サンショウ(実)の育て方

サンショウ(実)の育て方

学術的な系統では、ミカン科サンショウ属ということで、柑橘類に所属しているということも面白いですが、香料関係の植物は、このミカンのような柑橘系に所属している植物が多いようです。なかなか不思議な感じもします。原産はこのように中国から朝鮮半島、また日本ということですが、当然そのまま生息地ということでも、この地方に生息しているということになります。

育てる環境について

山椒の若葉は、木の芽と呼ばれていますが、葉の端がギザギザになっているのが特徴で、何枚も両側に並んで生えているのも特徴です。大きな葉を細かく分けたような独特な生え方をしていますが、ガーデニングでは庭の面白いポイントになりますので、人気の植物でもあります。

また何しろ実が料理などにも使えますし、若葉から使えるので、その点でも主婦の味方になってくれるという植物でもあります。花は観賞用とは、あまり言えないほど小さな黄色い花が咲きますが、まとまって咲くので、その点は見た目にもポイントになるかもしれません。しかし鮮やかな美しい花とはあまり言えないような花です。

やはり木の葉の淡い緑を楽しんだり、料理に使うということで楽しむ植物ということが言えます。また実は葡萄の房のような感じで実りますが、葡萄の隙間をあけて、固くして丸めたような実になります。そこから真っ黒い種が出てくるということで、この種も本当に黒光りしていて、見事な黒という感じの種です。このような色が本当の黒い色なのだろうという感じです。

また外側の皮が破れて出てくるところなどは、非常に不思議な感じがしますが、印象的でもあります。そんなところからも、ガーデニングの栽培でも魅力があるのではないかという感じもします。なかなかこのような植物は無いでしょう。その点でも珍しい植物ですので、試してみるのも面白いのではないかという感じもします。花は黄色い花が春に咲き、実は黒い実が秋に実るということになります。

種付けや水やり、肥料について

また昔からの言葉に、山椒は小粒でもピリリと辛いというものがありますが、この黒い実というか種が、この辛さの中心で、これらを利用して、料理に使う香辛料を作るということになります。また健胃や駆虫の薬効があるので、その点でも昔から有名ですが、これは人間だけではなく、小鳥たちも好むようで、鳥に食べられて遠くに運ばれて、また成長するということです。

その循環を非常にうまく利用している植物でもあります。また、このことわざは、種が小粒でも非常に辛いので、体が小さくても頭のよう人の例えで使うようになったということです。それほど辛さが印象的だったということでもあります。このような山椒ですが、育て方ということでは、初心者の場合には、注意点がいくつかあるので気をつけるということですが、

具体的には、植え付けや植替えは冬が良いようで、12月から3月頃が良いとされています。土は、水はけが良い腐葉土などがたくさん入った土を好みます。また植える場所は寒さにも強いので特に選ばないようで、北海道でも育つというほどに寒さには強いようです。また半分日陰のようになっているところでも育ちますが、

湿度が適度にあるところを好むので、あまり日が当たりすぎて乾いてしまうような場所だと良くないようです。暑さよりも寒さに強い植物ということが言えます。またこの植物は根の張りが浅いので、土の表面の乾燥に弱いということがあり、水やりも注意が必要になります。

増やし方や害虫について

水分については、夏の西日などで乾燥し過ぎるとよくないということです。また鉢植えの場合も同じで、土の表面が乾いていたらタップリと水を与えないと枯れやすくなります。水分が非常に重要な植物ということになります。かと言って梅雨時などは、逆に水分が多すぎるので、それは常識的に見て水やりも調節するということになります。

常識的に水も与えていれば良いということです。また肥料は冬に与えますが、葉や実を収穫した後は元気がなくなったりしますので、そのような場合には、その後に肥料を与えるということも必要になります。そのことも様子を見ながら、与えていくということになります。夏から秋に与えるということなどです。

人間も同じですが、栄養が適度に与えられないと、植物も育ちにくいということでも同じです。水と栄養は、どの生き物にも大切ということがわかります。病気や害虫では、白絹病やアゲハチョウの幼虫などですが、白絹病は、木の株に白いカビが生えてしまい、これは治療が難しいので、株分けをするという方法しかありません。

またアゲハチョウの幼虫は、大きいので食欲も旺盛で、たくさんの葉を食べてしまいますから、これも見つけ次第駆除してしまいます。アゲハチョウには可愛そうですが、しかたがないでしょう。また収穫は新芽は春、青い実は7月、黒い実は9月頃になります。その時には育てていてよかったということになります。やはり収穫が重要な植物ということになります。

サンショウ(実)の歴史

サンショウというと香料で有名ですが、この植物も人類には馴染み深い植物で、日本では縄文時代の遺跡で、この植物が見つかっているということですので、だいぶ古い時代から日本でも利用されてきたということがわかります。また海外では中国大陸や朝鮮半島でも古くから利用されてきたということですので、

