ホメリアの育て方

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花がたくさん咲いてくれます。ですから4年ぐらいはそのままの状態で植えたままにしておいて、その後花の量が減ってきたぐらいに掘り上げるといいです。植木鉢の場合は毎年堀り上げるといいです。

育てる環境について

ホメリアは日当たりがいい場所を好む植物です。日当たりのいいところが好きですので、できるだけ日の光があたる場所で育ててあげると立派に成長をしてくれます。そして寒さに関しては少し弱いですので、鉢植えの場合は寒い時期などは移動をしてあげるといいです。霜があたらないように軒下に移動してあげたり、また寒くなってきて凍りそうな時期になってきたら、室内に移動させてあげるといいです。

あまり寒い時期に外でそのままにしておかないようにしてあげます。寒さに弱い植物ですので、暖かい場所では庭植えをすることは可能です。しかし寒い場所では、鉢植えで移動できるように育ててあげるほうがいいです。庭植えの場合は、多少の霜にあたったぐらいでは大丈夫ですが、霜があたらないように霜よけをしてあげたりして、

対策をしてあげるといいです。冬の対策をしっかりとしてあげることがおすすめです。日当たりがいいところで、水はけのいい場所に育てることがおすすめです。水やりなども頻繁に行なわなくてもよくて、乾いたら与えてあげるようにして、少し乾燥気味にしてあげるといいです。

そして過湿にならないように気をつけてあげます。そして植えたらそのままでも毎年花を咲かせてくれたりもしますが、庭植えの場合は数年そのままでいいですが、鉢植えの場合に関しては、毎年植え替えをしてあげるほうがきれいな花をたくさん咲かせてくれます。その際には肥料をしっかりと与えてあげます。

種付けや水やり、肥料について

水やりに関しては、やや多湿を嫌う植物です。多湿が苦手な植物になりますので、あまり水やりをしすぎないようにしておかないといけないです。鉢植えで育てている場合に関しては、鉢の中の土の表面が白く乾いてきたころに水を与えるようにします。まだ乾ききってないときには、水を与えないように気をつけます。そして庭植えの場合はほとんど水やりをする必要がないです。

しかし夏場などやあまり雨が降らない時期で水が不足してしまってる状態の場合は水を与えてあげます。そして花が咲き終わって葉が枯れてきたら水槍を控え、葉が枯れたら水やりを辞めるといいです。庭植えの場合は特に水やりに関して気を使うことなく、植えたらそのままの状態でもかまわないので簡単な管理で大丈夫です。

そして肥料に関しては、特に多く与える必要がないです。鉢植えの場合は植えるときに土と一緒に肥料を与えて、そのほかは開花のときの前頃に置き肥料を与えるだけでいいです。開花前は3月ぐらいがちょうどいいです。また庭上の場合でも植えつけるときぐらいに土に混ぜ込んで植えてあげて、

その他は花の時期の前の3月頃に肥料を与えてあげるといいです。基本的にはあまり肥料などを与えなくても育てることができる植物になっています。花の時期になると、栄養などが必要になりますので少し肥料をいたしてあげる程度のことをしてあげるときれいな花を咲かせてくれます。あまり肥料は与えすぎても成長にはいい影響はないです。

増やし方や害虫について

ホメリアは特に害虫の心配や病気の心配などが少ない植物です。ですのであまり心配することなく育てることができます。そして水やりに関しても、あまり与えすぎたり、葉っぱが乾燥したりしないように適度に水やりをしていくことが大事になってきます。そして夏などは蒸れてしまったりしますので風通しのよいところに置くようにしておかないと害虫の被害が少ないホメリアですが、被害が出てきてしまったりします。

もし害虫の被害が出てしまった場合は、早めに害虫の薬剤を使って退治しておくことが大事になってきます。またホメリアの増やし方については、分球や種まきなどで増やすことが可能です。分球とは親球のまわりに子球ができて増えます。その子球をしっかりと離して植えることによって、また新しい花を咲かせてくれます。

分球をする時期に関しては、一番適してる時期は6月ぐらいがちょうどいいです。6月ぐらいのまだ夏になる前の暖かい時期に分球を行なうようにします。そしてしっかりと栄養が行くように分けて植えるようにしているとしっかりとした立派なホメリアが育ってくれます。また種まきによっても増やすことができます。

ホメリアは分球でも増やすことができますが、種も取ることができます。だから種をとって植えて育てることが可能です。その際の種まきの時期に関しては、秋に行なうといいです。夏の終わりの時期で、冬の寒さが来る前に種まきを行なうことで、新しい根がでてきます。

ホメリアの歴史

ホメリアは暖かい場所で育つ植物です。育て方は日当たりのいい風通しのいいところで育てることがおすすめです。アヤメ科の植物になっていて、栽培する環境は暖かい場所が好みです。南アフリカ原産の秋植え球根です。あまり栽培をしてるところは少ないですが、比較的生息地によっては、耐寒性があって栽培に関しては、簡単に育ってくれます。鉢植えの場合に関しては植え替えなどを毎年したほうがいいですが、

