自宅で植物を育てよう

自宅で植物を育てよう

部屋に植物があると生きたインテリアにもなり、その緑や花の華やかな色は日頃の疲れやストレスへの癒やしにもなります。ただ、生き物である限りきちんと育てなければなりませんが、これが案外難しいという人が多いようです。そこで今回は、初心者向け観葉植物と鉢物植物の育て方と栽培の仕方をご紹介しましょう。

観葉植物の育て方

まずは選び方です。サイズについては、部屋の広さにあったものを選ぶようにします。生き物ということもあって、種類によっては大きく生長していしまい、生活の邪魔になることもあり得ます。購入の際には、お店のスタッフにどのくらい生長するのか確認すると良いでしょう。

そして、育てるにあたって大きなカギになるのが植物の性質です。日当たりや温度に影響を受けるものとあまり気にしなくても良いものがあり、この選択を誤ると、育たず枯れてしまう可能性があるのです。たとえば、冬に日当たりが良い家であっても一戸建てとマンションでは部屋の温度にかなり差が出ることがあります。

観葉植物は一般に熱帯性のものが多いため、低温が苦手です。そんなことから、比較的暖かく気温が保てるマンションの方が育てやすい環境にあると言われています。さて、次は購入後の置き場所です。中には暗いところでも育つものがありますが、ほとんどは日当たりの良い場所を好みます。理想は、レースのカーテン越しに日が当たる窓辺です。

観葉植物の栽培の注意点

次は、最も難しいと言われる水やりについてです。最も大切なのは、水やりは土の表面が乾いてからにするということです。よく枯らしてしまう原因の1つに、水やりをし過ぎて根が腐ってしまうことがあります。といっても、水やりをしなさ過ぎて枯らしてしまうことも当然あり得るので、土表面を必ず触って乾きを確認することが肝心です。

そして、鉢底からあふれるほどたっぷり与え、鉢皿に残った水は捨てましょう。残った水は逆流して土に戻ると、土の中の空気が足りなくなり根腐れの原因となると言われています。観葉植物だけでなく、部屋に花の鉢があると華やかさが増します。

鉢物植物の育て方

そこで、鉢物の栽培の仕方も簡単にご紹介しましょう。園芸店では、ビオラなどのポット苗が販売されています。購入後、これを鉢に移して栽培しますが、その際には市販の「培養土」が必要です。まずは苗からポットを抜き、固まった根を軽くほぐします。こうすることで、鉢の土となじみやすくなり水の吸収も良くなるのです。

苗を鉢に入れ、土を鉢の9分目まで投入します。この時、鉢の縁の土表面は中心よりやや低くします。この縁の土を低くするのは、ウォーターベースをつくるためです。こうすることで、水やりの際にウォーターベースに水がたまり、あふれることなく鉢内にまんべんなく行き渡るのです。これで完成となります。あとは、観葉植物と同じ育て方でOKです。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
スズランの育て方

pixta_okinawasuzumeuri

オキナワスズメウリの育て方

この植物は被子植物に該当します。バラ類、真正バラ類のウリ目、ウリ科になります。注意しないといけないのはスズメウリ属ではな...

pixta_arekayasi

アレカヤシ(Dypsis lutescens)の育て方

アレカヤシという観葉植物をご存知でしょうか。園芸店などでもよく見かける人気のある植物です。一体どのような植物なのでしょう...

pixta_soapwart

ソープワートの育て方

ソープワートは、ナデシコ科サポンソウ属で別名をシャボンソウやサボンソウで、学名はSaponaria officinali...

pixta_suzuran

スズランの育て方

春を訪れを知らせる代表的な花です。日本原産のスズランとヨーロッパ原産のドイツスズランがあります。ドイツスズランは、草姿お...

pixta_okinagusa

オキナグサの育て方

オキナグサはキンポウゲ科に属する多年草です。日本での歴史は、万葉集の随筆から江戸時代中期後期にかけて書かれた書物の中にも...

pixta_marimo

マリモの育て方

また日本以外はどうかというと、球体のものは、アイスランドのミーヴァトン湖やエストニアのオイツ湖などで確認をされているとい...

pixta_feijoa

フェイジョアの育て方

フェイジョアは1890年にフランス人の植物学者であるエドアールアンドレによってヨーロッパにもたらされた果樹です。元々は原...

pixta_nusubitohagi

ヌスビトハギの育て方

ヌスビトハギの仲間はいろいろ実在していて、種類ごとに持っている特質などに違いが見られ、また亜種も実在しています。例に出し...

pixta_apios

アピオスの育て方

アピオスは食材で、北アメリカは北西部が原産地のマメ科のつる性植物で肥大した根茎を食べます。アピオスは芋でありながらマメ科...

pixta_marumero

マルメロの育て方

マルメロは、原産地を乾燥地帯が広がっていて遊牧などが盛んな大陸としている樹木ですが、我が国でも生息地としている都道府県も...

スポンサーリンク

pixta_katura

カツラの育て方

カツラは日本特産の植物で大昔である太古第3紀の頃から存在...

pixta_ramuzuiya

ラムズイヤーの育て方

この植物は被子植物になります。双子葉植物綱になります。キ...

pixta_simotuke

シモツケの育て方

シモツケ/学名:Spiraea japonica/和名:...

pixta_tomato02

日本の未来と、植物、...

日本の自給自足率が一向に上がらない今日です。国は農協解体...