トマトの栽培や育て方について

トマトの栽培や育て方について

もうすぐ春がやってきます。そうなると、夏野菜の種まきや栽培を始められる方も多いのではないでしょうか。ここでは、初心者でも簡単にできる、トマトの栽培方法と育て方について、述べてみたいと思います。

トマトの育て方

まず、初心者の場合のトマトの育て方ですが、大きなトマトよりは、ミニトマトの栽培から始められる事をおすすめします。やはり、大きなトマトになるほど、実がなるまでに時間がかかりますし、熟すまでに虫に食べられたりするなどして、食べるまでに至るケースが少ない可能性があるからです。そのため、ミニトマトの方が、断然育てやすいといえるでしょう。

まず、種からまいても良いですが、ホームセンターなどで苗を買うと、簡単に栽培することができます。結構根が張りますので、なるべくプランターは大きな物を用意しましょう。野菜栽培専用の土を用意し、種や苗を植えます。苗が育ってくると、支柱を用意してあげます。

そして、苗が垂れさがらないように、支柱にひもでくくりつけてあげると、まっすぐに成長していきます。この時、あちこちに枝分かれしていきますが、放置しておくと、全ての枝に栄養成分がいきとどいてしまいます。そうなると、花や実がつきにくくなってしまいます。

トマトの剪定と肥料

そのため、主な茎と枝を残して、散らばっているものは切り落とす必要があります。日を増すことにトマトはぐんぐん成長していきます。そうなると、土の栄養もなくなってきてしまいます。そのため、月に一度ほど、肥料を混ぜてあげると良いでしょう。

また、支柱も長いものに交換する必要があります。数本立てて、円を描くように巻きつけても良いですし、そのまま縦に育つよう、ひもでくくりつけてもかまいません。

トマトの栽培時の注意点

枝や茎が成長してくると、アブラムシや小さな虫がついてきます。これはこまめに退治する必要があります。しかし、テントウムシの幼虫はそのままにしておいてください。テントウムシの幼虫は、ホタルに似た赤い色の虫ですが、アブラムシなどを食べてくれます。

トマトの成長には影響がありませんので、もしいたら、ラッキーだと思ってください。トマトが赤くなってくると、今度は鳥が狙ってくる可能性があります。あまりにもひどい場合は、新聞紙などで覆い隠してください。しかし、日光にも当てなければならないので、ひどい場合のみにした方が良いでしょう。

ちなみに水やりは、朝晩の2回するのがおすすめです。このようにして、トマトの栽培をされると良いと思います。ミニトマトの場合は、想像以上に簡単なので、ほとんどの方が実をつけるまでに至ると思います。

ただ、肥料と水やりを忘れないこと、そして一日一度は虫がいないかチェックすることだけは忘れないようにしてください。自分で育てた野菜は、おいしいです。意外とたくさん実がなるので、楽しいですよ。

pixta_karankoe

カランコエの育て方

乾燥に強い性質のある多肉植物で、育てるのに手間がかからず、鮮やかな色の花だけではなく、美しい葉そして面白い株の姿を鑑賞す...

pixta_barerina

バラ(バレリーナ)の育て方

バレリーナの特徴としてはまずはつる性で伸びていくタイプになります。自立してどんどん増えるタイプではありません。ガーデニン...

pixta_calllabi

コールラビの育て方

コールラビとは、学名をBrassica oleraceaと言い、英語名をKohlrabiと綴ります。その形は球根とキャベ...

pixta_abokado

食べ終わったアボカドを観葉植物として栽培しよう

最近、美容にとてもいい効果があるとしてハリウッド女優やモデルがよく食べているというアボカドは、栄養価が高く質のいい不飽和...

pixta_difenbakia

ディフェンバキアの育て方

ディフェンバキアはサトイモ科ディフェンバキア属で原産地や生息地は熱帯アメリカです。和名にはハブタエソウやシロガスリソウと...

pixta_aeonium

アエオニウムの育て方

アエオニウムはアフリカ大陸の北西の北アフリカに位置するカナリー諸島原産の植物です。生息地は亜熱帯を中心に多くく見られる植...

pixta_aomamusigusa

アオマムシグサの育て方

アオマムシグサという植物はマムシグサの一種です。マムシグサというのはサトイモ科テンナンショウ属の多年草です。「蛇の杓子」...

pixta_hebe

ヘーベの育て方

ヘーベの特徴は次のようになっています。オオバコ科のヘーベ属に分類されており、原産地はニュージーランドになります。分類は常...

pixta_alissam

アリッサムの育て方

アリッサムはミヤマナズナ属のアブラナ科の植物で、日本で一般的にアリッサムと呼ばれているものはニワナズナなので、かつてはミ...

pixta_mimuras

ミムラスの育て方

種類としてはゴマノハグサ科、ミムラス属となっています。園芸分類としては草花として扱われます。生息地においては多年草として...

スポンサーリンク

pixta_sissasu

シッサスの育て方

シッサスはオランダで品種改良をされたという歴史を持ってい...

pixta_karajium

カラジウムの育て方

カラジウム/学名・Caladium/和名・ハイモ、カラジ...

pixta_dorakyura

ドラキュラの育て方

ラン科の植物は、非常に美しく奇をてらった造形の花が多いの...

pixta_turubara

バラ(つるバラ)の育...

バラの種類は、かなりたくさんありますが一般的には世界で約...