庭植えの場合に関しては、寒さのことを気をつけて霜があたらないように、霜よけをしたりして対策をしていたら、毎年植え替えなくてそのままでも毎年花が咲いてくれます。花は次々とたくさん黄色い花を咲かせてくれます。開花の時期は4月から5月ぐらいになっていて、ひとつの茎からたくさんの枝分かれになっていて、その先から多くの花を咲かせてくれます。

ですので、植えるときに、間隔をあげてまとめて植えてあげると立派なたくさんの花を咲かせてくれますので楽しむことが可能になっています。そして花が終ったら、花茎を切り取っておきます。もし種がほしい場合は花をそのままの状態に放置をしておいて、取りたい量だけ種をとって、

またその種を植えることによって、新しい根がでてきます。そしてホメリアはこぼれ種によっても新しい根が出てくることが多いです。ですので、庭植えなどになると、霜よけなどを気にしておくことによって、ほっておいてもたくさん毎年花が咲いてくれたりして楽しめます。

ホメリアの特徴

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花がたくさん咲いてくれます。ですから4年ぐらいはそのままの状態で植えたままにしておいて、その後花の量が減ってきたぐらいに掘り上げるといいです。植木鉢の場合は毎年堀り上げるといいです。そして球根を掘り上げる場合には、6月頃に行なうとちょうどいいです。

そして掘った球根は室内の涼しいところに保管しておきます。植える時期は10月ぐらいに行なうといいです。そして3月ぐらいに花が咲くまえに肥料を与えて、花が咲いてくれるのを待ちます。花に関しては一日花になります。だからすぐに花はかれてしまって終わりますが、次から次へと花が咲いてくれますので、かなり長い期間花の時期を楽しむことが可能になっています。

特に手間をかけることなく育てることが出来る植物になっていますので、あまりお手入れをしすぎないように、過保護にならないようにしてると立派に育ってくれます。気をつけておくことは、過湿にならないように、水のあげすぎには気をつけておくことと、また肥料はあまり与えすぎないようにしておくことと、

霜に当たらないように注意をして育てることです。鉢植えの場合に関しては、冬などは室内に移動させたりしておくことによって、また新しく花を咲かせてくれたりします。種まきや分球で簡単に増やすことができて、そのまま植えっぱなしでも育ちます。

pixta_himeshara

ヒメシャラの育て方

ヒメシャラはナツツバキ属のうちのひとつです。日本ではナツツバキをシャラノキ(沙羅樹)と呼んでおり、似ていますがそれより小...

pixta_sagigoke

サギゴケの育て方

サギゴケは日本を原産とする多年草です。本州、四国、九州などが生息地です。日本以外だと、台湾や朝鮮半島南部で見ることができ...

pixta_hyoutan

ヒョウタンの育て方

ひょうたんの歴史について、ご紹介したいと思います。ヒョウタンは本来中国原産の植物で、日本に入ってきたのは、奈良時代前期だ...

pixta_kutinasi

クチナシ(実)の育て方

クチナシの特徴としては、やはり花の可憐さでしょうが、照り輝く白い色をしていて、まるで和菓子のような感じもしますが、最近は...

pixta_sagisou

サギソウの育て方

サギソウはラン科サギソウ属サギソウ種の多年草で、日本や台湾、朝鮮半島が原産となっています。日本では北海道や青森などを除い...

pixta_meranpojiumu

メランポジウムの育て方

メランポジウムはメキシコや中央アメリカを原産としていて、その用途は鉢植えや寄せ植え、切り花などに用いられています。なお、...

pixta_kianotis

キアノティスの育て方

キアノティスは熱帯アジアと熱帯アフリカを生息地とする植物です。原産の地域では高さが10センチから40センチくらいになりま...

pixta_tukimisou

月見草の育て方

月見草とは、アカバナ科マツヨイグサ属に属する多年草のことをいいます。原産地はメキシコで、江戸時代には日本にも渡来し、鑑賞...

pixta_riceflower

ライスフラワーの育て方

ライスフラワーの特徴として、種類としてはキク科、ヘリクリサム属になります。常緑低木です。草丈としては30センチぐらいから...

pixta_taimu

タイムの育て方について

タイムはインド、北アフリカ、アジアを原産とするシソ科のハーブで、たくさんの品種があります。主に料理用に使われるコモンタイ...

スポンサーリンク

pixta_shunran

シュンランの育て方

シュンランはラン科シュンラン属の植物で、洋ランとして馴染...

pixta_ominaesi

オミナエシの育て方

オミナエシは多年草で無病息災を願って食べる秋の七草の一つ...

pixta_sisiudo

シシウドの育て方

シシウドの原産地は日本になります。別名をウドタラシと言う...

pixta_prbango

プルンバゴの育て方

プルンバゴは、イソマツ科、ルリマツリ属(プルンバゴ属)と...