トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害に注意をします。連作障害では、前の年に同じなす科のなすやピーマンやジャガイモなどを植えたところでの栽培は避けるようにします。

トマトの育て方

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害に注意をします。連作障害では、前の年に同じなす科のなすやピーマンやジャガイモなどを植えたところでの栽培は避けるようにします。

これがトマトの育て方の大きなポイントとなります。トマトは苗から育てる人が多くなっていますが、種まきをする方法もあります。トマトの種まきの方法としては、2月から3月にポットにまいておきます。

このときに温度が低すぎるとしっかりと育たないので、あまりにも温度が低い場合には、室内で管理をするといいです。植え付けの時期が遅れてしまいますが、4月でも大丈夫となっています。苗から育てる場合には、苗と苗との間隔を40センチメートルから50センチメートルにしておきます。

トマトの栽培時の注意点

そして水やりの方法ですが、葉がしおれてきたと感じたらたくさんあげるようにします。しかしこのときに注意しなければいけないのは、あまり水をあげすぎないと言うことです。これが根腐れの原因となってしまいます。

また苗がある程度長くなってきたら、支柱を立てるようにします。これが上手に生育を促す方法となります。支柱を立てるときのポイントですが、根本から少し離れたところにたてるようにします。支柱でトマトの根っこを傷つけないように気をつけます。トマトは自家受粉となっています。

したがってほかのものに受粉をしてもらわなければいけないと言うことはありません。トマトの花が咲いた後に実をつけずにそのまま落ちてしまうと言うことがあります。これは日の光にあまり当たっていないと言うことや肥料が不足していると言うことが考えられます。

この場合には日当たりがよいところに移動をさせたりすると改善します。しかし肥料はあまり与えすぎないようにします。トマトの花が開いたあと50日前後で実が赤くなってきます。しかし日当たりが不足したりする場合には、この赤くなるまでの時間が少し長くなります。

その他の注意点

トマトの収穫時期は長くなっているので、月に1回程度追肥をすると実の出来具合が変わってきます。トマトの栽培の中で、主枝と葉の間だから脇芽が出てくることがあります。これがあるとほかのところに栄養が届かなくなるので、常に取り除くようにします。

梅雨の時期には病気にかかりやすくなるので注意します。このときに考えられる病気はうどんこ病や青枯れ病です。うどんこ病の対策としては、1週間おきに2回から3回薬剤を散布するようにします。青枯れ病の対策としては、連作を避けるようにします。

そして接ぎ木苗を使うようにします。この病気になってしまった株に関しては焼いて処分をするようにします。また水をあまりあげすぎないと言うことも対策の一つです。

pixta_gajumaru

観葉植物を育ててみよう

初めての人でも比較的簡単に栽培することが出来る観葉植物の育て方について記述していきます。まず、観葉植物と一口に言っても、...

pixta_sirobanatanpopo

シロバナタンポポの育て方

シロバナタンポポの特徴は、花の色が白色であることです。舌状花の数は他のタンポポと比べると少なく、1つの頭花に100個程度...

pixta_meranpojiumu

メランポジウムの育て方

メランポジウムはメキシコや中央アメリカを原産としていて、その用途は鉢植えや寄せ植え、切り花などに用いられています。なお、...

pixta_ninniku_01

植物を栽培する時のコツ

栽培や植物を育てるにはさまざまなコツがあります。また、栽培や植物の種類によっても育て方が異なってきます。例えばニンニクで...

pixta_santrina

サントリナの育て方

種類はキク科になります。除虫菊と同じ仲間なので、そのことからも虫をあまり寄せ付けないのかもしれません。草丈は大きいものだ...

pixta_satsumaimo_01

植物の栽培や育て方の知識と体験

植物の育て方について、十分な知識を持った上で栽培するのがオーソドックスな方法です。この方法だと、失敗が少なくなります。本...

tropical flower pink adenium. Desert rose

アデニウムの育て方

アデニウム/学名・Adenium/キョウチクトウ科・アデニウム属です。アデニウムは、南アフリカや南西アフリカなど赤道付近...

pixta_charbill

チャービルの育て方

チャービルはロシア南部から西アジアが原産で、特に、コーカサス地方原産のものがローマによってヨーロッパに広く伝えられたと言...

pixta_boke

ボケの育て方

ボケはもともと中国原産の落葉低木です。梅と比べてもかなり木の丈が低く、コンパクトな印象で春の花木として人気があります。 ...

pixta_kurokosumia

クロコスミアの育て方

クロコスミアは、モントブレチアやヒメヒオウギズイセンと言った別名を持つ球根植物の多年草の植物です。ヒメヒオウギズイセン(...

スポンサーリンク

tyurip_01

チューリップの栽培の...

チューリップはユリ科の植物で品種には早生系、早生八重、晩...

pixta_kaneshon

カーネーションの育て...

母の日の贈り物の定番として、日本でも広く親しまれているカ...

pixta_okizaris

オキザリスの育て方

オキザリスはカタバミ科カタバミ属の多年性の植物です。原産...

pixta_godetia

ゴデチアの育て方

ゴデチアは、アカバナ科イロイマツヨイ族の植物の総称です。...