キバナコスモスの育て方

キバナコスモスの育て方

キバナコスモスはメキシコの比較的低い場所に自生する草花で、花が咲いた後は枯れてしまい、種を取ることで毎年開花させることが出来る一年草です。

育てる環境について

暑さや寒さに強い事からも、特別な環境を作らなくても栽培が出来ると言う特徴が有りますが、日当たりが良い場所や水はけが良い環境を持つ場所を選んで栽培する事は重要であり、やせ気味の土壌でも生育は可能ですが、肥料ついても適切なものを適量与える事で花を元気に咲かせたり、

本来のキバナコスモスの花の色を再現させることが可能になります。因みに、キバナコスモスは真夏の猛暑でも元気に育つと言いますが、涼しくなることで花の色は鮮やかになると言われており、庭に沢山植えてあげれば見応えを持つなどの魅力も有ります。

従来は黄色系しか存在しませんでしたが、色々な色の花を楽しめるようになっています。また、弁数が多いと言うセミダブルの品種などの場合はボリューム感を持ちますので、好みなどに合わせて選べると言う魅力も有ります。暑さに強い事や丈夫で気温の高い季節でも元気に育ちます。

春から秋まで、季節を選ぶことなく育てる事が出来るため初心者にも最適な草花です。キバナコスモスの草丈は30センチから1メートルになると言われているのですが、草丈の高くなる品種、低い品種(矮性種)が在るため、コンテナや鉢に植える場合は矮性種を選ぶと良いでしょう。

また、花壇など直接植えると群生するため、見応えも出て来るのです。尚、黄色系や赤色系を混ぜて植えてあげると鮮やかさも出て来ますし、ボリューム感も一層高まるなどの効果が期待出来ますので複数の種類を併せて育てるのがお勧めです。

種付けや水やり、肥料について

育て方はコスモスと同じように育ててあげれば綺麗な花を咲かせることが出来ます。種まきは4月から8月の中旬頃に行い、肥料を施すのは5月から9月にかけてとなります。開花時期は6月から10月と言ったスケジュールになります。日当たりと水はけが良い土壌で良く育ちますが、

キバナコスモスはやせ気味の土壌でも育つのが特徴であり、暑さに強いなどの特徴が有るので育てやすい草花です。乾燥に対しても強いのですが、極端に乾燥させてしまえば花の開花や生育などに影響を及ぼしますので、土を見て表面が乾いている場合などではたっぷりと水をあげて下さい。

また、他の草花のように腐葉土と言った有機質がたっぷりと含まれている肥沃の土壌で有れば肥料を与えなくても成長させることが出来ますが、成長が良く無い場合などでは、月に1度の割合で液体肥料を与えてあげます。但し、肥料を多く与えすぎてしまうと葉が多く茂るようになってしまい、

花つきが悪くので注意が必要です。尚、植え付けを行う時は株と株の間は20センチ以上取っておいた方が良いと言います。これは茎や葉が良く繁り、株が張るためであり、ある程度の間隔を取っておいた方が草花の生育にも良い影響を与えます。

尚、植え付けに最適な時期と言うのは5月から9月頃となります。水やりはそれほど頻繁に行う必要が有りませんが土が極端に乾いてしまうと成長も著しく低下する事になりますし、最悪の場合は枯れてしまうので管理を行っておくことは大切です。

増やし方や害虫について

キバナコスモスは一年草であるため、毎年種をまいて増やしていきます。花が咲き終えると種が出来ますので、それが熟したら採取し、春までの間は乾燥貯蔵をしておきます。尚、4月から8月が種まきのシーズンとなりますが、8月に種をまく場合は涼しい場所を選んで行う方が良いと言います。

春にまいたものは夏に花を咲かせ、夏にまいたものは秋に花を咲かせるなど、種をまくタイミングをずらして行えば、満開になる時期を途切れることなく楽しめるなどのメリットも有ります。尚、品種によっては色や性質が変化してくることも有ります。

そのため、1~2ごとに新しい種を購入して育てる方が良いとも言われています。種まきは、花壇やコンテナ、鉢などに直まきをして、発芽した段階で間引きなら育てても良いですし、一旦ビニールポットに種をまいて、苗木を育てておいて、ある程度苗木が大きくなった段階で植え付けを行っても良いです。

肥料については特別与える必要は無いのですが、成長を見た時あまり良く無いと言う事であれば、月に1度ほど液体肥料を与えて様子を見るようにします。また、高温になると乾燥しやすくなるので、この場合は水をまいてあげて乾燥を防止させてあげるのがコツです。

尚、高温になって乾燥する時期と言うのはハダニが発生しやすくなる時期でもあり、一般的にキバナコスモスは害虫などによる食害は少ないのですが、風通しが悪くなるなどの条件が重なると発生する事も在るので注意が必要です。

キバナコスモスの歴史

キバナコスモスはメキシコの比較的低い場所に自生する草花で、花が咲いた後は枯れてしまい、種を取ることで毎年開花させることが出来る一年草です。名前の由来と言うのは黄色い花を咲かせるコスモスと言う事なのですが、最近のキバナコスモスは品種改良などが行われおり、

黄色い花だけではなく、オレンジ色や赤い色を咲かせる物も有ると言われており、栽培する場合には色を選んだり、複数の色を同時に栽培するなどの楽しみが有ります。また、コスモスなどと比較すると草丈が低い事、早い時期から開花する事、開花時期は6月から10月の5か月ほどになるため、

