トマトの栽培における種まきや植え付けの時期及び育て方について

トマトの栽培における種まきや植え付けの時期及び育て方について

トマトは世界一の需要量を誇る野菜で、日本でも比較的良く食されています。気候的にも栽培に適する事から、家庭菜園レベルであっても頻繁に選択される野菜です。トマトは収穫が一度で終わらず、木が枯れるまでの間に何度も実を付ける性質があります。従ってトマトの栽培においては、収穫期間を長く取れるような方法を取る事がポイントとなります。

トマトの育て方

トマトは夏野菜に該当しますが、もともとの原産地が高地である事から比較的寒さにも強いという特徴があります。但し、苗の段階で霜が掛かったりすると痛んでしまいます。そこで、霜の被害が考えられない範囲で極力早い時期に育て始めるのがポイントとなります。

具体的には4月~5月上旬が適切な時期に該当します。苗を購入して育てる場合には、植え付けをこの時期に合わせれば概ね問題が無いという事になります。一方で苗は販売される品種が限られる事から、最近は種からトマトを育てる事も増えています。

トマトの種まき

トマトの種まきを行う場合はいきなり露地にまくのでは無く、概ね2ヶ月程度の育苗期間を経た後に植え付けを行う必要があります。従って種まきは早ければ2月という事になりますが、この時期では環境が合わないので保温を行ってやる必要が生じます。

これが難しい場合には、植え付け時期が遅れるものの4月頃に種まきを行うのが次善策となります。このように種まきや植え付けの時期にポイントを見出せるトマトですが、その育て方にも様々なポイントがあります。まず根本的な部分で考えなければならないのは、連作障害の問題です。

トマトの栽培時の注意点

トマト栽培で一番の壁となるのが連作障害であり、これはトマトを含むナス科全般に共通する問題点です。従って前年にトマト栽培を行った場所は勿論の事、同じナス科に該当するナス・ピーマン・ジャガイモを前年に育てている場合にも、トマト栽培は避ける必要があります。

次にトマトの栽培のポイントとなるのは、ある程度育って来てからの管理です。まず前述のように高地に原産を求められるトマトは比較的乾燥環境に強く、逆に水分に恵まれ過ぎている環境には弱い面があります。

その為に、雨水が直接当たるような環境では水分を吸い過ぎて、実が割れるといった障害が起きる可能性があります。ですので、雨除け等の設置が必要となります。また、成長段階のトマトは茎が上方に向かって大きく伸びるので、これを支えてやる必要があります。

具体的には50~60cm程度の支柱を立て、茎を誘導してやる必要もあります。そして伸び過ぎを防止する意味でも、支柱最上に達した段階で茎の先端を積み取る事が望ましいと言えます。こうすると高さの面で管理し易くなると共に、栄養が集中し易くなって美味しく・大きい実を付ける可能性を高める事が出来ます。

pixta_renankyurasu

レナンキュラスの育て方

レナンキュラスはキンポウゲ科・キンポウゲ属に分類され、Ranunculusasiaticsの学名を持ち、ヨーロッパを原産...

pixta_himeougizuisen

ヒメヒオウギの育て方

現在の日本国内で「ヒメヒオウギ」と呼ばれる植物は、正式名称を「ヒメヒオウギズイセン」と言います。漢字では姫の檜の扇と書き...

pixta_alissam

アリッサムの育て方

アリッサムはミヤマナズナ属のアブラナ科の植物で、日本で一般的にアリッサムと呼ばれているものはニワナズナなので、かつてはミ...

pixta_sebrina11

ゼブリナの育て方

ゼブリナは、ツユクサ科トラデスカンチア属で学名はTradescantia zebrinaです。別名はシマムラサキツユクサ...

pixta_yuri

ゆりの育て方

ゆりは日本国であれば古代の時期から存在していました。有名な古事記には神武天皇がゆりを摘んでいた娘に一目惚れして妻にしたと...

pixta_gyoryubai

ギョリュウバイの育て方

ギョリュウバイはニュージーランドとオーストラリアの南東部が原産のフトモモ科のギョリュウバイ属に分類されている常緑樹で、日...

pixta_kanenonaruki

カネノナルキの育て方

多年草であるカネノナルキは、大変日光を好む植物です。しかし、日陰で育てても特に枯れるわけではありません。非常に生命力溢れ...

pixta_hanatoranoo

ハナトラノオの育て方

ハナトラノオは北アメリカ東部を原産地とする植物であり40センチから1メートル程度の大きさに育つ多年草の草花です。かわいら...

pixta_biwa

ビワの育て方

ビワは中国原産のバラ科の常緑高木で、淡いオレンジ色の果実をつけます。肉厚で甘みのある果実は生のまま食べてもいいですし、お...

pixta_nasutachiumu

ナスタチュームの育て方

黄色やオレンジの大きな花をつぎつぎと咲かせるため、ハーブの利用だけでなく観賞用としても人気のナスタチューム(ナスタチウム...

スポンサーリンク

pixta_jinia

ジニアの育て方

ジニアはメキシコが原産の植物です。生息地はメキシコあたり...

pixta_bshukinia

プシュキニアの育て方

プシュキニアはトルコやレバノンの辺りを生息地としている高...

pixta_kureson

クレソン(オランダガ...

クレソンは、日本では和蘭芥子(オランダガラシ)や西洋ぜり...

pixta_mansaku

マンサクの育て方

マンサクの名前がついた由来といわれるものは3つあります。...