洋種サワギキョウの育て方

洋種サワギキョウの育て方

キキョウは日本で古くから好まれている花の一つです。生息地としては日本だけではなくて中国大陸や朝鮮半島などで、この地域が原産だと考えられています。日本へはこの地域からもたらされたものと考えられています。中国では古くから薬として持ちいっられていて、現在でも漢方薬の原料として用いられています。

洋種サワギキョウの植え付け

洋種サワギキョウは、名前からも分かるように水分の多い土壌を好みます。ですから、土地としては水持ちの良いものを選ぶのが良いと考えられます。ただ、水はけが悪すぎると、それはそれで育ちにくくなる原因となりますから注意が必要です。水はけと水持ちのバランスの良い土壌を選ぶようにしましょう。

苗から植え付けるときには、根鉢を崩さないように注意しなければなりません。根鉢を崩さないように大きめに穴を掘ります。肥料については植え付けの時に混ぜるのが良いですが、少なめで良いです。肥料が多すぎると育ちすぎてしまうこともありますから注意が必要です。植え付けをするときには緩効性肥料を少なめに施しておくのが良いです。

通常の植物に対する量の半分くらいにしておくと良いです。場所についてですが、日当たりの良い場所を選ぶと良いです。日当たりが悪いと花の色が悪くなることもありますから注意が必要です。寒さには強いですから、寒さを気にする必要はありません。日本に自生している植物の近縁種と言うこともあって、日本の気候は栽培に適していて、育て方は難しくはありません。

洋種サワギキョウの増やし方

洋種サワギキョウは、育て方が簡単なだけではなくて、増やし方も難しくはありません。増やし方は種付けと株分けの二つの方法があります。種付けをするための種を購入するのも良いですし、育った花から採取することもできます。奥の種を取ることができますから、増やしやすいです。

ただ、採取してから種付けをするまでの期間が長くなりすぎると発芽しにくくなりますから注意が必要です。採取してすぐに種付けを行えば、ほとんど発芽するでしょう。理想的な時期としては3月から4月か、10月から11月です。購入してきた種を植えるのならこの時期を選ぶと良いです。

株分けで増やす場合、株を分けていけば良いのですが、その時期は11月と3月が適しています。寒すぎる時期はあまり良くありません。株分けをするときには芽を残していかなければなりません。一般的な植物の株分けをするときには、いくつかの芽を残します。育たない芽があることもありますから、複数にしておくのが良いと考えられるのです。

しかし、洋種サワギキョウは生育が良いですから、複数の目を残す必要はありません。芽が一つだけであっても栽培していくことは可能です。ただ、複数の目を残してはいけないというわけではありませんから、状況に応じて残す芽の数を調節していくと良いです。株分けをするときには、肥料を混ぜて植えていきます。

しかし、肥料の量は普通の植物の半分くらいで十分です。株分けをして植え付けをすれば、水はたっぷりやるようにしましょう。乾いてくれば又水をやるというようにしていくのが育て方の基本です。冬にはやや乾燥気味にしておく方が、根腐れをしにくくなります。

洋種サワギキョウの育て方のポイント

まず、日本の気候に適していると言うことは知っておくべきでしょう。栽培は難しくはなくて、適切に育てていれば枯れてしまうことはあまりありません。種で増やすこともできるくらいですから、増やそうと思えばどんどん増えていきます。たとえば、種ができて、それが落ちただけでも増えていくこともあります。

増えすぎてしまわないように注意が必要です。水を好む植物で、乾燥には弱い傾向があります。地植えする場合には水をやっておけば問題はありませんが、鉢植えの場合には乾燥しすぎないように注意が必要です。水をやるときも、鉢の下からしみ出るくらいにまで水をやるのが良いです。

日当たりの良い場所を好みますが、鉢植えをするときには注意が必要です。日当たりが良すぎると鉢が暑くなりすぎることがあります。特に夏の暑い時期には注意が必要です。鉢が熱くなりすぎないようにするために、二重にするのも良い方法の一つです。

また、日当たりが強すぎる時期には、半日だけ日を当てるといった方法も効果的だと言えるでしょう。なお、小説などの影響で猛毒があると言われるようになりましたから、少し心配する人もいるかも知れません。毒性はあるのですが、それで死に至るといったことは考えにくいです。

というのも、致死量は1キログラムを超えるからです。小説の中では毒殺に用いられていたようですが、そこまでの毒性はありませんから、栽培しているときに誤って口に入れてしまったからと言って、あまり心配する必要はありません。なお、ロベリア属の植物ですが、一般に販売されているロベリアという植物とは別のものであるという点に注意が必要です。

肥料をやり過ぎると大きく成長しすぎてしまうこともあります。1メートルを超えて成長したと言うこともあるそうですから、植える場所には注意しなければならないでしょう。根付いてしまうと良く成長しますから育て方は簡単なのですが、根付くまでは水やりなどにも注意しておきましょう。

