キュウリの育て方について

キュウリの育て方について

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC・カロチンなどの栄養素が豊富に含まれた野菜です。浅漬けにしたり、サラダにしたりなど、さまざまな料理に使える便利な夏野菜です。実は、キュウリには、たくさんの品種が存在しています。

キュウリの品種や特徴

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC・カロチンなどの栄養素が豊富に含まれた野菜です。浅漬けにしたり、サラダにしたりなど、さまざまな料理に使える便利な夏野菜です。実は、キュウリには、たくさんの品種が存在しています。

一般的に、スーパーでよく出回っているキュウリの品種は、「南極1号」「北星」「リクエスト」「ステータス」などとなります。キュウリの栽培に適した用土は、市販の「野菜の土」を利用すると簡単です。

キュウリの育て方

キュウリの種まきの前の準備として、市販のプランターにウォータースペースとして上から2~3cmほどは残して、培養土(野菜の土)を入れて、元肥を施しておくようにしましょう。家庭菜園で、キュウリを種から育てる場合には、植える時は、ポット植えが確実です。植えかえる時のキュウリの株の植え痛みを防ぐことができます。

キュウリのプランターでの育て方について、ご紹介します。苗をプランターに定植する場合には、ポットで育った本葉3枚~4枚の苗を選び、株間は50~60cmで植え付けしましょう。

子葉と初期葉の間の茎が太く、しっかりとした苗が良い苗です。植える穴は、十分に湿らせておくか、雨の後に植え付けて、定植後の1週間は、毎日多めに水を与えるようにすると、根の活着が良くなります。

キュウリの支柱を立てる

キュウリの苗が、20~30cmにまで育ったくらいで、つるを巻きつけるための支柱を立てます。最初のつるは、紐で支柱にゆるく結んでおけば、自然に支柱に巻きついてくれます。支柱は、しっかり立てておくことがポイントとなります。

実がなる頃に、重みで倒れることがあるためです。親づる1本仕立てとして、大人の背丈くらいまで育ったら、親づるの先を摘心しましょう。摘心することによって、下の子づるがよく育つようになります。なお、摘心した親づるは、支柱に紐で固定しておきましょう。

生長しキュウリの茎葉が混んできたら、株の生育と採光が悪くなりますので、摘葉を行います。摘葉とは、増えすぎた不要な葉を、摘み取る作業のことです。

摘葉は、古くなった葉や病気で枯れた葉などを中心にして、摘み取るようにしましょう。ただし、一度に摘みすぎてしまうと、株が弱ってしまいますので、摘葉する枚数は、1株あたり1日2枚~3枚程度にしておいた方が良いそうです。

キュウリの収穫時期など

キュウリの成長は早く、開花してからあっという間に、実が大きくなっていきます。キュウリは完全に育つ前のもので、開花から10日くらい経過して20cmくらいになったものが、1番おいしい大きさとなります。

キュウリを育てるポイントは、成長を低下させないように、適切なかん水と追肥を行うことです。また、キュウリは根の分布が浅いため、夏場は敷きわらを敷いて、乾燥を防ぐ対策を行いましょう。

キュウリの育て方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:キュウリの育て方のポイント

pixta_futoukazura

フウトウカズラの育て方

フウトウカズラの特徴について書いていきますが、まずは分布地域について触れて起きます。分布地域としては関東以西の暖地に広く...

pixta_maturika

マツリカの育て方

特徴としてどのような分類になるかですが、シソ目、モクセイ科、ソケイ属と呼ばれる中に入るとされます。常緑半蔓性灌木になりま...

pixta_safinia

サフィニアの育て方

この花の特徴としては、キク亜綱、ナス目、ナス科、ペチュニア属に属する花になります。元々ペチュニアが原種ですが、日本の会社...

pixta_kuroganemoti

クロガネモチの育て方

クロガネモチの原産地は、日本の本州中部から沖縄、朝鮮半島南部、台湾、中国中南部、ベトナムなどです。もともと日本に自生して...

pixta_yagurumasou

ヤグルマ草の育て方

ヤグルマギクとも言われていて、キク科ヤグルマギク属のひとつですが、ハーブでもあり、花も鮮やかなのでファンもたくさんいる矢...

pixta_orientarupopi

オリエンタルポピーの育て方

オリエンタルポピーは地中海沿岸からイラン等の西南アジアが原産地のケシ科ケシ属の仲間です。スイスの遺跡から種子が発見されて...

pixta_tomato03

おいしいトマトを作りましょう

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチトマトまで、収穫のサイズも種類によって変わってきます。以前は病気...

pixta_nantenhagi

ナンテンハギの育て方

ナンテンハギはマメ科でありますが、他のマメ科の植物がツルを使って他の植物に頼ることで立つ植物であるのに対して、そうしたツ...

pixta_matubotan

マツバボタンの育て方

原産地はブラジルで日本には江戸時代に入ってきたといわれるマツバボタンは、コロンブスがアメリカに進出したことでヨーロッパに...

pixta_shuumeigiku

シュウメイギクの育て方

シュウメイギクは中国が原産とも言われています。中国では根を解毒・解熱に使用されてきました。日本でも古くから本州、四国、九...

スポンサーリンク

pixta_kureome

クレオメの育て方

通常クレオメというとセイヨウフウチョウソウの種のことを言...

pixta_serojine

セロジネの育て方

セロジネはラン科の植物でほとんどの品種が白っぽい花を穂の...

pixta_anemone

アネモネの育て方

地中海沿岸が原産地のアネモネは、ギリシャ神話ではアドニス...

pixta_hiiraginanten

ヒイラギナンテンの育...

ヒイラギナンテンの原産地は中国や台湾で、東アジアや東南ア...