トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害に注意をします。連作障害では、前の年に同じなす科のなすやピーマンやジャガイモなどを植えたところでの栽培は避けるようにします。

トマトの育て方

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害に注意をします。連作障害では、前の年に同じなす科のなすやピーマンやジャガイモなどを植えたところでの栽培は避けるようにします。

これがトマトの育て方の大きなポイントとなります。トマトは苗から育てる人が多くなっていますが、種まきをする方法もあります。トマトの種まきの方法としては、2月から3月にポットにまいておきます。

このときに温度が低すぎるとしっかりと育たないので、あまりにも温度が低い場合には、室内で管理をするといいです。植え付けの時期が遅れてしまいますが、4月でも大丈夫となっています。苗から育てる場合には、苗と苗との間隔を40センチメートルから50センチメートルにしておきます。

トマトの栽培時の注意点

そして水やりの方法ですが、葉がしおれてきたと感じたらたくさんあげるようにします。しかしこのときに注意しなければいけないのは、あまり水をあげすぎないと言うことです。これが根腐れの原因となってしまいます。

また苗がある程度長くなってきたら、支柱を立てるようにします。これが上手に生育を促す方法となります。支柱を立てるときのポイントですが、根本から少し離れたところにたてるようにします。支柱でトマトの根っこを傷つけないように気をつけます。トマトは自家受粉となっています。

したがってほかのものに受粉をしてもらわなければいけないと言うことはありません。トマトの花が咲いた後に実をつけずにそのまま落ちてしまうと言うことがあります。これは日の光にあまり当たっていないと言うことや肥料が不足していると言うことが考えられます。

この場合には日当たりがよいところに移動をさせたりすると改善します。しかし肥料はあまり与えすぎないようにします。トマトの花が開いたあと50日前後で実が赤くなってきます。しかし日当たりが不足したりする場合には、この赤くなるまでの時間が少し長くなります。

その他の注意点

トマトの収穫時期は長くなっているので、月に1回程度追肥をすると実の出来具合が変わってきます。トマトの栽培の中で、主枝と葉の間だから脇芽が出てくることがあります。これがあるとほかのところに栄養が届かなくなるので、常に取り除くようにします。

梅雨の時期には病気にかかりやすくなるので注意します。このときに考えられる病気はうどんこ病や青枯れ病です。うどんこ病の対策としては、1週間おきに2回から3回薬剤を散布するようにします。青枯れ病の対策としては、連作を避けるようにします。

そして接ぎ木苗を使うようにします。この病気になってしまった株に関しては焼いて処分をするようにします。また水をあまりあげすぎないと言うことも対策の一つです。

pixta_abokado

アボカドのたねは捨てずに育てよう

「森のバター」とも呼ばれている果実をご存知でしょうか。これは、アボカドの事を指しますが、栄養価が高く、幅広い年代に人気の...

pixta_attuzakura

アッツザクラの育て方

アッツザクラはアッツという名前はつきますが、アッツ島にあるものではなく、原産や生息地は南アフリカです。ではなぜアッツザク...

pixta_shungiku_01

春菊の種まきと栽培の方法とは。

春菊は、キク科シュンギク属の1年草で、原産地は地中海沿岸です。春に黄色の花が咲き、葉の形が菊に似ていることから名前がつけ...

pixta_ryuubintai

リュウビンタイ(Angiopteris lygodiifol...

かたまりから葉が四方八方に突き出たようなユニークな形で成長していくリュウビンタイは、その基部が竜のうろこのようであること...

pixta_kobaikesou

コバイケイソウの育て方

この植物は日本の固有種ということですので、原産地も生息地も日本ということになります。わたぼうしのような、まとまった小さな...

pixta_habanero

ハバネロの育て方

ハバネロはトウガラシの一種で、原産地はアマゾンかその周辺の地域だといわれており、そこからユカタン半島に伝わったと考えられ...

pixta_momijibaasagao

モミジバアサガオの育て方

モミジバアサガオは和名をモミジヒルガオといい、日本で古くから親しまれてきたアサガオの仲間です。日本へ伝来したのは今から1...

pixta_hesuperansa

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留まらず多くの愛好家がいます。花の歴史も深く、大航海時代にまで遡る事...

pixta_kasaburanka

カサブランカの育て方

カサブランカは、大きな白い花が見事なユリの一種です。その堂々とした佇まいから、ユリの女王とも呼ばれています。カサブランカ...

pixta_fukujusou

フクジュソウの育て方

雪に覆われたり、冬の間は殺風景な庭に、どんな花よりも早く顔を出して春の訪れを知らせてくれる、それがフクジュソウです。フク...

スポンサーリンク

pixta_serori

セロリの育て方

セロリはセリ科の食物でヨーロッパや中近東などが原産で、冷...

pixta_newginia

ニューギニアインパチ...

ニューギニアインパチェンスはその名の通り、ニューギニアが...

pixta_komatunagi

コマツナギの育て方

この植物は背丈が高く40センチから80センチまであり、マ...

pixta_asparakannyou

アスパラガス(観葉植...

アスパラガスの原産地というのは、南ヨーロッパ地中海沿岸あ...