自宅で植物を育てよう

自宅で植物を育てよう

部屋に植物があると生きたインテリアにもなり、その緑や花の華やかな色は日頃の疲れやストレスへの癒やしにもなります。ただ、生き物である限りきちんと育てなければなりませんが、これが案外難しいという人が多いようです。そこで今回は、初心者向け観葉植物と鉢物植物の育て方と栽培の仕方をご紹介しましょう。

観葉植物の育て方

まずは選び方です。サイズについては、部屋の広さにあったものを選ぶようにします。生き物ということもあって、種類によっては大きく生長していしまい、生活の邪魔になることもあり得ます。購入の際には、お店のスタッフにどのくらい生長するのか確認すると良いでしょう。

そして、育てるにあたって大きなカギになるのが植物の性質です。日当たりや温度に影響を受けるものとあまり気にしなくても良いものがあり、この選択を誤ると、育たず枯れてしまう可能性があるのです。たとえば、冬に日当たりが良い家であっても一戸建てとマンションでは部屋の温度にかなり差が出ることがあります。

観葉植物は一般に熱帯性のものが多いため、低温が苦手です。そんなことから、比較的暖かく気温が保てるマンションの方が育てやすい環境にあると言われています。さて、次は購入後の置き場所です。中には暗いところでも育つものがありますが、ほとんどは日当たりの良い場所を好みます。理想は、レースのカーテン越しに日が当たる窓辺です。

観葉植物の栽培の注意点

次は、最も難しいと言われる水やりについてです。最も大切なのは、水やりは土の表面が乾いてからにするということです。よく枯らしてしまう原因の1つに、水やりをし過ぎて根が腐ってしまうことがあります。といっても、水やりをしなさ過ぎて枯らしてしまうことも当然あり得るので、土表面を必ず触って乾きを確認することが肝心です。

そして、鉢底からあふれるほどたっぷり与え、鉢皿に残った水は捨てましょう。残った水は逆流して土に戻ると、土の中の空気が足りなくなり根腐れの原因となると言われています。観葉植物だけでなく、部屋に花の鉢があると華やかさが増します。

鉢物植物の育て方

そこで、鉢物の栽培の仕方も簡単にご紹介しましょう。園芸店では、ビオラなどのポット苗が販売されています。購入後、これを鉢に移して栽培しますが、その際には市販の「培養土」が必要です。まずは苗からポットを抜き、固まった根を軽くほぐします。こうすることで、鉢の土となじみやすくなり水の吸収も良くなるのです。

苗を鉢に入れ、土を鉢の9分目まで投入します。この時、鉢の縁の土表面は中心よりやや低くします。この縁の土を低くするのは、ウォーターベースをつくるためです。こうすることで、水やりの際にウォーターベースに水がたまり、あふれることなく鉢内にまんべんなく行き渡るのです。これで完成となります。あとは、観葉植物と同じ育て方でOKです。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
スズランの育て方

pixta_jigopetaram

ジゴペタラムの育て方

ジゴペタラムの科名は、ラン科で属名は、ジゴペタラム属となります。また、その他の名前は、紫香蘭(しこうらん)と呼ばれていま...

pixta_daboesia

ダボエシアの育て方

ダボエシアは学名でDaboeciacantabrica’bicolor’といいますが、分類で言うとツツジ科ダボエシカ属に...

pixta_faseria

ファセリアの育て方

ファセリアはハゼリソウ科の植物で双子葉植物として分類されていて280種ほどが世界中で栽培されていて、南北アメリカ大陸を生...

pixta_yamabukisou

ヤマブキソウの育て方

特徴としては多年草であることが挙げられます。根がついていて毎年花を咲かせてくれるようになっています。色はなんといっても鮮...

pixta_iwatidori

イワチドリの育て方

イワチドリは、ラン科ヒナラン属の球根の多年草です。本州では中部地方より西の範囲に生息地としており、さらに四国地方にも自生...

pixta_sterunbergia

ステルンベルギアの育て方

ステルンベルギアの名前の由来は19世紀に活躍したオーストラリアの植物学者であるシュテルンベルク氏に因んだものです。他にも...

pixta_byakusin

ビャクシンの仲間の育て方

ビャクシンはヒノキ科の常緑高木で、日本の本州から沖縄県で栽培されています。その他の原産地には朝鮮半島や中国などが挙げられ...

pixta_seruriaserubia

セルリア・フロリダの育て方

”セルリア・フロリダ”は南アフリカケープ地方が原産の植物になります。日本にはオーストラリアから切り花として入ってきた植物...

pixta_herenium

ヘレニウム(宿根性)の育て方

この花に関しては、キク科、ヘレニウム属に属する花になります。花の高さとしては50センチから150センチほどになるとされて...

pixta_pterosteris

プテロスティリスの育て方

プテロスティリスは、オーストラリアの南東部が主な生息地であり、ニュージーランドやニューカレドニア、パプアニューギニアと言...

スポンサーリンク

pixta_tyurip02

春の風物詩 チューリ...

桜の花に次いで春の風物詩となる植物がチューリップです。独...

◎

ボロニアの育て方

ボロニアはミカン科、ボロニア属になります。ボロニアは、3...

pixta_pakira

パキラ(Pachir...

パキラはアオイ科で、原産や生息地は中南米です。現在は観葉...

pixta_goya_01

ゴーヤーの育て方につ...

一昔前までは、ゴーヤーと聞いても何のことだかサッパリわか...