ノリウツギの育て方

ノリウツギの育て方

ノリウツギはアジサイ科のアジサイ属の落葉する背の低い木で原産国は中国やロシア周辺であると考えられています。和名のノリウツギという名前は樹液を和紙をすくときの糊として使用していたという歴史があるために付けられていて、装飾が美しいので日本では昔から家の中の花瓶で育てられたりしてきました。

育てる環境について

育てる環境に関しては主に海岸や湿気の多い土地で自生していることが多くて、日本で有名なのは伊豆諸島や千葉県の房総、神奈川県の鎌倉などとなっていて、とくに梅雨の時期には美しい花を咲かせるのでたくさんの観光客がノリウツギやアジサイが自生しているお寺などの観光スポットに集まります。

育てる環境として適しているのは適度な湿気のある環境なのですが、北海道などの非常に寒い地域でも十分に自生しているので、比較的寒さには強い植物であるとされています。ノリウツギはユキノシタ科の植物なのでアジサイ属の中でも寒さや乾燥などに強いので中国やサハリンを原産地とする種類もあります。

日本では非常に広い範囲に自生しているので、近所の公園などでも見つけることができたり、小学校の校庭などでも普通に見られることのある植物で土地に含まれる成分がそのまま花の色になるアジサイのような派手さはありませんが、

白い小さな花をたくさんつけることで人気の高い品種となっています。基本的にはアジサイ科なので、色とりどりのアジサイと一緒に育てる育て方もあるのですが、中国の山地やサハリン州などでも十分に自生できる強さを持っている植物なので、

日本で自生しているアジサイなどよりも育て方が簡単である可能性もあります。また色に関しては白が一番有名で全国的には白いノリウツギが数多く自生していますが、場所によっては淡いピンク色の花をつけることがあるので、愛好家には人気の高い花となっています。

種付けや水やり、肥料について

ノリウツギの種付けは生息地の環境などを考慮すると3月から6月くらいの間にすることが好まれていて、水が多い季節に植えることで元気に成長をする可能性が高くなります。肥料をやる時期としては2月から3月くらいにあげてから、

夏の花が咲く時期にもう一度肥料をやることで美しい花を咲かせることができます。花を楽しむことができる期間は7月から9月くらいまでの3ヶ月程度となっていて、10月に入る頃になると花が落ちてしまって周囲に種子をばらまいています。

比較的強い品種なので初心者でも育てられるので人気となっていて、通常のアジサイのように剪定が難しくないので、初めてアジサイを育てる初心者は最初にノリウツギを育ててから、少しずつアジサイの栽培を修得することが良いとされています。

鉢植えで育てる場合には土が乾いた時に水をやる程度で良いとされていて、あまり水分を多くしすぎてしまうと根腐れを起こしてしまいます。とくに鉢植えをしている場合には根が十分に成長していない場合があるので、たくさんの水分を与えたとしても全てを吸収できないので、根腐れを起こしてしまいます。

庭に植えている場合には植え付けてから2週間程度はこまめに水をやる必要があるのですが、その後は余程の乾燥がない場合には自然に任せるだけで十分に育っていきます。また鉢植えの場合でも庭植えの場合でも、2月と7月には化学肥料を与える必要があるので、根元の部分に市販の肥料を与えます。

増やし方や害虫について

増やし方に関しては庭植えをしている場合には何もしなくても種子が撒かれるので発芽する可能性があるのですが、鉢植えの場合には花の季節が終わったら下の部分に種子が落とされるので、それを利用して自生させることができますが、この場合には2月ころに種をまいて肥料をやると成長するので、

繰り返し育てることができるのですが、真夏の直射日光に当たっていた場合には株が弱っていることがあるので、次の年に育たない場合もあります。また乾燥し過ぎることでも株が弱ってしまうので、ある程度の湿り気を維持できるようにすると元気に成長させることがあります。

また株が弱っている場合には翌年以降に花を咲かせない場合があるので、肥料や湿度などには十分に気をつけて育てる必要があります。また鉢植えで育てる場合には一年中半日は日陰になる場所で育てる必要があるので、家の軒下やあまり太陽の光が、

当たらない庭の日陰の部分に植えると長く楽しむことができます。害虫として有名なものとしてはカタツムリがいるのですが、大きなものは簡単に見つけで除去することができますが、卵から生まれたばかりの小さなカタツムリはかなりたくさん葉の部分に付いてしまうので、

カタツムリが産卵をしないように見つけたら取り除くということを繰り返さなければなりません。基本的には葉の部分を食べるだけなので美しい花がなくなりことはないのですが、葉の部分は光合成をするために大切な部分なので、観察をしながら必要な措置をとることが重要です。

ノリウツギの歴史

ノリウツギはアジサイ科のアジサイ属の落葉する背の低い木で原産国は中国やロシア周辺であると考えられています。和名のノリウツギという名前は樹液を和紙をすくときの糊として使用していたという歴史があるために付けられていて、装飾が美しいので、

