キジムシロの育て方

キジムシロの育て方

被子植物で、バラ目、バラ科、バラ亜科となっています。特徴としては、梅に似ているだけあって属以外は梅と同じです。被子植物で、バラ目、バラ科、バラ亜科となっています。園芸上の分類としては、草花、山野草となります。咲き方の形態としてはいろいろな見方があります。低い木とすることもあれば、多年草と見る場合、一年草と見ることもあります。

育てる環境について

育て方として、栽培するのに適している環境としては日当たりの良い場所を探すようにします。どういったところに自生するかとしては、開けた草原、岩場、砂礫地などになります。そのようなところではかなり日当たりが良くなりますから、この花としてもそのような環境を好むとされます。

種類によっては湿地に自生するものもあり、湿った土地でも育つことができますが、一般的に環境を整えるのであれば水はけを良くした土壌のところのほうが良いとされています。痩せているところといえばあまり水分などがないところが多いです。そのために日常的に水分がないところで生育していますから、

もしジメジメしたところで育てようとするとそれによって株が傷みやすくなることがあります。あくまでも種類によりますが、多くは水はけが良いところの方がよいでしょう。ある程度の暑さ、寒さには特に弱ることがありませんが、高温多湿状態は嫌います。そのような状況だと蒸れた状態になります。日本では梅雨などにおいて起こる可能性がありますから、

高温は仕方ないとしてもできるだけ湿気が出にくようにしなければいけないでしょう。寒さには強いので、日本全国においてある程度は戸外で冬越をすることができそうです。更に大事なこととして、春の開花のために一定の寒さを経験しておかないといけないとされています。暖かい地域だと暖かすぎて開花しないことがあります。冬は休眠ですが、雪下でも行います。

種付けや水やり、肥料について

痩せた土地を生息地としている植物なので、あまり土の状態につては選びません。寒い荒れ地などにおいても平気で育っていきます。かと言ってイシコロなどを用意して育てるわけにもいきません。植物によっては栄養分を与えすぎてもいけないことがあるのでその辺りは注意しますが、一応は、水はけのいい用土を用意することで対応できそうです。

花と野菜の土などで十分育てることができます。もう少し水はけを良くしたほうが良いなら培養土に山砂、軽石、鹿沼土などを合わせます。そうすると適度な土になってくれます。花壇にする時などは軽石などを混ぜた用土を利用することもあります。水やりに関しては、根付くまでにおいてしっかり管理を行います。

根付くまでは乾かさないようにしなければならず、乾かしてはそれ以降に影響することになるので注意します。ではある程度根がつくようになったらどうするかですが、根がつくようになれば水やりは必要無くなります。庭に植えていれば庭の土がありますから、それで育てることができます。

鉢植えにしている場合には雨水だけだと水がなくなってしまうことがあるので、表面の様子などを見ながら適宜与えていくようにします。肥料については春と秋の生育期において与えるようにします。元々の土において一定の栄養分が含まれていますから、それである程度は成長させることができます。夏の高温期には肥料分が残ると問題なので、夏前には与えるのを控えます。

増やし方や害虫について

増やす方法としては種まきがあります。花からも種を取ることができますし、購入することによってそこから植えることもできます。まく時期としては種をとってすぐでもできますし、春まで待ってからでもまけます。春にまいた、秋にまいたから直ぐに咲くわけではなく、1年から2年は育てる必要があります。それからようやく花をつけるようになってくれます。

植え替えをすることがあれば、その時を狙って株分けをするようにしてみましょう。植え替えのチャンスとしては秋か早春になります。花が終わったあとの秋、芽が出始める前の春ごろです。株分けをするときには、根がしっかりとついているものを選ぶ必要があります。芽が大事ですが、芽だけがついているとしてもそれだけでは育ちません。

芽だけのものについてはさし芽をして発根させてから鉢上げするようにするとうまく育てることができます。種だと親とは異なる花が咲くこともありますが、株分けで行うと、基本的には親と同じ花が咲きます。同じ色で揃えようとするなら株分けがもっともよい方法になるでしょう。病気としてあるのがウドンコ病になります。

起こる環境としては日当たりと風通しです。あまり暑すぎる環境、蒸しっとした環境になると発生することがあります。これらに気をつければ他の病気も含めてそれ程出るわけではありません。害虫においてはアブラムシが発生することがあるので注意します。春から夏にかけて生育時の発生は防除が必要です。

キジムシロの歴史

梅といいますと真冬に白やピンク、時にはかなり赤い色の花を咲かせます。花の形からするとかなり桜に似ていますが、桜比べると華やかさとしては少し欠けるかもしれません。桜の場合は一気に咲いて一気に散るところが豪快です。でも梅に関しては寒い時期に徐々に咲き始め、遅いものになると桜が咲く時期ぐらいまで咲くくらいに長いです。

