長ネギの育て方

長ネギの育て方

昔から和食をメインとしてきた日本にとって、長ネギは馴染みのある食材です。メインディッシュでバクバク食べるというより、添える程度でありながら、素材や料理の美味しさを、さらにグレードアップさせる、素敵な食材でもあります。

長ネギの育てる環境について

ネギは比較的、家庭においても栽培しやすい野菜です。育て方としては、畑 はもちろんのこと、コンテナは鉢やプランターでも構いません。家庭で育てるのであれば、千本細ねぎや九条ねぎは、種類としても育てやすいでしょう。家庭で栽培するのであれば、コンテナとして適しているのは、

プランターや鉢の深さをチェックして、8cm以上のタイプであれば大丈夫です。重要ポイントとなる育てる環境ですが、温度がキーポイントになってきます。生息適温としては、15℃から20℃くらいがベストな温度です。1日のうちでも、数時間のみ、お日様の光が当たるような、

半日陰であっても懸命に育ってくれます。住まいの条件もありますから、午前中はお日様の光が当たるけれど、午後は建物があって影になる、といった条件でも、育てられる野菜です。元気にすくすくとした成長を望むのであ れば、できるだけ太陽がよく当たる、

日なたの場所へ置くのがベストです。ネギの素晴らしところは、寒い時期にも強いということでしょう。冬になると、日本人はよく鍋を食べますが、鍋には必ずと言っていいほど、青々したイキのいいネギが登場します。寒い時期にも、大活躍のネギです。気温で言えば、

マイナス8℃まで、寒い気温に耐えることができるという特徴があります。逆に弱いのは、湿気の存在です。栽培においても、保管においても、通気性が良いということは、は、ネギにとって大切なポイントとなります。畑にしてもプランターでも、通気性の良さはキーポイントになります。

長ネギの種付けや水やり、肥料について

種を蒔いて、成長を1から楽しみにすることもできますし、苗から育てていく方法もあります。プランターで、種 から育てるの出れば、まずはプランターや鉢に鉢底石を敷き詰めます。培養土を中へ入れたら、軽く表面をならしておきます。水はたっぷりと、

プランターの底から水分が出てくるレベルまで、しっかりと水をかけます。その上で、筋播きをしていきますが、ばらまきでも構いません。まき溝を棒や指で作り、深さとしては5mmくらいです。列と列の間隔としては、10cmから15cmがベスト間隔です。土をかぶせてから、軽くてでおさえましょう。

種をまいたら、水をたっぷりとあげることです。購入して、苗から栽培するのも楽なものです。園芸店で苗を購入するのはスタンダードな方法ですが、新鮮なものであれば、葉ネギを用意して根元を少しだけ残して、苗として使うこともできます。植え付けをしてからの、

肥料 や水やりも、ポイントをおさえておくことです。化学肥料は植え付けをした2週間くらいあろに、追加でたしていきます。そのあとも、化成肥料の追肥は、2週間に1回ペースで行うとよいでしょう。もしくは1週間に1回くらいのペースで、

肥料を水やりと共に行うといった方法もあります。肥料をあげたら、土の状態や土寄せも具合を見ながら、増し土をしていくと良いです。水やりですが、土の状態を観察することです。土の表面を見て、乾いている状態であれば、たっぷりと水をあげましょう。

長ネギの増やし方や害虫について

ネギの害虫は、アブラムシであったり、アザミウマなどがメインとなります。特に、ネギ類に飲み「発生すると言われる、黒い色のアブラムシには注意が必要です。もしも多発した時には、全体的に覆われてしまい黒 くなってしまいます。発生してしまったら、

専用の薬剤を散布するなどの対処を行います。天然ヤシ油を使用した殺虫殺菌剤や、食品成分を使用している殺虫殺菌などもあります。農薬はできるだけ使いたくない、健康のことも考えて控えたい、という人も少なくはありません。ネギアブラムシには、

農薬を使用したくないのであれば、牛乳で対処するという裏技もあります。牛乳は、水をあげるように、普通にかけるわkではありません。牛乳をスプレーするのです。霧状になってスプレーされた牛乳は、やがて時間が経過したら乾きます。牛乳が乾くことで、

虫たちの表面にも、自然と膜を張ることになります。その膜が、窒息という方向へ導いていくのです。多年草でもある葉ネギは、1回植え付けを行ったら、 元気に増やすことが3年から4年はできる野菜です。その間は、毎年収穫を楽しみにしながら、食卓へ並べることができます。冬の時期には、

地上に顔を出している部分は枯れますが、それは冬の時期だけです。春が訪れると、青々した新しいい葉が伸びてきます。力をなくすのは3年から4年くらい経過してからです。そうなったら、掘って株分けをしたり、新しい種をまいたり、苗を植えるなどして、また青ネギを楽しむことができます。

長ネギの歴史

昔から和食をメインとしてきた日本にとって、長ネギは馴染みのある食材です。メインディッシュでバクバク食べるというより、添える程度でありながら、素材や料理の美味しさを、さらにグレードアップさせる、素敵な食材でもあります。歴史的に見てみると、

