カガブタの育て方

カガブタの育て方

この植物は、ミツガシワ科アサザ属の多年草ということで、湖沼やため池などにみられる水草ですが、原産地及び生息地はアジア、アメリカ、アフリカ、オーストラリアの温帯域や台湾、日本などに広く分布しています。

育てる環境について

特徴としては、夏に睡蓮の葉のような葉を広げ、その中にモジャモジャの毛のような花を咲かせますが、それが汚い感じではなく、芸術家の芸術作品のような花なので、非常に魅力的です。また名前は花からではなく、葉が板状で鏡の箱に似ていたので、そのような名前になったということですから、最初はカガミフタだったのでしょう。それがいつのまにかカガブタになったということになります。

また他の特徴としては、この美しい花は、1日花ということで、朝に咲くと夕方には枯れてしまうという貴重な花でもあります。また根も面白くて、バナナの房のように水の中で広がっていくということで、その点でも楽しめる水草ではあります。しかしできれば美しい花なので、もう少し咲いていてほしいということですが、

この植物にとっては、そのような仕組みが、一番生きやすかったのだろうということでしょう。このように、名前だけではなく色々と興味深い特徴がある水草ですので、栽培してみると面白いかもしれません。確かにとても興味を惹かれる水草です。また学術的には、合弁花植物綱ミツガシワ科ということで、

浮遊性の多年草ということになります。水草ですから当たり前ですが、水に浮いて暮らしている植物です。また群生していますが、その姿、特に花が一度に咲くときなどは、花見としてもとても美しくて、緑の葉と水と白と黄色の花のバランスや瑞々しさもあり、夏にはとても涼しさを味わえる水草ということになります。

種付けや水やり、肥料について

また利用方法としては、中華料理でタイワンカガブタが利用されて食用にされているということですので、日本の品種も食べることもできるのかもしれません。具体的な育て方としては、4月から6月ぐらいに育っているものを購入して育てますが、そうすると葉の付け根から茎が出てきて開花が始まります。

その時に肥料を十分与えないと、花もうまく咲かなくなります。希少種ということですので、環境や水質、肥料などには十分注意をする必要があります。また開花後の秋には根が詰まった状態になるので、よく根を洗い、より大きなポットに移して越冬させると、また次の春には花を咲かせるという状態になります。

また秋ごろ水面には次々に子株ができてきますので、それも分けて育てると良いということです。また日照も必要なので4月頃からは日当たりの良い所で育てるようにします。日照不足の場合には葉が黄色くなるので、そのような場合には場所が悪いということになりますから、日当たりの良い所に移動します。また耐寒性が強いので、冬に葉が枯れても、

根は生きていますから、また次の春には葉がつき、きれいな花も咲かせるようになります。その点でも日本では育てやすいということも言えます。また本州以西では沼沢などで自生しているということですのですので、そのような気候や環境の場合には、水さえ切らさなければ、野外でも大丈夫ということになります。その場合は、ほおっておいても育つので、ガーデニングでも栽培しやすいということになります。

増やし方や害虫について

また同種でまったく毛がない花もあり、色々な種類を栽培しても面白いということですが、水草ということでは、ガーデニンでも特に夏には、涼しさを演出してくれて、気持ちが良くなるので、庭の一角に育てる場所を作っても良いのではないかということですが、池ではなく睡蓮鉢のようなものでしたら移動も簡単なので、最初は少しだけ試してみて、

その後規模を大きくしていくということも考えてみると良いかもしれません。そのように水草も、ガーデニングでは一役買ってくれますので、その意味でもカガブタは、良いガーデニングの植物になるのではということになります。水草は基本的には水に浮かせておけばよいので、その点でも栽培しやすいということになりますが、将来は庭に池を作って、

色々な水草などを浮かせて、魚も泳がせながら楽しむということができます。しかし池の場合は、水草を育てるほど簡単ではなく、単に穴をほって水を入れるだけではできないので、水質ということでも、水草を育てられるような環境にするということが大変になります。やはり睡蓮鉢のようなものや、熱帯魚の水槽のようなもので育てるというのが現実的なようです。

また初心者にも育てやすので、ホームセンター等で購入して試してみると良いのではということになります。その場合には室内でも、水槽で育てられますし、色彩的にも室内で緑を得られるので、そのようなガーデニングも面白いということです。現状だと、なかなか庭のある家は、都会では特に難しいのですが、室内用ということでもできますので、室内で貴重な緑を得られる植物ということにもなります。

カガブタの歴史

ガーデニングを楽しむということでは、水辺の利用ということもポイントで、特に池などがある場合には、その中でのガーデニングを楽しむということもできます。また庭に池がなくても睡蓮鉢などを利用して、水草を栽培できるので、その点でもどのようにでも工夫ができるということになります。

人間も元々は水の中に生きていたということで、陸に上がった魚という人もいます。そのように水は生きる源泉でもあり、人間には必要不可欠なものなので、愛着も大きいということになります。また庭のある家の場合には、池を作り、庭園風にすることが夢という人もいて、定年退職後には、そのように楽しむと決めている人もいます。