どの国でも、自然発生的に、この植物を利用するということが生まれてきたのでしょう。それほど有用な植物ということになります。学術的な系統では、ミカン科サンショウ属ということで、柑橘類に所属しているということも面白いですが、香料関係の植物は、このミカンのような柑橘系に所属している植物が多いようです。

なかなか不思議な感じもします。また名称ですが、山椒とは山の中の香りが強い植物という意味だそうで、山の中でもすぐに分かるほど強い香りを持っているということのようです。日本の料理でも、昔から煮物や焼き物に添えられていましたし、すりつぶして味噌和えなどにも利用されてきましたが、確かにサンショウがないと成り立たない料理も多い気がします。

また果実は佃煮にしたりするそうで、ちりめん山椒などの料理もあります。また有名なのは、うなぎにふりかけるという食べ方で、これは非常にうなぎも美味しくなり、たまらない食欲を誘います。これは知らず知らずに当たり前の食べ方になっている例ですが、うなぎには欠かせない香辛料でもあります。このようにこの植物の利用は日本ではとても重要な素材になっているということになります。

サンショウ(実)の特徴

原産はこのように中国から朝鮮半島、また日本ということですが、当然そのまま生息地ということでも、この地方に生息しているということになります。ですのでガーデニングなどでも、あるいか家庭菜園などでも十分に栽培できるということになりますが、その用途はほとんどが料理になります。中国でも、特に四川料理に使われていたりします。

有名なところでは、日本でも美味しくいただけるマーボー豆腐なども、中国産のこの植物が使われています。そしてその辛さも有名ですが、日本でも御飯のおかずに欠かせないメニューになっています。また中国産は日本のものとは薫りも味も違うということですが、やはり土地の状態で、味も変わってくるのでしょう。

そのことも面白いですが、海外旅行で、その地域に行った時にも、味わってきたい料理でもあります。また中国では山椒ではなくて、花椒と呼ばれているようです。また塩とこの花椒を炒めたものを調味料に使っているということでもありました。その方法も美味しいかもしれません。またこのような性質の植物なので、漢方薬としても利用されていて、

効能としては健胃、鎮痛、駆虫作用等があるようです。ですので日本でも利用する場合には、そのような効果も考えて、利用しても面白いのではないかということになります。またガーデニングでも、一般的なようですが、少々栽培は難しい部類に入るようです。しかし花も可憐で美しく、実からこのような有益な香料が得られるので、是非試してみたい植物でもあります。

pixta_ooblieta

オーブリエタの育て方

オーブリエタとは、アブラナ科オーブリエタ属に類する多年草です。多年草とは、毎年生息して育つ植物の事を言います。いわば土の...

SONY DSC

リューココリネの育て方

分類としてはヒガンバナ科になります。ユリ科で分類されることもあります。ユリのようにしっとりとしているようにも見えます。園...

pixta_tinguruma

チングルマの育て方

チングルマは高山に咲く高山植物の一つです。白い花弁の中心には、黄色い色をした無数の雌蕊や雄蕊を持つ花で、登山をしていると...

pixta_reuisia

レウイシア(岩花火)の育て方

スベリヒユ科であるレウイシアと呼ばれる植物は、原産が北アメリカであり学名はLewisiacotyledonで、この学名は...

pixta_tya111

チャ(茶)の育て方

この植物は、ツバキやサザンカのツバキ科で、多年草の植物になります。緑茶も紅茶も烏龍茶も同じチャノキの新芽を摘んで加工した...

pixta_hebiuri

ヘビウリの育て方

インド原産のウリ科の多年草で、別名を「セイロン瓜」といいます。日本には明治末期、中国大陸を経由して渡来しました。国内では...

pixta_tigurijia

チグリジア(ティグリディア)の育て方

チグリジアは別名ティグリディアとも呼ばれるユリに似た植物ですが実際にはアヤメ科の仲間になっています。チグジリアの仲間アヤ...

pixta_hego

ヘゴの育て方

ヘゴ科ヘゴ属のシダ植物です。野生種は最大7〜8m近くにまで伸びる熱帯性の植物です。日本では一般的には沖縄や鹿児島などの南...

pixta_akebi

アケビの育て方

アケビはまず中国の歴史に現れます。中国で最古の薬物学と書と言われている「神農本草経( しんのうほんぞうぎょう)」という本...

pixta_natamame

なたまめの育て方

中国では古くから漢方と用いられてきました。中国の歴史的な著書には「なたまめは腎を益し、元を補う」とかかれています。人とい...

スポンサーリンク

pixta_arupuka

アルブカの育て方

この植物に関しては多肉植物として知られています。一般的な...

pixta_kodatiaroe

コダチアロエの育て方

アロエの種類は約300種類にものぼり、大変種類が多い植物...

pixta_ginyouakasia

銀葉アカシアの育て方

まず歴史的にもミモザという植物は、本来は銀葉アカシアなど...

pixta_himawari_01

ヒマワリの育て方

野生のヒマワリの元々の生息地は、紀元前3000年頃の北ア...