アシダンセラの育て方

アシダンセラの育て方

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては60センチぐらいから90センチぐらいになります。花が開花するのは秋で9月から10月ぐらいに咲くことが多いようです。たねか球根で育てるかについては、こちらは球根を植え付けて育てるタイプになります。春植え球根の代表ともされてます。

育てる環境について

生息地としては暖かいところがメインの花ですが、栽培をするにあたってはどのように環境設定をしていく必要がある家です。アフリカの中央部分の国が原産になっています。この花についてはまずは日当たりのあるところで栽培する必要があります。まずは花を咲かせることが第一の目標になってくるでしょう。

この花については日光がないとつけづらい、咲きにくいとされています。となるとある程度日光が強いところに置いたり、育てたりしないといけないことがわかります。決してどこにでもある環境とは言えませんが、自宅の中などにおいてある程度日光が得られるところを探しておく必要があるでしょう。

アフリカといいますとかなり強い日差しが1年を通して当たるイメージがあります。それなら日本の強い日差しでも問題なく育てることができそうですが、真夏の直射日光に関しては決して強い植物ではありません。一応は一年間日差しがあるところ、日光が当たるところで育てることを考えますが、真夏において日差しが強くなる時においては

遮光ネットなどを利用して直射日光を少し遮るようにすれば良いかもしれません。遮光ネットに関してはホームセンターで売られていますし、何らかの同じような役割を持つシートなどを利用しても行うことができます。それ以外には半日陰状態のところに置くこともあります。植木鉢で育てようとするなら移動させることが可能になるので、夏の間だけでもそちらに置きます。

種付けや水やり、肥料について

育て方として土の配合はどのようにしていくのがベストの状態になるかですが、肥沃な土作りを行うようにします。室については特に選ぶ必要はありません。水はけが良いタイプが好まれます。赤玉土の小粒が7割、腐葉土が3割ほどの配合であればかなりピッタリ合う土が用意できるでしょう。

鉢植えにおいても、庭植えにおいてもそのような配合を目指して作るようにします。水やりの方針としてはどのように行っていくかです。生育中については水をたっぷり与えることを考えながらになります。鉢植えで育てることが多くなりそうですが、その時には土の表面の様子を見ることで水やりのタイミングを知ることができます。

表面が乾いてきたら水やりのタイミングと考えます。そのためには毎日のように様子を見るようにします。そうでないと昨日は湿っていたけども今日は乾いているのか状態がわかりません。乾いた状態を続けるのはあまり良くありません。花については咲き終わった状態になれば少しずつ水やりの回数を減らすようにします。

その後は乾かし気味の管理をしていきます。そのうち茎や葉っぱが枯れてくるようになるので、そうなったら水やりについてはストップします。庭植えで行うときは水やりはほとんど必要ありません。肥料を与えるときにおいては、球根を植え付けるときにおいて行うようにします。ゆっくり効くタイプがあるので、それを置くようにします。粒状のものであれば効き目もゆっくりになります。

増やし方や害虫について

増やし方としては、球根を分ける方法があります。花が咲いて、その後枯れるようになります。秋になって球根を掘りあげてみましょう。そうすると新しい球根ができている場合があります。そうなるとそれを分けることが出来るかもしれません。球根において木子と呼ばれる小さい球根ができていることがあるので、

そこからどんどん増やせるようになっています。木子に関しては保存の方法を考慮します。適当に置いておけば良いわけではなく、球根と同じような扱いをするのが基本となります。冬においては寒いところ、冷たいところなどにおかないようにします。種などにおいてはよく野菜室などで保存するのが良いとされることがありますが、

球根については必ずしもそのような管理が良いわけではありません。暖かいところに置いたほうが良いことがあるので、気をつける必要があります。植え付ける時期としては5月頃が良いとされます。植え付けをした後、液体肥料を与えるようにします。液体タイプだと固体よりも少しは効き目が早くなります。

11月頃になると葉が枯れてくるのでそれを掘りあげて保存するようにします。植えた年に関して花が咲かなくても特に問題はありません。ほとんどはその年に咲くことはありません。次の年にしっかり咲かせるのを目標にします。病気については特に困るようなことはありません。害虫として出て来やすいのがナメクジです。食害にあうことがあるので注意が必要です。

アシダンセラの歴史

花屋さんにおいてはいろいろな形で花を購入することができます。ただ、街の花屋さんなどでは花束として販売するようなところが多いようです。バラの花束であったり、その他の花束のための花が売られていることが多いように感じます。花束の花といいますと切り花と言われるタイプになるため、基本的には長くもたせることはできません。

