スノードロップの育て方

スノードロップの育て方

真っ白な花に緑色の斑が美しいスノードロップを自宅で育てることができたら、まるでヨーロッパの庭のように美しい景色を作ることができます。ポイントはあまり間隔をあけ過ぎないようにして植えることです。ではその育て方について学んでみましょう。

スノードロップはどんな場所を好むのか

スノードロップは冬の寒さにも非常に強い植物なので日本のように寒い冬があってもちゃんと栽培することができ、初心者の方でも栽培しやすいといえます。球根は9月から10月頃にかけて植えるようにします。芽が出るまでは半日陰のような涼しい場所で育てるのがポイントです。

そして芽が出てしまったら、あとはよく日が当たる場所で栽培してあげるのが良いでしょう。そして休眠期が夏にあるのですが、スノードロップは暑さには弱いので花が枯れて休眠期に入るまでは風通しの良い半日陰に置いてあげるといいです。花壇などに直接植えている場合は土の表面の温度が上昇しないようにワラなどを敷いてあげるようにするのが育て方のコツです。

そして休眠期だからといって球根を枯らせてしまわないように土が乾いてきたら水を与えるようにします。あまりにも土を湿らせ過ぎてしまうと今度は球根が腐ってしまいますから、あくまで土の表面が乾いたらあげるを育て方の一つだと考えておきましょう。休眠期も水やりの回数は普段より少なめでOKです。

土は水はけが良く、肥えたものが向いています。鉢植えでしたら赤玉土7、腐葉土3の割合で混ぜてあるものを使うといいですし、庭や花壇に直植えするのであれば前もって腐葉土をすきこんでおき、元肥として化学肥料や粒状の肥料を混ぜ込んでおくといいでしょう。

育て方のポイントをおさえておこう

スノードロップの育て方はそれほど難しくありません。植物を栽培する時にはたいてい肥料を与えなければいけませんが、スノードロップはそれも多くありません。球根を植える時に粒状肥料を土に混ぜ込んでおき、花が咲き終わった後に週に1度程度でいいので1000倍に薄めた液体肥料を1か月間ほど与えてあげるといいです。

こうしておくことによって次の年にも球根が元気な状態できれいな花を咲かせてくれるのです。球根を植える時の深さは1、2cmほど頭にかぶせる程度が良いです。鉢植えに植える場合は直径で12cmのものであれば5つくらいがちょうどいい量です。地植えであれば球根と球根の間は5cm前後あけておくと花が咲いた時にもきれいに見えます。

地植えの場合は球根の上にかぶせる土は2、3cmほどにします。病気は灰色カビ病というものにかかりやすいので注意してあげましょう。気温が20度前後の湿度が高い春から梅雨時に発生しやすいです。症状としてはまず葉や茎の部分に斑点状のしみができます。

それがどんどん広がっていきやがて腐ります。腐ったところには灰色のカビが生えてしまうのです。咲き終わった花にも発症するので傷んでしまっている花びらなどはマメに取り除いて、水やりの時にも花や葉などにかからないようにしましょう。

増やしたい場合は?

スノードロップは別名ユキノハナ、マツユキソウ、ユキノシズクなどといいます。原産地は南欧や小アジアで、日本へ渡来したのは明治末期から大正時代初期だといわれています。ヨーロッパではよく修道院の庭で育てられていました。そのため、現在でも修道院の跡地へ行くとスノードロップが咲いていることが多いです。

もともとはイギリスの修行僧がイタリアから持ち帰り、そのため修道院で花を咲かせるようになったのではないかといわれています。また修道院と関係していることから数々の言い伝えがあります。聖燭節の日にスノードロップをボウルにたくさん集めて家に持ち帰ることで家が清められるとイギリスのヘリフォード・ビーコン周辺では伝わっています。

また、エデンを追い出されてしまったアダムとイヴを天使が励まし、その時にしたのが降っていた雪をスノードロップに変えたことだという伝説もあります。ドイツには雪が自分に色をつけたいと花々に頼み、それをほとんどの花に断わられてしまったけれど唯一頼みを聞いてくれたのがスノードロップだったという話が伝わっています。生息地はヨーロッパからコーカサス地方のあたりまでとなっています。

スノードロップの歴史

キンカンは、他の柑橘類と同じように、元々の生息地はインドや東南アジアだと考えられています。この地域のものが中国で栽培されるようになり、その家庭で品種改良が行われてきたのだと考えられています。原産としては中国の浙江省だと考えられていて、中国では宋の時代以前から栽培されていました。

