ヘレボルス・フェチダスの育て方

ヘレボルス・フェチダスの育て方

特徴としてはキンポウゲ科、クリスマスローズ属、ヘルボルス族に該当するとされています。この花の特徴としてあるのは有茎種であることです。有茎種は立ち上がった茎に葉をつけ、最も上の部分に花を咲かせるタイプになります。

育てる環境について

栽培をするにあたって、育て方では環境をどのように整える必要があるかです。まず夏においてある配慮をするとされます。一般的な花といえば夏にしっかりと日差しに当てるようにします。そうすることでエネルギーを得ることもあるでしょう。こちらの花もそれなりに日差しが必要ですが、あまり強い日差しは苦手としています。

そのことから夏に用意しないといけない環境としては遮光出来る状態です。これについては庭などであれば何らかの陰に隠すようにしてもいいでしょう。庭に置いているのであればその都度場所を変更することが出来るでしょう。ヨーロッパの原産で、寒いところも暖かいところでも育ちやすいとされています。暖かいところは地中海の近くです。

この辺りは暖かいですが湿度としてはあまり高くなく、カラッとした暖かさになります。強い日差しがあるわけではありません。あまり高温になり過ぎないように、湿度が高くなり過ぎないようにしなければいけません。日本には梅雨があり育てる環境としては決して良くない条件があります。

地域としては、関東よりにしになるとかなり難しくなるとされています。瀬戸内海周辺であれば地中海に似た気候のこともあり多少育てやすい環境になるかもしれません。土壌環境においても水が関係してきます。水はけの良い土地を選べばある程度は順調に育てることが可能になります。水を吸いやすい、保ちやすい、ジメジメしたところだと育てにくくなります。

種付けや水やり、肥料について

種付けを行うときに用意する土は自分で用意するようにします。デリケートな植物で、庭土などではそのまま利用できないことが多いです。元々何かの植物を植えていたとしても、それがピッタリあっているかどうかわかりません。新たにあった環境の土を作るようにします。水はけがよく、水を保持してくれるように配合します。

赤玉土と腐葉土を中心に構成するようにしてみましょう。通気性を良くしようとするなら軽石を何割か混ぜることで行うことができます。植え付けをするときは時期を考えるようにします。春に植え付けをするケースが多いですが、この植物に関しては秋に行います。冬に咲く花ですから、準備もその前の秋に行うことになります。

10月から12月ぐらいを目安に行うようにすればよいでしょう。植え替えにおいても同じような時期に合わせて行うようにします。水やりでは、鉢植えの時には秋から春にかけてはしっかりと行います。そして春以降秋までにおいては乾かし気味に行うようにします。冬はこれでもかというぐらい水をかけても良いです。

花を咲く時期には必要です。夏は花が咲く時期ではありませんから、それ程まめに行う必要がありません。やり過ぎることで命取りになることもあります。せっかく育てた花が弱ってしまうのを見るのは寂しいですから、花が生育しやすい環境がどのような環境になるのかを考えながら育てることを念頭においておきます。花が必ずしも水が必要とは限りません。

増やし方や害虫について

増やす方法としては種まきを行います。多年草でありながらそれ程長く咲き続けるわけではありません。ですから増やそうとしないといずれなくなってしまいます。株を維持するには適度に新しい株を作っていく必要があります。まく方法としては、種をとってすぐにまくパターンと、種をとっておいて秋にまく方法があります。

どちらも試して、良い方をその後も続けていくようにします。それぞれの環境においてどちらのほうが良いかがあるはずです。まいたからと言ってすぐに生えてきたり花が咲くわけではないのでそれらは予備株になります。花は咲かないけども育てている状態です。数年経つとそれらも花をつけるようになってきます。

その頃に先に咲いていた花が弱ってくるので交代となります。そのようにしておけば絶やさずに花を咲かせ続けることができます。種を取らない場合には花がら摘みをすることで次の年の準備をすることができます。忘れていたらしかたないですが、気がついたらやっておくようにします。

病気においては軟腐病、黒斑細菌病などいくつかなりやすい病気があります。管理を行っていれば問題ありませんが、ちょっとした管理の怠りで病気につながることがあります。時期と水やり、日の当て方に気をつけて病気を防ぐようにしなければいけません。害虫についてはナメクジ、ハダニ、ハマキムシなどが出てくることがあります。周りの草花からのこともあるので、総合的な対応をしておきます。

ヘレボルス・フェチダスの歴史

動物、植物においては原種、交配種があるとされています。交配種に関しては自然に行われることもありますが、人工的に行われることもあります。家畜であったり、食料として行うときはより良質で、たくさん、病気になりにくい、気候に強いなど良い性能を持ったものを集めるようにすることがあるようです。

