トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害に注意をします。連作障害では、前の年に同じなす科のなすやピーマンやジャガイモなどを植えたところでの栽培は避けるようにします。

トマトの育て方

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害に注意をします。連作障害では、前の年に同じなす科のなすやピーマンやジャガイモなどを植えたところでの栽培は避けるようにします。

これがトマトの育て方の大きなポイントとなります。トマトは苗から育てる人が多くなっていますが、種まきをする方法もあります。トマトの種まきの方法としては、2月から3月にポットにまいておきます。

このときに温度が低すぎるとしっかりと育たないので、あまりにも温度が低い場合には、室内で管理をするといいです。植え付けの時期が遅れてしまいますが、4月でも大丈夫となっています。苗から育てる場合には、苗と苗との間隔を40センチメートルから50センチメートルにしておきます。

トマトの栽培時の注意点

そして水やりの方法ですが、葉がしおれてきたと感じたらたくさんあげるようにします。しかしこのときに注意しなければいけないのは、あまり水をあげすぎないと言うことです。これが根腐れの原因となってしまいます。

また苗がある程度長くなってきたら、支柱を立てるようにします。これが上手に生育を促す方法となります。支柱を立てるときのポイントですが、根本から少し離れたところにたてるようにします。支柱でトマトの根っこを傷つけないように気をつけます。トマトは自家受粉となっています。

したがってほかのものに受粉をしてもらわなければいけないと言うことはありません。トマトの花が咲いた後に実をつけずにそのまま落ちてしまうと言うことがあります。これは日の光にあまり当たっていないと言うことや肥料が不足していると言うことが考えられます。

この場合には日当たりがよいところに移動をさせたりすると改善します。しかし肥料はあまり与えすぎないようにします。トマトの花が開いたあと50日前後で実が赤くなってきます。しかし日当たりが不足したりする場合には、この赤くなるまでの時間が少し長くなります。

その他の注意点

トマトの収穫時期は長くなっているので、月に1回程度追肥をすると実の出来具合が変わってきます。トマトの栽培の中で、主枝と葉の間だから脇芽が出てくることがあります。これがあるとほかのところに栄養が届かなくなるので、常に取り除くようにします。

梅雨の時期には病気にかかりやすくなるので注意します。このときに考えられる病気はうどんこ病や青枯れ病です。うどんこ病の対策としては、1週間おきに2回から3回薬剤を散布するようにします。青枯れ病の対策としては、連作を避けるようにします。

そして接ぎ木苗を使うようにします。この病気になってしまった株に関しては焼いて処分をするようにします。また水をあまりあげすぎないと言うことも対策の一つです。

pixta_danpiera

ダンピエラの育て方

世界分布の区分における熱帯から亜熱帯地域に多く発見されてきたクサトベラ科、そのうちの一種類として認識されています。学術名...

pixta_kurouea

クロウエアの育て方

クロウエアはオーストラリア島南部原産の、ミカン科クロウエア属の常緑小低木です。クロウエアの名は、イギリスの植物学者・園芸...

pixta_denfare

デンファレの育て方

日本で洋ランと言えば、コチョウランと同じくらい有名なデンファレですが、この呼び名は実は略称で、正式名はデンドロビウム・フ...

pixta_tionodokusa

チオノドクサの育て方

チオノドクサという植物は東地中海クレタ島やトルコの高山が原産で、現在ではヨーロッパの山々を生息地とする高山植物の一種です...

pixta_kokabu_01

小かぶの育て方

原産地を示す説はアジア系とヨーロッパ系に分かれており定かにはなっておりません。諸説ある中でも地中海沿岸と西アジアのアフガ...

pixta_yutyaris

ユーチャリスの育て方

ユーチャリスという名前はギリシア語でかなり目を惹く、という意味があります。日本では、ギボウシズイセンという別名もでも呼ば...

pixta_orurea

オルレアの育て方

オルレア(オルラヤ)は、ヨーロッパ原産のセリ科の一年草です。日本でのオルレアの栽培の歴史はまだ浅いですが、最近、急激に庭...

pixta_abokado

アボカドの種を植えて観葉植物にしよう

アボカドというと、「森のバター」や「バターフルーツ」と呼ばれ、高脂肪で栄養価が高いことで有名です。脂肪分の80%以上が不...

pixta_edamame_03

枝豆の育て方

枝豆は大豆になる前の未成熟な豆のことです。大豆は東アジアが生息地で、自生していた野生のツル豆が中国の東北部で進化したこと...

pixta_katoreakoku

カトレア・コクシネアの育て方

カトレア・コクシネアは、ブラジルの中でも、標高1,000mから1,500mという高地の中の雲霧林に自生している樹木に着生...

スポンサーリンク

pixta_utubokazura

ウツボカズラの育て方

ウツボカズラとは、ウツボカズラ科の植物で、食虫植物として...

pixta_waxflower

ワックスフラワーの育...

花についてはフトモモ科、チャメラウキウム属になります。園...

pixta_ropejia

ロペジアの育て方

分類はアカバナ科です。別名はロペジアともいわれています。...

SONY DSC

ニオイバンマツリの育...

ニオイバンマツリはナス科の植物で南アメリカが原産となって...