キアノティスの育て方

キアノティスの育て方

キアノティスは熱帯アジアと熱帯アフリカを生息地とする植物です。原産の地域では高さが10センチから40センチくらいになります。分類で言えば、ツユクサ科にある40属のうちの一つの属になります。実際には多くの種があるという点に注意が必要です。

育てる環境について

熱帯の植物ですから、暖かい環境を望みます。春から秋にかけては屋外に置いておいても問題はありませんが、冬の寒い時期には室内においた方が良いです。室内においている場合でも日当たりの良い場所を選んだ方が良いです。室内の明かりだけでは弱ってしまうことがあります。

窓の近くにおいて、ガラス越しに太陽の光を当てるようにして冬を越すのが良いです。このようなことを考えれば、基本的には鉢植えが適していることが分かると思います。冬になれば室内に入れて、暖かくなれば外に出すというのが基本的な方法です。水はけの良い土壌が適しています。

ですから、たとえば赤玉土の小粒をメインとして、腐葉土を3割くらい混ぜ込むくらいがちょうどよいです。暖かい場所を好みますし、植え付けや植え替えについても暖かい時期に行うのが良いです。基本的には4月から9月の間が適しています。土壌はあまり肥沃であることは好みません。

かといって痩せすぎた土地も適していません。土壌の養分についてはどちらかというと少なめのほうが適しています。肥料を混ぜ込みすぎると育てにくくなりますから注意しましょう。切り戻しなどの作業が必要となりますから、手入れしやすい場所においておくのが良いです。

たとえば、茎が伸びてくると全体の姿が乱れてきますから切り戻しをするべきでしょう。また、下の葉から枯れていきますから、黄ばんできた時点で早めに除去することも必要ですから、育て方を考えれば、手入れしやすい場所におくと良いです。

種付けや水やり、肥料について

キアノティスは4月から9月が成長する時期です。この時期に植え付けると良いです。植え替えも同じ時期が適しています。植え付け、あるいは植え替えをするときには、茎を間引いたり、あるいは切り戻したりすることで全体的な形を整えておくと良いです。

寒い時期に植え付けると弱ることがあります。肥料については、原肥としては特に与える必要はありません。腐葉土に含まれる養分だけで十分に育ちます。肥料が多すぎると軟弱になることがありますから注意が必要です。肥料をやり過ぎないように心がけます。

だいたい1年間に1回くらいで十分で、緩効性化成肥料をおくと良いです。水やりについては、成長する4月から9月には十分に必要となりますが、土が乾かないうちに水やりをすると根が悪くなることがあります。ですから、土が乾いたことを確認して水を与えるというようにして、

水をやりすぎないように注意しましょう。成長しているときには水はたくさん必要ですから、乾燥する期間が長くなりすぎないようにすることも必要です。根腐れすると弱りやすいですから、どちらかというと控えめです。冬になると成長が抑えられますから、水分はあまり必要ありません。

乾いている状態がずっと続くのは良くありませんが、あまり多くの水分を与える必要はありません。水をやりすぎると水分によって根が傷みやすくなりますから、乾かし気味で管理するようにします。土壌の状態も定期的にチェックしておくと良いでしょう。

増やし方や害虫について

増やし方はつぃてはさし芽が基本です。適した時期は5月から9月くらいです。4月くらいから新しい茎が伸びてきますが、伸びすぎたものは全体の姿を美しくするために切り戻すのが一般的です。この切り落とした方を切り分けてさし芽に用いるのが良いです。

長さはだいたい5センチくらいにカットします。先端部に葉を残しておいて、基部のほうは葉を落とすと良いです。さし芽をするときには清潔な土壌が必要となります。水はけが良くて水持ちの良いものが適しています。根が出るまでの土壌ですから、肥料などをおく必要はありません。

たとえば土壌としては鹿沼土や砂などでも良いです。最近ではさし芽用の用土が販売されていますから、これらを利用すると手軽です。根が出にくい場合には発根促進剤を用いるのも良い方法です。園芸店で簡単に手に入ります。水揚げの処理をした後に、

切り口の水気を拭き取って発根促進剤をつけると良いです。葉をつけておくと発根ができたかどうかがすぐに分かります。最初からつけていた葉はすぐにしおれてきますが、発根すると水分を吸収して元気になってきます。水を吸収できるようになった証拠ですから、

この状態になると発根は成功したと考えて良いです。この状態になれば、少し水やりを控えます。そして芽が伸びて新しい葉が出てくれば鉢上げできます。害虫についてはカイガラムシが発生しやすいです。年間を通して発生しますから、見つければすぐに防除します。

キアノティスの歴史

キアノティスは熱帯アジアと熱帯アフリカを生息地とする植物です。原産の地域では高さが10センチから40センチくらいになります。分類で言えば、ツユクサ科にある40属のうちの一つの属になります。実際には多くの種があるという点に注意が必要です。

