栽培植物の上手な育て方

栽培植物の上手な育て方

お部屋の片隅にある花瓶に一輪の花が挿してあります。たったこれだけのさりげない光景なのに、どんなに心を癒してくれるでしょうか。これが植物、それも花が持つ魅力なのですが、これが自分で栽培したものであったら、さらに喜びは大きく深いものになるでしょう。

育てるチューリップの選び方

一口に植物を栽培するといっても、育て方は千差万別です。比較的簡単に栽培できるものから、高度な技術と管理が必要なものまでさまざまです。今回は初心者でも失敗が少ない種類の花を選び育て方を学びましょう。

春の花で人気のあるチューリップを選んでみましょう。一口にチューリップといっても数多くの種類があり花色もさまざまです。まずはカタログで自分の好みに合った種類や色を選びます。これが最初の一歩です。

栽培が簡単な植物の育て方も参考になります♪

チューリップの育て方

次にどの程度の規模にするかが大切です。鉢栽培にするかプランターか庭の花壇か、それぞれの家庭の事情によって選択しましょう。こうして球根の数が決まります。球根は大きく傷のないものを選びましょう。ホームセンターや園芸店に行けば必ずや気に入った球根が簡単に手に入るハズです。

この時に忘れてならないのは培養土も合わせて購入することです。鉢植えで育てる場合は小ぶりの素焼きの鉢を用意し、底に大き目の赤玉土だけを敷きます。其の上に中ぶりの赤玉土を入れます。こうしておけば水はけもよく根腐れを防ぐことができます。

この中ぶりの赤玉土に腐葉土を混入するのも効果的です。腐葉土は水持ちをよくする効果があり、乾燥を防いでくれます。鉢で育てる場合、水やりを忘れて乾燥させすぎて枯らすことがしばしばありますので、初心者や仕事の忙しい方は腐葉土を混ぜた方が賢明です。

花壇の場合は土を掘り返し、土を柔らかくほぐしておきます。この時、赤玉土や腐葉土を補強してもいいでしょう。ただ鉢植えと違い、あまり神経質にならなくてもいいでしょう。ただ土の底に油粕などの肥料を敷いてやりましょう。球根から伸びた根が養分を必要とした時季に吸収することができます。

家庭菜園や花壇の作り方において大事な事も見とくと良く理解できます

チューリップの栽培時の注意点

追肥を忘れたとしても、こうした準備させしておけば、植物は充分な栄養を摂取できます。球根はすっぽり埋まるくらい土の中に入れます。土にたっぷり水を注いでください。最初の水やりは特に大切です。土は乾燥していますから充分に水分を含ませてやります。

こうしておけば、二度目からの水やりが楽になります。鉢植えには追肥が必要です。球根には発芽し一定の間成長するだけの養分があります。しかし、その後さらに葉や花芽を育てるには養分が必要になります。肥料は科学肥料や昔ながらの油粕などいろいろあります。

詳しいことは園芸店などの専門家に相談されるといいでしょう。チューリップの場合は油粕で充分です。最後に一番大切なことわざをお伝えしましょう。「植物がもっとも喜ぶのは下駄の音」と昔から言われていることです。下駄の音とは毎日こまめに植物の育ち具合を見てやることの比ゆ的な表現なのです。

チューリップの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:チューリップの育て方
タイトル:春の風物詩 チューリップの育て方について
タイトル:チューリップの栽培の仕方

pixta_bdou

ブドウの育て方

ブドウはブドウ科ブドウ属に分類し、種類はヨーロッパブドウ、アメリカブドウ、欧米雑種の3つが挙げられます。ヨーロッパブドウ...

pixta_kurinsou

クリンソウの育て方

被子植物で、双子葉植物綱に該当します。サクラソウ目、サクラソウ科、サクラソウ属になるので、かなりサクラソウに近い花といえ...

pixta_amerikaazena

アメリカアゼナの育て方

アゼナ科アゼナ属で、従来種のアゼナよりも大きく、大型だが花や葉の姿形や生育地はほとんどが同じです。特徴はたくさんあります...

pixta_himesayuri

ヒメサユリの育て方

ヒメサユリは高山植物として愛好家も多い日本固有の品種ですが、楚々として咲くユリは日本だけでなく世界中で古くから愛されてき...

pixta_katorea02

カトレアの育て方

カトレアは、肉厚の葉とバルブと呼ばれるやや太った茎をもつ洋ランとされ、生息地は、熱帯、亜熱帯地域の南アメリカ周辺で中南米...

pixta_ooblieta

オーブリエタの育て方

オーブリエタとは、アブラナ科オーブリエタ属に類する多年草です。多年草とは、毎年生息して育つ植物の事を言います。いわば土の...

SONY DSC

ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリカムの育て方

和名はアリウム・シクラムですが、アリウムの仲間ではありません。ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリスは、現在ではネギ科...

pixta_sankirai

サンキライの育て方

英名は「Chinaroot」で科目はサルトリイバラ科です。原産国は日本や中国、朝鮮半島、インドシナ半島などのアジアを主な...

pixta_sumomo

スモモの育て方

スモモにはいくつかの種類があり、日本、ヨーロッパ、アメリカの3つに分類されます。ヨーロッパではカスピ海沿岸が生息地だった...

pixta_ranankyurasu

ラナンキュラスとコカブの育て方

ラナンキュラスは小アジア原産の小球根植物であり、花は花弁が重なり合って明るい光沢があり、ふっくらとした華やかな魅力を持っ...

pixta_asebi

アセビの育て方

アセビは日本や中国が原産で、古くから日本人の生活になじん...

pixta_kurisansemamu

クリサンセマム・ムル...

クリサンセマム・ムルチコーレの生息地は、ヨーロッパ西部と...

pixta_kokabu_01

小かぶの育て方

原産地を示す説はアジア系とヨーロッパ系に分かれており定か...

pixta_kridansas

クリダンサスの育て方

クリダンサスの特徴としてはやはり見た目と香りでしょう。鮮...