セリンセ・マヨールの育て方

セリンセ・マヨールの育て方

セリンセ・マヨールは、セリンセの園芸品種です。セリンセはムラサキ科キバナルリソウ属の一年生です。「黄花瑠璃草」という和名が漢字で与えられているにもかかわらず、日本に登場したのは比較的最近のことで、流通するようになってからは日が浅いです。

育てる環境について

セリンセ・マヨールは耐寒性が少しありますが、あまり強くはありません。ですから、庭植えする場合には、霜がつかないように注意することが必要でしょう。風の強い場所も適していません。風があまりにも強い場合には植えないようにした方が良いです。

寒さについては、小さい苗のほうが弱い傾向がありますから、寒さ対策をした方が良いと考えられます。直接風が当たらないところや、寒さにさらされないところなどであれば庭植えをするのが良いと考えられます。鉢植えの場合にも同じで、寒さには注意するべきでしょう。

単独で植えるのも良いですが、花を楽しむために寄せ植えにすることも多い植物です。場所については、広めのところで少し間隔を開けて植えるのが良いです。冬の間は寒さのためにほとんど育ちいません。しかし、春になって暖かくなってくると一気に育ちますから、

密生させるべきではないでしょう。土壌については水はけの良いところを好みます。やや乾燥気味のところを好みますから、加湿しないような土壌が適しています。また、肥沃な土地を好みますから、腐葉土など、有機物を多く含んだ土壌を用意するのが良いです。

鉢植えの場合にも土壌は同じです。どちらかというと乾きやすい方が良いと考えられます。鉢が大きすぎると乾きにくくなりますから、どちらかというと小さめの鉢を用いるのが良いです。赤玉土を中心にして、腐葉土を加えて肥沃な土壌にすると、非常に良く育ちます。

種付けや水やり、肥料について

一年草の植物ですから、種から育てるのは難しくはありません。種を蒔くのは、基本は秋頃です。秋頃に植えると冬を越して夏頃まで楽しむことができます。一年草ですから、そこで枯れるのが一般的です。苗も出回りますから、姉を買ってくるのも良い方法です。

苗を植え付ける場合には少し間隔を開けた方が良いでしょう。20センチくらいは間隔を開けておかないと、成長したときに混み合ってしまいますから注意が必要です。地植えする場合、腐葉土を混ぜ込んでおくのが良いです。鉢植えの場合にも腐葉土と赤玉土を用いるのが一般的です。

多湿にはあまり強くはありませんが、水やりをしないと枯れてしまいます。こまめに水やりをしていると弱ることがあります。土が完全に乾いてから水やりをするという方法が適しています。土が乾いたのならたっぷりと水やりをして、しばらくは乾き気味にするというのが基本です。

水をやりすぎると弱るという点には注意しましょう。肥料については特に必要はありません。植え付け、あるいは種付けの時には腐葉土を混ぜ込むのが一般的です。この腐葉土を混ぜ込んでおけば、後からあえて肥料を与える必要はありません。

様子を見て肥料をやったほうが良いと思うのであれば、液体肥料を薄めにして与えておくと良いです。ただ、肥料を与えすぎるのも良くありません。肥料を与えすぎることによって弱ってしまうこともありますから、与えすぎないように注意するべきでしょう。

増やし方や害虫について

セリンセ・マヨールは一年生の植物ですから、生えてから1年後には枯れます。ですから、種で増やすのが一般的です。植物にとって種を作るのは非常に大変なことだと言えるでしょう。種を作るためには多くのエネルギーを費やします。1年にわたってためた

エネルギーをすべて種のために使ってしまうと、そこで枯れてしまいます。セリンセ・マヨールも同じで、種をつければその後は枯れるのが一般的です。ですから、株分けして増やすのは難しいと考えておくべきでしょう。その代わりに種で増やすのは容易です。

花が終わると種を取ることができます。これを秋に蒔けば良いです。こぼれ種から勝手に生えてくることもありますから、増やすのはそれほど難しいことではありません。花が咲いて種を取るためには、花が枯れてからもしばらくそのままにしておかなければなりませんが、

こうすると花を楽しめる期間が短くなります。たくさん植えた場合には、種を取るためのものをいくつか残しておいて、それ以外は花がら摘みをした方が良いです。花がら摘みをすることによって鼻を長く楽しむことができますし、きれいな花を楽しむことができるでしょう。

種は一つの株からたくさん取れますから、数株だけは種を取るためにそのままにしておくというのが良いです。種を植えたばかりの時には乾燥にそれほど強くはありませんから、こまめに水やりをすることが必要です。室内で発芽させてから、春になって地植えするのも良い方法です。

セリンセ・マヨールの歴史

セリンセ・マヨールは、セリンセの園芸品種です。セリンセはムラサキ科キバナルリソウ属の一年生です。「黄花瑠璃草」という和名が漢字で与えられているにもかかわらず、日本に登場したのは比較的最近のことで、流通するようになってからは日が浅いです。