そうなると、それらの水を利用した栽培ということでは、水草の栽培ということになります。また水草の栽培も、一般的なガーデニングとは違っていて面白いということでもあります。その中で珍しい水草では、カガブタという水草があります。これは希少種ということですが、花が非常に美しく、ぜひ育ててみたい植物でもあります。水の上に浮かぶ可憐な白い花の美しさでは、比較することができない花です。

水関係の植物というと、蓮の花も有名ですが、このカガブタは、それほど大きくはなく、小さめなので、その点でも睡蓮鉢などで育てられるということで手軽でもあります。この植物の特徴ということでは、やはりまず名前の由来などが気になるところです。そのままイメージするところでは、加賀県の豚に関係があるのかとも考えてしまいますが、動物の豚とはまったく関係がありません。

カガブタの特徴

この植物は、ミツガシワ科アサザ属の多年草ということで、湖沼やため池などにみられる水草ですが、原産地及び生息地はアジア、アメリカ、アフリカ、オーストラリアの温帯域や台湾、日本などに広く分布しています。しかし水の鮮度により繁殖できるがどうかが決まってくるので、水が汚染されたりするところでは生きてはいけず、それで日本でも減少しているということで、希少種になっているということになります。

非常に環境に弱い種でもあります。そのため水質の管理なども栽培では重要になるということになります。名前の方の由来ですが、カガブタを漢字で書くと鏡蓋ということで、これで大体の意味はわかるということですが、カガは加賀県のカガではなく、鏡からきているカガで、豚はブタではなくフタということです。

しかしこの名前は何となくかわいそうで、花の美しさを考えると、まるでイメージに合わない名前のように感じます。意味を理解したあとでも、どうしてもそのようなイメージは拭えないので、名前はなんとかしてほしいとも感じます。別名としては金銀蓮花という呼び方もあるので、こちらの方を選んでほしいという感じもします。

しかし読み方はカガブタと読ませるということですので、どうも納得がいかない感じです。また育て方としても、このような事情から大体予想がつくということになります。学名は日本語に訳すとインドのアサザ属ということになるようです。またとにかく花を見てみてもらいたいのですが、非常に不思議な花で、白と黄色ですが、大変魅力的でもあります。不思議な魅力があるので、栽培してみたいと感じさせる花でもあります。

pixta_tomato03

おいしいトマトを作りましょう

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチトマトまで、収穫のサイズも種類によって変わってきます。以前は病気...

pixta_mizuna_01

ミズナの育て方

水菜の発祥地は静岡県小山町阿多野といわれており、JR御殿場線、駿河小山駅近くに水菜発祥の地を記した石碑が立っています。静...

pixta_kakitubata

カキツバタの育て方

日本や朝鮮半島、東シベリアなどが原産といわれるカキツバタは、7世紀頃には既に観賞用の植物として人々の目を楽しませていたと...

pixta_kutinasi

クチナシ(実)の育て方

クチナシの特徴としては、やはり花の可憐さでしょうが、照り輝く白い色をしていて、まるで和菓子のような感じもしますが、最近は...

pixta_seroumu

フィロデンドロン・セロウム(Philodendoron bi...

フィロデンドロンとはギリシャ語で「木を好む」という意味を持つ言葉です。セロウムはサトイモ科に属するフィロデンドロン属の仲...

pixta_benijium

ベニジウムの育て方

ベニジウムは南アフリカ原産の一年草です。分類としてはキク科ペニジウム属で、そのVenidiumfastuosumです。英...

pixta_okura_01

オクラの育て方について

夏になれば栄養満点のオクラの栽培方法のコツです。オクラは北海道など一部の地域を除きかなり育てやすい野菜の一つです。スーパ...

pixta_yabumyouga

ヤブミョウガの仲間の育て方

ヤブミョウガはツユクサ科の花です。したがって、ヤブミョウガの仲間はミョウガではなくツユクサです。ちなみに、ミョウガは歴史...

pixta_tokeisou_01

トケイソウの育て方

原産地は、北米、ブラジルやペルーなどの熱帯アメリカです。パラグアイでは国花とされています。現在、園芸に適した品種として知...

pixta_sinjunoki

真珠の木(ペルネティア)の育て方

真珠の木と呼ばれているベルネッチアは、カテゴリーとしてはツツジ科の植物になります。吊り鐘状という少し珍しい形で、春遅い時...

スポンサーリンク

pixta_amerikahanamizuki

アメリカハナミズキの...

アメリカハナミズキの歴史について言及していきます。まず、...

pixta_babiana

バビアナの育て方

花の特徴では、被子植物、単子葉類となります。キジカクシ目...

pixta_ansulium

アンスリウムの育て方

アンスリウムは、熱帯アメリカ・西インド諸島原産で、日本に...

pixta_natutubaki

ナツツバキの育て方

ナツツバキの原産地は日本で、主な生息地は本州から九州にか...