家庭菜園や花壇の作り方において大事な事

家庭菜園や花壇の作り方において大事な事

家庭菜園や家庭花壇などを作る場合においては、まず植物の栽培方法はもちろん、植物の育て方から植物の種まきのやり方の基本まで学ぶ必要があります。植物の栽培をする際には、その植物の栽培方法を理解して次の種まきができるようにその植物の種の部分を理解する必要があります。

ピーマンを例にしてみる

例えるならピーマンは中に種が沢山入っています。ピーマンは分かりやすい一例ですが、それでもあのまま撒いても基本的には種が茎や根へと至る事は無く、種としては機能を失い土に還り微生物や土の中の小さな虫などが食べる事となります。

土の栄養素を高める為であれば、それでも問題はありませんが種まきとしては失敗しています。この手の種の場合は必要な処置を勉強する必要があり、ピーマンであれば天日干しをして種が乾燥して少し固くなるぐらいが家庭菜園でのレベルで望ましいと言われています。

これが栽培における勉強の必要性です。そして育て方においての必要な勉強性とは、これもまたその植物、野菜でもお花でも、その植物の必要な育て方をまず理解する事が重要です。

植物の育て方における勉強が必要な部分とは

お水は大目に必要な植物なのか、お水はあまりかけない方がいい植物なのかというシンプルな部分から、葉切りをして茎に栄養を溜め込みやすくする必要があるタイプなのか、葉が光合成として大きな役割を強く持つ植物なのか、そういう点も理解して育てなくては、実は実らず結果的に枯らしてしまう、または野菜であれば野菜としての形を示すまで至らなくなるというケースもありえます。

これが植物の育て方における勉強が必要な部分です。そして種まきとは、初心者の方が一番最初に誤解や間違いをしやすい部分でもあります。種を撒く際には、種一粒一粒が土の中で間隔を置いて種まきがされる形とならなくては仮に実るととても大きな問題となります。

土の中で種を何粒も同じ所に撒いてしまったりすると、その結果は種が次の段階に移った辺りで、茎や根が一箇所に集まってしまい、その結果ジャングルの奥地みたいな感じに最終的にはなっていく惨状になるからです。これは野菜植物などが分かりやすい例になると思います。

人参を例にしてみる

例えれば人参。これは比較的種が近しい位置の間隔で撒かれても大丈夫な品種もありますが、限度はあります。

そしてこれが近しい位置に何粒も種が撒かれてしまっていた場合には、土の栄養を人参が実る前に吸う勢いが一箇所に集まってしまい、人参は大きく育たず、しかしまるでモヤシ1袋の様な惨状になり細くて成長性が悪く虫食いも多くなってしまう人参を栽培してしまう結果となります。

土の栄養を十二分に活かす、それが種まきにおいて間隔を置いて撒かなくてはいけない理由の1つでもあるからです。これが種まきにおいて必要な勉強すべき部分になります。ですが、どれもまずは経験してみる事が大切です。そうする事で必要な要素を明確に理解する事も出来るからです。

pixta_tomato02

日本の未来と、植物、食物における無農薬栽培の育て方のあり方。

日本の自給自足率が一向に上がらない今日です。国は農協解体へとメスを入れ始めているようですが、既存の農家からの反対も強く、...

pixta_himejoon

ヒメジョオンの育て方

ヒメジョオンは、北アメリカが原産の植物で、明治維新で日本が揺れているころに、入ってきて、以来日本中に広がり、色んな家の庭...

pixta_turukokemomo

ツルコケモモの育て方

原産地は北アメリカ、東部で、果樹・庭木・花木として植えられることが多いです。耐寒性は強いですが、耐暑性は弱いです。ツルコ...

pixta_okura_01

オクラの育て方

アオイ科に属する野菜で、原産地は、マントヒヒの生息地で知られるアフリカ北東部です。エジプトでは紀元前から栽培されていまし...

pixta_dragonfurut

ドラゴンフルーツの育て方

サンカクサボテンの実の事を総称してピタヤと呼びます。ピタヤはベトナムから輸出する時の商品名であり、日本に輸入される時には...

pixta_pakipodexim

パキポディウムの育て方

パキポディウムは、アフリカやマダガスカルなどに分布している多肉植物です。約20種類ほどが分布しています。幹があまり太らな...

pixta_cattail

キャットテールの育て方

キャットテールは別名をアカリファといい、主にインドが原産地で、熱帯や亜熱帯地方を生息地としている植物でおよそ300種類か...

pixta_guzuberi

グーズベリーの育て方

グーズベリーという植物をご存知ですか、日本ではもしかしたらセイヨウスグリの名前の方が有名かもしれませんが、スグリ科スグリ...

pixta_sisiudo

シシウドの育て方

シシウドの原産地は日本になります。別名をウドタラシと言うのですが、猪独活ともいった名前が付いているのが特徴です。夏の暑い...

pixta_dazy

デイジーの育て方

デイジーの原産地は地中海沿岸部と北アフリカです。原産地やヨーロッパなどでは多年草と扱われていますが、日本では夏越えが厳し...

スポンサーリンク

pixta_festuka

フェスツカ・グラウカ...

フェスツカ・グラウカは、ヨーロッパ原産の、イネ科の植物で...

pixta_hitorisizuka

ヒトリシズカの育て方

ヒトリシズカは原産地や生息地が日本を含め、中国や朝鮮半島...

pixta_ooinunofuguri

オオイヌノフグリの育...

気温が下がりつつある秋に芽を出して、冬に生長し春の早いシ...

pixta_manryou

マンリョウの育て方

江戸時代より日本で育種され、改良も重ねられた植物を古典園...