かぼちゃの栽培の方法を教えます。

かぼちゃの栽培の方法を教えます。

かぼちゃの栽培場所ですが、出来るだけ乾燥気味の土地で、水はけと日当たりが良い所を選びます。ウリ科の作物は連作障害が出やすいので、通常は続けて同じ場所で育てない方がよいのですが、かぼちゃに関しては連作する事が可能です。また生長する時に、かなりつるが伸びるので広い畝が必要になります。

かぼちゃの種まきについて

かぼちゃの種まきは4月中旬から5月上旬にかけて行います。かぼちゃ専用の畝は畝幅が3~4メートル必要だと言われていますが、細い畝しか確保できない場合には、畝3本を使用し真ん中の畝に種を降ろして左右の畝につるを這わせるといった工夫も出来ます。

種を降ろす場合、十分に間隔をとって場所を決めて目印になる様に棒を立てておきます。直径30センチ位の円形に草を刈って、周りの土を寄せて、なだからな山形に土を盛り上げます。

この作業によって6月の梅雨時期に入っても、湿気で苗が痛むのを防ぐ事が出来ます。そして、その鞍の頂き3~4粒ほど種を降ろして、種が隠れる位の土をかけて軽く手で押えます。最後に、鞍全体に刈った草を振り撒いておく事で、土の乾燥を防ぐ事が出来ます。

こちらのズッキーニの育て方も参考になります♪

発芽時期と間引きについて

地温によって時期は異なってきますが、だいたい1週間前後で発芽します。もともと種が大きいので、出て来る双葉も大きく地面から力強く頭をもたげます。この時、被せていた草が絡まっているようであれば、そっと取り除いておきます。

最初の間引きは、発芽後15日位してから本葉が1・2枚出てきたら、2本残して間引いていきます。更に本葉が2~3枚になった頃に、再び間引いて1本にしていきます。

こちらのかぼちゃの育て方も詳しく書いてありますので、参考になります♪

生長過程における注意点について

生長してつるが伸びてきたら、つるの伸びる先々の下草を刈って、そこに敷いておきます。更に、実がなった時に実が地面に直接触れて傷まないように、実の下にも刈った草を敷いておく必要があります。

また、かぼちゃは他のウリ類のように摘芯の必要がなく、伸びる力に任せておく事が出来ます。かぼちゃは生命力に応じただけ実がなるので、株が弱る事がないのです。

かぼちゃには、水分が多く甘みが少なめで粘り気のある日本かぼちゃと、甘みが強くほくほくしている西洋かぼちゃがあります。日本かぼちゃの場合は、開花より約30日位、外側の皮が少し粉を吹いてヘタの周りの実の張り具合が十分だと思われる頃に収穫します。

一方、西洋かぼちゃの場合は、果柄の所が硬くコルク質化したころを目安に収穫すると良いでしょう。また、かぼちゃは収穫してすぐ食べるより、10日ほど涼しい場所で追熟させてから食べる方が、甘みが増して一層美味しく頂く事が出来ます。是非、かぼちゃ作りに挑戦してみましょう。

下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:キンシウリの育て方
タイトル:ミニカボチャの育て方
タイトル:ほうれん草の育て方

pixta_asrutibe

アスチルベの育て方

アスチルベの歴史は比較的浅く、ドイツで品種改良された園芸種ですが日本にも自生しているので古くから親しまれてきました。日本...

pixta_abokado

食べ終わったアボカドを観葉植物として栽培しよう

最近、美容にとてもいい効果があるとしてハリウッド女優やモデルがよく食べているというアボカドは、栄養価が高く質のいい不飽和...

pixta_orearia

オレアリアの育て方

意外と感じますがキク科の植物になるので、日本にも適用するイメージが強くあります。そして大きさは高さというのは25~60c...

pixta_karatea

育てやすい観葉植物について

観葉植物のある部屋に憧れを持っていたり、お店やオフィスに観葉植物を置きたいと考えている人は多いです。園芸店やホームセンタ...

pixta_onibasu

オニバスの育て方

本州、四国、九州の湖沼や河川を生息地とするスイレン科オニバス属の一年生の水草です。学名をEuryaleferoxと言いま...

pixta_katakuri

カタクリの育て方

カタクリは従来片栗粉の原料として利用されていた植物であり、現在でも片栗粉の原料として利用されていますが、希少性が高い事や...

pixta_austrariabeans

オーストラリアビーンズの育て方

オーストラリアビーンズは学名をCastanospermumaustraleといい、マメ科になる植物です。名前にもビーンズ...

pixta_frannelflower

フランネルフラワーの育て方

フランネルフラワーは、セリ科の常緑多年草で原産地はオーストラリアとなっています。生息地は、オーストラリアのような乾燥して...

pixta_datyura

ダチュラの育て方

ダチュラといえば、ナス科チョウセンアサガオ属、あるいはキダチチョウセンアサガオ属の植物のことです。しかし、この区別に関し...

pixta_erika11

エリカの育て方

ツツジ目、ツツジ科、エリカ属生息地は、ヨーロッパ、アフリカに600種類以上が分布する、常緑樹です。分布、自生している範囲...

スポンサーリンク

pixta_fozagira

フォザギラ・マヨール...

フォザギラ・マヨールは北アメリカ東部原産の落葉低木です。...

pixta_mitubasimotukesou

ミツバシモツケソウの...

ミツバシモツケソウは北アメリカ南東部原産の宿根草です。高...

pixta_newsilan

ニューサイランの育て...

ニューサイランはニュージーランドを原産地としている植物で...

pixta_tokkuriran

トックリラン(Bea...

トックリランは、スズラン亜科の常緑高木でトックリランとい...