ヒアシンソイデスの育て方

ヒアシンソイデスの育て方

ヒアシンソイデスはヨーロッパの南西部原産の多年草です。原産や主な生息地はヨーロッパ南西部ですが、様々な交配や品種改良が行われ、日本でも園芸用の植物として、安定した人気を誇ります。

育てる環境について

ヒアシンソイデスの育て方で、意識をしておきたいのが、水はけの良い土壌です。綺麗な花が咲く植物の場合、日当たり等も重要になってくる事が少なくありませんが、この植物の場合、日当たりはそれ程、影響しない事が特徴です。日当たりの良い場所でも、半日陰になるような場所でも、

問題なく育ちやすい上、暑さや寒さにも殆ど影響されないという特性がある為、水はけさえ良ければ、様々な場所で楽しむ事が出来ます。植えっぱなしでも育つ事が特徴の植物ですが、地上部分がある期間が短いという特徴もある植物です。地上部分があるのは、花が咲く4月から5月とその前後の期間で、

夏場などは、殆ど、球根の状態で土の中にある状態となります。ですから、その期間がしっかりと育つ状態であれば、球根の状態の夏場は、地上を他の草木で覆われる状態であっても問題はありません。ですから、ヒアシンソイデスが球根に戻る頃、地上に出て、

花を咲かせる植物と合わせて植えておくと、春先にはヒアシンソイデスの美しい花の光景が楽しめ、夏にはまた違う花が楽しめるようになります。そして、多くの場合、一度植えた後は、細かい手入れをしなくても、ヒアシンソイデスは、

その数が増えていく事が一般的で、年を重ねる毎に、華やかな状態の庭や花壇へと変わっていく事になります。より数を増やして、群生させていきたいと考える場合、落葉樹の葉が落ちる場所などに植えておくと、群生状態になりやすくなります。

種付けや水やり、肥料について

ヒアシンソイデスは、球根から栽培をしていきます。水はけの良い土地に、球根を植えていく事になるのですが、その際の深さや隣の球根との間隔の目安は、球根3個分程度を考えておく事がお勧めです。鉢植えの場合でも、一定の間隔をあけた状態で、球根を植えていきます。

植えた後、水やりは、庭に地植えをするか、鉢植えにするかで変わってきます。地植えの場合、それ程、頻繁に水やりをする必要はありませんが、鉢に植えた場合は、鉢の中の土の状態を意識しておく事が大切です。一年通じて、意識をする必要はありませんが、芽が出る秋頃から、

花が咲く春頃までの期間は、土が乾いてきていると感じたら、その時点で、しっかりと水をやるようにしておく事が大切です。それにより、綺麗な花が咲きやすくなっていきます。育てていく為に、水は必要ですが、水はけが悪い状態になると、病気になる可能性があります。

ですから、水はけが悪くなっていないか、確認しておく事も重要になってきます。庭に植えている場合、水と同じく、肥料もそれ程、気にする必要はありません。植木鉢に植えている場合は、秋頃や、蕾が出来始める頃、花が咲き終わった跡などに、肥料を与えていくと、よく育つ事になります。

ヒアシンソイデスは、庭に直接、植えた場合、基本的に、水や肥料など、殆ど気にする事がない植物ですが、鉢植えで育てていきたいと考えた場合、適度に水や肥料を与えながら、育てていく事が大切です。

増やし方や害虫について

ヒアシンソイデスは、一度植えると、自然にその数が増えていく事が一般的です。植えた後、土の中で球根が増え、それにより、細かい手入れをしなくても、自然と群生状態となっていきます。鉢植えの場合であっても、植えた後、植え替えなどをしなくても、そのままにしておくと、自然とその数を増やしていく事になります。

ヒアシンソイデスは球根によってその数を増やしていきます。花が咲いた後に、球根を取り出し、植え替える方が増えやすいと考える人もいますが、庭に直接、植えている場合、球根を掘り返す必要はありません。鉢に植えて育てている場合も、花が咲いた後に、

球根を取り出したり、植え変えたりする必要はありません。ただ、鉢が窮屈になってきたら、球根を取り出し、植え替えを行う事がお勧めです。植え替えを行うのは、数年に1回程度で、頻繁に植え替えを行っていく必要はありません。群生をさせたいと考える場合、

落葉樹の下などに植えるようにすると、よりその数を増やしやすくなります。害虫はそれ程、発生しない植物ですが、水はけの悪い状態で育てていると、白絹病等の病気にかかってしまう可能性があります。ヒアシンソイデスは、水や肥料等、細かい事を意識しない状態でも、

自然に増えやすく、初心者でも問題なく育てやすい植物として人気です。ですが、水はけの状態によっては、病気にかかる可能性もある為、育てていく上で、水はけが良い状態が維持できているか、意識しておく事が大切です。

ヒアシンソイデスの歴史

ヒアシンソイデスはヨーロッパの南西部原産の多年草です。原産や主な生息地はヨーロッパ南西部ですが、様々な交配や品種改良が行われ、日本でも園芸用の植物として、安定した人気を誇ります。日本では、下を向いて咲くその姿が、釣鐘のように見える為、

