ヤシ類の育て方

ヤシ類の育て方

ヤシ類の特徴としては、まずはヤシ目ヤシ科の植物であることです。広く知られているものとしてはココヤシ、アレカヤシ、テーブルヤシ、ナツメヤシなどがあります。ココヤシならココナッツミルクの原料が取れるとされます。

育てる環境について

ヤシ類の栽培に関しては日本においては実を利用するために行うことは少ないようです。気候があまり高くないためにきちんと結実することができないからでしょう。育て方としては、観賞用としてが多くなります。耐暑性についてはそれなりに強くなってますが、耐寒性についてはあまりないとされます。

寒いところですぐに枯れてしまうようなことはありませんが、花が咲いたり、実がなるようなことが少ないとされます。日本において育てよとするときは外だけでなく自宅の中で観葉植物として育てようとすることがあるかもしれません。基本的には可能になります。南国の太陽の元でどんどん伸びていく植物のように感じますが、

日陰においてもそれなりに育てることができます。室内において一定の温度を保つようにすれば、枯れたりすることはありません。では真っ暗なところにおいておいても大丈夫かですが、やはり南国で育ってきていることもありそれなりに日光は恋しくなることがあるようです。置くところとしてはできるだけ日光が入りやすいところが良さそうです。

窓の近く、ガラス越しにおいておくだけでもかなり違いがあります。冬の場合はあまり外に出さないほうが良いとされます。寒さで弱ってしまうことがあります。暖かい部屋の中で、窓の外から光が入ってくるようなところに置くようにすると元気に育ってくれます。ガラス越しであっても光を受けることで十分植物に必要な光を受けることができます。

種付けや水やり、肥料について

植えようとするときにどのような土を利用するかです。栽培に適している土としては腐植質で水はけが良い土にします。赤玉土、腐葉土、軽石などを適度に混ぜます。赤玉土が主要で6割程度にし、軽石などはそれ程割合は高くなくても問題ありません。水分を含ませすぎるのはよくありませんから、水はけを重視してうえるようにします。

5月から8月にかけて植え替えをするようにします。植え替えをするときには植木鉢を大きめのものに変えることがあります。生育に関しては非常に早いですから、それに対応させるためです。あまり小さい鉢を利用すると息苦しく感じてしまうかもしれません。室内で育てる場合において、水やりに関してはそれ程木を使うことはありません。

室内の温度はある程度一定なので、暑くも寒くもならない状態でしょう。春から秋に関しては土が乾いてきたら与える程度にします。毎日与えなくても数日は保持することがあります。冬についてはほとんど与えなくてもいいくらいです。与えなくても少しの水を利用します。

土への水の他に気を遣うところとしては葉に霧吹きで水をかけるようにします。これは一般的な植物にはあまり行わないことでしょう。たくさんの水を一気にかけるのではなく、霧吹きで優しく与えるようにします。肥料については、最初に植えるときに与えた後はそれ程必要とはしません。でも春から秋に生育することがあるので、それに合わせて緩効性の化成肥料を与えます。

増やし方や害虫について

育てていくために必要なこととしては下葉切りがあります。葉っぱにおいて茶色く枯れてきた時に根元から切るようにします。根切も必要な作業の一つです。鉢のそこから大きく根が伸びてくることがあります。これが大きくなると成長もドンドンしてしまうので必要に応じて切るようにします。増やす方法としあるのがまずは株分けがあります。

種類によっても異なりますが、株立をする事ができる種類においては株分けをすることで増やせます。さし木やとり木を行うことで増やせるものもあります。おおきなカブであれば葉鞘の部分に根が出てくる事があります。これを元にさし木などを行います。種から増やしていく方法もあります。まく時期としては5月から8月頃に行うようにします。

そうすることでその次の季節には芽が少しずつ伸びていきます。病気として起きやすいものが炭そ病と呼ばれるものになります。葉っぱに黒い円形の病斑ができてきます。あまり見た目にもよくありません。その葉っぱ自体をとってしまってから様子を見るようにします。葉っぱをとって問題がなくなればとりあえずは大丈夫でしょう。

害虫は比較的多く発生することがあります。室内において育てるときに虫が発生すれば当然室内に影響をあたえることが出てきます。害虫に関しては出さないように気をつけるのが一番です。防虫対策を日頃から欠かせないようにします。室内だと気候の変化があまりありませんから、寒くなって出てこないわけではありません。

ヤシ類の歴史

南国に行くと南国情緒漂う風景を見ることがあります。日本においては沖縄や九州の南部、四国の南部などで見られる事があるかもしれません。関東地方でも伊豆や千葉の方では暖かく感じるところがあります。その他南の島と言われるところにおいてはそれなりに南国独特の植物などが生息しているようです。

