トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害に注意をします。連作障害では、前の年に同じなす科のなすやピーマンやジャガイモなどを植えたところでの栽培は避けるようにします。

トマトの育て方

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害に注意をします。連作障害では、前の年に同じなす科のなすやピーマンやジャガイモなどを植えたところでの栽培は避けるようにします。

これがトマトの育て方の大きなポイントとなります。トマトは苗から育てる人が多くなっていますが、種まきをする方法もあります。トマトの種まきの方法としては、2月から3月にポットにまいておきます。

このときに温度が低すぎるとしっかりと育たないので、あまりにも温度が低い場合には、室内で管理をするといいです。植え付けの時期が遅れてしまいますが、4月でも大丈夫となっています。苗から育てる場合には、苗と苗との間隔を40センチメートルから50センチメートルにしておきます。

トマトの栽培時の注意点

そして水やりの方法ですが、葉がしおれてきたと感じたらたくさんあげるようにします。しかしこのときに注意しなければいけないのは、あまり水をあげすぎないと言うことです。これが根腐れの原因となってしまいます。

また苗がある程度長くなってきたら、支柱を立てるようにします。これが上手に生育を促す方法となります。支柱を立てるときのポイントですが、根本から少し離れたところにたてるようにします。支柱でトマトの根っこを傷つけないように気をつけます。トマトは自家受粉となっています。

したがってほかのものに受粉をしてもらわなければいけないと言うことはありません。トマトの花が咲いた後に実をつけずにそのまま落ちてしまうと言うことがあります。これは日の光にあまり当たっていないと言うことや肥料が不足していると言うことが考えられます。

この場合には日当たりがよいところに移動をさせたりすると改善します。しかし肥料はあまり与えすぎないようにします。トマトの花が開いたあと50日前後で実が赤くなってきます。しかし日当たりが不足したりする場合には、この赤くなるまでの時間が少し長くなります。

その他の注意点

トマトの収穫時期は長くなっているので、月に1回程度追肥をすると実の出来具合が変わってきます。トマトの栽培の中で、主枝と葉の間だから脇芽が出てくることがあります。これがあるとほかのところに栄養が届かなくなるので、常に取り除くようにします。

梅雨の時期には病気にかかりやすくなるので注意します。このときに考えられる病気はうどんこ病や青枯れ病です。うどんこ病の対策としては、1週間おきに2回から3回薬剤を散布するようにします。青枯れ病の対策としては、連作を避けるようにします。

そして接ぎ木苗を使うようにします。この病気になってしまった株に関しては焼いて処分をするようにします。また水をあまりあげすぎないと言うことも対策の一つです。

pixta_karatatibana

カラタチバナの育て方

カラタチバナの原産地は日本、台湾、中国です。日本では本州、四国、九州、沖縄などを主な生息地としています。日本では江戸時代...

pixta_nozawana

漬け菜類の育て方

アブラナ科の結球しない葉菜のことを漬け菜類と呼んでいますが、主な種類と分類と言うのは多種多彩であり、アブラナ類には春先に...

pixta_rantanakamara

ランタナ・カマラの育て方

ランタナ・カマラは通称ランタナで、別名をシチヘンゲやコウオウカ、コモン・ランタナといいます。クマツヅラ科ランタナ属の常緑...

pixta_baioukaren

バイカオウレンの育て方

バイカオウレンは日本原産の多年草の山野草です。生息地としては、本州の東北地方南部から近畿、中国地方西部などであり、深山の...

pixta_ginryousou

ギンリョウソウの育て方

ショウゾウソウ科の多年草ですが、新エングラー体系ではイチヤクソウ科、APG分類体系ではツツジ科に分類されています。属名の...

pixta_siyoutanpopo

セイヨウタンポポの育て方

セイヨウタンポポは外国原産でそういうところから持ち込まれたタンポポであり、今では我が国を生息地として生えているタンポポで...

pixta_sennitikou

センニチコウの育て方

熱帯アメリカが生息地の原産で、日本には江戸時代に渡来しました。江戸時代の初期に渡来して、江戸時代に書かれた書物にもその名...

pixta_rakkasei

ラッカセイの育て方

ラッカセイは、マメ科になります。和名は、ラッカセイ(落花生)、その他の名前は、ピーナッツと呼ばれています。ラッカセイは植...

pixta_anisuhip

アガスターシェの育て方

アガスターシェは、初心者でも簡単に育てる事のできる、シソ科の花になります。別名が沢山ありまして、カワミドリやアガスタケ、...

pixta_riefretasu

玉レタスの種まき時期と育て方

レタスは一番馴染みのあるのが玉レタスで、夏に涼しい気候の高原でよく育つ高原野菜といわれています。レタスの栽培方法は、種を...

スポンサーリンク

pixta_porikisena

ポリキセナの育て方

この花の特徴としては、ヒアシンス科になります。種から植え...

pixta_riefretasu

レタスの栽培に挑戦し...

今回はレタスの育て方について学んでいきます。レタスの栽培...

pixta_prbango

プルンバゴの育て方

プルンバゴは、イソマツ科、ルリマツリ属(プルンバゴ属)と...

pixta_oruhigi

オヒルギの育て方

オヒルギはマングローブを構成する植物の種類のうちの一つで...