものと同様のものを使います。

ピレアの栽培で気をつけたい病気は、葉枯病・炭そ病です。葉枯病は新葉が黒くなり枯れてきます。炭そ病は主に葉の部分に直径3ミリ~20ミリ程度の褐色で円形の病班が発生します。害虫では、ナメクジ・ハダニ・カイガラムシに注意が必要です。

葉に小さな穴が発生した場合にはナメクジによる被害が考えられます。ナメクジの場合には誘引剤を散布して防除をしおきましょう。ハダニやカイガラムシは年間を通して発生しますので注意が必要です。

一口にピレアと言っても姿形が様々あり、その品種によって育て方や利用方法も違ってきます。中には半低木になる品種もありますので、それぞれに合わせた育て方や環境づくりをするようにしましょう。

ピレアの歴史

ピレアは原産国・生息地がベトナムでピレア・カディエリイが正式名称になります。アサバソウとも呼ばれていますが、アサバソウとは、緑色の葉に銀白色の班が入り、英名ではアルミニウム・プランツと言います。最近出回っているのはミニマという小型品種になります。

また、南米原産のピレア・ミクロフィラもよく出回っており、米粒程大程度の葉をつけ、和名ではコメバコメミズと呼ばれています。品種もいくつかあり、ムーンバレーと言われるものは葉の色が萌黄色で、前面にちりめん状のしわが入っています。

シルバーツリーは葉が小型で緑色地に銀白色の模様が大きく入っているのが特徴です。日本には、10種類程度が自生しています。日本では自生していますが、観葉植物としては、熱帯・亜熱帯産の常緑多年草が利用されています。

ピレアの特徴

ピレアの特徴は、葉がタマゴ型をしていて、葉の表面はモコモコしています。縦方向に3本の葉脈がくっきり入っている品種のものが多く栽培されていると言われています。ピレアは直射日光に弱いので春・冬も明るい日影や室内のカーテン越しなどの、柔らかな日差しが当たるような場所を好みます。

ある程度は耐陰性がありますが、ほぼ日の当たらないような場所で管理をしてしまうと、さすがに弱って枯れてしまうので、あまりひょろひょろと成長している場合には管理場所を移動させて、明るい場所に移してあげる必要があります。耐寒温度は5度程度とされていますので霜が当たってしまうような場所では当然のように枯れてしまいます。

成長するにつれて、横に広がりながら葉を茂らせる性質を持っていますので、温室で栽培している場合には、グランドカバーによく利用されています。家庭では鉢植えで楽しむ方も多いですが、室内で栽培する事で一年を通して育てる事ができます。

また、開花前の状態の、つぼみに水がかかってしまうと、一斉に開いてボフッと花粉を吐き散らします。鉢植えにする場合、小~中鉢程度のものに植えるのが一般的ですが、株が小さいうちには寄せ植えにも使いやすい植物となります。カディエレイと言われているものの他2品種は雰囲気がかなり違っています。

このカディエレイは特に丈夫な品種とされていて、寒さにも比較的強い耐性を持ち合わせています。一年草、または多年草とされていますが、花は咲くものの、葉っぱを楽しむ植物になるので、観賞用としての栽培には向いていません。

観葉植物の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ネオレゲリアの育て方
タイトル:ビカクシダの育て方

pixta_hanashoubbu

ハナショウブの育て方

ハナショウブとは6月の梅雨の時期に花を咲かせる花弁の美しいアヤメ科の多年草です。原産は日本や中国などのアジア圏になります...

pixta_aromatexikasu

アロマティカスの育て方

この植物に関してはシソ科になります。なんとなく香りが強いことから想像することができそうです。プレクトランサス属に属する植...

pixta_kurokosumia

クロコスミアの育て方

クロコスミアは、モントブレチアやヒメヒオウギズイセンと言った別名を持つ球根植物の多年草の植物です。ヒメヒオウギズイセン(...

pixta_asagirisou

アサギリソウの育て方

アサギリソウは、ロシアのサハラン・日本が原産国とされ、生息地は北陸から北の日本海沿岸から北海等、南千島などの高山や海岸で...

pixta_ninjin13

ニンジンの育て方

ニンジンはセリ科の一種であり、この名前の由来は朝鮮人参に形が似ていることからつけられたものですが、朝鮮人参はウコギ科の植...

pixta_shikonnobotan

シコンノボタンの育て方

シコンノボタンは野牡丹の一種です。野牡丹の生息地は、熱帯や亜熱帯で、比較的暖かい地域が原産です。日本にも自生しているもの...

pixta_orearia

オレアリアの育て方

意外と感じますがキク科の植物になるので、日本にも適用するイメージが強くあります。そして大きさは高さというのは25~60c...

pixta_orenjirui

オレンジ類の育て方

インドのアッサム地方が生息地のオレンジ類は、中国からポルトガルに渡ったのは15世紀から16世紀はじめのことでした。地中海...

pixta_sarukokokka

サルココッカの育て方

「サルココッカ」はヒマラヤ、東南アジア、中国南部を原産とするツゲ科コッカノキ属の常緑小低木です。学名を「Sarcococ...

pixta_tane

果物から出てきた種を育てる方法

果物には、中に種が入っているものが多いです。果物によっては、食べながら種を取り出して、それを土に植えることで、栽培するこ...

スポンサーリンク

pixta_tomato02

日本の未来と、植物、...

日本の自給自足率が一向に上がらない今日です。国は農協解体...

pixta_miyamazenko

ミヤマゼンコの育て方

ミヤマゼンコは日本の本州中部を原産地とし、亜高山~高山に...

pixta_matorikaria

マトリカリアの育て方

花の特徴は、キク科のヨモギギク属とされています。タナセツ...

pixta_renbu

レンブの育て方

特徴としては、被子植物、双子葉植物綱にあたります。フトモ...