ケロネの育て方

ケロネの育て方

この花の科としてはゴマノハグサ科になります。オオバコ科とすることもあります。花の草丈は70センチ位から120センチぐらいになることもあります。花が咲くのは7月から10月ぐらいになります。育て方の難易度としてはそれ程高くないとされているので、親しみ易い花といえるでしょう。

育てる環境について

育て方として、栽培するのに適している環境はどのような所が良いかです。生息地としては北アメリカとなっていて、耐寒性としては比較的強いとされています。冬越の心配はあまりしなくていい多年草となるでしょう。湿り気がある方がいいか、乾燥しているところが良いかですが、湿っているところのほうが良いとされます。

あまり乾燥している状態は好みません。日当たりにおいては半日くらいは確実に日当たりが得られる半日陰のところが良いとされます。生息地が湿ったところが多いからと日陰などで育てようとすることがありますが、日陰だと日当たりが全く得られない状態になります。そうなると花つきが良くなくなります。

多くの花においては日当たりは花の生育に大きく影響しますから、日陰を好むとしても適度に日当たりに当たるところが良さそうです。生育期間としては春から秋となります。夏の終わりから秋にかけて花が咲きますから、この時期には乾燥させないような土地でないといけません。太陽の光は1日を通してあまり変わらないと考えるかもしれませんが、

実際は異なります。朝などはそれ程強くありませんが、西日になるとかなり強くなり乾燥状態を誘います。そのことから西日を避けられるところが適しているとされています。耐寒性があるとしてどこまでなら問題ないかですが、北海道においても露地植えが可能とされています。日本で最も寒いところで問題ないなら、ほぼどこでも植えられるでしょう。

種付けや水やり、肥料について

栽培をするときにおいて用土に関しては湿度が保てるタイプを用意します。乾きやすい、水はけが良すぎるような土は好ましくありません。多くの植物では水はけを良くするようにすることが多いですが、この花については水はけはあまり強すぎると良くなくなります。腐葉土などの腐植質のたっぷりはいった土をたくさん利用するようにします。

植木鉢で育てる場合においては配合については赤玉土の小粒を6割、腐葉土を4割程度にします。地植えの場合はあまり乾燥し切ることはありません。雨などが適度に降り土を湿らせてくれます。深い部分は簡単には蒸発しません。しかし植木鉢は植木鉢の大きさにもよりますが土が少ないだけに簡単に水分が蒸発してしまうことがあります。

それだけに乾燥には気をつけないといけなくなります。保水タイプの土を用意するだけでなく、水やりについても定期的にしっかりと行うようにします。春から秋の生育期、真夏においては特に水切れが起きやすくなるので、そのときに水を切らさないように朝のみ、夕方のみでも毎日水やりをした方がいいでしょう。

秋から冬にかけては地上部が枯れてきます。地上部が枯れても中の部分については休眠に入っています。休眠状態に入ったらそれ程水を与えたりする必要はありません。やや乾かし気味の管理にします。ベランダなどのコンクリートの照り返しが強いところはより乾燥が強くなります。湿度も低くなりがちなので、水分を多めに与えます。

増やし方や害虫について

増やす方法としては株分けを行います。最初に地植えをしたとしたら4年から5年ぐらいでかなり株が大きくなってきます。そうすると窮屈になることがあるので生育に元気がなくなってくることがあります。決して老衰状態ではありません。このときに植え替えをすることで元気を取り戻すことがあります。行う時期として良いのは春の3月くらい、秋の10月くらいとされます。

芽が出る直前であったり、休眠をする前に行うのが良いとされています。行い方としては、掘りあげた状態から株を複数にわけます。大きさにもよりますが、通常は2つぐらいです。株がかなり大きくなっているなら3つぐらいに分けることもあります。その他の増やし方としてはさし芽を行うことができます。茎の先端から8センチ位を切り取ります。

それを1時間ほど水入つけておいて、吸水させます。その後に赤玉土などをいれたポットにさしておきます。この花はかなり吸水力が強く、比較的早くに根が出てきます。根が出てきたら植え付けます。後は他の株と同様に育てていきます。発生しやすい害虫としてあるのがハダニがあります。春から秋にかけての生育期です。

どういった環境で発生するかといえば乾燥した状態になります。この花については乾燥した状態を好みませんから、普通に育てていればそのような環境にはならず発生することも無いでしょう。ちょっとした油断で発生させてしまいます。葉に水をかけたりの対処を行います。

ケロネの歴史

男性用のヘアケア用品においては一定の香りが付けられたものがあります。女性の化粧品にはいい香りがするものが多いですが、男性においてもそれなりに香りが付けられています。男性用のものについては男性用特有の香りが付けられることがあります。その香りの一つとしてはムスクと呼ばれるものがあります。