開花する期間が長いなどの理由からも初心者でも栽培が出来るなどの特徴も有ります。また、キバナコスモスは黄花コスモスであり、学名のコスモス・スルフレウスの中の「スルフレウス」と言うのは硫黄色を意味しています。尚、日本に伝来されたのは大正時代と言われているのですが、

実際普及が行われたのは1960年代の後半からで、その後赤色品種となる「サンセット」が国内で作出されたことで急速に普及したと言う歴史を持ちます。因みに、サンセットと言うのは、アメリカで開催される花の審査会となる、「オールアメリカセレクション」において、

1966年に金賞を獲得したと言う実績を持っており、八重咲きの赤い色と黄色い色の2つの種類がある「ブライトライト」、草丈があまり伸びないと言われている「サニー」、半八重咲きで緋色の花を咲かせる「ディアボロ」などの品種が存在していると言います。尚、キバナコスモスの性質は、丈夫で育てやすいと言う性質を持ち、真夏の炎天下で元気に育ち開花すると言います。

キバナコスモスの特徴

キバナコスモスはコスモス属に分類される草花で、コスモスと同じく栽培の多い種類になります。学名はスルフレウスで、これは黄色と言う意味を持ち、キバナコスモスは濃い黄色、もしくはオレンジ色、赤色と言った色を持つ花を咲かせます。

コスモスは比較的淡い色の花を咲かせますが、キバナコスモスの場合は濃い色が特徴と言えます。コスモスと比較をすると、花の色だけではなく、葉などの幅が広いと言った特徴も有ります。尚、原産はメキシコであり、主な生息地についいてもメキシコなどのエリアになりますが、

自生地の中でもコスモスよりも標高が低い場所に生息すると言う特徴も有ります。キバナコスモスは種まきによる栽培方法と苗木による栽培方法の何れかが可能です。種まきの場合は4月から7月にかけて行い、植え付けや植え替えの場合は5月から7月にかけて行います。

肥料は5月から9月にかけて施し、開花は6月から10月にかけてとなります。約5か月間の開花を持つ植物でもあり、鉢植えなどで育てると長い間鑑賞できると言う特徴も有ります。園芸部類においては草花、形態は一年草となりますので、開花後に種を取っておくことで増やすことが出来ますし、

草丈が30センチから1メートルになり、大きく育てる事も出来ますし、生育条件が良ければ1メートル以上の草丈になることも有ります。短日性と言う性質が有りますが、園芸用のキバナコスモスは自生しているものと比べると草丈が低めになる傾向が在りますが、日長に関係なく花を咲かせることが出来ると言う特徴も有り、初心者でも育てやすい草花です。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:雲間草の育て方

pixta_oonisogaram

オーニソガラムの育て方

オーニソガラムはヨーロッパから西アジア、アフリカが生息地で、約100種類ほどがある球根植物です。ヒアシンス科、オオアマナ...

pixta_dendorobium

デンドロビウム(キンギアナム系)の育て方

デンドロビウムは、ラン科セッコク属の学名カナ読みでセッコク属に分類される植物の総称のことを言います。デンドロビウムは、原...

pixta_orientarupopi

オリエンタルポピーの育て方

オリエンタルポピーは地中海沿岸からイラン等の西南アジアが原産地のケシ科ケシ属の仲間です。スイスの遺跡から種子が発見されて...

pixta_nettaisuiren

熱帯スイレンの育て方

スイレンは18世紀以前から多くの人に愛されてきました。古代エジプトにおいては、太陽の象徴とされ大事にされていましたし、仏...

pixta_seiyouhiiragi

セイヨウヒイラギの育て方

クリスマスなどによく見られるかわいらしい赤い実を多くつけるセイヨウヒイラギの花言葉は「神を信じます」「将来の見通し」「不...

pixta_eremofila

エレモフィラの育て方

エレモフィラと言う植物は比較的最近になってもたらされた植物として知られています。オーストラリアを生息地としている植物であ...

pixta_benibanaitigo

ベニバナイチゴの育て方

ベニバナイチゴの特徴としてはまずは高さです。1メートルから1.5メートルぐらいなので決して高くはありません。高く伸びてい...

pixta_hinoki

ヒノキの仲間の育て方

ヒノキは原産として日本と台湾にのみ分布する樹木です。アメリカにおいては似ているものとしてアメリカヒノキがあり日本にも輸入...

pixta_arumeria

アルメリアの育て方

歴史的にみてもヨーロッパでは古くから親しまれ、愛されてきた花といえます。まず、属名がアルメリアという名前には理由があり、...

pixta_siso11

シソの育て方

シソはヒマラヤやビルマ、中国などが原産であり、生息地もその辺りになります。シソの歴史は大変古く、日本には中国から伝わった...

pixta_hasikanboku

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波...

pixta_doudantutuji

ドウダンツツジの育て...

ドウダンツツジは、かわいらしいふっくらとした見た目の花を...

pixta_sarupigrossis

サルピグロッシスの育...

サルピグロッシスはナス科サルピグロッシス属(サルメンバナ...

pixta_hiperikamu

ヒペリカムの育て方

ヒペリカムの原産地は中国で、中央アジアや地中海沿岸を主な...