水に生けるなどすることで数日から数週間楽しむぐらいで、種をとったり、土に植えたりして育てるタイプではありません。そのようにして育てたいなら鉢植えのものなどを購入するしか無いでしょう。アシダンセラと呼ばれる花があります。非常にきれいな花を咲かせるタイプなので花屋さんでも見かけることがあるかもしれません。

原産地はアフリカのエチオピアになります。南国の花のようなイメージを持たせてくれます。この花についてはグラジオラスの一種として分類されますが、かつての花の分類から今の花の名前が残るようになっています。名前の由来としてはとがった葯になります。確かに特徴的な形をしています。

最も栽培されているものとしてはピコロルと呼ばれる種類とミュリエリアエと呼ばれる種類になります。それらについては日本には1935年ごろに到来したとされています。外交などがすでにある時代ですが、戦争もある時代のさなかにきていたようです。この時の用途としては主に切り花用としての導入になります。楽しむためで、育てるためではなかったようです。

アシダンセラの特徴

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては60センチぐらいから90センチぐらいになります。花が開花するのは秋で9月から10月ぐらいに咲くことが多いようです。たねか球根で育てるかについては、こちらは球根を植え付けて育てるタイプになります。春植え球根の代表ともされてます。花においては白い花びらが印象的な花になります。

花びらの数としては5枚ぐらいつくタイプが一般的になります。花びらにおいては真っ白の色だけがあるわけではなく、すべての花について少し特徴的な模様がつくことがあります。花びらの付け根の辺りに何か虫の目のような模様が入ります。色としては茶色っぽい色になります。虫のようにも見えますし、鳥のように見えることがあるかもしれません。

もしかすると何らかの動物に似せようとして咲いているとも考えられます。花に関しては上に向いてしっかりと咲くタイプではなく、あやめ同様に横向き、もしくは少し斜め下を向くような形で咲いています。1本の花茎においては5つから6つぐらいの花を咲かせることが多くなります。

花が咲くと非常に良い香りがして、そのあたりにいい香りを与えてくれます。葉っぱに関しては薄いタイプになります。少し尖ったような形になります。基本的には花を楽しむための花になりますが、花が咲く前、咲いた後に茎や葉っぱだけが残った状態においても比較的楽しむことができそうな花といえるかもしれません。長く見ることができます。

pixta_nira

ニラの育て方

東アジア原産で、中国西部から東アジアにかけての地域が生息地と考えられます。中国では紀元前から栽培されており、モンゴル、イ...

pixta_rodorigetia

ロドリゲチアの育て方

花の特徴としてはラン科になります。園芸上においてもランとしてになります。一般の花屋さんでも見つけることができますが、ラン...

pixta_graptpetarm

グラプトペタラムの育て方

グラプトペタラムは様々な品種があり日本ではアロエやサボテンの仲間として扱われることが多く、多肉植物の愛好家の間でとても人...

pixta_ivyzeranium

アイビーゼラニウムの育て方

アイビーゼラニウムは南アフリカのケープ地方原産の植物です。科名はフウロソウ科で、テンジクアオイ属です。テンジクアオイ属は...

pixta_krepis

クレピスの育て方

クレピスは学名で、モモイロタンポポ(桃色蒲公英)というキク科の植物です。ただし、クレピスの名前で呼ばれることも多いです。...

pixta_rengetutuji

レンゲツツジの育て方

この花の特徴は、ビワモドキ亜綱、ツツジ目、ツツジ科、ツツジ属になります。見た目を見てもツツジに非常に近い植物であることが...

pixta_geum

ゲウムの育て方

ゲウムは、バラ科 のダイコンソウ属(ゲウム属)であり、日本のに山に咲く「ダイコンソウ」と同じ仲間です。そのためゲウムを「...

pixta_tokeisou11

トケイソウの仲間の育て方

トケイソウの仲間は中央アメリカから南アメリカにかけてが原産地とされています。生息地は熱帯地域が中心で、現在では世界中に数...

pixta_tukinindou

ツキヌキニンドウの育て方

ツキヌキニンドウはアメリカ原産のツル性の植物で、5月頃から10月頃までの春時期から秋口にかけて、細長く先端部分が開いた、...

pixta_miyamakinpouge

ミヤマキンポウゲの育て方

この花の種類はキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ属です。漢字で記載すると深山金鳳花となります。高山に主に生えることが...

スポンサーリンク

pixta_okanori

オカノリの育て方

オカノリの原産国は諸説ですが、中国が有力とみなされていま...

pixta_naganegi_01

長ネギの育て方

昔から和食をメインとしてきた日本にとって、長ネギは馴染み...

pixta_crockas

クロッカスの育て方

地中海沿岸から西アジアを生息地とする多年草の球根植物であ...

pixta_geisoriza

ゲイソリザの育て方

ゲイソリザはアヤメ科の植物で原産地は南アフリカとなってい...