へらおおばこの育て方

へらおおばこの育て方

へらおおばこは我が国に在来しているプラントのオオバコの仲間であり、またオオバコに似ているとされていますが、へらおおばこは葉っぱの形が、名前通り、ヘラに似ていて、大きさもオオバコより大きいとされています。

育てる環境について

へらおおばこは我が国で気を付けなければならない外来種のプラントに指定されている草ですが、家畜用の餌としても栽培されています。また日向は言うまでもなく日陰の場所でも育ち、繁殖力も高いとされています。高い繁殖力のために我が国にもともと棲息していたプラントなどの駆逐、および生態系への被害などが懸念されるほどです。

またほぼ我が国の全土に棲息していますが、最北端に位置している都道府県は冷帯に属していて、我が国最西端の島が実在している都道府県は亜熱帯に属しているので、気温の差が激しくても生えるという特質も持っています。土への適用能力も高く、乾燥、塩分に強いプラントとしても知られています。

余談になりますが、6年ほど前の畜産に関する学会で、へらおおばこを地鶏の餌として与えたとする研究結果が発表されました。研究結果によれば、1か月から3カ月程度の地鶏、3か月程度から半年弱の地鶏、対照区の地鶏に分けて、1か月から3カ月程度の地鶏、3か月程度から半年弱の地鶏に対してはそういうプラントを餌として与えるという実験を行なったところ、

1か月から3カ月程度の地鶏は脂肪酸が減少し、3か月程度から半年弱の地鶏は腹腔に実在している脂肪の割合などが低下しているという結果が出ているという事実などが分かりました。こういう実験結果から、地鶏に当該プラントを与えれば美味であり、保存の機能を持つ鶏肉を生産するのが可能になると予想されているようです。

種付けや水やり、肥料について

へらおおばこは、原産地ではハーブとして利用される場合があり、また栽培もしやすいプラントです。育て方としては、既述しているように乾燥に強いので、水やりを多少やらなくとも枯れないと思われます。野生では水はけが良好な場所に生えているのでガーデニングで栽培する際には水はけに秀でている土で育てるのが無難ではないかと考えられます。

言うまでもなく種子から育てるというのも可能です。また風を媒介として受粉する風媒花の特質を持っていて、繁殖力も高いので種付けもさほどいらないと思われます。なお、気温が低く、乾燥した環境を好むとされていて、春の早いシーズンに生長し始めるという特質も持っています。種子でいる間の寿命は5年ほどだと言われていて、

前に記述したように一年草だと言われていますが、多年草であるという記述がなされているサイトもあり、また秋に生長した後に冬になって生長を止めて越冬を行なうと言われているので、草としての寿命は長いと考えられます。ただ、乾燥した寒冷の環境を好むために、高温多湿の環境では生長がしにくくなり枯れてしまう場合があるので、

そういうシーズンである梅雨では、高温で湿度の高い環境になるような場所で栽培するのは避けて、低温で湿度の低い場所に保っている場所で栽培するのがよろしいです。我が国では雑草として扱われがちですが、ハーブ、または薬草として使えますし、またリクガメを飼育している家庭ではリクガメの餌としても利用が可能となっています。

増やし方や害虫について

既述しているように、風に吹かれて別のプラントのめしべに受粉する特質を持っていますが、そうした特質も然りで、近縁種であるオオバコと変わらない特質も持っていて、めしべのほうが成熟して、後になっておしべが成熟するという仕組みがそういう特質に当てはまります。つまりおしべのほうが成熟が遅いという特質も持っているという訳です。

そういう特質によって、一つの株に一緒に実在しているおしべとめしべが受粉するのを避ける効果があるとされています。花が咲いた後は蓋果と呼ばれている果実が出現するようになり、そういう果実が成熟すると蓋が取れて、種子が出てくるようになります。一つの株で数千あるいは1万ほどの種を作られるというのも繁殖力が強いという証拠にもなります。

蓋果から出てきた種も風によって撒かれます。へらおおばこの穂の部分は水などに濡れるとねばねばした液を出す特質を持っていて、踏まれた場合にねばねばした液で脚にくっついて移動するとされています。風に吹かれて別の株に受粉する風媒花であるので花粉症の要因となるプラントとしても列挙されています。

原産地となっている地域では花粉症を引き起こす要因となるプラントとして知られているようです。ハーブ、薬用、もしくは家畜の餌として役に立つプラントでありますが、花粉症を発症させるプラントでもあり、また我が国に在来しているプラントを駆逐するといった懸念も指摘されているので気を付けておいた方が賢明なプラントです。

へらおおばこの歴史

へらおおばこというプラントは、ほぼ我が国の全土の道端、河川敷、牧草地などを生息地としている草ですが、原産地は花の都が実在している国、ソーセージの国などが属している州であるプラントです。我が国だけではなく、原産地を除く国々にも帰化しているとされていて、我が国の場合、国の組織によって気を付けなければならない外来種のプラントに指定されています。

