トリフォリウムの育て方

トリフォリウムの育て方

トリフォリウムは分類上はシロツメクサやクローバーの仲間であり北半球だけで300種類ほどが分布しています。日本においてはシャジクソウと呼ばれる種類が自生しています。トリフォリウムはオーストラリア大陸をのぞくほとんど世界中に存在している三つ葉の植物の総称を意味する言葉として昔から使われています。

育てる環境について

トリフォリウムはオーストラリアを除く全世界に分布している植物として知られています。地域によって一年草としての生態を持つこともありますし、多年草として知られている地域もあります。自生している種類が多いことからもわかるように非常に生命力の強い品種であり、

人間に守られた環境でなくても育つことが出来るものが多くなっています。寒さには強く、暑さにもそれなりには対応することが出来るため、場所を選ばずに育てることが可能であるというのが特徴です。花はおよそ10センチから60センチまで様々なサイズのものがありますが、

これはそれぞれの品種ごとにも違いがあります。そのためトリフォリウムと言うのは数多くの品種を一纏めにした総称であると言えるでしょう。トリフォリウムに分類される植物それぞれの特性に関しては個別に見て行く必要があると言えるでしょう。

一般的に家庭の園芸で育てようとする場合には草花用の培養度があれば十分に対応可能です。多年草の場合には山砂や鹿沼土を2割から3割ほど混ぜ込んでおくと夏越しが容易になりますので推奨できます。地域によって高温多湿になる場所もありますが、

その様な地域においては山やそう向けの用土を利用するというのも一つの手段です。いずれにしてもその地域に応じた環境に合わせて工夫をして挙げることで対応できるものであると言えるでしょう。必ずしもこうでなければならないというものはありませんので安心できます。

種付けや水やり、肥料について

植え付けに関しては春と秋が適した時期であると言えます。市販のポット苗を利用する場合、あるいは株分けした苗を植える場合には根付くまで乾かさないように水やりすることが重要であると言えるでしょう。一方植え替えをするのであれば、シロツメクサの様に

地下茎やほふく茎で広がっているものは生育状況に応じてう植え直しをする必要に迫られる場合もあります。その際に形を整えたり生育域の制限を行います。庭に植える場合には刈り込みや抜き取りが必要になるケースもあるでしょう。鉢植えの場合には毎年はるか夏季に株分けをして植え替えることが推奨されます。

水やり葉根がしっかりとしていれば乾燥に強くなりますのでほとんど必要ないと言えるでしょう。しかし鉢植えやコンテナの上に咲かせる場合には限界がありますので土が乾き始めたらたっぷりの水を与える必要があります。但し肥料が多すぎたり水が多すぎたりする状況にしてしまうことは

根腐れを起こすなどむしろ問題を引き起こしてしまいます。そのため水はけを良くして置き、肥料の程度にも注意をしましょう。基本的に庭植えの場合には肥料を必要としないとすら言えるものであり、気にしなくても良いものであると言えます。

しかし限られた環境で育つ鉢植えの場合は生育度合いに応じて液体肥料を加えると言う選択肢を残しておくことは出来ます。必ず行うべきものではないというのが特徴となっていますので、その点に関しては注意しておきましょう。

増やし方や害虫について

トリフォリウムを増やそうとする場合には基本的には種まきが有効です。一年草であるクリムソンクローバー等は毎年秋に種をまいて育てることになるでしょう。花壇に直接種をまくか、ポットなどに種をまいて育てます。種をまく場所によってはこぼれた種から育つケースもあるでしょう。

一方多年草の場合にも種から育てることが可能です。この様な増やし方がh基本であると言えるでしょう。また、株分けによって増やすことも出来ますが、これは多年草を対象に行うものであり、時期としてhあ春か秋が適切であると言われています。

トリフォリウムは非常に強い植物であるということもあり、基本的に心配しなくてはならない病気はありません。唯一とも言えるのは肥料のやり過ぎと水のやり過ぎです。この条件下で水はけが悪いとトリフォリウムも腐りやすくなってしまい様々な問題を発生させることになります。

その様な環境でさえなければ特に心配が必要な病気はありません。一方害虫に関してはアブラムシとハダニが可能性として考えられます。しかし鉢植えで栽培している場合であればまだしも、花壇など屋外で育てている場合には中々管理が難しいところもあるでしょう。

しかし可能な限り早期に発見して早めに対処する必要があります。トリフォリウムは世界中に分布していることからここが原産地と言うものはありませんが、種類ごとに生息地は異なります。それぞれに合った育て方を知ることで上手に育てることが出来るでしょう。

トリフォリウムの歴史

トリフォリウムはオーストラリア大陸をのぞくほとんど世界中に存在している三つ葉の植物の総称を意味する言葉として昔から使われています。政界中に様々な色や形、そして大きさをしているトリフォリウムが存在しており、それぞれの分野を彩る重要な要素になっています。

日本におけるトリフォリウムとしてはシロツメクサが有名です。子供のこと野原で亜論だと気に目にする機会の多かったであろう白い花を咲かせるクローバーが日本におけるトリフォリウムの代表格として知られています。この様な草花は世界中に存在しており、