どんどん新しい種類が開発されていくことがあります。この時においては、原種同士から行うこともあれば、交配種同士を行うこともあります。どのようにするかにおいては現在は研究がされていますから、良さそうと考えられるものについてどんどん行っていくのでしょう。クリスマスローズと呼ばれる花においては、現在は多くの種類が存在します。

交配種も人気ですが、原種も非常に人気になっています。ヘレボルス・フェチダスは原種の中の一つされています。他の種類に比べると原産地と言われるところが多くなっています。それだけ広いところで生息しやすい品種なのでしょう。生息地を見ても大陸の北部であるドイツでも見られますし、孤島であるイギリス、

更に南部の方に位置するスペインやポルトガルにおいても見ることが出来るとされています。日本においても古くおいて伝えられた歴史があります。明治から大正にかけては外国文化がどんどん取り入れられています。食べ物など実際に利用するものだけでなく、鑑賞として楽しむために使うものも色々と新しい種類が出されているとされています。

ヘレボルス・フェチダスの特徴

特徴としてはキンポウゲ科、クリスマスローズ属、ヘルボルス族に該当するとされています。この花の特徴としてあるのは有茎種であることです。有茎種は立ち上がった茎に葉をつけ、最も上の部分に花を咲かせるタイプになります。葉の付き方も非常に特徴的で、左右に広がっているのではなく、花のように上に伸びたように開いています。

そして先端から少し伸ばされたところに花が咲きます。花は上を向くのではなく、下を向きかげんに咲くことが多くなります。常緑の多年草ですから、毎年そのままにしておいても楽しむことができます。花の形はベルのような形をした小さな花です。それがたくさんつきますから、まるでベルがたくさんついているように見えて可愛らしく見えます。

花の色は鮮やかな色ではなく、葉っぱの色に近い黄緑色の花になります。多くの花は遠くからでも花と葉っぱを区別することができますが、この花に関しては花との区別をしようとすると近くまで行かないとわからないことがあります。それでも近くまで行けば小さい花がたくさんついているのがわかります。

草丈としては短いものだと40センチぐらい、大きい物になると1メートルぐらいに大きくなることがあります。名称の通りクリスマスの時期に咲くとされますが、実際の咲く時期は地域によって異なります。早い地域ならクリスマスに間に合うこともありますが、主な開花時期は1月から3月ぐらいとなっているので、クリスマス後に楽しめる花と言えます。

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観賞用として渡来した花になります。苗で出回る事が少なく、切り花とし...

pixta_banreiisi

バンレイシの育て方

バンレイシは果実の皮の突起の形が仏教を創設した者の頭に似ているのでシャカトウとも呼ばれているプラントです。ちなみに英語で...

pixta_himeryukinka

ヒメリュウキンカの育て方

ヒメリュウキンカの原産はイギリスで、生息地は山野の湿った草原や川沿いの林床などです。原産はイギリスではありますが、自生地...

pixta_isutakakutasu

イースターカクタスの育て方

ブラジル原産の多肉性植物で、4月初旬の頃のイースター(春分後の最初の満月の後の日曜日)に開花するカクタス(サボテン科)で...

pixta_himeodorikosou

ヒメオドリコソウの育て方

春先の3月から5月頃にかけて花を咲かせるヨーロッパ原産のシソ科の草花である”ヒメオドリコソウ”。学名をLamiumpur...

pixta_fuyou

フヨウの育て方

原産地は中国で、日本には室町時代に鑑賞の記録が残っています。そのことから、古くから栽培されていたのではないかと考えられて...

Plumeria,white flower.

オブッサの育て方

このオブッサとは丸いという意味だそうですが、葉も丸みを帯びていて、独特な柔らかさのある丸い葉なので、穏やかさも演出してく...

pixta_fuyusango

フユサンゴの育て方

リュウノタマ、フユサンゴとも呼ばれているタマサンゴは、ナス科ナス属の非耐寒性常緑低木です。ナス科は、双子葉植物綱キク亜綱...

pixta_singoniumu

シンゴニウムの育て方

シンゴニウムとは、中央アメリカ〜南アメリカが原産のサトイモ科のツル性植物です。現在では熱帯アメリカを主な生息地として約3...

pixta_renankyurasu

レナンキュラスの育て方

レナンキュラスはキンポウゲ科・キンポウゲ属に分類され、Ranunculusasiaticsの学名を持ち、ヨーロッパを原産...

スポンサーリンク

pixta_ainokanzasi

アイノカンザシの育て...

アイノカンザシはユキノシタ科の植物ですが、別名をエリカモ...

pixta_kisoutengai

奇想天外(ウェルウィ...

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビア...

pixta_riceflower

ライスフラワーの育て...

ライスフラワーの特徴として、種類としてはキク科、ヘリクリ...

pixta_kabotya

かぼちゃの育て方

生息地はインドのネイル河沿岸やペルー、南アジアやアンゴラ...