ハゲイトウの育て方

ハゲイトウの育て方

熱帯アジア原産の植物である”ハゲイトウ(葉鶏頭)”。暑い地域を生息地とし、春に種をまくと秋頃には枯れてしまう一年草になります。名前の由来は、このハゲイトウの葉っぱがニワトリのトサカのようにとても赤いことや、花よりも葉の方が目立つ鶏頭の種類ということで”ハゲイトウ”と呼ばれるようになりました。

育てる環境について

ハゲイトウは日当たりのよい場所で大変よく育つ植物です。熱帯アジア原産で暑い地域に生息している、非常に暑さに強い植物になります。発芽温度は25℃前後になります。庭先などの日が良く当たる場所で育てていきましょう。また、倒れないように支柱を立てて育てる方が良いでしょう。

さらに、肥料が不足してしまったり、根を傷めてしまうとしっかり成長することが出来ず、葉の色がついてしまう場合があるので注意が必要です。発芽温度は25℃前後になります。夏場の暑い時期でも育てる事が出来る植物です。また、比較的水はけの良い場所で育てるようにしましょう。

水はけの悪い場所で育ててしまうと枯れてしまう場合があるので注意が必要です。またやや乾燥した場所を好む傾向があるので植える際は注意しましょう。水はけの状態によっては急に枯れてしまう場合もあります。またあまり風の強い場所で育ててしまうと倒れてしまう場合があるので気をつけましょう。

また、あまり寒い場所で育ててしまうと枯れる恐れもあります。夏花壇には最適な植物です。きれいなその葉色を楽しむ事が出来るので、是非育ててみましょう。見ているだけでも本当にその色鮮やかさに目が行ってしまうハゲイトウ。観賞用として大変優れた植物です。またその色合いを長く楽しむ事が出来るので、たくさん植えてその色合いを楽しみましょう。花壇や庭先などだけではなく鉢植えにも適しているので是非育ててみましょう。

種付けや水やり、肥料について

苗を植える場合は、根を傷めないように気をつけるようにしましょう。また、比較的大型の植物なので、株と株の間は20cmから30cm以上取るようにしましょう。植え付けする際は、日当たりの良い場所で、また、水はけのよいころに、苦土石灰をまいて中和しておき、春になってから箱、またはポットまきにすると良いでしょう。

種から育てる場合は本葉が出たら丈夫な苗を残して間引きを行います。水をあげる場合は土の表面が乾いたらたっぷりあげるようにしましょう。あまり肥料を多くあげすぎてしまうと、逆に葉の色が悪くなってしまいます。その際は、良く日の当たる場所に置くと色鮮やかになるでしょう。苗で植えても種から育ててもしっかりきれいな色合いを見せてくれる植物になります。

大きなものでは2m近くにまで成長することが出来ます。最初は緑色の葉を出しますが、夏にかけて徐々に葉が色づいていきます。夏頃に茎の頂点から黄色と赤に色づいた葉を出します。熱帯性の植物なので、耐寒性が無い為、冬の霜が降りる場所では枯れてしまいます。植え付けや種まきをする場合5月以降がお勧めです。

大きく育てる場合は肥料が必要になるので、種をまく際にしっかり肥料を与えましょう。鉢植えで育てる場合は、土の表面が乾燥してきたら水をあげるようにしましょう。表面がまだ濡れているのであればまだあげなくても大丈夫です。

多湿になってしまう葉っぱが腐ってしまうので、水のやりすぎには注意が必要です。もし受け皿に水が溜まってしまったら水を捨てるようにしましょう。庭に直接植える際は、植え付け時に堆肥を混ぜておくと良いでしょう。植え付け後は状況を見て、2週間に1度程度液肥をあげるようにすれば良く育ちます。

増やし方や害虫について

ハゲイトウは種をまいて増やしていきます。発芽温度が25℃前後なので、5月以降に種をまいていきます。25℃以上の気温がないと発芽しないので、あまり早めにまかないようにしましょう。ハゲイトウは細かい種が飛び散るので、そのこぼれた種でも自然に増える植物です。ハゲイトウは移植を嫌う植物です。移植の際に根を傷つけてしまうと枯れてしまいます。

その為、出来れば移植しないで済む環境の、地植えすると良いでしょう。害虫はそれほど心配はいりませんが、アブラムシなどが発生する場合があります。アブラムシが発生してしまうと、食害にあいやすいのであらかじめオルトラン粒剤などをまいておくことで防止することが出来ます。それほど育てにくい植物ではないので、誰でも育てる事が出来る植物になります。

肥料を十分に与え、日光良く当ててあげればとてもきれいな葉の色を見せてくれるでしょう。大きくてとても目立つ植物なので、洋風の家の庭などにピッタリの植物です。迫力があって見応えたっぷりな葉を見せてくれるでしょう。1本では寂しくなってしまうので、数が多ければ多いほど見応えがあります。

ある程度生育すると移植は難しくなってしまうので、植え付けをする際は場所には気をつけましょう。とても暑くなる場所でも育つ植物です。夏花壇をカラフルな色で飾ってくれる植物なので、その色合いを楽しんでみましょう。赤や黄色といった色合いのものなので、あまり涼しさは感じませんがとても賑やかな印象を与えてくれる植物です。