洋種サワギキョウの歴史

キキョウは日本で古くから好まれている花の一つです。生息地としては日本だけではなくて中国大陸や朝鮮半島などで、この地域が原産だと考えられています。日本へはこの地域からもたらされたものと考えられています。中国では古くから薬として持ちいっられていて、現在でも漢方薬の原料として用いられています。

植物としては、秋の七草の一つとなっていて、日本でも愛されてきました。書物としては万葉集にも登場しますから、日本での歴史は古いと言えるでしょう。また、太平記にも登場します。また、家紋としても用いられてきました。たとえば、明智光秀が家紋としていたことは有名な事実の一つでしょう。

そのために、裏切りの家紋とも言われるようになり、少しネガティブな意味を持つようにもなったそうです。たとえば水野氏はもともとキキョウの家紋でしたが、明智光秀が織田信長を討ってからは、家紋を変更したそうです。キキョウを用いた家紋にはたくさんの種類があり、現在でも用いられています。

洋種サワギキョウの特徴

サワギキョウにはいくつかの種類があり、日本に自生しているものと、海外からもたらされたものとがあります。洋種サワギキョウは海外からもたらされたもので、自生しているものとは少し特徴が異なります。自生しているものと比較すると、花の上唇と下唇の幅が広いのが特徴の一つです。

花は7月から9月頃に咲くのが普通で、花の色は白や赤、紫などがありますが、赤い花のものが人気を集めているようです。店頭でも販売されているものは多くありますが、赤くて大きな花をつけるものをよく見かけます。大きさは50センチから1メートルくらいになることもありますから、そこそこの大きさには育ちます。

種を蒔いて育てていくこともできますし、苗を植え替えて育てていくこともできます。やや湿ったところを好むという傾向があり、水やりはしっかりと行っていかなければなりません。肥料は多く必要とはしませんから、育てやすいと言えるでしょう。日本に自生しているものと少し異なるのですが、基本的な部分は同じですから日本の気候にも適していると考えられます。

冬になると枯れますが、根は残っていて、多年生植物として長く楽しむことができるでしょう。増やしカタとしては種で増やすこともできますが、株分けによって増やしていくこともできます。病気になることもあまりありませんし、虫もつきにくいという特徴があります。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ツルニチニチソウの育て方
タイトル:セントーレアの育て方
タイトル:ロベリアの育て方

pixta_arodexia

アローディアの育て方

アローディアと呼ばれる植物は、マダガスカル原産の植物です。刺のある多肉植物になりますが、歴史はとても古く江戸時代にさかの...

pixta_murasakituyukusa

ムラサキツユクサの育て方

ムラサキツユクサは、TradescantiaOhiensisと呼ばれる花になります。アメリカの東部から中西部が原産地にな...

pixta_benibanaitigo

ベニバナイチゴの育て方

ベニバナイチゴの特徴としてはまずは高さです。1メートルから1.5メートルぐらいなので決して高くはありません。高く伸びてい...

pixta_nasutachiumu

ナスタチュームの育て方

黄色やオレンジの大きな花をつぎつぎと咲かせるため、ハーブの利用だけでなく観賞用としても人気のナスタチューム(ナスタチウム...

pixta_musitorisumire

ムシトリスミレの仲間の育て方

この花については、キク亜綱、ゴマノハグサ目、タヌキモ科となっています。その他の名前としてはピンギキュラと言われていて、ピ...

pixta_tutuji

ツツジの育て方

ツツジもまたピンク色のものから赤っぽいもの、紫や白いものがあり、古来より人々の目を楽しませてきました。現在でも春になると...

pixta_matunonakama

マツの仲間の育て方

マツの仲間の特徴としては、環境や種類によって様々に異なってくるものの、マツ属に含まれるものは、基本的に木本であり、草本が...

pixta_simotukesou

シモツケソウの育て方

シモツケソウは日本原産の固有種で、本州の関東地方から九州にかけてが生息地となっています。山地や亜高山の草地、林の縁などに...

pixta_sukimia

スキミアの育て方

「スキミア」はミカン科ミヤマシキミ属、日本を原産とする常緑低木の一種です。学名は「シキミア・ジャポニカ」、英名を「スキミ...

pixta_sineraria

シネラリアの育て方

シネラリアはキク科の植物で、早春から春にかけての代表的な鉢花のひとつです。原産地は北アフリカの大西洋沖に浮かぶスペイン領...

スポンサーリンク

pixta_iwashajin

イワシャジンの育て方

イワシャジンは関東地方の南西部や中部地方の南東部の山地の...

pixta_soburaria

ソブラリアの育て方

特徴としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科、アレサ...

pixta_itii

イチイの仲間の育て方

イチイの仲間は日本を含め世界各地に生息地があり、日本も沖...

SONY DSC

ニオイバンマツリの育...

ニオイバンマツリはナス科の植物で南アメリカが原産となって...