コケ類の育て方

コケ類の育て方

特徴としては乾燥にも強く様々な環境の中で生きていく力が他の植物よりも強いところがあげられます。光と水だけで育成できることが、緑化資材として注目を集めている理由でもあります。強い光や急激な乾燥にも耐えられることから、都心部のコンクリートジャングルと呼ばれるようなところでの使用と活躍が期待されています。

育てる環境について

育て方や育てるための環境については、スナゴケはたくましいのであまり気にする必要はないといえます。急激な乾燥や強すぎる日差しなどにも耐え抜き、生きるための力を持っています。しかし、そうはいってコケ類が育ちやすい環境というものは存在します。やはり、原産地と同じような環境がよいということになってきます。

そうはいっても北半球の温帯域から亜寒帯域に分布していて、日本でも全国的に分布しているので、幅広い環境で育てるということに間違いはありません。乾燥に強いとは言っても、やはり水の存在は大事です。逆を返せば、光と水さえあればいくらでも育ってくれるということでもあります、超軽量の緑化資材として注目されていることからもわかりますが、

土を必要としないのでビルやマンションなど高層の建物の屋上に使うときにも育てやすいです。育つための環境を選ばないのが一番のメリットと言えるほどです。余程のことがない限り枯れる事はありませんが、あまり手をかけすぎるとよくありません。もともと過酷な環境を生き抜いてきた植物なので、水をやりすぎたり肥料をやりすぎたりと、

世話をやくことが帰って悪影響となるケースが多いです。植物を育てたことがある人や、小まめな人ほど枯らしてしまう可能性も高いといっても良いかもしれません。育てるためには、ある程度放っておくのがベストといえます。気になる人でも世話をやきすぎないようにし、見守る程度の気持ちでいることがポイントです。

種付けや水やり、肥料について

コケ類というのは放置しておいても勝手に育ってくれる植物なので、野外においてある場合には水やりなどをこまめにする必要は全くと言っていいほどありません。雨が降ったりする、その水分だけで育っていきます。最初のうちは乾燥させないようにするべきなすが、一般的な植物のように毎日水をあげるのはスナゴケにとってはかえってマイナスとなってしまうので注意が必要です。

基本的に肥料は不要なタイプなのでとくにあげるひつようはありませんが、どうしてもという場合にはキチンと合ったものを選んであげるべきです。もともと必要とのない肥料をあげるので、あまり与え過ぎてもよくありません。スナゴケの場合は、種から育てるのも比較的簡単ですが、最初は管理しやすいもので育てていくほうが無難です。

特に気を配らなくても、一般的な方法をインターネットや本で調べるだけでも育つので、初心者にもぴったりといえます。植え付けの場合には季節を問わず年中可能ですが、春や秋にしたほうが育ちやすいです。最初は水分がなくならないようにしたほうが良いですが、日中など暑い時間に水やりをすると蒸れてしまい枯れてしまう原因となるので、

なるべく日が出ていない朝方や夕方にやるのがベストといえます。刈り込みなどもする必要もなく、肥料も必要ないので初心者の人だけではなく、時間にあまり余裕がないけれど植物を育ててみたい人などが、手軽に育てるにはぴったりの植物といえます。

増やし方や害虫について

スナゴケは栽培するのも比較的簡単で、誰でも増やすことはできる植物です。害虫など無視による被害というものもほとんどなく、本当に手がかからない植物であることに間違いはありません。枯れたような色をしてしまったとしても、そこからまた緑色に復活することが大半なので枯れてしまったと勘違いして捨ててしまわないように気をつけることがポイントです。

増やし方についても、あまり深く考えずに世話をやきすぎないのが重要です。コケを巻いておけば、そこから自然と増えていくのでとても楽ですが、最初のあいだは水分がなくなってしまわないようにしておくのは大事です。それ以外に気にして置くところといえば、巻いたコケが飛んで行ってしまわないようにすることぐらいです。

飛んで行ってしまっては、いくら待っていても増えていかないので風がきつい場所は最初のうちは避けるべきです。増やすことは簡単ですが、どのコケも他のコケと同様に日中の水やりは蒸れて腐るので最初のあいだは特に気をつけるべきです。害虫の心配はありませんが、まれにカビなどの被害にあうことはあるので、

手入れはあまり必要ないとはいっても、様子を見ることを怠ることはないようにしましょう。基本的なことさえ守れていれば、簡単に育てることも増やすこともできるし、場所も選ばず土の心配もする必要がないとなれば今後の緑化資材として日本だけではなく世界中からも、ますます注目を集めることは間違いないです。

コケ類の歴史

コケは人類が誕生するはるか昔の四億年前に、海から陸に上がってきた初めての植物と言われています。コケ類と一口に言っても、その種類は数え切れないほどたくさんあります。その中でもすなごけは有名です。火山噴火によってできた火山灰地や、溶岩流地にも生息しています。それだけではなく、