咲かせる花の色や形の違いこそあれ、同じ仲間として分類されているのです。近年になって世界中の植物を入手できるようになった影響もあり、日本においても実に色とりどりのトリフォリウムを楽しむことが出来るようになりました。

それぞれ原産地や生息地が異なるトリフォリウムを一堂に集めるとどのような色でも表現売ることが出来るほど様々な色彩が揃っているのが特徴であると言えるでしょう。この様な魅力が世界中の奥の国と地域で愛される花であり続けることに貢献しています。

トリフォリウムは三つ葉を意味する言葉ですが、誰もが知っている様に葉が一枚多い四葉が存在します。この様な暗ーバーは幸運の証として持つものに幸運を届けると考えられています。この様な習慣は日本独自のものではなく、広く世界中で共有している概念として知られています。ニュアンスの多少の違いはあっても幸運の証として扱われています。

トリフォリウムの特徴

トリフォリウムは分類上はシロツメクサやクローバーの仲間であり北半球だけで300種類ほどが分布しています。日本においてはシャジクソウと呼ばれる種類が自生しています。トリフォリウムという名前の由来は小さな葉が3葉あることであり、トランプのクローバーの形に図案化されていることで知られています。

また三位一体のたとえでもあり、広く様々な案件に引用されています。最も身近に感じることが出来るのはやはりシロツメクサとムラサキシロツメクサでしょう。これらはそれぞれホワイトクローバー、レッドクローバーと言う名称を持っており、牧草や蜜を取る植物としての利用が行われています。

それに加えて耕作地の知力の回復や荒れ地の緑化、警官の改善などにも活躍している品種です。トリフォリウムの仲間には赤い葉や様々な模様の入っている園芸用に品種も生まれており、カラーリーフとして花壇などを彩ることが多い植物になっています。

花を観賞する目的としては花穂が大きくて色鮮やかなクリムソンクローバーやふさふさした花穂が付くバニーズ、そして科便が赤藤色で弁先が白い二色咲きのカトレアクローバー等があります。青い色を示すものとしてはブルークローバーが知られており、

トリフォリウムの仲間には色鮮やかな花を持つ数多くの種類の品種が揃っています。これらは園芸用の栽培植物としても普及しており、花壇を思い通り彩る素材としては重要な役割を果たしていると言えます。

pixta_matubagiku

マツバギクの育て方

原産地が南アフリカなどの砂漠地です。日本には明治の初期に暖地で広がりました。マツバギクは葉が松葉のような形をしてサボテン...

pixta_sirobanatanpopo

シロバナタンポポの育て方

シロバナタンポポの特徴は、花の色が白色であることです。舌状花の数は他のタンポポと比べると少なく、1つの頭花に100個程度...

pixta_mint

ミント類の育て方

ミントは丈夫で育てやすいのが特徴です。家庭菜園でも人気があり、少しのスペースさえあれば栽培することが出来ます。ミントには...

pixta_feifox

フォックスフェイスの育て方

フォックスフェイスはブラジル原産のナス属の植物とされ、ナス属は世界の熱帯から温帯にかけて1700種ほどが分布しています。...

pixta_kemansou

ケマンソウの育て方

ケマンソウの生息地は、森林や谷間などの半日陰を中心に広がっています。中国から朝鮮半島一帯を原産とする、寒さに強く暑さに弱...

pixta_maturika

マツリカの育て方

特徴としてどのような分類になるかですが、シソ目、モクセイ科、ソケイ属と呼ばれる中に入るとされます。常緑半蔓性灌木になりま...

pixta_bluefanflower

ブルーファンフラワーの育て方

ブルーファンフラワーはクサトベラ科スカエボラ属で、別名はファンフラワーやスカエボラ、和名は末広草といいます。末広草と名付...

pixta_keitou

ケイトウの育て方

ケイトウの原産地は、アフリカやアジアの熱帯地方であるとされており、主な生息地としても熱帯アジアインド方面です。日本へわた...

pixta_streritia

ストレリチア(Strelitzia reginae)の育て方

属名のストレリチアは大航海時代に植物の愛好家だったイギリスのジョージ3世の皇后であるシャーロット・オブ・メクレンバーグ=...

pixta_rakanmaki

ラカンマキ(実)の育て方

特徴としてはマキ科、マキ属になります。シンボルツリーとしても使われる木で、高くなると8メートルから10メートルくらいの高...

スポンサーリンク

pixta_ryoubu

リョウブの育て方

両部の特徴においては、まずは種類があります。ツツジ目、リ...

pixta_ooba

植物を育てたことがな...

大葉は日本の風土でよく育つ植物です。育て方も簡単で家庭菜...

pixta_sterunbergia

ステルンベルギアの育...

ステルンベルギアの名前の由来は19世紀に活躍したオースト...

pixta_nabana

ナバナ類の育て方

ナバナ類と人類との歴史は古く、その関わりは現代でも続いて...