トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害に注意をします。連作障害では、前の年に同じなす科のなすやピーマンやジャガイモなどを植えたところでの栽培は避けるようにします。

トマトの育て方

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害に注意をします。連作障害では、前の年に同じなす科のなすやピーマンやジャガイモなどを植えたところでの栽培は避けるようにします。

これがトマトの育て方の大きなポイントとなります。トマトは苗から育てる人が多くなっていますが、種まきをする方法もあります。トマトの種まきの方法としては、2月から3月にポットにまいておきます。

このときに温度が低すぎるとしっかりと育たないので、あまりにも温度が低い場合には、室内で管理をするといいです。植え付けの時期が遅れてしまいますが、4月でも大丈夫となっています。苗から育てる場合には、苗と苗との間隔を40センチメートルから50センチメートルにしておきます。

トマトの栽培時の注意点

そして水やりの方法ですが、葉がしおれてきたと感じたらたくさんあげるようにします。しかしこのときに注意しなければいけないのは、あまり水をあげすぎないと言うことです。これが根腐れの原因となってしまいます。

また苗がある程度長くなってきたら、支柱を立てるようにします。これが上手に生育を促す方法となります。支柱を立てるときのポイントですが、根本から少し離れたところにたてるようにします。支柱でトマトの根っこを傷つけないように気をつけます。トマトは自家受粉となっています。

したがってほかのものに受粉をしてもらわなければいけないと言うことはありません。トマトの花が咲いた後に実をつけずにそのまま落ちてしまうと言うことがあります。これは日の光にあまり当たっていないと言うことや肥料が不足していると言うことが考えられます。

この場合には日当たりがよいところに移動をさせたりすると改善します。しかし肥料はあまり与えすぎないようにします。トマトの花が開いたあと50日前後で実が赤くなってきます。しかし日当たりが不足したりする場合には、この赤くなるまでの時間が少し長くなります。

その他の注意点

トマトの収穫時期は長くなっているので、月に1回程度追肥をすると実の出来具合が変わってきます。トマトの栽培の中で、主枝と葉の間だから脇芽が出てくることがあります。これがあるとほかのところに栄養が届かなくなるので、常に取り除くようにします。

梅雨の時期には病気にかかりやすくなるので注意します。このときに考えられる病気はうどんこ病や青枯れ病です。うどんこ病の対策としては、1週間おきに2回から3回薬剤を散布するようにします。青枯れ病の対策としては、連作を避けるようにします。

そして接ぎ木苗を使うようにします。この病気になってしまった株に関しては焼いて処分をするようにします。また水をあまりあげすぎないと言うことも対策の一つです。

pixta_begonia

エラチオール・ベゴニアの育て方

エラチオール・ベゴニアは、日本でもポピュラーな園芸植物のひとつで、鉢植えにして室内で楽しむ植物としても高い人気を誇ります...

pixta_nasu_02

植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の栽培を考える上で考えるべき事は、栽培する植物に合わせた環境を作るという事に尽きると言えます。特に重視したいのは肥料...

pixta_tamanegi_01

玉ねぎの育て方

中央アジアが原産といわれていますが、野生種は確認されておらずこの地域がもともとの生息地であったかどうかも定かではありませ...

pixta_kourinka

コウリンカの育て方

コウリンカはキク科の山野草で、50センチくらいに成長し、7月から9月頃には、開花時期を迎えます。2007年に環境省のレッ...

pixta_seironbenkei

セイロンベンケイの育て方

セイロンベンケイというのは、ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の植物で別名トウロウソウと呼ばれることがあります。ベンケ...

pixta_datyura11

エンジェルストランペットの育て方

エンジェルストランペットは、茎からぶら下がるようにして、ラッパのような大きな花が下向きに咲いていく姿が印象的な植物です。...

pixta_poinsetia

ポインセチアの育て方

特徴としてはなんといっても赤い花びらと緑の葉でしょう。クリスマスにピッタリの色合いです。そう考えて購入する人もいるでしょ...

pixta_sumomo

スモモの育て方

スモモにはいくつかの種類があり、日本、ヨーロッパ、アメリカの3つに分類されます。ヨーロッパではカスピ海沿岸が生息地だった...

pixta_babiana

バビアナの育て方

花の特徴では、被子植物、単子葉類となります。キジカクシ目、アヤメ科、ホザキアヤメ属となります。この花においては旧名、もし...

pixta_yomogi111

ヨモギの育て方

ヨモギは春に芽を出して50cm~1m程の高さまで成長します。夏から秋にかけて黄色い花粉を付けた小さな花を咲かせます。ヨモ...

スポンサーリンク

pixta_kormnea

コルムネアの育て方

コルムネア属の植物は熱帯アメリカに自生していて、熱帯雨林...

pixta_grapefurut

グレープフルーツの育...

グレープフルーツの生息地は亜熱帯地方になります。ミカン科...

pixta_manetteia

マネッティアの育て方

マネッティアの特長としては、花は濃いオレンジ色になってお...

pixta_marygold_01

マリーゴールドの育て...

マリーゴールドはキク科の花でキンセンカとも言われていて、...