アボカドのたねは捨てずに育てよう

アボカドのたねは捨てずに育てよう

「森のバター」とも呼ばれている果実をご存知でしょうか。これは、アボカドの事を指しますが、栄養価が高く、幅広い年代に人気のある食材です。アボカドを食べる際には、果実の中央にある種を取り除きます。この取り除いた種は綺麗に洗い、蒔くことによって栽培することが出来ます。

アボカドの特徴

アボカドは本来は高さが20m程度になるほど大きな植物ですが、鉢植えで育てる場合には、1~2m程度にしかなりませんし、鉢のサイズによりコントロールすることも可能です。アボカドは熱帯果樹ではありますが、比較的耐寒性は強いので、関東南部以西であれば屋外で栽培することが可能です。

発芽するためには、20度以上の温度が必要となりますので、5~7月に種を蒔くようにしましょう。植えてから芽が出るまでは1ヶ月以上掛かる場合があるので、根気強く管理するようにしましょう。

アボカドの育てる方法

育て方にはいくつかの方法がありますが、芽が出るまでの過程を観察したいのであれば、水耕栽培がオススメです。これは、アボカドの種に爪楊枝を指し、尖っている方を上にして種の半分が浸る程度の水を入れた容器に入れるようにします。定期的に水替えを行うことによって、腐るのを防ぐことが出来ます。

根が出てから、芽が出てきます。水だけでもある程度は育てることが出来ますが、早めに鉢植えをするようにします。幼木の頃は、支柱を立てて固定しながら育てると、枝が折れるのを防ぐことが出来ます。ある程度の高さまで育ったら、成長を止めるために先端部分を切り、側枝を増やすようにします。

アボカドの栽培時の注意点

それを何度か繰り返します。風通しが良くなるように枝が混み合っている場合には間引くようにします。成長を止めないと、どんどん大きくなってしまい、管理が難しくなってしまうので注意が必要です。水を与えるタイミングは、葉が全て下を向いて萎れてきた頃です。

このような状態になったら、水をたっぷりを与えるようにします。冬でも5度以上になるように管理し、必要であれば室内で管理するようにします。気温が下がるようであれば、ビニールなどで覆うことにより、温度を下げるのを防ぐことが出来ますが、湿度が高いと根腐れを起こしてしまうので、水は与え過ぎないように注意が必要です。

気温が低いと葉が全て落ちてしまいますが、春になれば葉が再度出てくる可能性もあるので、捨てずに管理を続けるようにしましょう。アボカドの結実率は、1万分の1度も言われるほど低いため、実がなる事は期待しないようにしましょう。

実を付けさせたいという場合には、人工授粉をするようにします。一つの花が時間帯により性質を変えるという特徴があるため、雄花が開花したら花粉が入っている部分を摘み取り、保存し、雌花が開花したら保存しておいた花粉で樹分するようにします。

pixta_agrosutenma

アグロステンマの育て方

アグロステンマは原産地が地中海沿岸で、日本に渡来したのは1877年のことでした。渡来した当初は切花として利用されていたの...

pixta_murasakituyukusa

ムラサキツユクサの育て方

ムラサキツユクサは、TradescantiaOhiensisと呼ばれる花になります。アメリカの東部から中西部が原産地にな...

pixta_kariburakoa

カリブラコアの育て方

カリブラコアは南米原産です。1825年にメキシコの植物学者であるセルバンテスとヴィンセンテによりナス科カリブラコア属が新...

pixta_gumi

グミの仲間の育て方

グミの仲間はアジア、ヨーロッパ、北アメリカなどを原産地としており、幅広い地域を生息地にしています。約60種類ほどが存在し...

pixta_erose

植物栽培の楽しみ方について。

私たちは、身近に植物が生息しているのを知っています。いわゆる雑草は、育て方を教えなくても、年から年中、切っても切っても生...

pixta_datyura11

エンジェルストランペットの育て方

エンジェルストランペットは、茎からぶら下がるようにして、ラッパのような大きな花が下向きに咲いていく姿が印象的な植物です。...

pixta_kanpanyuraturigane

カンパニュラ・メディウムの育て方

カンパニュラ・メディウムは南ヨーロッパを原産とする花で、日本には明治の初めに入ってきたものとされています。基本的な育て方...

pixta_emadaginaru

エマルギナダ(ヒムネまたはベニゴウカン)の育て方

この花についてはマメ科、カリアンドラ属となっています。和名においてネムが入っていますが、基本的にはネムは全く関係ありませ...

pixta_amejiseji

アメジストセージの育て方

紫色の美しい花を咲かせるアメジストセージの原産地は、通説によりメキシコと言われております。そのため「サルビアレウカンサ」...

pixta_arktotisu

アークトチスの育て方

南アフリカ、熱帯アフリカを原産地とし、そこにはおよそ65種類ものアークトチスが分布しています。その中でも日本に初めて入っ...

スポンサーリンク

pixta_livingstondazy15

リビングストンデージ...

リビングストンデージーの特徴として、まずは原産地となるの...

pixta_myouga

ミョウガの育て方

種類としてはショウガ目、ショウガ科、ショウガ属となってい...

pixta_tougan

トウガン(ミニトウガ...

トウガンは漢字で書くと冬瓜と書きますが、冬の瓜と言う事か...

pixta_newginia

ニューギニアインパチ...

ニューギニアインパチェンスはその名の通り、ニューギニアが...