夏野菜の育て方と種まき

夏野菜の育て方と種まき

今では、ベランダや小さい空きスペースを使って、自給自足生活を楽しむ人が増えています。種をまき、または小さな苗から育てていく、その過程を見るのはストレス解消と癒やしにも繋がることが、人気の秘訣でもあります。

夏野菜の栽培方法

そして、コツさえつかめば、割と簡単に育てることが出来、収穫ができるので家計の助けになること間違いなしです。ここでは、夏野菜の育て方と、夏野菜の種まきをご紹介したいと思います。育てたことがないという方も、夏野菜の栽培方法をわかり易く説明いたしますので、挑戦してみてください。

夏野菜の代表といえば、きゅうり、トマトです。まずはきゅうりです。深めの大きい70センチサイズのプランターを用意します。また地植えにする場合には、なるべく深い場所を用意します。そして、プランタ-に苗を3個植えます。植え過ぎは厳禁です。

こちらのきゅうりの育て方もかなり参考になります♪

栽培時の注意点

そしてその時に一緒に支柱も植えます。きゅうりのつるが巻き付くので、しっかりとしたものを選びましょう。また、ベランダの手すりや格子になっている場所に絡ませても大丈夫です。ここまで行けば後は簡単です。

きゅうりはお水が大好きなので、日光とお水をたっぷり与えます、そうすると花が咲き、実がなり、おなじみのきゅうりが出来ます。種から蒔く場合には、4月~5月に行います。そして芽が出てきたら、苗の時と同じようにお水をたっぷり与え、日当たりの良い所におきます。きゅうりは収穫までの期間が短く、初心者でも簡単に楽しめる夏野菜です。

トマトの育て方

次にトマトです。トマトの土には赤玉土を混ぜておきます。鉢は70センチサイズの深型を用意し、苗は2個ほどにします。トマトも密集して植え過ぎは禁物です。ここで一つ注意点です、トマトを植える場合には、ナス系が埋まっていた場所は避けましょう。

もし利用するなら完熟肥料を混ぜておいて下さい。また、トマトもきゅうりと同じようにドンドン伸びてきますので、しっかりとした支柱など支えとなるものを用意して下さい。重さで倒れないように注意して下さい。

また、生育途中で肥料切れが起きやすいので、元気がなく枯れてきたと感じたら、早めに液体肥料などを追加し様子を見て下さい。きゅうり同様、日当たりがよく水が大好きなので、忘れずにたっぷり与えて下さい。トマトを種から植える場合には、3~5月にまきます。

そして、低温だと育ちにくいので、気温が低い時期は温床が必要です。25度が最適な温度と言われています。間隔は50センチにしてください。また、日光が足りないと成長が弱いので必ず、日当たりの良い場所を選び、日当たりを確保するために芽引きして下さい。

きゅうりもトマトも比較的簡単に育つので、お手軽にはじめてみてください。食卓にみずみずしい野菜が並ぶ幸せを味わってみてください。

こちらの玉ねぎの育て方も凄く参考になります♪

pixta_korizema

コリゼマの育て方

オーストラリア原産の”コリゼマ”。まだ日本に入ってきて間もない植物になります。花の色がとても鮮やかなオレンジ色をしており...

pixta_boke

ボケの育て方

ボケはもともと中国原産の落葉低木です。梅と比べてもかなり木の丈が低く、コンパクトな印象で春の花木として人気があります。 ...

pixta_musharindou

ムシャリンドウの育て方

ムシャリンドウという花は名前を聞けばリンドウの仲間なのではないかと考える人は多いでしょう。ですが実際は、リンドウとは何の...

pixta_kemansou

ケマンソウの育て方

ケマンソウの生息地は、森林や谷間などの半日陰を中心に広がっています。中国から朝鮮半島一帯を原産とする、寒さに強く暑さに弱...

pixta_dikkia

ディッキアの育て方

まだまだ我々日本人にとって馴染み深いとは言えない植物、ディッキア。数多くの種を保有する植物群のなかでも、かなり特徴的な形...

pixta_trajiskantia

トラデスカンチアの育て方

トラデスカンチアは北アメリカの温帯から熱帯アメリカにかけてを生息地とする植物です。実は日本においても似たような品種の植物...

pixta_yabuhebiitigo

ヤブヘビイチゴの育て方

分類としては、バラ科キジムシロ属の多年草ということですので、バラの親戚ということになりますが、確かにバラには刺があるとい...

pixta_kintokisou

金時草の育て方

金時草は学名Gynura bicolorと呼ばれています。金時草の名前の由来は、葉の裏面の色が金時芋のように美しい赤紫色...

pixta_asarina

アサリナの育て方

アサリナは、つる性植物です。小さな花を付け、その色も白、ピンク色、黄、紫、青といった複数の色があります。また、つる性植物...

pixta_siso11

シソの栽培と育て方プラス収穫後の楽しみ

日本人の好むシソは香草であり、料理の添え物や天ぷら、薬味、漬物などに使用されています。大きく分けると青シソと赤シソの2種...

スポンサーリンク

pixta_painapple

パイナップルの育て方

パイナップルは日本でもよく目にする果物ですが、原産地はブ...

pixta_westringia

ウェストリンギアの育...

シソ科・ウエストリンギア属に分類され、別名にオーストラリ...

pixta_olive11

シンボルツリーとして...

オリーブは常緑性のモクセイ科の植物で、原産国は中近東・地...

pixta_sisiudo

シシウドの育て方

シシウドの原産地は日本になります。別名をウドタラシと言う...