ナツズイセンの育て方

ナツズイセンの育て方

このナツズイセンですが、面白いのは植物の系統ではヒガンバナ科のヒガンバナ属ということで、彼岸花の親戚でもあります。また別名リコリスとも呼ばれていて、ギリシャ神話の海の女神のことだそうですが、この女神のようにいつくしいというところから名前が付けられたそうです。

育てる環境について

またユリ科との関係も深いようで、以前はユリ科に彼岸花も含まれていたそうですが、今ではヒガンバナ科になっています。ヒガンバナ科はとてもたくさんあり、その中のヒガンバナ属にナツズイセンも入りますが、それ以外では、ネキ類もあります。ネギやニンニクなども親戚ということになります。

またこのヒガンバナ属は世界中に80属600種類以上存在する、非常に地球規模で繁栄している植物で、ナツズイセンもその中のひとつということですが、それはそのまま環境への適応能力が高いということでもあり、ガーデニングでも栽培しやすいということでもあります。彼岸花が育つ環境では、ナツズイセンも育てやすいということでしょう。

世界中でも、南極大陸以外どこでもよく見られるのが、ヒガンバナ属で、特に美しい花が多いので、ガーデニングなどでは、利用価値の高い植物ということだそうです。世界中で人気が高いということです。日本でもナツズイセンなどは、ガーデニングにも向いているということになりますが、他のヒガンバナ属も育てるのには面白いということでしょう。

また毒があるものも多いようですが、食べる人はいないので関係がないでしょう。日本で知られている花でも、ヒガンバナ科は美しい花がほとんどです。しかし花の形はスイセンというよりもユリに似ているのではないかという感じもします。花はユリで幹はスイセンという感じの花です。また朝顔のような感じの花でもあります。どちらも美しいので栽培には向いています。

種付けや水やり、肥料について

また彼岸花ですが曼珠沙華という別名もあり、これは天上の花という意味だそうで、こちらは非常に価値が高く見られています。元々は仏教の花でもあるので、そちらは中国の影響が強いのではないかとも考えられますが、そのように相反する評価が彼岸花にはあるということでもあります。

また彼岸花には白い花もあるのは驚きですが、そのようにヒガンバナ属には色々な種類の美しい花があるということでしょう。ナツズイセンもそのようなヒガンバナ属の歴史やイメージにつながる系統ということですが、歴史も古いということがわかります。ガーデニングでも、そのような繁栄している種類なので、初心者でも育てやすいのではないかという予想もできます。

この植物の特徴としては、夏の季節の花で、きれいなピンク色の花を8月頃咲かせます。彼岸花は9月頃なので、一ヶ月ぐらい早く咲く花です。またさわやかな色なので、夏の花ということでは、庭にあると涼し気な感じがして、特に風に吹かれていると風鈴のような感じもしますので、夏の季節にはピッタリの植物ということもできます。花の色はきれいなピンク色で、茎は比較的太く、

葉が枯れた後に花芽が伸びてくるという特徴もあります。初心者でも育てやすく、暑さにも寒さにも強いので、初心者向きの植物でもあります。育て方も楽ということになります。これは他のヒガンバナ属にも共通していますが、南極などの極地以外で育つので、当たり前でもあるのでしょう。花も美しいので願ったりかなったりという園芸用の植物です。

増やし方や害虫について

育て方ということでは、花は7月から10月頃、それぞれの環境で咲くようです。また植え付けは同じ頃で6月から10月頃、肥料はやはり同じ頃ですが、1月、2月頃にも与えます。また実が実らないのも特徴ですし、葉が春に伸びて夏には枯れるというのも面白いです。そのような植物が庭にあっても変化があり面白いでしょう。

花はラッパ状で花びらは、反り返るのも特徴です。そのようにナツズイセンは色々と面白い特徴がありますので、それらの特徴などを見ながら楽しむことができるということでも貴重な花ということができます。また花は違いますが、葉と球根がスイセンに似ているのでその名前がついたとも言われています。

また毒ということでは、有毒植物なので食べると麻痺、痙攣、嘔吐などが起こりますが、誰も食べる人はいないでしょうから、その心配はないでしょう。それはそのまま害虫にも強いということになります。また多年草で、植物の高さは70センチぐらいまで育つようです。あまり大きくはならないので、ガーデニングには良いでしょう。また野草として人里に近い原野、山地、道端などにも生育していますので、育てやすい植物でもあります。

このようにナツズイセンは、非常に興味深い歴史や種でもあるので、同じ系統の観賞用の植物なども一緒に育ててみると良いのではということになります。このような植物は、特に初心者には非常に頼りになる、楽しめる植物ということです。また自生している花を育ててみるのも面白いかもしれません。本州、四国、九州などで見られるということです。

ナツズイセンの歴史

日常生活では潤いが必要で、特に女性を中心に植物は重要な癒しのアイテムになっていますが、これは日常生活での自宅などの環境だけではなく、職場でも観葉植物などがある方が仕事の能率が上がるということでも緑に注目が集まっているということもあります。確かに職場では潤いがない所も多いので、特に日本では緑を中心に、