ハゲイトウの歴史

熱帯アジア原産の植物である”ハゲイトウ(葉鶏頭)”。暑い地域を生息地とし、春に種をまくと秋頃には枯れてしまう一年草になります。名前の由来は、このハゲイトウの葉っぱがニワトリのトサカのようにとても赤いことや、花よりも葉の方が目立つ鶏頭の種類ということで”ハゲイトウ”と呼ばれるようになりました。

また、秋の雁がやってくる頃に、赤や黄色といった色が付く事から漢名の音読みで”ガンライコウ(雁来紅)”とも呼ばれています。このハゲイトウは、中国を経由して古く昔に日本に入ってきた植物です。枕草子に”かまつか”の名前で出てくる植物は、ハゲイトウの古名と言われています。ケイトウの中まであり、色鮮やかな葉を楽しむ植物になります。

古くから観賞用として栽培されてきた植物です。葉物と言う事で、観賞期間が長いので長い期間その色合いを楽しむ事が出来ます。日本では聞きませんが、古くは食用としても利用されていたということです。葉の色彩を楽しむ植物になりますが、花が咲かないわけではありません。葉の付け根付近に小さな花をつけますが、やはり葉に比べると全く目立ちません。

その為、花が咲いていても気付かない人も多いのではないでしょうか。燃えるようなきれいな色彩が本当に素敵な植物です。その為、庭先などに植えると、とても映える植物ではないでしょうか。1本で育てるよりも群生させて育てる人の方が多く、大量のハゲイトウの葉が開いている様子は本当に見物です。

ハゲイトウの特徴

ハゲイトウの葉の色は、基本的に3色から4色になります。上部が黄色で、赤~赤紫、緑とされています。葉の形も色々あり、よじれ曲がったもの幅広のものなど色々あります。花をつけますが、やはり葉が目立ってしまいます。どちらかと言うと葉を観賞する植物ではないでしょうか。まるで鮮やかな花でも咲かせているかのように見えるハゲイトウです。

比較的育て方も簡単で大変丈夫な植物になります。夏から秋頃にかけてきれいな葉の色を見せてくれます。草丈は30cmから150cm程。花期は7月から10月頃となります。属名では”アマランサス(Amaranthus)”と言われ、ギリシャ語の”amaranthos(しおれない、花期が長い)”という意味からつけられたと言われています。

種名は”tricolor(三色の)”という意味で、夏が終わり秋がどんどん深まるにつれて葉の色が3色に色付いていくからといわれています。ヒユ科の一年草になり、茎はまっすぐに伸び、葉は細長い披針形をしています。頂部の葉は秋に赤や黄色といったきれいな色に変わります。

やはりハゲイトウの特徴といえばその色鮮やかな葉の色合いではないでしょうか。黄色と赤のコントラスなど様々な色合いを見せてくれるきれいな植物です。気温が低くなればその色合いもさらに深まり、大変美しく色づいてくれます。品種によってその色合いも事なります。赤紫色をしているものもあれば4色のコントラスが美しいものもあります。

pixta_hiasinsu

ヒアシンスの育て方

ヒアシンスは16世紀前半にヨーロッパにもたされ、イタリアで栽培されていた歴史がありますが、ヨーロッパにも伝わった16世紀...

pixta_yukka02

ユッカ(Yucca)の育て方

ユッカは丈夫で、育て方もそれほど難しくありません。日当たりを非常に好むため、できるだけ日の当たる場所で栽培します。特にユ...

pixta_pepino

ペピーノの育て方

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べると決して美味しそうな色ではありません。紫色をしています。でも中は...

pixta_nanbuinunazuna

ナンブイヌナズナの育て方

ナンブイヌナズナは日本の固有種です。つまり、日本にしか自生していない植物です。古くは大陸から入ってきたと考えられますが、...

pixta_tabako

タバコの育て方

特徴として、意外な事実では、このタバコはナス科の植物ということで、タバコ属の多年草ということだそうです。どう見てもタバコ...

pixta_snowfrak

スノーフレークの育て方

スノーフレークは、ヨーロッパ中南部が原産です。ハンガリーやオーストリアも生息地になります。スノーフレークは、日本において...

pixta_edamame_03

植物の栽培、育て方のコツ。

植物を育てるのは生き物を飼うのよりはだいぶ気楽にできます。動かないので当然といえますが、それでもナマモノである以上手を抜...

pixta_sisirinkiumu

シシリンキウム・ロスラツムの育て方

北アメリカを原産地として日本には明治時代の1890年ごろに渡来してきました。鑑賞用として入ってきたのですが、繁殖力が強い...

pixta_koreopsis

コレオプシスの育て方

コレオプシスはアメリカ大陸、熱帯アフリカにおよそ120種類が分布するキク科の植物です。園芸用としては北アメリカ原産種が主...

pixta_utubokazura

ウツボカズラの育て方

ウツボカズラとは、ウツボカズラ科の植物で、食虫植物として広く知られているものの一つです。原産国は東南アジアを中心とした熱...

スポンサーリンク

pixta_milkbush

ミルクブッシュの育て...

種類は、トウダイグサ科、トウダイグサ属になります。ユーフ...

pixta_katorea02

カトレアの育て方

カトレアは、肉厚の葉とバルブと呼ばれるやや太った茎をもつ...

pixta_erigeron

エリゲロンの育て方

花の特徴として、種類はキク科になります。和名でキクの名前...

pixta_himawari_01

ミニヒマワリの育て方...

一言で「ミニヒマワリ」といっても、品種改良が行なわれ、中...