その中でもよく見られるのがヤシ類になるでしょう。非常に高い木が天高く伸びています。途中に枝のようなものはなく、上の方に葉っぱであったり実がなっていることがあります。原産地としては世界の熱帯から亜熱帯と言われるところになります。生息地は暖かいところが中心で、あまり寒いところなどには見かけることはありません。

日本においては元々は生えていなかった物が多く、南国などにおいては観光のためにそれを想像させるために導入することがあるようです。しかし日本においても全く生えていないわけではなく、日本でも生えている種類はあります。ただし、一般的に南国で見られるものとは少し異なるようです。

日本の風景においては、必ずしも合わないところもあります。沖縄などであればマッチしますが、古風な街のこの木が立っていてもあまりその風景になじまないことがあります。そうなると植えようとする人も少なくなるでしょう。歴史としては、少し特殊な植物といえるでしょう。積極的に誰かが植えようとするよりも、この植物のイメージを優先して植えることが多くなるのかもしれません。

ヤシ類の特徴

ヤシ類の特徴としては、まずはヤシ目ヤシ科の植物であることです。広く知られているものとしてはココヤシ、アレカヤシ、テーブルヤシ、ナツメヤシなどがあります。ココヤシならココナッツミルクの原料が取れるとされます。ナツメヤシも調味料の材料としてよく使われる事がある材料になります。単子葉植物としてしられています。

通常この種類に関しては木になることは少ないとされていますが、木になるだけでなく非常に大木になることがわかっています。高いものになると30メートル近くに達するものがあるとされています。これだけ高いと上についている実を取るのも一苦労になりそうです。葉っぱも非常に特徴があります。羽状複葉とされる形です。

中心から細い葉がたくさん出ている形になっています。そういった葉が更についています。木の途中にそれらの葉が生えることは少なく、多くの場合は木の最も高いところに密集しています。人は頭の上に髪の毛がついていますが、まさにその様子に似ています。高いところに生えることが多いため花についてはどのようなものが咲くか確認しにくいかもしれませんが咲きます。

大きな木の割には小さな花が咲きます。穂のような状態で咲くタイプが多いとされています。すべての木になるとは限りませんが、結実することによって実をつけるようになります。一般的な植物の実に比べると非常に巨大で、人の頭ぐらいあるものが多いです。また非常に硬いので簡単に中身を取り出せません。

pixta_himawari_01

ミニヒマワリの育て方について

一言で「ミニヒマワリ」といっても、品種改良が行なわれ、中小輪の矯性品種まで、数多くのミニヒマワリが存在しています。大きな...

pixta_erekuta

ドゥランタ・エレクタ(Duranta erecta)の育て方

ドゥランタ・エレクタは南アメリカ原産の植物ですが、日本でも容易に栽培できるのが特徴です。植え付けをする際には肥沃で水はけ...

pixta_toumyou

トウミョウの育て方

エンドウ豆の歴史は古く、紀元前7000年の頃には南西アジアで作物としての栽培が始まっていました。その痕跡はツタンカーメン...

pixta_nokonggiku

ノコンギクの育て方

ノコンギクの歴史としまして、伝統的にはこの種には長らく「Aster ageratoides Turcz. subsp. ...

pixta_primurina

プリムリナの育て方

このプリムリナという名称の意味についてですが、これは「サクラソウ属のような」という意味です。その名のとおり、大きく分ける...

pixta_fukujusou

フクジュソウの育て方

雪に覆われたり、冬の間は殺風景な庭に、どんな花よりも早く顔を出して春の訪れを知らせてくれる、それがフクジュソウです。フク...

pixta_katorea02

カトレアの育て方

カトレアは、肉厚の葉とバルブと呼ばれるやや太った茎をもつ洋ランとされ、生息地は、熱帯、亜熱帯地域の南アメリカ周辺で中南米...

pixta_ruritamaazami

ルリタマアザミの育て方

ルリタマアザミはアザミという名前がついていますが、アザミ属ではなくヒゴタイ属になります。茎と葉はアザミに似ているのですが...

pixta_disa

ディサの育て方

ディサは、ラン科ディサ属、学名はDisaです。南部アフリカを中心とした地域が原産で、そのエリアを生息地としている地生ラン...

pixta_ajisai

アジサイの育て方

アジサイは日本原産のアジサイ科の花のことをいいます。その名前の由来は「藍色が集まった」を意味している「集真藍」によるもの...

スポンサーリンク

pixta_ominaesi

オミナエシの育て方

オミナエシは多年草で無病息災を願って食べる秋の七草の一つ...

pixta_azuki

中国の小豆の育て方に...

日本では、小豆の価格が高いこともあり、多くの小豆が中国か...

pixta_yamajinohototogis

ヤマジノホトトギスの...

ヤマジノホトトギスはユリ科の植物です。そのため、ユリのよ...

pixta_ichigo_01

いちごの育て方

いちごの歴史は古く、すでに石器時代から食べられていました...