アルテルナンテラの育て方

アルテルナンテラの育て方

植物の特徴として、まずはヒユ科であることがあげられます。草丈は10センチぐらいから20センチぐらいの大きさです。木のようにも見えますがメインは葉っぱになります。花がさきますがそれがメインではありません。鑑賞するベストの時期としては9月から10月ぐらいとされています。

育てる環境について

栽培するときの環境としては求めるものに何があるでしょうか。まずは日当たりが良い所です。原産がブラジルで、南国の植物っぽさがあります。自生しているところでも平らなところ、周りに木々があるようなところで育つわけではなく、草原のようなところになります。日当たりも十分なところで育っていますから、育ちやすいところになるでしょう。

ブラジルといいますとアマゾン川などジャングル、湿った印象を持つ場合があります。このような場所ばかりではありません。この植物の好む場所としては水はけがそれなりにあるところになりますから注意するようにします。あまり湿気などがあるところになると育ちにくくなり、根を壊してしまうことにもなりかねません。

暑さにはそれなりに強いとされていますが、問題としては寒さに対してあまり強さを持っていないことです。ですからその対策が必要になってきます。寒さに当たると葉が黒ずんでしまいます。葉の色の美しさを楽しみますから、葉がそのような状態になるとあまり観賞価値がなくあります。霜に当たると一気に枯れてしまうとされています。

越冬温度としては、基本的には10度以上必要とされています。なんとか頑張って5度ぐらいまで耐えられるかどうかとされます。地植えでの冬越しは日本でも暖地と言われるところに限られそうです。一般的には植木鉢での管理を行います。そして冬の間、寒い間に関しては室内で管理するようにするのが基本です。

種付けや水やり、肥料について

育て方として土を利用するときにはどのようなタイプかですが、特に土質を選びません。自由に土を作ることができます。市販されている花と野菜の土がありますがそれを使っても特に問題はありません。何かを別途加える必要もありません。ただし、注意としては水はけが悪い状態にしないようにする必要があります。

メーカーによって土の状態も異なります。湿りが強かったりする場合には通気性を良くする軽石などをいれてもよいでしょう。あくまでもその土の状況によって変えることになりそうです。水やりは土が乾いたときに与えるようにします。水を与えすぎると根が傷むことがあります。

鉢植えでの管理がありますが、このときに植木鉢から溢れるくらい、下からどんどん染み出すくらいに与えることがあります。乾いた後にそれくらい与えるのは問題ありません。ただし植木鉢の皿に水がたまった状態になるのは良くありません。そうするとかなり過湿の状態になり、根が傷みやすくなります。

水を与えた後に皿の様子を確認して、水がたまっているようであれば捨てるようにします。真夏においても同様に管理するようにします。肥料については季節に応じて変化させることがあります。春から秋にかけては成長する時期になります。葉の付き方に影響することがあるので、薄い液肥をあげるようにします。葉がきれいに伸びるように成長すると見た目も良くなります。そのためにも肥料を与えたほうがいいでしょう。

増やし方や害虫について

増やすための方法としてはさし芽が知られています。葉っぱを用土にさすことで増やすことができます。その他には植え替えをするときにおいて株分けが行えます。植え替えの時期としては春頃になります。株分けもその時期に一緒に行うようにします。株分けにおいては大きいタイプを選んで行うようにします。更に嬉しいこととしては自然に増えることがあります。

葉っぱがメインの植物で花は咲かないと考えている人もいますが実際は花が咲きます。でも気づかないくらい小さいです。夏頃に咲いて、いつの間にか枯れます。そして枯れた後に自然にたねがその周辺にこぼれます。このたねが発芽して次の年などに芽を出すことがあります。それによって株が増えていることがあります。

株分けもさし芽もしていないのに増えていたならその可能性があるので、棚から牡丹餅のような気分になるかもしれません。これについてはわざわざ種を取って行うのが難しいです。花が非常に小さく、いつの間にか咲いて、いつの間にか散って、いつの間にか種がなくなっているからです。あくまでも自然に任せるしか無いでしょう。

病気については特にかかりやすいとされるものがなく、害虫においても特に心配しないといけないものについては無いとされています。手入れとしては、多年草としてきちんと管理していくことです。人によっては一年草として割り切って育てようとする人もいますが、冬の越し方を知っていれば毎年楽しめます。

アルテルナンテラの歴史

ボタンの花と言いますと春辺りに咲く花になります。きれいな花をつけるだけでなく、花びらなどがたくさんつき、見た目も豪華になる花として知られています。このボタンとは全く異なりますが、似ているとして付けられた葉の植物に葉ボタンと言われるものがあります。