日本語ではアラゲツユクサと呼ばれることもありますが、原種も種類がたくさんありますし、園芸品種もいくつかあります。有名なものでは、多肉質の葉を持つロンギフォリアがあります。ロンギフォリアは葉の周りの部分に軟毛が密生しています。他に有名なものとしてはソマリエンシスがあります。

銀毛冠と呼ばれ、葉は光沢があります。多肉質で葉の周りに軟毛が密生していて、これがしっかりとしていて銀色に見えることから、銀毛冠と呼ばれることがあります。他にもキューエンシスやノディフローラ、ソマリエンシス、スペキオーサなどが品種としてあります。

色々な種がありますが、共通した特徴はいくつかあります。栽培されることによって品種改良はある程度進むものですが、現在の品種はどちらかというと原種の豊富さによるところが大きいと考えられます。他の植物のように長い年月をかけて

品種改良されたという歴史はありません。熱帯アフリカや熱帯アジアという広い地域に分布していて、原種に色々な種類があると言うことから、新しいものが発見されることによって品種が充実していったと考えるのが妥当です。広く分布していますが、性質はよく似ています。

キアノティスの特徴

キアノティスは熱帯アフリカから熱帯アジアの範囲に分布していて、様々なものがあります。色々なものがありますが、観賞用に用いられているのは葉が多肉質であるものが多いです。代表的なものとしてキアノティス。ロンギフォリアがあります。これは熱帯アフリカ原産のものです。

高さは10センチから40センチくらいにまでなり、茎は直立するものや匍匐するものがあります。葉は多肉質で長さが10センチから30センチくらいになり、葉の周りの部分に軟毛が密生しています。茎の先端に赤紫色の花をつけます。キアノティス・ソマリエンシスも熱帯アフリカの原産です。

茎は直立するか匍匐します。葉は短く、3センチから4センチくらいです。銀毛冠と呼ばれることもありますが、これは軟毛が美しい銀色に見えるからでしょう。他の種に比べるとかなり長い軟毛が生え、また密生しています。花は茎の先端に紫色のものができます。

もう一つ有名なものとしてキアノティス・キューエンシスがあります。これは南アジアのインドを生息地とするものです。軟毛が葉だけではなくて全体にあるという特徴があり、また軟毛の色が褐色であるという特徴があります。葉は2センチから3センチと短いです。

花は茎の先端につき、紫色をしています。全体のフォルムが丸みを帯びた感じになり、この姿から「テディベア・プランツ」と呼ばれることもあります。キアノティスにはこのようにいくつかの種類があり、それぞれで特徴が異なります。

pixta_gardenshikuramen

ガーデンシクラメンの育て方

シクラメンの原産はトルコからイスラエルのあたりです。現在でも原種の生息地となっていて、受粉後に花がらせん状になることから...

pixta_buruhaibisukasu

ブルーハイビスカスの育て方

ブルーハイビスカスは別名をアリオギネ・ヒューゲリーやライラック・ハイビスカスといいます。属名はギリシャ語の結合したや分割...

pixta_jakaranta

ジャカランダの育て方

ジャカランダは世界三大花木の一つとして知られており、日本では数多くあるジャカランダの品種の内の一部が栽培されています。日...

pixta_ooaraseitou

オオアラセイトウの育て方

オオアラセイトウは別名ショカツサイとも言われる中国原産のアブラナ科の植物です。紫色が美しい小花はその昔三国志で有名な軍師...

pixta_atumorisou

アツモリソウの育て方

この花はラン科の花で、アツモリソウ属ということですが、ガーデニングではラン科の植物は非常に人気があり、この植物も人気が高...

pixta_sidekobusi

シデコブシの育て方

シデコブシはモクレン科の植物です。そして原産国は日本の植物で生息地などは愛知県や岐阜県または三重県の一部の東海地方を中心...

pixta_mint

ミントの育て方

ミントは3500年ほど前の古代ギリシャですでに生薬として利用されていました。歴史上でも最も古い栽培植物として知られていま...

pixta_fenix

フェニックス(Phoenix)の育て方

フェニックスは暖かい地域の植物だと言うことを頭に入れておかなければなりません。ですから、植え付けは5月から7月くらいに行...

pixta_koropsuma

コプロスマの育て方

コプロスマはアカネ科コプロスマ属の常緑低木になり、オーストラリアやニュージーランドを生息地としていてます。コプロスマには...

pixta_mituba111

ミツバの育て方

ミツバは、日本を含む東アジアが原産地の、せり科の自生植物です。生息地は、日本原産のものでは、全国の産地の日陰に育ちますが...

スポンサーリンク

pixta_hiasinsu

ヒアシンスの育て方

ヒアシンスは16世紀前半にヨーロッパにもたされ、イタリア...

pixta_tomato02

日本の未来と、植物、...

日本の自給自足率が一向に上がらない今日です。国は農協解体...

pixta_kingyosou

キンギョソウの育て方

キンギョソウはもともとは多年草ですが、暑さで株が弱り多く...

pixta_rubabu111

ルバーブの育て方

ルバーブはタデ科カラダイオウ属に分類されている、シベリア...