砂丘など普通の植物や生き物では生きていけないような乾燥した場所でも生息している代表的なコケです。人類の歴史よりもはるかに長い期間を地球で生き抜いてきたコケには、人類よりも生き抜く力があるといってもよいです。生息地が過酷な場所でも生きていけるというところは他の植物にもほとんど見られないことであり、コケの頑丈さや生命力がわかります。

コケは他の植物よりも彼にくいこともあります。世界的に見てもコケと人類との関係は深くありますが、それは日本も例外ではありません。昔から家の庭にコケを使用したりするなど、暮らしの中ではとても身近な存在といえます。盆栽など娯楽の面でもコケを使用することは多く、昔からお年寄りからの人気は高いです。

しかし近年になって日本のお年寄りからだけではなく、盆栽などの影響で海外の人からもコケの美しさという面も注目を集めるようになりました。しかし注目を集めているのは、それだけではありません。近年の地球温暖化の対策として緑が使われるようになりましたが、コケは緑化資材の植物としても大きな注目を集める存在となっています。

コケ類の特徴

特徴としては乾燥にも強く様々な環境の中で生きていく力が他の植物よりも強いところがあげられます。光と水だけで育成できることが、緑化資材として注目を集めている理由でもあります。強い光や急激な乾燥にも耐えられることから、都心部のコンクリートジャングルと呼ばれるようなところでの使用と活躍が期待されています。

土壌を必要とせず、砂や石、コンクリートやガラス、プラスチックといった無機質なもので育ち、大気中からの水分を取り込んで成長していくのも他の植物にはない特徴といえます。一般的な植物とは違い、上に伸びるのではなく横に伸びていくので、上に無駄に伸びた部分を刈る必要もありません。

手入れの面から考えてもコストから考えたときにも、どちらにしても良い所が多いと言えます。そういったコケの中でもスナゴケは特に乾燥に強く、無機質のガラスなどでも育つ力もあり、肥料などもなくても増えていくような強いタイプのコケなので都心部のコンクリートジャングルなど植物にとっては過酷としかいいようのないような環境の中でも頑張ってくれると注目を集めています。

コケに関する知識のなかった人や、今まで関わってきたことがない人でも基本的な飼育方法さえインターネットなどでしらべれば、育てやすいとされるのもスナゴケの特徴です。しかしその反面でコケに対して知識が豊富な人は、かえって育てにくいということもあります。その理由としてあげられることが、一般的なコケのように手をかけすぎてしまうことにより枯れてしまうことがある種類だからです。

pixta_dorasena

ドラセナ・フラグランス(Dracaena fragrans)...

ドラセナの原産地は、熱帯アジアやギニア、ナイジェリア、エチオピアなどのアフリカです。ドラセナの品種はおよそ60種類あり、...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリアンサスの育て方

クリアンサスの特徴としては鮮やかな赤い色の花でしょう。またその他に白やピンクなどもあります。草丈はそれほど高くなく80セ...

pixta_denfare

デンファレの育て方

日本で洋ランと言えば、コチョウランと同じくらい有名なデンファレですが、この呼び名は実は略称で、正式名はデンドロビウム・フ...

pixta_roberia

ロベリアの育て方

ロベリアは熱帯から温帯を生息地とし、300種以上が分布する草花です。園芸では南アフリカ原産のロベリア・エリヌスとその園芸...

pixta_senesio

セネシオ(多肉植物)の育て方

植物としては多年草に分類されます。キク科に属しており、つる植物という独特な分類になっています。これは種類が非常に豊富にあ...

pixta_dangiku

ダンギクの育て方

中国や朝鮮半島、台湾、日本が原産地となるダンギクは、30センチから80センチほどになる山野草です。日本では九州や対馬地方...

pixta_barubofiram

バルボフィラムの育て方

バルボフィラムは、とても多くの種類がある、洋ランの一種です。ひとつの地域が原産で、そこにある原種を元に品種改良や交配が繰...

pixta_hiasinsoides

ヒアシンソイデスの育て方

ヒアシンソイデスはヨーロッパの南西部原産の多年草です。原産や主な生息地はヨーロッパ南西部ですが、様々な交配や品種改良が行...

pixta_nasutachiumu

ナスタチウム(キンレンカ、金蓮花)の栽培

ナスタチウム(キンレンカ、金蓮花)は、南米原産のノウゼンハレン科のつる性の一年生です。開花時期は5月から10月過ぎる頃ま...

pixta_stroberycan

ストロベリーキャンドルの育て方

ストロベリーキャンドルは、ヨーロッパ・西アジアが原産の植物で、自生していました。一年草とされ、蜜を取るためや肥料として、...

スポンサーリンク

SONY DSC

エロディウムの仲間の...

フウロソウ科エロディウム属に属する品種なので、厳密には異...

pixta_seri

セリの育て方

特徴としては種類がどのようになっているかです。キキョウ類...

pixta_erose

イングリッシュ・ロー...

自宅の庭でバラの栽培をしてみたいと考える人が大勢いますが...

pixta_mekarudonia

メカルドニアの育て方

メカルドニアはオオバコ科の植物で原産地は北アメリカや南ア...