ピーマンの栽培方法

ピーマンの栽培方法

ピーマンは夏を代表する野菜となっています。小さな子供は苦手と言うことが多くなっていますが、その苦みがうまみを増やすという効果があります。どんな料理にも使いやすいピーマンですが、家庭でも育てることができます。

ピーマンの栽培方法

ピーマンの栽培方法としては、植え付けを行ってから長期間にわたって栽培をすることができるので、長く収穫を楽しむことができるという特徴があります。ピーマンの育て方としては移植栽培と直まき栽培があります。ピーマンの種まきは2月下旬頃から行うのが一般的となっています。

しかし初心者の場合には、ホームセンターで苗が販売されているので、この苗から育てる方が簡単にできます。ピーマンの植え付け時期は5月の上旬以降となっています。そして実際に収穫ができるのは6月下旬となっているので、短い期間ですぐに収穫して楽しむことができます。

ピーマンの種まきの場合には。3月下旬から4月下旬に行うといいです。種から植える場合には育苗箱に種をまいて、発芽をするまで待ちます。発芽すればポットに移し替えて、定植までの間はここで育てるようにします。また苗から植える場合には、定植まで70日から80日程度必要になります。

初心者はここまでの期間でよい苗を作ると言うことが難しいので、市販の苗を使うことをおすすめします。ピーマンを上手に育てるためのポイントは次のようになっています。まずピーマンの生育温度は22度から30度となっています。したがって高温には比較的強くなっています。

ピーマンの栽培時の注意点

しかし逆に低温には非常に弱くなっているので、早く植えすぎないように注意が必要です。ピーマンの根は浅く張るようになっています。したがって水はけのよい土壌を用意し、加湿や乾燥しすぎると言うことを防ぐためにも、土は深めにしておくというのが大切です。

ナス科とウリ科の野菜は連作をすることで連作障害が発生します。したがって最低でも3年は間隔を開けて栽培をするようにします。ピーマンの花はアマニあたるとすぐに落ちてしまいます。したがって雨に当たることがないように、軒下などで育てるのが理想です。

プランターで育てる場合の注意点

ピーマンを育てるときのプランターですが、その大きさは標準の60センチメートル以上のものを用意し、できれば深型のものを使います。それは加湿を大変嫌う野菜となっているからです。また栽培の際に使う土は、市販の培養土が手軽です。

また水はけをよくするために、プランターの底にメッシュ付きの網を入れたり発泡スチロールを敷き詰めるといいです。そしてその上にプランターの8分目まで土を入れるようにします。このときに地温を温めておくとさらに育てやすい環境になります。実の大きさが6センチメートルから7センチメートルになったら収穫のサインです。

pixta_himarayasugi

ヒマラヤスギの仲間の育て方

ヒマラヤスギはヒンドゥー教では、古来から聖なる樹として崇拝の対象とされてきました。ヒマラヤスギの集まる森のことをDaru...

pixta_sakaki

サカキの育て方

サカキは日本・朝鮮・台湾・中国に自生する、比較的温暖な地を好みます。葉の形で先が鋭くとがっているものは神の宿るよりしろに...

pixta_shungiku_01

シュンギクの育て方

キク科シュンギク属に分類されるシュンギクは、20cmから60cmの草丈となる一年草植物であり、春には花径3cmから4cm...

pixta_kaneshon

カーネーションの育て方

母の日の贈り物の定番として、日本でも広く親しまれているカーネーションですが、その歴史は古くまでさかのぼります。もともとの...

pixta_prouretaris

プレウロタリスの育て方

プレウロタリスの原産地は、アメリカ大陸であり、主に中央アメリカと南アメリカです。そのなかでも熱帯アメリカと呼ばれる地域に...

pixta_shikuramen

シクラメンの育て方

シクラメンはもともと地中海沿岸地域の山地を生息地としている、サクラソウ科の原種であるシクラメンを基にして、品種改良を加え...

pixta_mimikakigusa

ミミカキグサの仲間の育て方

ミミカキグサは控えめな花を咲かせる植物で色々なこの植物にしか無い特徴があることで有名です。そんなミミカキグサの仲間の原産...

pixta_hanatoranoo

ハナトラノオの育て方

ハナトラノオは北アメリカ東部を原産地とする植物であり40センチから1メートル程度の大きさに育つ多年草の草花です。かわいら...

pixta_kohirugao

コヒルガオの育て方

コヒルガオの大きな特徴は、その花の咲き方です。アサガオやヒルガオと同じ様な咲き方をしています。またヒルガオと同様、昼ごろ...

pixta_kyuuri

キュウリの育て方について

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC・カロチンなどの栄養素が豊富に含まれた野菜です。浅漬けにしたり、...

スポンサーリンク

pixta_ariakesumire

アリアケスミレの育て...

アリアケスミレは日本原産の本州から四国、九州に自生するス...

pixta_raiti11

ライチの育て方

ライチは、ムクロジ科、レイシ属になります。和名はレイシと...

pixta_nokonggiku

ノコンギクの育て方

ノコンギクの歴史としまして、伝統的にはこの種には長らく「...

pixta_karuseoraria

カルセオラリアの育て...

カルセオラリアはゴマノハグサ科の多年草です。原産は南アメ...