ツリガネスイセンという名前でも呼ばれています。つりがね推薦という名前の他、少し前まで、シラーという名前で呼ばれていました。シラーやヒアシンスに近い為、シラーという名前で呼ばれる事もあった植物ですが、正確には、ヒアシンソイデス属の植物となります。

4月から5月の春先にかけて、美しい花を咲かせるだけでなく、暑さにも寒さにも強く、育てやすい事でも人気です。落葉性で、花が咲いた後、一度、葉っぱが落ちてしまう事になりますが、庭などに地植えで、土の中に球根がある状態であれば、秋になればまた自然に芽が出て、

綺麗な花を咲かせる事になります。庭の場合、一度植えておけば、自然に毎年綺麗な花を咲かせる事になる為、園芸初心者で、植え替えや様々な手入れが苦手な人であっても、問題なく育てていく事が出来ます。その為、頻繁に手入れはできないけれど、

綺麗な花が咲く庭が欲しいと考えた時に、最適な植物の一つとなります。開花時期は、4月から5月のみと、短期間となる為、一年を通じて美しい庭を作るという事は出来ませんが、それでも春先には綺麗な花を楽しみたいと考えた場合に、ヒアシンソイデスは最適な植物の一つです。

ヒアシンソイデスの特徴

ヒアシンソイデスの特徴は、紫色や青紫、赤紫色を中心とした、可愛らしい花が咲く事です。紫系統の色の他、青やピンク色、白などの花も存在します。花は、釣鐘のような形が特徴的で、1本の茎に10輪から20輪程度の花をつけていく事になります。

1つの花の大きさは2cm程度と小さなものですが、この花が10輪から20輪程度、連なって咲く為、見ごたえのある花となります。1本でも楽しむ事が出来ますが、この植物は、葉っぱよりも高い位置まで茎が伸び、底に多くの花を咲かせていく事になるので、

まとめて植えると、花の色だけが映える状態となります。ですから、庭などに複数のヒアシンソイデスをまとめて植える事で、その一帯を、花の美しい色だけで統一させていく事が出来ます。広い面積の庭であれば、多く植え、群生させていく事で、

その一帯にカーペットを敷き詰めたような状態にする事が出来ます。植物に美しい花を咲かせるのは大変というイメージを持つ人も少なくないでしょう。ですが、この植物は、植えっぱなしで育てていく事が出来る為、水やりや肥料を与えるなど、

基本的な手入れを行っていくだけで、綺麗に咲かせ、カーペットのような景色を作りやすい事でも人気です。庭に地植えをする他、鉢植えで小さく楽しむ事も可能で、庭やベランダの大きさに合わせて、様々な楽しみ方をする事が出来ます。鉢植えの場合も植えっぱなしでも構いませんが、数年程度で植え替えを行う事がお勧めです。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ヒオウギの育て方

pixta_katanake

カタナンケの育て方

カタナンケの草丈は約40㎝ほどになります。寒さに弱い性質を持っている為、冬の時期は霜よけをしてあげる必要があります。また...

pixta_yukiyanagi

ユキヤナギの育て方について

広い公園や河沿いの遊歩道にユキヤナギが植えられているケースが多いです。ユキヤナギの開花期はだいたい4月頃です。

pixta_sirasagikayaturi

シラサギカヤツリの育て方

シラサギカヤツリはカヤツリグサ科の多年草です。シラサギの名前からもわかるように、花を咲かせた姿が白鷺が舞っているようにも...

pixta_iwatidori

イワチドリの育て方

イワチドリは、ラン科ヒナラン属の球根の多年草です。本州では中部地方より西の範囲に生息地としており、さらに四国地方にも自生...

pixta_hannemania

ハンネマニアの育て方

ハンネマニアはケシ科ハンネマニア属の多年草です。別名、メキシカンチューリップポピーとも呼ばれています。名前からも分かると...

pixta_turubara

バラ(つるバラ)の育て方

バラの種類は、かなりたくさんありますが一般的には世界で約120種類あると言われています。記録によれば、古代ギリシアの時代...

pixta_anemone

アネモネ(モナーク)の育て方

耐寒性も強いため、初心者でもあっても育てやすいのも特徴の花です。開花期が長いというのも、特徴の一つになります。原産地はヨ...

pixta_maranta

マランタの育て方

こちらの植物においては、クズウコン科、クズウコン属となっています。観葉植物としてよく知られるものになります。多年草ですか...

pixta_shungiku_01

シュンギクの育て方

キク科シュンギク属に分類されるシュンギクは、20cmから60cmの草丈となる一年草植物であり、春には花径3cmから4cm...

pixta_akirea

アキレアの育て方

アキレアは西洋ノコギリソウとも言われ、ヨーロッパを原産とするキク科の植物です。イギリスを始めとしたヨーロッパの各地が生息...

スポンサーリンク

pixta_daikon12

ダイコンの育て方

大根は冬になると鍋料理の具材やおろしなどをして食べたり、...

pixta_kureson

クレソン(オランダガ...

クレソンは、日本では和蘭芥子(オランダガラシ)や西洋ぜり...

pixta_dazy11

デージーの育て方

ヨーロッパおよび地中海原産の草花です。自生の生息地である...

pixta_potentexia

ポテンティラ・メガラ...

ポテンティラ・メガランタは別名をハナイチゴや西洋キンバイ...