家庭菜園や花壇の作り方において大事な事

家庭菜園や花壇の作り方において大事な事

家庭菜園や家庭花壇などを作る場合においては、まず植物の栽培方法はもちろん、植物の育て方から植物の種まきのやり方の基本まで学ぶ必要があります。植物の栽培をする際には、その植物の栽培方法を理解して次の種まきができるようにその植物の種の部分を理解する必要があります。

ピーマンを例にしてみる

例えるならピーマンは中に種が沢山入っています。ピーマンは分かりやすい一例ですが、それでもあのまま撒いても基本的には種が茎や根へと至る事は無く、種としては機能を失い土に還り微生物や土の中の小さな虫などが食べる事となります。

土の栄養素を高める為であれば、それでも問題はありませんが種まきとしては失敗しています。この手の種の場合は必要な処置を勉強する必要があり、ピーマンであれば天日干しをして種が乾燥して少し固くなるぐらいが家庭菜園でのレベルで望ましいと言われています。

これが栽培における勉強の必要性です。そして育て方においての必要な勉強性とは、これもまたその植物、野菜でもお花でも、その植物の必要な育て方をまず理解する事が重要です。

植物の育て方における勉強が必要な部分とは

お水は大目に必要な植物なのか、お水はあまりかけない方がいい植物なのかというシンプルな部分から、葉切りをして茎に栄養を溜め込みやすくする必要があるタイプなのか、葉が光合成として大きな役割を強く持つ植物なのか、そういう点も理解して育てなくては、実は実らず結果的に枯らしてしまう、または野菜であれば野菜としての形を示すまで至らなくなるというケースもありえます。

これが植物の育て方における勉強が必要な部分です。そして種まきとは、初心者の方が一番最初に誤解や間違いをしやすい部分でもあります。種を撒く際には、種一粒一粒が土の中で間隔を置いて種まきがされる形とならなくては仮に実るととても大きな問題となります。

土の中で種を何粒も同じ所に撒いてしまったりすると、その結果は種が次の段階に移った辺りで、茎や根が一箇所に集まってしまい、その結果ジャングルの奥地みたいな感じに最終的にはなっていく惨状になるからです。これは野菜植物などが分かりやすい例になると思います。

人参を例にしてみる

例えれば人参。これは比較的種が近しい位置の間隔で撒かれても大丈夫な品種もありますが、限度はあります。

そしてこれが近しい位置に何粒も種が撒かれてしまっていた場合には、土の栄養を人参が実る前に吸う勢いが一箇所に集まってしまい、人参は大きく育たず、しかしまるでモヤシ1袋の様な惨状になり細くて成長性が悪く虫食いも多くなってしまう人参を栽培してしまう結果となります。

土の栄養を十二分に活かす、それが種まきにおいて間隔を置いて撒かなくてはいけない理由の1つでもあるからです。これが種まきにおいて必要な勉強すべき部分になります。ですが、どれもまずは経験してみる事が大切です。そうする事で必要な要素を明確に理解する事も出来るからです。

pixta_baioukaren

バイカオウレンの育て方

バイカオウレンは日本原産の多年草の山野草です。生息地としては、本州の東北地方南部から近畿、中国地方西部などであり、深山の...

pixta_saboten

サボテンやアロエなどの多肉植物の育て方

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サボテン科、アロエ科、ハマミズ科、ベンケイソウ科など様々な種類があ...

pixta_tuti

植物の上手な育て方は土にある

花・ハーブ・野菜などの様々な植物の育て方や栽培方法は種類によって様々で、土・肥料・水やり・置場所などによって育ち方にも影...

pixta_keratosutexuguma

ケラトスティグマの育て方

中国西部を原産としているケラトスティグマは明治時代に日本に渡ってきたとされています。ケラトスティグマの科名は、イソマツ科...

pixta_goya_01

ゴーヤーの育て方

苦瓜とも呼ばれるものですが、沖縄地方で主に育てられている野菜です。比較的育てやすいものでありますが、好みがはっきりと分か...

pixta_matukazesou

マツカゼソウの育て方

松風草は、一般的には、マツカゼソウと表記され、ミカン科マツカゼソウ属に属しており、東アジアに生息するマツカゼソウの品種と...

pixta_makisiraria

マキシラリアの育て方

この花の種類としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科となっています。常緑の多年草となっているので、ずっと花を咲かせる...

pixta_snowdrop

スノードロップの育て方

真っ白な花に緑色の斑が美しいスノードロップを自宅で育てることができたら、まるでヨーロッパの庭のように美しい景色を作ること...

pixta_kotura

コツラの育て方

この花の特徴はキク科となります。小さい花なので近くに行かないとどのような花かわかりにくいですが、近くで見ればこれがキク科...

pixta_kisoutengai

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

スポンサーリンク

pixta_seiyouodamaki

西洋オダマキの育て方

西洋オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。生息地...

pixta_yukka02

ユッカ(Yucca)...

ユッカは丈夫で、育て方もそれほど難しくありません。日当た...

pixta_seanosas

セアノサスの育て方

セアノサスはカナダ南部や北アメリカにあるメキシコ北部が原...

pixta_akanesumire

アカネスミレの育て方

特徴としてはバラ類、真正バラ類に該当します。キントラノオ...