原産地はシベリアという説もありましたが、それは今では違うとされています。ネギの原産地は、なにかと伝わることの多い中国であったり、アルタイやバイカル地方、中央アジア北部などではないか、という生息地説が濃厚となっています。中国は非常に広く、

もっと地域を絞ってみると、中国の西部ではないか、とも言われています。中国説が強いことの理由の一つには、中国の古書等の記録があります。はるか紀元 前より、中国古代においての地理や神話と地理である、山海経には、ネギ関連の記録があります。

五経の一であり、古礼に関係した説を一同に収集した書物でもある、礼記にも登場しています。礼記の書物には、ネギを食材としているレシピが掲載されています。欧米方面への伝わりは少し遅くなっており、時代的には16世紀の文献ではじめて登場しました。

意外かもしれませんが、米国になると、さらに伝わるのは遅くなります。欧米が16世紀に対し、米国は19世紀にもなります。そして、実は今でもそれほど、米国では普及はしていないというエピソード付きです。日本伝播は、8世紀以前という説が濃厚です。渡来経由は朝鮮半島です。

長ネギの特徴

薬味にも最適な長ネギは、冷蔵庫でのストックはもちろんのこと、冷蔵保存もできる便利な野菜であり、常備食としても活躍してくれます。長ネギの特徴は、スタミナアップ効果もある食材という点も挙げられます。成分には、人間の免疫力を向上させる、栄養成分がギュッと詰まっています。

ビタミンCであったり、カロテンもたっぷりです。ネギオールという抗ウィルス作用成分も含まれているものです。グリーンとホワイトカラーの美しいカラーですが、カロテンやビタミンCが、より豊富なのは、イキイキとした青いゾーンです。ネギは冷蔵保存もできる食材ですが、

カットしたネギは、冷凍してから調理することで、栄養素は下がります。出来ることなら、調理する前に、必要な分だけ を、新鮮なまま使うのが良いでしょう。加熱することで、ビタミンCも失われやすい特徴もあります。火を通さないでできるレシピで、美味しくいただくのが良いでしょう。

加熱調理をするのであれば、良質な油を使い、効率よくカロテンを吸収することです。白いネギと青いネギは、実は栄養成分の量に違いがあります。白ネギも美味しくいただけますが、栄養成分の高さで行くと、青いほうが高めです。

ビタミンAやビタミンC、カルシウム成分も含む食材です。ネギの特徴として、独特の香りがあります。その元となっているのが、アリシンの成分です。疲労を回復させてくれたり、体内の血行をよくするといった作用が働きます。

pixta_dierama

ディエラマの育て方

いろいろな名前がついている花ですが、アヤメ科になります。球根によって生育をしていく植物で、多年草として楽しむことができま...

pixta_kodatiseibegonia

木立ち性ベゴニアの育て方

木立ち性ベゴニアの科名は、シュウカイドウ科で属名は、シュウカイドウ属(ベゴニア属)になります。その他の名前は、キダチベゴ...

pixta_konagi

コナギの育て方

コナギと人間の歴史は大変古くからあります。特に日本人をはじめ、アジア諸国と古くかかわりを持ってきた植物といえるでしょう。...

pixta_hesuperansa

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留まらず多くの愛好家がいます。花の歴史も深く、大航海時代にまで遡る事...

pixta_pakira

鉢植え乾燥地帯原産地「パキラ」の栽培方法について

鉢植え「パキラ」は東急ハンズ等で購入できる乾燥地地帯である中東が原産地の鑑賞植物です。高さが5cm以下の小型の植物で、手...

pixta_purimurapowansa

プリムラ・ポリアンサの育て方

プリムラ・ポリアンサは、ヨーロッパを原産でクリンザクラとも呼ばれています。17世紀には、プリムラの野生種から幾つかの品種...

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て方

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありません。フクロソウ科、テンジクアオイ属とされています。よく知られて...

pixta_raiti11

ライチの育て方

ライチは、ムクロジ科、レイシ属になります。和名はレイシと呼ばれています。果物については果樹として育てられるのか、苗のよう...

pixta_feijoa

フェイジョアの育て方

フェイジョアは1890年にフランス人の植物学者であるエドアールアンドレによってヨーロッパにもたらされた果樹です。元々は原...

pixta_rudobekia

ルドベキアの育て方

ルドベキアは北米を生息地としており、15種類ほどの自生種がある、アメリカを原産とする植物です。和名ではオオハンゴウソウ属...

スポンサーリンク

pixta_erangis

エランギスの育て方

エランギスとは、アフリカ東部原産で、ラン科に所属するエラ...

pixta_minibara

ミニバラの育て方

バラと人間との関わりは古く、およそ7000年前のエジプト...

pixta_giria

ギリアの育て方

種類としてはハナシノブ科になります。別名があり、タマザキ...

pixta_tiranjia

チランジアの育て方

チランジアは中央アメリカや南アフリカ、西インド諸島などを...