武家政権の末期に我が国へ伝来したと言われています。なお、こういうプラントは、原産地では昔から薬として利用されてきていて、4つの国々から成り立っている国の、とある国の高地に住んでいる者たちは、へらおおばこの葉っぱを、切り傷を治療するのに使われ、根っこは痰を出しやすくするための薬として使われていたようです。

また薬として使う場合は、痰を出しやすくするために服用するのであれば、乾燥させた根っこを1日につき10グラムほど、水600ミリグラムを煮詰めて服用します。また葉っぱには尿を出しやすくする効能も持っており、葉っぱに関しては、乾燥させて5グラムから15グラムほどを1日の摂取量とし、水600ミリグラムと煮詰めて服用します。

傷は葉っぱをつぶした液を塗って使います。またこういうプラントはリブワートとも呼ばれていて、やけど、虫に刺されて発生する炎症などにも効き目があるともされていて、古代の大帝国のある医者は傷、皮膚のトラブルに効果がある薬だと評価し、古代からかなり経過した年代の学者は魔法をかけられた場合に効く特効薬だと評しています。

へらおおばこの特徴

へらおおばこは我が国に在来しているプラントのオオバコの仲間であり、またオオバコに似ているとされていますが、へらおおばこは葉っぱの形が、名前通り、ヘラに似ていて、大きさもオオバコより大きいとされています。我が国のほぼ全土に棲息していますが、最北端の都道府県にいっぱい生えています。5月ぐらいになって花が咲くようになり、

花粉症の要因になるプラントだと言われています。また我が国に大昔から生えているオオバコは踏まれても大丈夫なのに対して、へらおおばこの場合、踏みつけに弱いとされています。ただ、道端、牧草地など広い範囲に棲息しているのみならず、日陰があるところでも生えているプラントです。また温度、環境の適応に関しても秀でているとも言われています。

なお、こういうプラントは発芽して一年以内に生長し、子孫を残して枯れる特質を持っている一年草だとされていますが、サイトによっては2年以上の寿命を持つ多年草という記述があったり、あるいは両方の記述がなされていたりしています。おしべは花の周りに囲うようにして付いています。

なお、へらおおばこは前の段落で記述したように、尿を出しやすくさせたり、やけどなどといった皮膚に関するトラブルなどを治したりする効能を持つプラントですが、ハーブティーの原料としても使えますし、水を加えて一緒に沸騰させたプラントにはちみつをかけたシロップを服用すれば、咳を止めるのが可能になります。

pixta_engulishlabenda_01

イングリッシュ ラベンダーの育て方

イングリッシュ ラベンダーは、シソ科のラベンダー属、半耐寒性の小低木の植物です。ハーブの女王としてゆるぎない地位を確立し...

pixta_grobba

グロッバの育て方

グロッバ/学名・Globba/ショウガ科・グロッバ属です。グロッパは、東南アジアやインドが原産地・生息地とされ、70種ほ...

pixta_yasiruia

ヤシ類の育て方

ヤシ類の特徴としては、まずはヤシ目ヤシ科の植物であることです。広く知られているものとしてはココヤシ、アレカヤシ、テーブル...

pixta_aristrokia

アリストロキアの育て方

アリストロキアの特徴と致しましては、花の独特な形状があります。数百種類にもなるそれぞれの形状は個々で異なりますが、そのど...

pixta_erekuta

ドゥランタ・エレクタ(Duranta erecta)の育て方

ドゥランタ・エレクタは南アメリカ原産の植物ですが、日本でも容易に栽培できるのが特徴です。植え付けをする際には肥沃で水はけ...

pixta_miyakozasa

ミヤコササの育て方

ミヤコササは、イネ科でササ属の多年草です。北海道の南部から九州までの太平洋側に生息していますから、山地でよく見るササ類で...

pixta_mintbush

ミントブッシュの育て方

シソ科の常緑低木の中でブッシュ状に茂る植物がミントブッシュであり、固有の原産・生息地となるのが豪州いわゆるオーストラリア...

pixta_hego

ヘゴの育て方

ヘゴ科ヘゴ属のシダ植物です。野生種は最大7〜8m近くにまで伸びる熱帯性の植物です。日本では一般的には沖縄や鹿児島などの南...

pixta_baikakaramatu

バイカカラマツの育て方

バイカカラマツとはキンポウゲ科の植物で、和風な見た目やその名前から、日本の植物のように考えている人も少なくありませんが、...

pixta_nemunoki

ネムノキの育て方

ネムノキは原産地が広く、日本や朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ、インドなどが代表的なものとなっています。このほかにもイラン...

スポンサーリンク

pixta_pirea

ピレア(Pilea)...

ピレアは、種からの栽培ではなく、苗から育てる栽培方法にな...

pixta_olieve

オリーブの育て方

オリーブの木は地中海地方が原産といわれるモクセイ科の常緑...

pixta_pakipodexim

パキポディウムの育て...

パキポディウムは、アフリカやマダガスカルなどに分布してい...

pixta_tatibanamodoki

タチバナモドキの育て...

タチバナモドキはバラ科トキワサンザシ属の常緑低木です。名...