栽培植物の上手な育て方

栽培植物の上手な育て方

お部屋の片隅にある花瓶に一輪の花が挿してあります。たったこれだけのさりげない光景なのに、どんなに心を癒してくれるでしょうか。これが植物、それも花が持つ魅力なのですが、これが自分で栽培したものであったら、さらに喜びは大きく深いものになるでしょう。

育てるチューリップの選び方

一口に植物を栽培するといっても、育て方は千差万別です。比較的簡単に栽培できるものから、高度な技術と管理が必要なものまでさまざまです。今回は初心者でも失敗が少ない種類の花を選び育て方を学びましょう。

春の花で人気のあるチューリップを選んでみましょう。一口にチューリップといっても数多くの種類があり花色もさまざまです。まずはカタログで自分の好みに合った種類や色を選びます。これが最初の一歩です。

栽培が簡単な植物の育て方も参考になります♪

チューリップの育て方

次にどの程度の規模にするかが大切です。鉢栽培にするかプランターか庭の花壇か、それぞれの家庭の事情によって選択しましょう。こうして球根の数が決まります。球根は大きく傷のないものを選びましょう。ホームセンターや園芸店に行けば必ずや気に入った球根が簡単に手に入るハズです。

この時に忘れてならないのは培養土も合わせて購入することです。鉢植えで育てる場合は小ぶりの素焼きの鉢を用意し、底に大き目の赤玉土だけを敷きます。其の上に中ぶりの赤玉土を入れます。こうしておけば水はけもよく根腐れを防ぐことができます。

この中ぶりの赤玉土に腐葉土を混入するのも効果的です。腐葉土は水持ちをよくする効果があり、乾燥を防いでくれます。鉢で育てる場合、水やりを忘れて乾燥させすぎて枯らすことがしばしばありますので、初心者や仕事の忙しい方は腐葉土を混ぜた方が賢明です。

花壇の場合は土を掘り返し、土を柔らかくほぐしておきます。この時、赤玉土や腐葉土を補強してもいいでしょう。ただ鉢植えと違い、あまり神経質にならなくてもいいでしょう。ただ土の底に油粕などの肥料を敷いてやりましょう。球根から伸びた根が養分を必要とした時季に吸収することができます。

家庭菜園や花壇の作り方において大事な事も見とくと良く理解できます

チューリップの栽培時の注意点

追肥を忘れたとしても、こうした準備させしておけば、植物は充分な栄養を摂取できます。球根はすっぽり埋まるくらい土の中に入れます。土にたっぷり水を注いでください。最初の水やりは特に大切です。土は乾燥していますから充分に水分を含ませてやります。

こうしておけば、二度目からの水やりが楽になります。鉢植えには追肥が必要です。球根には発芽し一定の間成長するだけの養分があります。しかし、その後さらに葉や花芽を育てるには養分が必要になります。肥料は科学肥料や昔ながらの油粕などいろいろあります。

詳しいことは園芸店などの専門家に相談されるといいでしょう。チューリップの場合は油粕で充分です。最後に一番大切なことわざをお伝えしましょう。「植物がもっとも喜ぶのは下駄の音」と昔から言われていることです。下駄の音とは毎日こまめに植物の育ち具合を見てやることの比ゆ的な表現なのです。

チューリップの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:チューリップの育て方
タイトル:春の風物詩 チューリップの育て方について
タイトル:チューリップの栽培の仕方

pixta_hakubai

梅(ハクバイ)の育て方

梅は非常に色が豊富です。濃いピンクがありますがそれ以外には桜のような薄いピンクがあります。白っぽいピンクから真っ白のもの...

pixta_kodtiseisineraria

木立ち性シネラリアの育て方

木立ち性シネラリア(木立ち性セネシオ)は、キク科のペリカリス属(セネシオ属)の一年草です。シネラリアという語呂がよくない...

pixta_komatunagi

コマツナギの育て方

この植物は背丈が高く40センチから80センチまであり、マメ科コマツナギ属の落葉小低木に分類されています。同じマメ科に属す...

pixta_biwa

びわの育て方

枇杷(ビワ)は、中国南西部原産で、バラ科の常緑高木です。日本には古代から持ち込まれています。インドにも広がっており、非常...

pixta_snowfrak

スノーフレークの育て方

スノーフレークは、ヨーロッパ中南部が原産です。ハンガリーやオーストリアも生息地になります。スノーフレークは、日本において...

pixta_himawari_01

ヒマワリの育て方

野生のヒマワリの元々の生息地は、紀元前3000年頃の北アメリカとされています。古代インカ帝国でヒワマリは、太陽の花と尊ば...

pixta_kinkan

キンカン類の育て方

柑橘系果物の一つにキンカンが有ります。一言でキンカンと言っても複数の種類が有り、キンカン類としてはキンカン属が4~6種類...

pixta_tupidannsasu

ツピダンサス(Schefflera pueckleri)の育...

ツピダンサスの原産地はインド、マレー半島などの熱帯アジア地域になります。「ツピダンサス・カリプトラツス(Tupidant...

pixta_kufea

クフェアの育て方

クフェアはミソハギ科のタバコソウ属もしくは、クフェア属に分類される植物であり、その仲間と言うのは250種類あると言います...

pixta_dazy11

デージーの育て方

ヨーロッパおよび地中海原産の草花です。自生の生息地であるヨーロッパでは野草として、ごく自然に芝生に生えています。デージー...

スポンサーリンク

pixta_sarubia

サルビア・スプレンデ...

サルビア・スプレンデンスは、ドイツ生まれの植物学者セロウ...

pixta_satsumaimo_01

植物の栽培や育て方の...

植物の育て方について、十分な知識を持った上で栽培するのが...

pixta_gajumaru

観葉植物を育ててみよ...

初めての人でも比較的簡単に栽培することが出来る観葉植物の...

pixta_browaria

ブロワリアの育て方

この花については、学名としてはブロワリア・スペキオーサ、...