家庭菜園や花壇の作り方において大事な事

家庭菜園や花壇の作り方において大事な事

家庭菜園や家庭花壇などを作る場合においては、まず植物の栽培方法はもちろん、植物の育て方から植物の種まきのやり方の基本まで学ぶ必要があります。植物の栽培をする際には、その植物の栽培方法を理解して次の種まきができるようにその植物の種の部分を理解する必要があります。

ピーマンを例にしてみる

例えるならピーマンは中に種が沢山入っています。ピーマンは分かりやすい一例ですが、それでもあのまま撒いても基本的には種が茎や根へと至る事は無く、種としては機能を失い土に還り微生物や土の中の小さな虫などが食べる事となります。

土の栄養素を高める為であれば、それでも問題はありませんが種まきとしては失敗しています。この手の種の場合は必要な処置を勉強する必要があり、ピーマンであれば天日干しをして種が乾燥して少し固くなるぐらいが家庭菜園でのレベルで望ましいと言われています。

これが栽培における勉強の必要性です。そして育て方においての必要な勉強性とは、これもまたその植物、野菜でもお花でも、その植物の必要な育て方をまず理解する事が重要です。

植物の育て方における勉強が必要な部分とは

お水は大目に必要な植物なのか、お水はあまりかけない方がいい植物なのかというシンプルな部分から、葉切りをして茎に栄養を溜め込みやすくする必要があるタイプなのか、葉が光合成として大きな役割を強く持つ植物なのか、そういう点も理解して育てなくては、実は実らず結果的に枯らしてしまう、または野菜であれば野菜としての形を示すまで至らなくなるというケースもありえます。

これが植物の育て方における勉強が必要な部分です。そして種まきとは、初心者の方が一番最初に誤解や間違いをしやすい部分でもあります。種を撒く際には、種一粒一粒が土の中で間隔を置いて種まきがされる形とならなくては仮に実るととても大きな問題となります。

土の中で種を何粒も同じ所に撒いてしまったりすると、その結果は種が次の段階に移った辺りで、茎や根が一箇所に集まってしまい、その結果ジャングルの奥地みたいな感じに最終的にはなっていく惨状になるからです。これは野菜植物などが分かりやすい例になると思います。

人参を例にしてみる

例えれば人参。これは比較的種が近しい位置の間隔で撒かれても大丈夫な品種もありますが、限度はあります。

そしてこれが近しい位置に何粒も種が撒かれてしまっていた場合には、土の栄養を人参が実る前に吸う勢いが一箇所に集まってしまい、人参は大きく育たず、しかしまるでモヤシ1袋の様な惨状になり細くて成長性が悪く虫食いも多くなってしまう人参を栽培してしまう結果となります。

土の栄養を十二分に活かす、それが種まきにおいて間隔を置いて撒かなくてはいけない理由の1つでもあるからです。これが種まきにおいて必要な勉強すべき部分になります。ですが、どれもまずは経験してみる事が大切です。そうする事で必要な要素を明確に理解する事も出来るからです。

pixta_nouzenkazura

ノウゼンカズラの育て方

ノウゼンカズラの歴史は古く、中国の中・南部が原産の生息地です。日本に入ってきたのは平安時代で、この頃には薬用植物として使...

pixta_okanori

オカノリの育て方

オカノリの原産国は諸説ですが、中国が有力とみなされています。ある説ではヨーロッパが原産と考えられ、現在でもフランス料理で...

pixta_kisoutengai

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

pixta_taniutugi

タニウツギの育て方

タニウツギはスイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木です。スイカズラ科の多くは木本で一部はつる性や草本です。タニウツギは田植...

pixta_shinbijiumu

シンビジウムの育て方

ランはヒマラヤから中国、日本、オーストラリア、南米など広範囲に分布していますが、その中でもシンビジウムは約50種ほどある...

pixta_shakobasaboten

シャコバサボテンの育て方

現在観葉植物として流通しているシャコバサボテンはブラジルのリオデジャネイロを原産地とする観葉植物であり、標高1000~1...

pixta_flkuraea

フルクラエアの育て方

フルクラエアはリュウゼツラン科の植物で原産地は熱帯や亜熱帯地方の乾燥地帯なので日本には自生していません。またこの品種には...

pixta_tougarashi_01

トウガラシの育て方

トウガラシの原産地や生息地は中南米で、メキシコでは数千年前から食用として栽培や利用されていたのです。このことから中南米や...

pixta_yuri

ユリ(百合)の育て方

ユリに関しては、北半球のアジアを中心に広く分布しているとされています。亜熱帯から温帯、亜寒帯にかけても分布されている花に...

pixta_siratamanoki

シラタマノキの育て方

シラタマノキは学名をGaultheriamiquelianaといい、ツツジ科のシラタマノキ属になります。漢字にすると「白...

スポンサーリンク

pixta_hourensou_01

ほうれん草の育て方に...

ほうれん草は日常の食卓にもよく出てくる食材なので、家庭菜...

pixta_nekoyanagi

ネコヤナギの育て方

ネコヤナギの特徴は、なんといってもその見た目にあるでしょ...

pixta_dikusonia

植物の育て方や栽培方...

老後の趣味やインテリアの一環として観葉植物を育てる方が増...

pixta_yamaajisai

ヤマアジサイの育て方

ヤマアジサイは、アジサイ科、アジサイ属(ハイドランジア属...