栽培が簡単な植物の育て方

栽培が簡単な植物の育て方

花も植物も育てたことがない人にとっては、花壇いっぱいの花や植物の栽培はとても難しいもののように思われることでしょう。しかし、花や植物は人の心を和ませてくれます。咲いている花から季節の移り変わりを楽しむこともできます。ホームセンターなどに行くと様々な花の球根や苗木が売られています。

球根の魅力

中には栽培の難しいものや管理にコツが必要なものもありますが、ほとんどの場合は決して難しいものではありません。ここでは初心者におすすめの球根の花の育て方について紹介します。9月、10月ごろになると、ホームセンターには様々な球根が売られるようになります。

チューリップ、水仙、クロッカスなどが球根の代表的な花です。初心者に球根をおすすめする訳は、球根はその中に必要な栄養分をぎっしりと抱え込んでいるため育てやすいからです。また、一度植えると来年も花を咲かせるものが多いのも球根の魅力です。

チューリップの栽培の仕方も是非見て下さい♪

球根の準備

植えっぱなしで勝手に咲いてくれるので初心者向きなのです。逆に、たっぷりと時間をかけて植物の世話をしたいという人には物足りないでしょう。売り場に行くと球根1個からでも買えますが、球根は密に植えた方が良いので、初めての場合は10個ほどのパックになっているものがよいでしょう。

チューリップなら同系色が集まったものや様々な色が入ったもの、花が大きいものや小さいものなどパックもいろいろで選ぶのも楽しみです。初心者の人がどうしていいか悩む物の一つが土づくりでしょう。ホームセンターには土も肥料もずらりと大袋が並べてあり、どうしていいかわからないものです。

しかし決して大変なことはありません。球根売り場に行けば、球根を育てる土も近くに置いてある場合が多いのです。「チューリップの土」などとはっきり書いてあるものもあります。球根を育てるのに最適な肥料が配合されており、花壇やプランターに入れて、その中に球根を埋めるだけという手軽さです。

球根からの育て方

球根を埋める際は、あまり土の奥深くに埋めすぎないようにするのがポイントです。いろいろな色がある場合は、埋める前に土の上に球根を配置して咲く色のバランスを考えると良いでしょう。球根を植えた後はたっぷり水やりをしますが、その後はあまり頻繁には水やりする必要はありません。

また、チューリップは寒さにあたらないと芽が出ないので、雪が降るような地域でも覆いをしたり室内に入れたりする必要もありません。春になって花が咲いた後は、そのままでも来年咲くものもありますが、

チューリップは花が散ったら球根を掘り出して、ネットなどに入れて涼しいところに置いておき、また秋になってから改めて植えるといいでしょう。一度きれいに花が咲くと、植物を育てるのがどんどん楽しくなることでしょう。

下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:スイセンの育て方

pixta_akimenesu

アキメネスの育て方

アキメネスはアメリカ中部、西インド諸島、南アフリカ北部を生息地として約30種が分布している球根植物です。属名はイワタバコ...

pixta_serojine

セロジネの育て方

セロジネはラン科の植物でほとんどの品種が白っぽい花を穂のような形につけていきます。古くから栽培されている品種で、原産地は...

pixta_panzy03

パンジーの育て方について

冬の花壇を美しく彩ってくれる植物の代表格は、なんといってもパンジーです。真冬の街にキレイな彩りを与えてくれる植物としては...

pixta_tadeai

タデアイの育て方

タデアイはインドシナ半島や東南アジアから中国にかけてが原産地で、そこに自生しています。紀元前の時代から世界各地で青色の染...

pixta_hereborshetidas

ヘレボルス・フェチダスの育て方

特徴としてはキンポウゲ科、クリスマスローズ属、ヘルボルス族に該当するとされています。この花の特徴としてあるのは有茎種であ...

pixta_okura_01

オクラの育て方について

夏になれば栄養満点のオクラの栽培方法のコツです。オクラは北海道など一部の地域を除きかなり育てやすい野菜の一つです。スーパ...

pixta_yamaajisai

ヤマアジサイの育て方

ヤマアジサイは、アジサイ科、アジサイ属(ハイドランジア属)になります。また、その他の名前は、サワアジサイと幅れたりします...

pixta_himeryukinka

ヒメリュウキンカの育て方

ヒメリュウキンカの原産はイギリスで、生息地は山野の湿った草原や川沿いの林床などです。原産はイギリスではありますが、自生地...

pixta_osiroibana

オシロイバナの育て方

日本に入ってきたのは江戸時代に鑑賞用として輸入されたと言われており、当時この花の黒く堅い実を潰すと、白い粉が出てきます。...

pixta_kodatiaroe

コダチアロエの育て方

アロエの種類は約300種類にものぼり、大変種類が多い植物になります。日本で良く見られるアロエは”コダチアロエ”と呼ばれ、...

スポンサーリンク

pixta_kakitubata

カキツバタの育て方

日本や朝鮮半島、東シベリアなどが原産といわれるカキツバタ...

pixta_hanegi

ネギとミツバの栽培方...

ネギは中央アジア原産のユリ科の多年草で、白ネギ(長ネギ)...

pixta_fuirigetou

植物の栽培に必要な土...

植物の栽培に必要なのは、土と水と光です。一部の水の中や乾...

pixta_yabumyouga

ヤブミョウガの仲間の...

ヤブミョウガはツユクサ科の花です。したがって、ヤブミョウ...