原産は南ヨーロッパです。南ヨーロッパの地中海沿岸を生息地としている植物です。ミツバチが密をとるのにやってくる花です。品種改良も行われていて、いくつか有名な品種があります。最も原種に近いと言われているのがイエローキャンディーと言われる品種です。

日本に持ち込まれてから、日本でも栽培されるようになった品種です。花の色は黄色ですが、根元の部分は紫色です。これが原種としての基本形だと考えれば良いです。品種としてプルプレッセンスがありますが、これは黄色い部分が完全に隠れたものです。

ですから、紫色の花を咲かせているように見えます。あまり派手な植物ではありませんが、形が少し特徴的であることなどから多くの人に愛されていると言えるでしょう。南ヨーロッパでは原種が何種類があります。だいたい10種くらいのものがあると考えられています。

これらのすべてが栽培されているわけではなくて、栽培品種となっているのは4種くらいです。ヨーロッパで栽培されているセリンセ・マヨールは紫と黄色のツートンカラーのものが基本ですが、日本でセリンセ・マヨールと言えば紫色の花をつけるものを指すのが一般的です。

セリンセ・マヨールの特徴

セリンセ・マヨールは、一年草で、黄色と紫の色の花をつけるのが一般的です。日本名では黄花瑠璃草という名前があります。この名前からも分かるように、花の色は黄色が基本ですが、紫色になるものがあります。紫と黄色というツートンカラーを楽しめるのが原種の基本です。

紫色と黄色は互いに補色の関係にあって、非常によく目立ちます。日本では紫色のものが多く栽培されているようです。基本的には一年草ですから、春に発芽して秋に枯れるか、あるいは秋に発芽して翌年の夏に枯れるのが一般的です。高さは30センチから50センチくらいで

花は3センチくらいの大きさになります。育て方としてはそれほど難しいものではありませんが、二位本で育てられるようになってからまだそれほど長くないと言うこともあって、日本の気候に完全に適応しているわけではなさそうです。たとえば、耐寒性はある程度はあるのですが、

日本の寒い地域では対策をした方が良いです。鼻の周りには苞があります。紫に見えるのはこの苞が紫色をしているからです。花を全体的に取り巻くように配置されています。つぼみを守る役割があると言われることもありますが、

これが花のように見え、遠くから見ると大きな花を咲かせているように見えます。品種によって色々な違いはありますが、葉には水玉のような白い斑点が出るものが多いです。野生種から品種改良が進んでいますから色々な種類を楽しむことはできるでしょう。

pixta_margalet

マーガレットの育て方

マーガレットは、大西洋に浮かぶカナリア諸島が原産で、もともとの生息地です。17世紀は、ヨーロッパにおいて色々な花の改良が...

pixta_hankatinoki

ハンカチノキの育て方

ハンカチノキはミズキ科ハンカチノキ属の落葉高木です。中国四川省・雲南省付近が原産で、標高1500~2000m位の標高の湿...

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観賞用として渡来した花になります。苗で出回る事が少なく、切り花とし...

pixta_banana11

バナナの育て方

バナナの歴史は非常に古く紀元前10000年前には既に人間に認知されており、栽培もされていたと言われています。現在我々が口...

pixta_starapple

スターアップルの育て方

スターアップルは熱帯果樹で、原産地は西インド諸島および中南米です。アカテツ科のカイニット属の常緑高木です。カイニット属と...

pixta_putitomato

植物の育て方について

今年はガーデニングで野菜を育ててみようと思っている初心者の方におすすめな野菜の1つがプチトマトです。今まで植物を育てたこ...

pixta_taasai

タアサイの育て方

中国が原産となるタアサイの歴史は中国の長江付近となる華中で、栄の時代となる960年から1279年に体菜より派生したと言わ...

pixta_erose

植物栽培の楽しみ方について。

私たちは、身近に植物が生息しているのを知っています。いわゆる雑草は、育て方を教えなくても、年から年中、切っても切っても生...

SONY DSC

ディルの育て方

ディルは古代メソポタミアやエジプト時代から栽培されていたといわれて、薬用として古代から使われてきました。現在では薬味など...

pixta_ichijiku

イチジクの育て方

イチジクのもともとの生息地はアラビア半島南部、メソポタミアと呼ばれたあたりです。文明発祥とともに身近な食物として6000...

スポンサーリンク

pixta_pterosteris

プテロスティリスの育...

プテロスティリスは、オーストラリアの南東部が主な生息地で...

pixta_sarupigrossis

サルピグロッシスの育...

サルピグロッシスはナス科サルピグロッシス属(サルメンバナ...

pixta_marimo

マリモの育て方

また日本以外はどうかというと、球体のものは、アイスランド...

pixta_murasakituyukusa

ムラサキツユクサの育...

ムラサキツユクサは、TradescantiaOhiens...