日本では昔から家の中の花瓶で育てられたりしてきました。ノリウツギが属しているアジサイ科の花は原産地はさまざまあり、日本や中国、アメリカなどの土地で育てられてきた歴史があるのですが、江戸時代にオランダ商館などで働いてきた人たちによって、

日本のアジサイが本国に持ち帰られたことから世界中に広められたとされています。日本では伊豆や三浦、房総などの海岸に近くて暖かい土地で育てられることが多く、とくに伊豆諸島などではたくさんの種類のノリウツギやアジサイなどを見ることができます。

また種類によっては乾燥に強いので海岸から遠くはなれている山地などで自生している場合もあるので、日本や中国などでは広い地域で自生しているのが確認されています。日本ではとくに江戸時代にアジサイの仲間が全国に広められていましたが、武士には人気がなかったことから、

一般的に栽培されるようになるのは戦後から現代にかけての比較的最近になってからです。また商品としても好まれているので、様々な色の花を咲かせる品種が販売されていて、土地に含まれている成分によって花の色が変化することから愛好家によって、様々な品種改良がされています。

ノリウツギの特徴

ノリウツギの特徴としては大きな円錐の形をした花で、下の方に行くほどに枝分かれをしていて、全体的に見ると非常に美しい円錐を描いているのが特徴です。葉の形は楕円形となっていて、他のアジサイと変わりがないのですが、葉がそれぞれ向かい合って生えていて、

さらに葉っぱの先の部分は尖っていて、のこぎりの歯のようになっています。ノリウツギなどのアジサイ科の花は咲いたあとに実をつけるのが特徴となっていて、熟すと下の部分が破裂するのでその勢いで周囲に種子をばらまきます。ノリウツギの生育地は基本的には北方領土を含む北海道や九州、

世界的には中国などとなっていて、主に湿気の多い土地を好んでいるのですが、雨が降る土地ならば山地にもアジサイなどと一緒に自生する場合があります。また山地の場合には林だけでなく、草などと一緒に自生していることも多くなっているので、

湿度や気温の変化に対応をすることもできます。植物としては樹木として扱われることが多いのですが、日本においてはその花に注目が集まっているので、あまり幹の部分については知られていません。俳句の世界では夏の季語として使われていて、

小説などにも登場して有名になったこともあります。また枝の部分は空洞ができるので、その様子からサビタとも呼ばれています。大きさとしては低い樹木なので3メートルから5メートル程度となっているのですが、群生しているととても美しいので観光スポットなどにも植えられています。

pixta_benibanaitigo

ベニバナイチゴの育て方

ベニバナイチゴの特徴としてはまずは高さです。1メートルから1.5メートルぐらいなので決して高くはありません。高く伸びてい...

pixta_musitorisumire

ムシトリスミレの仲間の育て方

この花については、キク亜綱、ゴマノハグサ目、タヌキモ科となっています。その他の名前としてはピンギキュラと言われていて、ピ...

pixta_lemon

レモン類の育て方

レモンと言えば黄色くて酸っぱいフルーツです。レモン類には、ライムやシトロンなどがあります。ミカン科、ミカン属になっており...

pixta_arumeria

アルメリアの育て方

歴史的にみてもヨーロッパでは古くから親しまれ、愛されてきた花といえます。まず、属名がアルメリアという名前には理由があり、...

pixta_rantana

ランタナの育て方

一つの花の中にとても多くの色を持つランタナは、とても人気の高い植物で多くの家の庭先で見かける可愛らしい花です。ランタナ(...

pixta_kinsibai

キンシバイの育て方

初夏から本格的な夏を迎える時期に、黄金色をした花を咲かせるキンシバイは中国原産の半落葉性の低木です。半日陰でも育つ丈夫な...

pixta_hageitou

ハゲイトウの育て方

熱帯アジア原産の植物である”ハゲイトウ(葉鶏頭)”。暑い地域を生息地とし、春に種をまくと秋頃には枯れてしまう一年草になり...

pixta_kikuimo

キクイモの育て方

キクイモは一年中育てることができる多年草の為、一度植えますと基本的に毎年開花する植物です。また、この名前は日本での名称で...

pixta_odamaki

オダマキの育て方

この花は、キンポウゲ科オダマキ属で、多年草です。北半球の温帯地方を中心に、生息している花でもあります。この花の歴史は古く...

pixta_kusagi

クサギ(ソクズ)の育て方

こちらは被子植物、真正双子葉類です。シソ目、シソ科に該当します。クマツヅラ科に該当するとの話もあります。栽培上においては...

スポンサーリンク

pixta_kuransin

クンシランの育て方

クンシランはヒガンバナ科クンシラン属で、属名はAmary...

pixta_ariakesumire

アリアケスミレの育て...

アリアケスミレは日本原産の本州から四国、九州に自生するス...

pixta_kotura

コツラの育て方

この花の特徴はキク科となります。小さい花なので近くに行か...

pixta_korurijine

コルジリネの育て方

コルジリネはキジカクシ科のセンネンボク属に属します。原産...