冬、特に正月などにおいて用意されることがあるようで、地域によっては毎年のように用意することがあります。こちらについては花よりも草の部分、葉っぱの部分を楽しむ植物として知られることになります。同様に花は咲くけども主に葉っぱを楽しむのがメインの植物があります。それがアルテルナンテラと呼ばれる植物になります。

こちらについてはブラジルが原産の植物として知られています。花も咲きますが、葉っぱがいろいろな色に色づくことで知られています。緑だけでなく、赤っぽい色、黄色っぽい色などで楽しめるようになっているのが特徴になります。名前としては、旧属名になるテランセラの名前で流通していることもあります。

更にはアキランサスとの名前が通じることもあります。学名においてはアルテルナンテラフィコイデアと長い名称になりますが、略されて呼ばれることが多くなります。名前の由来としては、アルテルノについては交互につくとの意味になります。そしてアンテラが葯を意味します。雄しべの付き方からこのような呼ばれ方をするようになっているようです。日本においても徐々に広まりつつある植物となっています。

アルテルナンテラの特徴

植物の特徴として、まずはヒユ科であることがあげられます。草丈は10センチぐらいから20センチぐらいの大きさです。木のようにも見えますがメインは葉っぱになります。花がさきますがそれがメインではありません。鑑賞するベストの時期としては9月から10月ぐらいとされています。

こちらについては多年草ですから、1年を通して楽しむことができますが、あくまでも原産地、生息地での事になります。ブラジルといいますと気候としては暖かいところですから、このようなところでは1年を通して楽しめるようです。しかし日本では必ずしも1年間楽しめるわけではありません。

葉っぱの色が特徴的とされ、赤や黄色に色づきます。色づく季節は秋なので、日本においてはちょうど紅葉などの季節と重なるので喜ばれることがあります。葉っぱに関しては菱型のような楕円形のような葉っぱです。一般的な葉っぱに比べると多少長細くみえるかもしれません。

きれいな楕円ではなく、多少縁はガタガタ、ギザギザしているような葉っぱになります。少し硬めで厚い葉っぱになっているので、しっかりしているといえるでしょう。光沢があるので光などに反射することもあります。

日差しがあるとそれによって色合いも少し変化することがあります。花が咲きますが、葉っぱの根元辺りに非常に小さなものが咲きます。葉っぱが10とすると花は1にも満たないような小さなものになります。ですから咲いていたとしてもわからないくらいです。

pixta_daria

ダリアの育て方

ダリアの原産国はメキシコとされ、ダリアという名前はスウェーデンの植物学者に由来しています。ヨーロッパでの栽培が始まったの...

pixta_mukuge

ムクゲの育て方

ムクゲはインドや中国原産とされる落葉樹です。生息地は広く、中近東になどにも分布しています。韓国の国花として知られています...

pixta_natamame

なたまめの育て方

中国では古くから漢方と用いられてきました。中国の歴史的な著書には「なたまめは腎を益し、元を補う」とかかれています。人とい...

pixta_jaga

シャガの育て方

シャガは中国から古代に渡ってきた植物ですが、学名を日本語訳すると日本の虹と言い、とてもロマンチックな名前です。原産国の中...

pixta_living

リビングストーンデージーの育て方

リビングストーンデージーは秋に植えれば春頃に花が咲きます。しかし霜には弱いのでなるべく暖かい場所に移動させるか、春に植え...

pixta_raiti

ライチを育ててみましょう。

ライチという果物はよくレストランなどで食べることができますが、日本で食べることができるのはほとんど冷凍のものであり、生の...

pixta_bluecatseye

ブルーキャッツアイの育て方

ブラジル原産の多年草である”ブルーキャッツアイ”。日本では観賞植物として栽培されています。別名はオタカンサスと呼ばれる花...

pixta_hiyasinsu02

花壇や水耕栽培でも楽しめるヒヤシンスの育て方

ユリ科の植物であるヒヤシンスは、花壇や鉢、プランターで何球かをまとめて植えると華やかになり、室内では根の成長の様子も鑑賞...

pixta_dendorobium

デンドロビウム(キンギアナム系)の育て方

デンドロビウムは、ラン科セッコク属の学名カナ読みでセッコク属に分類される植物の総称のことを言います。デンドロビウムは、原...

pixta_homeria

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花...

スポンサーリンク

pixta_kaederui

カエデ類の育て方

カエデ類はカエデ科カエデ属の木の総称で、さまざまな品種が...

pixta_miyakowasure

ミヤコワスレの育て方

ミヤコワスレ日本に広く生息している花ですが、もともとはミ...

pixta_riparis

リパリスの育て方

特徴としては、被子植物になります。ラン目、ラン科、クモキ...

pixta_charbill

チャービルの育て方

チャービルはロシア南部から西アジアが原産で、特に、コーカ...