植物の栽培、育て方のコツ。

植物の栽培、育て方のコツ。

植物を育てるのは生き物を飼うのよりはだいぶ気楽にできます。動かないので当然といえますが、それでもナマモノである以上手を抜くわけにはいきません。そこで思いっきりマニュアル通りにしていきましょう。

植物の育て方の歴史

植物の育て方は先人たちによって最適化が行われています。病気の対策などもしっかり想定されているのでよほどのことがなければなにも問題が起こることはないでしょう。栽培とは、すでに用意されたレールの上をいかに走り抜けていくという趣味なのです。

古くは木を小さく納める盆栽なども有名でしょう。平安時代から現代まで愛されている娯楽であり、人が植物を育てることに楽しみを見出してきたという証拠といえます。1990年代に入ってからは海外でも流行し始めたそうです。

食べ物を育てるならば少し神経過敏になってしまいがちでしょう。しかし、盆栽ならば自分の好きなように楽しむことができます。長期間必要な趣味なので、長く楽しむこともできます。お年寄りの趣味と決め付けずにはじめてみてはどうでしょうか。

簡単に始められる野菜栽培

育てるのならやはり食べ物がいいという人もたくさんいます。そんなときはプチトマトや枝豆などがおすすめです。丈夫な品種なので、適当に育ててもなんとかなります。肥料や虫害などに気を使えば使うほどおいしくもなるでしょう。

最初に始めるならば、あまりマイナーなものは避け、こうした簡単で丈夫な食べ物にすることをすすめます。夏などに日光対策としてつた植物を並べて育てる緑のカーテンもおすすめです。食べ物を育てたいという方は要するに役に立つものを育てたいと思っている方が多数となっています。

この緑のカーテンはしっかりと夏場の直射日光から住宅を防ぐこともできるのでしっかり役に立つのです。ベランダで鉢植えと棒があってもできるので、だいぶやりやすいといえるでしょう。手間をかけた趣味としては庭造りなどもありますが、これは重機が必要になってくるので、気軽にはできません。

こちらの枝豆の育て方も勉強になります♪

育てたい植物の育て方を調べる

なので、ガーデニングでなんとか良い庭をつくってみるのもいいでしょう。花畑をひとつ作るだけでも庭のイメージはだいぶ変わってきます。ただ、花や観葉植物を作る場合と、食べ物を作る場合はどっちかに集中したほうがいいです。

両方の欲求を満たすことはとても難しく、目的は絞りましょう。このように、植物を栽培するのは様々なやり方があります。これから植物を育てたいという方は、まずその方法やマニュアルを調べ、それに沿って挑戦してみましょう。

定められたレールを進んでいけば、植物は決まった姿をみせてくれるのです。食べるにしろ、眺めるにしろ、日よけにするにしても、立派にその勤めを果たしてくれることでしょう。さっそく育て方を調べてみてはどうでしょうか。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:サザンカの育て方

pixta_okatorao

オカトラノオの育て方

オカトラノオはサクラソウ科の多年草で、その歴史としては中国を生息地としていたこの種類の植物が朝鮮半島を経由して日本に入っ...

pixta_saboten

観葉植物の育て方について

そもそも観葉植物というのは、室内において自然らしさを楽しむための植物であり、針葉樹木や温帯地域に生息する樹木、宿根草から...

pixta_yamaimo

ヤマイモの育て方

ヤマイモとナガイモは、よく混同されますが、まったく別の種類で、ナガイモは元々は日本にはなく、海外から入ってきた芋というこ...

pixta_kometuga

コメツガ(米栂)の育て方

コメツガは、昔から庭の木としても利用されてきましたが、マツ科のツガ属ということで、マツの系統の植物ということになります。...

pixta_mint

ミント類の育て方

ミントは丈夫で育てやすいのが特徴です。家庭菜園でも人気があり、少しのスペースさえあれば栽培することが出来ます。ミントには...

pixta_pepino

ペピーノの育て方

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べると決して美味しそうな色ではありません。紫色をしています。でも中は...

pixta_rosianseji

ロシアンセージの育て方

ロシアンセージはハーブの一種です。名前からするとロシア原産のセージと勘違いされる人も多いですが、それは間違いです。原産地...

pixta_festuka

フェスツカ・グラウカの育て方

フェスツカ・グラウカは、ヨーロッパ原産の、イネ科の植物です。寒冷地などに多く自生している、細い葉が特徴の植物で、6月から...

pixta_ramium

ラミウムの育て方

ラミウムは、シソ科、オドリコソウ属(ラミウム属)になります。和名は、オドリコソウ(踊子草) と呼ばれています。ラミウムは...

pixta_biwa

びわの育て方

枇杷(ビワ)は、中国南西部原産で、バラ科の常緑高木です。日本には古代から持ち込まれています。インドにも広がっており、非常...

スポンサーリンク

pixta_rukousou

ルコウソウの育て方

ルコウソウの原産地は熱帯のアメリカで、暖かい気候の土地に...

pixta_hoozuki111

ホオズキの育て方

ホオズキは、ナス科ホオズキ属の植物です。葉の脇に花径1~...

pixta_charbill

チャービルの育て方

チャービルはロシア南部から西アジアが原産で、特に、コーカ...

pixta_hourensou_01

ほうれん草の育て方に...

ほうれん草は日常の食卓にもよく出てくる食材なので、家庭菜...