ちょうど長江の中流域に当たる地域で、この地域で栽培されている間に品種改良が行われ、現在のような品種に近いものができあがったと考えられています。日本に伝わった時期についてはいろいろな説があって、鎌倉時代末期から室町時代初期に伝えられたという説が有力です。

清の商船が日本の近海で遭難して日本に寄港し、そのときに贈ったキンカンの砂糖漬けの種を植えたことが日本で栽培された最初だという言い伝えがあります。諸説があって、それよりも早く日本に入ってきたのだと言われることもあり、時期はあまり詳しくは分かっていないようです。

どちらにしても江戸自体くらいには栽培が始まっていたと考えられています。他の柑橘類はもっと前から日本に入ってきて、いろいろなところで育てられていることを考えると、日本にきたのは少し遅いと考えられますが、すでに日本の部下には溶け込んだ果実の一つだと言えるでしょう。

スノードロップの特徴

ヒガンバナ科ガランサス属で、球根で育てることが多いです。種から育てることも可能ですが、花を咲かせることができるようになるまでは何年もかかってしまいます。冬の終わりから春先にかけて花を咲かせることから春の訪れを知らせる花としてよく知られています。

花は白色でまるでかつてのヨーロッパの貴婦人がつけていたイヤリングの形に似ていることからドロップとつけられたという説があります。初夏までは生長しますが、夏の間は休眠しています。花の特徴として外側に大きな花びらが3枚、その内側に小さめの花びらが3枚筒状になるようについており、緑色の斑が入っています。

学名はガランサスといいますが、これはギリシア語からきており、ガラが乳、アンサスが花という意味であわせて乳白色の花という意味があります。似たような名前の植物にスノーフレークがありまうsが、こちらはまた別物です。

気温が極端に低い日や夜は花が閉じています。その理由として花の中の温度を一定のものに保たせるためだといわれています。球根の大きさは約2cmほどで、地際から2、3枚の葉を出し、茎が伸びて白い花が下向きに咲きます。園芸ではニヴァリスとエルウェシーの2種類がよく知られています。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:クンシランの育て方

pixta_prouretaris

プレウロタリスの育て方

プレウロタリスの原産地は、アメリカ大陸であり、主に中央アメリカと南アメリカです。そのなかでも熱帯アメリカと呼ばれる地域に...

pixta_gonzui

ゴンズイの育て方

この植物はミツバウツギ科の植物で、落葉樹でもあり、樹高は3メートルから6メートルぐらいということです。庭木としても見栄え...

pixta_buraidaruberu

ブライダルベールの育て方

ブライダルベールは吊り下げるタイプの観葉植物が流行した昭和50年代に日本に登場しました。英語での名称は「タヒチアンブライ...

pixta_oregano

オレガノの育て方

オレガノは、もともとはヨーロッパの地中海沿岸を生息地とする植物です。ギリシャの時代からあり、ヨーロッパの文化の一員になっ...

pixta_serbatiko

セルバチコの育て方

セルバチコはイタリア原産の植物です。イタリア語で「ルケッタ・サルバティカ」といいますが、「サルバティカ」というのは「野生...

pixta_kusanou

クサノオウの育て方

クサノオウは古くから日本に生息している山野草です。聞き慣れない植物ですが、黄色い花を咲かせるヤマブキソウに似ています。ク...

pixta_clubapple

クラブアップルの育て方

科名はバラ科であり属名はリンゴ属、学名をMaluspumilaと言い、和名をヒメリンゴと呼ぶのがクラブアップルです。リン...

pixta_anzu11

アンズの育て方

アンズはヒマラヤ西部からフェルガナ盆地にかけてを生息地としている、バラ科サクラ属の落葉小高木です。英名ではアプリコットと...

pixta_korurijine

コルジリネの育て方

コルジリネはキジカクシ科のセンネンボク属に属します。原産地は東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドなどでの熱帯から...

pixta_kinokorui

キノコ類の育て方

きのこ類の特徴として、シイタケに関してはハラタケ目、キシメジ科、ハラタケ科と呼ばれる種類に属します。それぞれのキノコにつ...

スポンサーリンク

pixta_daizu111

ダイズの育て方

ダイズの歴史を調べてみると、はっきりとした起源がわからず...

pixta_baioukaren

バイカオウレンの育て...

バイカオウレンは日本原産の多年草の山野草です。生息地とし...

pixta_satumaimo

サツマイモの育て方

サツマイモは薩摩芋と書き、生息地は薩摩と言うイメージが強...

pixta_pepino

ペピーノの育て方

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べる...