なんとなく手にとって使ったことがある人もいるかもしれません。ヘアケア商品などでは人工的に作られたものかもしれませんが、元々は麝香の香りのことをムスクと呼びます。ジャコウジカの腹部にある麝香から得られる物質を完走したもので、香料、生薬の一つです。この麝香に似た香りを出す植物としてジャコウソウと呼ばれる花があります。

そしてそのジャコウソウに似ている花としてジャコウソウモドキと呼ばれる花があります。ジャコウソウモドキについてはあくまでも花の形が似ているだけでそのように言われているので、特に麝香のにおいがするわけではありません。この花についてはいくつかの名前がありますが、最も知られている名前としてはケロネがあります。

その他にはリオン、チェロンなどの名前も付けられています。原産地は北アメリカ大陸の南東部とされています。ケロネの花名についてはギリシア語から来ているとされています。ギリシア語では亀を意味します。種の名前においては人名にちなんだ名前が付けられています。たくさんの名前があるので少しごちゃごちゃするかもしれません。

ケロネの特徴

この花の科としてはゴマノハグサ科になります。オオバコ科とすることもあります。花の草丈は70センチ位から120センチぐらいになることもあります。花が咲くのは7月から10月ぐらいになります。育て方の難易度としてはそれ程高くないとされているので、親しみ易い花といえるでしょう。こちらについては多年草なので、植えていれば毎年花を楽しむことが出来るとされています。

花の開花時期がお彼岸やお盆等に重なります。そのときに使われる仏花としても知られています。茎はしっかりしていて、水をよく吸う植物として知られています。切り花としてはできるだけ水につけて長くもってくれなくてはいけません。それに都合のいい花として使われるようです。株元からたくさんの茎を伸ばします。

そしてその先端においてもたくさんのつぼみを付けます。この点がジャコウソウに似ているところでしょう。花の色もジャコウソウに似ていてピンク色っぽい色がよく見られます。花の色としてはピンク色以外には白っぽい色の花もあります。主に栽培されているものとしては、ケロネリオニーと呼ばれるおのがあります。

早生品種としてはスピードリオン、ケロネオブクリアと呼ばれるものがあります。花に関しては花びらが開ききるようなタイプではありません。筒状のままになります。大体は斜め上を向いた形で咲くことが多くなります。葉っぱに関してはオーソドックスな形をしていて、対生タイプでつくようになっています。

pixta_rasseria

ラッセリアの育て方

この花については、オオバコ科、ハナチョウジ属とされています。科としてはゴマノハグサ科に分類されることもあるようです。原産...

pixta_pakira

上手な植物の栽培方法

私たちが普段生活している場所では、意識しないうちに何か殺風景だなとか、ごちゃごちゃ物がちらかっているなとかいう、いわゆる...

pixta_tyaborindou

チャボリンドウの育て方

チャボリンドウは、アルプスやピレネー山脈の草地原産の常緑の多年草です。チャボといえば、茶色を基調とした鶏の色をイメージす...

pixta_pakipodexim

パキポディウムの育て方

パキポディウムは、アフリカやマダガスカルなどに分布している多肉植物です。約20種類ほどが分布しています。幹があまり太らな...

pixta_piiman_01

ピーマンの育て方について

ピーマンはナス科の一年草です。ピーマンには、ビタミンAやビタミンC、カロチンが多く含まれており、大変栄養がある野菜であり...

pixta_kikyou

キキョウの育て方

キキョウとは日本史が好きな方なら、ご存知の方も多いことでしょうが明智光秀の家紋として使用されているのが、このキキョウなの...

pixta_shuukaku

野菜の栽培野菜の育て方野菜の種まき様々な方法があります

野菜の栽培といえば、日本で一番多く栽培されているのは、主食のコメでしょうか。野菜の育て方で調べてみると、多くの情報には、...

pixta_biwa

ビワの育て方

ビワは中国原産のバラ科の常緑高木で、淡いオレンジ色の果実をつけます。肉厚で甘みのある果実は生のまま食べてもいいですし、お...

pixta_zeranium

ゼラニウムについての説明と育て方

フウロウソウ科であるゼラニウムは、南アフリカに自生する温帯性の宿根草であり、欧米ではベランダや窓辺の花として最も多く目に...

pixta_himeryukinka

ヒメリュウキンカの育て方

ヒメリュウキンカの原産はイギリスで、生息地は山野の湿った草原や川沿いの林床などです。原産はイギリスではありますが、自生地...

スポンサーリンク

pixta_sugavine

シュガーバインの育て...

シュガーバインは、ブドウのような葉をつけ、葉のつけ根から...

pixta_usuyukisou

ウスユキソウの育て方

ウスユキソウは漢字で書くと「薄雪草」と書きますが、この植...

pixta_bluecatseye

ブルーキャッツアイの...

ブラジル原産の多年草である”ブルーキャッツアイ”。日本で...

pixta_keshouboku

ケショウボクの育て方

ケショウボクはダレシャンピアという名前で流通していること...