いつでも楽しめるイメージがあるのでしょう。一方でいろいろなマークにおいて梅はよく使われます。シンプルな花の形が使いやすくしているのかもしれません。梅に似ている花であればそれなりにシンプルで可愛らしい花になるのではないでしょうか。そういった梅に似た花としてキジムシロと呼ばれる花があります。

一応バラ科に属しますから梅には近い花になります。なぜこのような名前がついたかですが、これは花から由来しているわけではありません。花が咲いたあとの葉っぱの様子から来ているとされています。その時において放射状に展開していきますが、その株の状態がキジが休むむしろに似ているからとそのように付けられています。

その他には種の小名としてはオランダイチゴに似たとして名前が付けられています。原産としては北半球一円になっていて、生息地は日本もその一部となっています。日本では北海道から南西諸島まで見られるのでほぼ全域で見られています。アジアにおいては朝鮮半島、中国でも見られ、更に北部のシベリア地帯においても見ることができます。

キジムシロの特徴

特徴としては、梅に似ているだけあって属以外は梅と同じです。被子植物で、バラ目、バラ科、バラ亜科となっています。園芸上の分類としては、草花、山野草となります。咲き方の形態としてはいろいろな見方があります。低い木とすることもあれば、多年草と見る場合、一年草と見ることもあります。種類によって多少幅がありそうです。

草の丈としては60センチぐらいまでですが、やはり高いものだと1メートルぐらいになることもあります。咲く時期は主に春から夏で、4月から7月中旬まで咲くことがあります。花の色は比較的豊富になります。赤やオレンジ、黄色、ピンク、真っ白なタイプもあります。

耐暑性については日本の南西諸島でも見られることから分かりますし、耐寒性についても北海道、シベリアにも生息していることから分かります。茎の高さとしては、一般的には5センチから30センチぐらいが一般的になります。葉っぱは奇数羽状複葉のタイプなので5枚から7枚のものが多くなります。

少し変わった種類として少なめの3枚しかつかないタイプ、9枚もつくタイプがあります。葉っぱについては先に行くほど大きくなるのも特徴の一つになります。葉っぱの形は楕円形の一般的な形ですが、縁にぎざぎざがあり、表は光沢があります。花については5枚の花びらをつけます。まさに梅の花のような花です。直径としては1.5センチから2センチぐらいになります。花びら自体は6ミリから10ミリぐらいです。

pixta_rupinas

ルピナスの育て方

特徴の1つは寒さに強く、暑さに弱い事があります。具体的には寒さであればマイナス5℃程度まで耐えられます。外に置いておいて...

pixta_iokuroma

イオクロマの育て方

多くの国でさまざまな花の種類を見かけることができますが、その国の特色にあった植物が生息しています。そのなかでイオクロマと...

pixta_hadenbergia

ハーデンベルギアの育て方

ハーデンベルギアはオーストラリア東部に位置するタスマニアが原産のツル性の常緑樹で、コマチフジ・ヒトツバマメ・ハーデンベル...

pixta_tougan

トウガン(ミニトウガン)の育て方

トウガンは漢字で書くと冬瓜と書きますが、冬の瓜と言う事からも旬が冬のように感じる人も多いものです。しかし、冬瓜と書く理由...

pixta_drusutenia

ドルステニアの育て方

ドルステ二アはクワ科の植物で、アフリカ東部のケニアやタンザニアのあたりから、海を挟みアラビア半島の紅海沿岸が原産となり生...

pixta_asperula

アスペルラの育て方

アスペルラはクルマバソウとも呼ばれていて歴史的にはトルコの周辺が原産であるとされていて、生息地としてはアジアやコーカサス...

pixta_asagao11

植物の栽培について アサガオの育て方

育てやすい植物の代表として挙げられるのがアサガオです。最近は色や模様も様々なものが登場しています。アサガオの育て方は比較...

pixta_sikakumame

シカクマメの育て方

シカクマメは日本でも食されるようになってきましたが、どちらかというと熱帯を原産とする植物です。元々の生息地は東南アジアや...

pixta_kodatiaroe

コダチアロエの育て方

アロエの種類は約300種類にものぼり、大変種類が多い植物になります。日本で良く見られるアロエは”コダチアロエ”と呼ばれ、...

pixta_piiman_01

ピーマンの育て方

現在は家庭の食卓にも馴染み深いピーマンですが、実はナス科の植物だということはご存知でしたか? ピーマンは熱帯アメリカ原産...

スポンサーリンク

pixta_daikon_01

ラディッシュの栽培方...

ラディッシュとは別名二十日大根と呼ばれております。約30...

pixta_daikon_taneduke

二十日大根の栽培方法

二十日大根はその名の通り種まきから一月ほどで収穫できます...

pixta_okinagusa

オキナグサの育て方

オキナグサはキンポウゲ科に属する多年草です。日本での歴史...

pixta_freesea

フリーセアの育て方

フリーセアとは、ブラジル等、熱帯アメリカ原産の、パイナッ...