もう少し楽しさや遊び心を増やしてもバチは当たらないようにも感じますが、ともかく植物での癒やしは、もう少し活用しても良いようには感じます。それはガーデニングや観葉植物などの室内での利用などでも言えますが、最近は庭のないマンション住まいも多いので、ベランダなどを利用したガーデニングも、おおいにすべきではないかとも感じます。

やはりその場合には、花の美しさも楽しむ要素のひとつです。日本人が好きな花ということではたくさんありますが、清楚な感じの花が好かれたりします。例えばスイセンなどですが、最近のガーデニングで楽しまれている花にナツズイセンという花があります。スイセンに似ているということで、日本人にも好かれる花ですが、

元々は中国原産の花で、生息地も中国ということになりますが、今では特にヨーロッパなどの欧米で人気が高く、多くの品種が生まれているそうです。淡いピンクでスイセンのような形も魅力のひとつです。ガーデニングでも最適な花のひとつでしょう。やはりこのような淡さは日本人が好む色ではないかとも考えられます。

ナツズイセンの特徴

このナツズイセンですが、面白いのは植物の系統ではヒガンバナ科のヒガンバナ属ということで、彼岸花の親戚でもあります。また別名リコリスとも呼ばれていて、ギリシャ神話の海の女神のことだそうですが、この女神のようにいつくしいというところから名前が付けられたそうです。このリコリスという名前は、ナツズイセンばかりではなく、

彼岸花やマメ科の甘草などもそう呼ばれることがあるので、やはり本来の名前で分けたほうが良いようです。彼岸花は日本独特の花のようでもありますが、原産は中国で、このナツズイセンと同じです。たぶん帰化植物ではないかとも言われていますが、歴史が古すぎるので、日本に自生していたのかもしれないということで、よくわからないそうです。

それほど古い植物ですが、彼岸花に関しては、日本では名前の通り、あまりよいイメージはなく、むしろ死者の花ということで、昔から怪談などでも登場する花でした。日本人は、もともと派手な花は好きではないようで、見た目が赤い血しぶきが飛んでいるようなイメージや、派手に美しいということなどもあり、

彼岸花に関してはそのようになったのでしょうが、これは日本だけの印象で、海外ではむしろ美しい花ということで人気が高いそうです。個人的にも、そのような先入観がなければ、非常に美しい花とういうことで栽培用には良いのではないかとも感じますが、日本でもそのうち変わっていくでしょう。今の状況では、このナツズイセンなどを育てるほうが同じヒガンバナ属ですので良いのではというところです。

pixta_tionodokusa

チオノドクサの育て方

チオノドクサという植物は東地中海クレタ島やトルコの高山が原産で、現在ではヨーロッパの山々を生息地とする高山植物の一種です...

pixta_amerikatemarisimotuke

アメリカテマリシモツケの育て方

アメリカテマリシモツケは、北アメリカが原産だと考えられており、現在テマリシモツケ属の生息地はアジア東部や北アメリカ、メキ...

pixta_housenka_01

ホウセンカの育て方

ホウセンカは、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草で、東南アジアが原産です。中国では、花を鳳凰に見立てて羽ばたいているよ...

pixta_asagao11

植物の栽培について アサガオの育て方

育てやすい植物の代表として挙げられるのがアサガオです。最近は色や模様も様々なものが登場しています。アサガオの育て方は比較...

pixta_paseri_01

パセリの育て方

その歴史は古く、紀元前にまでさかのぼります。特徴的な香りにより、薬用や香味野菜として使われてきました。日本には、鎖国時代...

pixta_nozawana

漬け菜類の育て方

アブラナ科の結球しない葉菜のことを漬け菜類と呼んでいますが、主な種類と分類と言うのは多種多彩であり、アブラナ類には春先に...

pixta_pabonia

パボニアの育て方

パボニアはブラジルが原産の植物で、赤い苞が鮮やかな低木の熱帯植物になります。尚、この植物はアオイ科、 ヤノネボンテンカ属...

pixta_mimikakigusa

ミミカキグサの仲間の育て方

ミミカキグサは控えめな花を咲かせる植物で色々なこの植物にしか無い特徴があることで有名です。そんなミミカキグサの仲間の原産...

pixta_hanegi

葉ネギの育て方

ネギの原産地はアジアの北部だとされています。元々の生息地はこのあたりで、中国の西部、あるいはシベリアあたりのものが栽培さ...

pixta_seruriaserubia

セルリア・フロリダの育て方

”セルリア・フロリダ”は南アフリカケープ地方が原産の植物になります。日本にはオーストラリアから切り花として入ってきた植物...

スポンサーリンク

pixta_hanaume

ウメ(花ウメ)の育て...

ウメの系統をたどっていくと、サクラやモモと同じように、も...

pixta_hetima

初心者でもできる、へ...

へちま水や、へちまたわし等、小学校の時にだいたいの方はへ...

pixta_rikyubai

リキュウバイ(バイカ...

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方...

pixta_yusuraume

ユスラウメの育て方

ユスラウメの特徴としては真っ赤な赤い実をつけることです。...