プランターで栽培できるほうれん草

プランターで栽培できるほうれん草

ほうれん草の生育適温は15~20°Cで、低温には強く0°C以下でも育成できますが、育ちが悪くなってしまうので注意が必要です。発芽適温は15~20°Cで、25°C以上では発芽率が低下します。日が長くなると搭が立ちやすくなるので、ベランダで栽培する場合は街頭や部屋の明かりに注意します。

ほうれん草の育て方

ほうれん草の生育適温は15~20°Cで、低温には強く0°C以下でも育成できますが、育ちが悪くなってしまうので注意が必要です。発芽適温は15~20°Cで、25°C以上では発芽率が低下します。日が長くなると搭が立ちやすくなるので、ベランダで栽培する場合は街頭や部屋の明かりに注意します。

ほうれん草の種は数センチ間隔で植えつけ、間引きしながら育てます。プランターの代わりに植木鉢で育てることも十分可能です。種まきから3日~1週間ほどで発芽しますが、発芽した直後はまだ茎が細く弱いので、本葉が3~4枚に育つまでは、強い雨に直接当たらない場所で育てるようにします。

ほうれん草の育て方のコツで大切なのが水やりです。ほうれん草は乾燥を嫌うので、晴天の日は必ず水やりをして下さい。10日に1度ほどのペースで液肥を混ぜたものを与えると育ちがよくなります。

水やりは、晴れた日の午前中に1度だけにする事もほうれん草の栽培において欠かせないコツの一つです。日が陰る頃には、葉が乾いている状態にしておくことが病気を防ぐためにとても大切になります。

ほうれん草の間引き

ほうれん草の種まきから収穫までに、1度は必ず間引きをする事がほうれん草を大きく育てるためには不可欠です。間引きのタイミングは本葉が2~3枚になった頃に、株間が3cm程度になるように行います。

より大きく育てたい場合は本葉が4~6枚ほどになったタイミングで2度目の間引きをし、株と株の間に5~7cmほどの十分なスペースを確保します。また、1度目の間引きのタイミングで追肥することもほうれん草を大きく育てるコツになります。

ほうれん草は植え付けから、春まきは30日~40日、秋まきは30日~50日ほどで収穫のタイミングを迎えます。草丈が20cmに育った頃が収穫の目安となり、大きく育った株から順番に株ごと抜き取って収穫します。

ほうれん草は葉が弱くとても折れやすいので、株元の土を抑え、株全体を持って引き抜くように収穫します。ほうれん草は連作ができない野菜なので、続けて栽培する場合はプランターの土を新しい物に換える必要があります。

ほうれん草の栽培時の注意点

初心者がほうれん草を栽培する時は、暑さをさけるため、秋に種をまいた方が育てやすいようです。ほうれん草にはアブラムシやヤガ、メイガという害虫が発生しやすいので、害虫を見つけたらすぐに取り除き、害虫による被害を防ぎましょう。

また、よく発生する病気にベト病があります。多湿を防ぎ、病気に強い品種を選ぶことがほうれん草の栽培を上手に行うコツになります。たくさんの種類があるほうれん草ですが、オーライ、エスパー、次郎丸、アトラスなどが比較的育てやすい種類になるので、初心者の方はそれらの品種の中から選ぶことをおすすめします。

pixta_mizuaoi

ミズアオイの育て方

かつてはこのように水辺に育っている植物を水菜ということで盛んに食べていたそうで、万葉集の歌では、春日野に、煙立つ見ゆ、娘...

pixta_jastadazy

シャスタデージーの育て方

シャスタデージーの可憐な花は、アメリカの育種家である、ルーサー・バーバンクによって作り出されました。ルーサー・バーバンク...

pixta_berebaria

ベレバリアの育て方

特徴としてはヒアシンス科となっています。ムスカリに関してはキジカクシ目、キジカクシ科、ツルボ亜科、ヒアシンス連となってい...

pixta_orenjirui

オレンジ類の育て方

インドのアッサム地方が生息地のオレンジ類は、中国からポルトガルに渡ったのは15世紀から16世紀はじめのことでした。地中海...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイリンエイザンスミレの育て方

多年草で、すみれ科すみれ属に分類されています。日本海側には生息数が少ないので、主に太平洋側の山岳地帯のほうが見つけやすい...

pixta_midorinokaten

緑のカーテンの育て方

緑のカーテンの特徴としては、つる性の植物であることです。主に育てるところとしては窓の外から壁などにはわせるように育てるこ...

pixta_myouga

ミョウガの育て方

種類としてはショウガ目、ショウガ科、ショウガ属となっていますから、非常にショウガに近い植物であることがわかります。開花の...

pixta_mizunakyouna

ミズナ(キョウナ)の育て方

ミズナは関西では”ミズナ”、京都では”キョウナ”と呼ばれる山菜です。原産地は京都になり日本固有の野菜になります。ビタミン...

pixta_siso11

シソの栽培と育て方プラス収穫後の楽しみ

日本人の好むシソは香草であり、料理の添え物や天ぷら、薬味、漬物などに使用されています。大きく分けると青シソと赤シソの2種...

pixta_ekinopus

エキノプスの育て方

エキノプスはキク科ヒゴタイ属の多年草植物の総称で、この名前の由来はギリシア語で「ハリネズミ」を意味する「エキノス」と「~...

スポンサーリンク

pixta_yukka

ユッカという観葉植物...

リビングルームや廊下の片隅に一つ観葉植物を置いておくだけ...

pixta_mituba

みつばの育て方

みつばの特徴としてはセリ科に該当します。せりといいますと...

pixta_siraneaoi

シラネアオイの育て方

シラネアオイの原産地は、日本で日本固有の壱属一種の多年草...

pixta_shuukaku

我が家で行っている家...

我が家では、猫の額ほどの庭ではありますが、自分たちの食べ...