小松菜の育て方について

小松菜の育て方について

最近はすっかり家庭菜園のブームも一般に浸透して、いろいろな自家製の作物を収穫している人も少なくありません。食品の安全を脅かすようなニュースが何かと耳に入ってくる今の時代には、家庭で調理する作物を自家製で調達するというのは有効な対策になります。

小松菜の特徴

また何と言っても自分で育てた作物で出来上がった料理は、スーパーで買った商品を使うのとはひと味違ったものになります。家庭菜園でどのような作物を育てるのかはその人の好みにもよるのですが、小松菜はその有力な候補のひとつになります。

というのも小松菜はその育て方が簡単なこともあって初心者向きの作物と言えるのです。寒さに強いという性質のおかげで育てられる期間が長いというのもありますし、連作も比較的容易な作物なので、慣れてくれば1年に何回も収穫することができます。

小松菜はビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいる野菜としてよく知られているので、健康に気をつけている人にとっても魅力的な作物です。小松菜は適応力が高くて丈夫なので、家庭菜園を始めたばかりの初心者にとっても育てるのが簡単な作物だと言えます。

こちらの小松菜の育て方も詳しく書いてありますので、参考になります♪

小松菜の種まき

小松菜の種まきをするにあたっては条まきをしておくのがオススメです。条まきとは土に溝を掘って、その溝に沿って種をまくことを指すのですが、条まきをしておくことによって後々行うことになる間引きの作業がやりやすくなります。

この条まきはいろいろな野菜の栽培で用いられている手法です。溝は5ミリ程度の深さになるように引き、何本も引く場合には15センチから20センチくらいの間隔を目安にして引きます。

種をまくと軽く土をかぶせてあげるのですが、この時にあまり土をかぶせすぎると発芽する率が下がってしまうので気をつける必要があります。条まきの溝を掘る時に深く掘りすぎても同じようなことになるので注意しなければいけません。

小松菜の栽培時の注意点

土をかぶせる時には土と種が密着するように軽く押さえておくと、後で水やりをした時に水が種に吸収されやすくなります。種を植えた後は土の乾燥に注意してしっかりと水やりをします。

と言っても小松菜は乾燥に強い性質を持っている作物なので、土の表面が乾いた時にしっかり水やりしておけばよく、それほど神経質になる必要はありません。水やりをする時には土が流れたり、芽が倒れたりしないようにジョウロを使って丁寧に行います。

芽が成長してきて込み合ってくると間引きをします。間引きした分もサラダや味噌汁の具などに使えるので一石二鳥になります。追肥は間引きをした後の成長を見ながら適時行います。草丈が20センチ程度に育ってくると収穫を行います。大きくなりすぎると味が落ちてしまうのでタイミングを見計らうことが大切です。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪♪
タイトル:コマツナの育て方

pixta_oobahabusou

オオバハブソウの育て方

オオバハブソウはオオバノハブソウとも言われ、古くから薬用として珍重されてきた薬草です。江戸時代に渡来した当時は、ムカデ・...

pixta_iwashajin

イワシャジンの育て方

イワシャジンは関東地方の南西部や中部地方の南東部の山地の岩場などで見つけられることができる紫色と小さな花をつける大きめの...

pixta_nemunoki

ネムノキの育て方

ネムノキは原産地が広く、日本や朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ、インドなどが代表的なものとなっています。このほかにもイラン...

pixta_nekonohige

ネコノヒゲの育て方

このネコノヒゲの特徴は、何と言ってもピンと上を向いた猫の髭の様な雄しべと雌しべではないでしょうか。髭の様な雄しべと雌しべ...

pixta_saboten

観葉植物の育て方について

そもそも観葉植物というのは、室内において自然らしさを楽しむための植物であり、針葉樹木や温帯地域に生息する樹木、宿根草から...

pixta_boke

ボケの育て方

ボケはもともと中国原産の落葉低木です。梅と比べてもかなり木の丈が低く、コンパクトな印象で春の花木として人気があります。 ...

pixta_nasutachiumu

ナスタチウム(キンレンカ、金蓮花)の栽培

ナスタチウム(キンレンカ、金蓮花)は、南米原産のノウゼンハレン科のつる性の一年生です。開花時期は5月から10月過ぎる頃ま...

pixta_korokasia

コロカシアの育て方

コロカシアの原産と生息地は東南アジアや太平洋諸島です。それらの地域ではタロという名前で呼ばれていて、主食としてよく食べら...

pixta_sarusuberi

サルスベリの育て方

サルスベリは、木登り上手のサルですら、すべって登ることができないほど、樹皮がツルツルとなめらかなことからつけられた名前ら...

pixta_nanakamado

ナナカマドの仲間の育て方

ナナカマドの仲間は、バラ科の落葉高木で、学名がSorbuscommixta、漢字で「七竈」と書きます。「庭七竈」は、学名...

スポンサーリンク

pixta_tisimagikyou

チシマギキョウの育て...

チシマギキョウは、キキョウ科ホタルブクロ属に属している多...

pixta_katasetam

カタセタムの育て方

カタセタムの科名は、ラン科、属名は、カタセタム属になりま...

pixta_kinkan

キンカンの育て方

キンカンは、他の柑橘類と同じように、元々の生息地はインド...

pixta_abokado

アボカドの栽培につい...

栄養価が高く、サラダやサンドウィッチの具材としても人気の...