なすびの栽培やナスの育て方やその種まきについて

なすびの栽培やナスの育て方やその種まきについて

夏野菜の中でもひときわ濃い紫が特徴なのがなすびです。日の光をたくさん浴びて、油炒めにとても合う野菜ですが、家庭でも育てることができます。なすびには食物繊維がたくさん含まれており、このほかにはカルシウムや鉄分やカリウムなどのミネラル成分もたくさん含まれています。

おすすめな初心者のなすびの育て方

したがって健康野菜とも呼ばれています。なすびの栽培方法には、移植栽培や直まき栽培があります。しかし初心者のなすびの育て方としては、苗から育てるという移植栽培をおすすめします。なすびの収穫時期の特徴としては、その期間が長いと言うことです。

したがって収穫のピークが過ぎた後でも、7月頃には秋なすびの収穫を楽しむことができます。なすびの植え付け時期は4月から6月上旬となっています。そして収穫時期は6月中旬から10月上旬までとなっています。なすびの種まき方法は、定植しやすいようにポットにまくようにします。

ここから苗になるまでに80日程度かかります。直接畑に種をまく場合には、土をしっかりと耕して肥料を混ぜておくようにします。なすびの育て方のポイントは次のようになっています。なすびを育てるための適温は15度から18度で、昼間の温度は28度から30度で最もよく育ちます。

なすびの成長過程で注意する点

しかし10度以下では成長が悪くなるので気をつけるようにします。また日光が不足してしまうと紫色がきれいに出なくなります。したがってできるだけ日当たりをよくするようにします。なすびは温度が高いところを好みます。したがってあまり早く苗を植えすぎないようにします。

そして乾燥に弱いと言うことでしっかりと水やりを行うようにします。また収穫のときにも注意が必要です。収穫のときに肥料が少なくなってしまうと、実の出来具合が悪くなるので、肥料を与えるタイミングをしっかりと見極めるようにします。

なすびの育て方 苗の選び方

なすびには連作障害があります。5年から6年は同じ場所に苗を植えることができません。初心者は苗から植えるのが簡単ですが、このときによい苗の選び方があります。苗はできるだけ節の太いしっかりとしたものを選ぶようにします。

そして実際に植える2週間前には植える土の環境を整えるようにします。このときに使う土は保湿性のあるものを選ぶようにします。苗と苗の間隔は約60センチメートルほど離して植えるようにします。

熱さに強い野菜となっていますが、夏場はとくに乾燥を防ぐために、藁を5センチメートルから8センチメートル程度敷いておくとよいです。土の表面が乾燥してきたら水をあげるようにします。夏場は土の温度が低い朝や夕方の時間帯に水やりをするようにします。花が開いてから20日から25日で収穫ができるようになります。

下記の記事も詳しく書いてありますので、興味があれば参考にして下さい♪
ナスの育て方

pixta_sugi

スギ(杉)の育て方

スギが日本に登場したのは200万年前頃で、縄文時代や弥生時代には、すでに日本全国に広く分布していました。日本人が日本人に...

pixta_rasseria

ラッセリアの育て方

この花については、オオバコ科、ハナチョウジ属とされています。科としてはゴマノハグサ科に分類されることもあるようです。原産...

pixta_shefurera

シェフレラ・アルボリコラ(Scefflera arboric...

台湾や中国南部が原産地のウコギ科セイバ属の植物です。生息地は主に熱帯アジアやオセアニアで、およそ150種類ほど存在する低...

pixta_bifurenaria

ビフレナリアの育て方

花についてはラン科になります。園芸上の分類もランになります。ランについては多くは多年草です。しかし育て方が難しいのでずっ...

pixta_gettuki

ゲッキツ(Murraya paniculata)の育て方

奄美大島以南、沖縄から東南アジアにかけてが生息地で、ゲッキツ(月橘)の名は、花が特に月夜に橘のようによく香るからと言われ...

pixta_goya11

緑のカーテンの育て方

ゴーヤのグリーンカーテンの育て方についてご紹介です。もともとお花を育てることが好きだった私ですが、去年の引越しをきっかけ...

pixta_azuki

中国の小豆の育て方について

日本では、小豆の価格が高いこともあり、多くの小豆が中国から輸入されています。日本では主に北海道で栽培されており、大粒の体...

pixta_saboten11

サボテンの栽培や育て方について

私はサボテンを育てた事があります。サボテンは植物の中でも育て方としては、比較的栽培しやすい方だと思われているかと思います...

pixta_sendaihagi

センダイハギの育て方

センダイハギはマメ科センダイハギ属の多年草で、ハギ属の萩とは異なります。また観賞用に好んで栽培されるムラサキセンダイハギ...

pixta_dangiku

ダンギクの育て方

中国や朝鮮半島、台湾、日本が原産地となるダンギクは、30センチから80センチほどになる山野草です。日本では九州や対馬地方...

スポンサーリンク

pixta_tougarashi_01

唐辛子の育て方

中南米が原産地の唐辛子ですが、メキシコでは数千年も前から...

pixta_daikon_01

大根の育て方

大根の原産地は地中海沿岸といわれていますが、いろいろな説...

pixta_blackberry

ブラックベリーの育て...

ブラックベリーの始まりは古代ギリシャ時代までさかのぼるこ...

pixta_mube

ムベの育て方

植物の種類としては、キンポウゲ目、アケビ科となります。園...