チューリップの栽培の仕方

チューリップの栽培の仕方

チューリップはユリ科の植物で品種には早生系、早生八重、晩生系など色々な種類があり、その種類によって草丈や開花期が異なります。早生系は3月下旬から4月上旬に咲き、トライアンフ系とハイブリッド系の中間咲きは4月上旬から下旬に咲きます。晩生系はフリジン咲き系、パーロット咲き系などで、4月下旬から咲くチューリップです。

チューリップの育て方

植え付ける時期は10月中旬から12月いっぱいであれば全く問題はなく、植え付け用土は市販の草花用培養土、もしくは自分で作る場合は赤玉土6に対して腐葉土4程度の割合が目安になります。チューリップは原産地の気候から夏は乾燥していて冬は積雪により湿度が高く保たれている場所を好みます。

そのため乾きやすい地域で栽培するときは、球根を植え付けた後に冬の間は乾燥を防ぐため落ち葉やビートモスなどを地表に敷き詰めておくようにします。晴天が続き花壇の土が極度に乾燥している場合には水やりが必要になります。

プランターでの育て方は排水がよくなるようにプランターの底の部分にゴロ土を入れて、さらに市販されている草花用培養土をプランターの6分目ぐらいまで入れます。密に植えたほうが見栄えが良くなるので普通サイズのプランターであれば、10球から12球が適しています。

こちらの春の風物詩 チューリップの育て方についてもチェックしよう♪

チューリップのコンテナ栽培

チューリップのコンテナ栽培は球根を密に植えてボリュームを楽しむことができます。コンテナ栽培は花壇植えとは異なり、根が伸びることができる容量に限度があるため、覆土は球根の頭がようやく隠れる程度の浅植えにし、少しでも球根の下に根の伸びるスペースをとり、球根の向きを揃えて植えるのが花姿を揃えるコツです。

次に球根が隠れる程度まで培養土を加え、たっぷりの水を与えて日の当たる軒下などで管理をします。冬の間に芽が出てくるようになるので用土が乾燥しすぎないように注意します。寒さが厳しい場所では不織物をかけるなどして用土が凍らないようにすることも必要になります。

こちらの植物を元気いっぱいに育てるにはを参考にしてみましょう♪

その他の栽培時の注意点

春になり花壇やコンテナに植え付けたいときは、育苗用の3号ポットに1球ずつ植えつけておきます。この場合ゴロ土は必要ありません。次に覆土をして水やりをし春先までこのままの状態で管理します。定植する場合は、伸び出した根を傷めないようにできるだけ土を崩さないように植えつけます。

乾燥しがちな場所ではウイルス病にかかりやすくなり、連作を嫌うので翌年は植える場所を変える必要があります。また、鉢やプランターでの栽培は、どうしても路地植えほどは根をしっかり張れないので病気になりやすいだけでなく、小さな子球が増えて球根を十分に肥大させることが困難になります。十分に肥大しないときには元気な球根を買いなおすことも一つの方法です。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
ダリアの育て方
チューリップの育て方

pixta_sarasenia

サラセニアの育て方

サラセニアは北アメリカ大陸原産の食虫植物です。葉が筒のような形に伸びており、その中へ虫を落として食べることで有名です。生...

pixta_ichigo_01

イチゴの育て方

イチゴは比較的古くから人間に食されていた果物です。その歴史は石器時代にさかのぼります。農耕技術や養殖などを行う前から野生...

pixta_dimorufoseka

ディモルフォセカの育て方

ディモルフォセカは、南アフリカ原産のキク科の一年草で、日本名ではアフリカキンセンカと呼ばれています。よく似た花に、多年草...

pixta_utubogusa

ウツボグサの育て方

中国北部〜朝鮮半島、日本列島が原産のシソ科の植物です。紫色の小さな花がポツポツと咲くのが特徴です。漢方医学では「夏枯草」...

pixta_daboesia

ダボエシアの育て方

ダボエシアは学名でDaboeciacantabrica’bicolor’といいますが、分類で言うとツツジ科ダボエシカ属に...

pixta_gunnera

グンネラの育て方

グンネラの科名は、グンネラ科 / 属名は、グンネラ属で、和名は、オニブキ(鬼蕗)となります。グンネラ属グンネラは南半球に...

pixta_karatea

カラテア(Calathea ssp.)の育て方

カラテアの名前はギリシャ語のかごという意味があるカラトスが由来となっています。これは南アメリカの先住民達がカラテアの葉を...

pixta_tya111

チャ(茶)の育て方

この植物は、ツバキやサザンカのツバキ科で、多年草の植物になります。緑茶も紅茶も烏龍茶も同じチャノキの新芽を摘んで加工した...

pixta_karaminsanepeta

カラミンサ・ネペタの育て方

カラミンサ・ネペタはレッサー・キャットミント、レッサー・カラミントなどとも呼ばれる南ヨーロッパ原産のシソ科の芳香性多年草...

pixta_taimu

タイムの育て方

学名はThyme、分類はシソ科イブキジャコウソウ属に当たります。高さおよそ15センチメートルから40センチメートルほどに...

スポンサーリンク

pixta_komatsuna

コマツナの育て方

コマツナの歴史は国内では江戸時代まで遡ります。東京の江戸...

pixta_shuukaidou

シュウカイドウの育て...

シュウカイドウは中国を自然の生息地とする植物で、多年生の...

pixta_haibisukasu

ハイビスカスの育て方

熱帯地方や亜熱帯地方を生息地として大きな花を咲かせている...

pixta_marumero

マルメロの育て方

マルメロは、原産地を乾燥地帯が広がっていて遊牧などが盛ん...