小松菜の育て方について

小松菜の育て方について

最近はすっかり家庭菜園のブームも一般に浸透して、いろいろな自家製の作物を収穫している人も少なくありません。食品の安全を脅かすようなニュースが何かと耳に入ってくる今の時代には、家庭で調理する作物を自家製で調達するというのは有効な対策になります。

小松菜の特徴

また何と言っても自分で育てた作物で出来上がった料理は、スーパーで買った商品を使うのとはひと味違ったものになります。家庭菜園でどのような作物を育てるのかはその人の好みにもよるのですが、小松菜はその有力な候補のひとつになります。

というのも小松菜はその育て方が簡単なこともあって初心者向きの作物と言えるのです。寒さに強いという性質のおかげで育てられる期間が長いというのもありますし、連作も比較的容易な作物なので、慣れてくれば1年に何回も収穫することができます。

小松菜はビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいる野菜としてよく知られているので、健康に気をつけている人にとっても魅力的な作物です。小松菜は適応力が高くて丈夫なので、家庭菜園を始めたばかりの初心者にとっても育てるのが簡単な作物だと言えます。

こちらの小松菜の育て方も詳しく書いてありますので、参考になります♪

小松菜の種まき

小松菜の種まきをするにあたっては条まきをしておくのがオススメです。条まきとは土に溝を掘って、その溝に沿って種をまくことを指すのですが、条まきをしておくことによって後々行うことになる間引きの作業がやりやすくなります。

この条まきはいろいろな野菜の栽培で用いられている手法です。溝は5ミリ程度の深さになるように引き、何本も引く場合には15センチから20センチくらいの間隔を目安にして引きます。

種をまくと軽く土をかぶせてあげるのですが、この時にあまり土をかぶせすぎると発芽する率が下がってしまうので気をつける必要があります。条まきの溝を掘る時に深く掘りすぎても同じようなことになるので注意しなければいけません。

小松菜の栽培時の注意点

土をかぶせる時には土と種が密着するように軽く押さえておくと、後で水やりをした時に水が種に吸収されやすくなります。種を植えた後は土の乾燥に注意してしっかりと水やりをします。

と言っても小松菜は乾燥に強い性質を持っている作物なので、土の表面が乾いた時にしっかり水やりしておけばよく、それほど神経質になる必要はありません。水やりをする時には土が流れたり、芽が倒れたりしないようにジョウロを使って丁寧に行います。

芽が成長してきて込み合ってくると間引きをします。間引きした分もサラダや味噌汁の具などに使えるので一石二鳥になります。追肥は間引きをした後の成長を見ながら適時行います。草丈が20センチ程度に育ってくると収穫を行います。大きくなりすぎると味が落ちてしまうのでタイミングを見計らうことが大切です。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪♪
タイトル:コマツナの育て方

SONY DSC

フロックスの育て方

フロックスとは、ハナシノブ科フロックス属の植物の総称で、現時点で67種類が確認されています。この植物はシベリアを生息地と...

pixta_azarea

アザレアの育て方

アザレアは名前の由来がラテン語のアザロスつまり乾燥という意味の言葉です。アザレアは乾燥した地域に咲くことからこう名付けら...

pixta_suzumenoendou

スズメノエンドウの育て方

生息地は日本となっていますが、マメ科のソラマメ属に分類しています。後援などに雑草のようにその姿が見られ、古くから周りの草...

pixta_mizuaoi

ミズアオイの育て方

かつてはこのように水辺に育っている植物を水菜ということで盛んに食べていたそうで、万葉集の歌では、春日野に、煙立つ見ゆ、娘...

pixta_askrepias

アスクレピアスの育て方

アスクレピアスという花は、その色合いが赤とオレンジの色合いが綺麗に混ざり合い、その為に太陽などと引き合いに出される事もあ...

pixta_aoki

アオキの育て方

庭木として重宝されているアオキは、日本の野山に自生している常緑低木です。寒さに強く日陰でも丈夫に育つうえ、光沢のある葉や...

pixta_runaria

ルナリアの育て方

別名にゴウダソウやギンセンソウの名を持つルナリアは、学名Lunariaannuaで他にマネープラントという名を持つ二年草...

pixta_tokeisou11

トケイソウの仲間の育て方

トケイソウの仲間は中央アメリカから南アメリカにかけてが原産地とされています。生息地は熱帯地域が中心で、現在では世界中に数...

pixta_nanbuinunazuna

ナンブイヌナズナの育て方

ナンブイヌナズナは日本の固有種です。つまり、日本にしか自生していない植物です。古くは大陸から入ってきたと考えられますが、...

pixta_feijoa

フェイジョアの育て方

フェイジョアは1890年にフランス人の植物学者であるエドアールアンドレによってヨーロッパにもたらされた果樹です。元々は原...

スポンサーリンク

pixta_milkbush

ミルクブッシュの育て...

種類は、トウダイグサ科、トウダイグサ属になります。ユーフ...

pixta_tomato02

日本の未来と、植物、...

日本の自給自足率が一向に上がらない今日です。国は農協解体...

pixta_rakanmaki

ラカンマキ(実)の育...

特徴としてはマキ科、マキ属になります。シンボルツリーとし...

pixta_kyabetsu_01

きゃべつの育て方を教...

きゃべつは涼しい所を好み低温に強い作物です。また、冬を越...