シスタスの育て方

シスタスの育て方

シスタスは、ロックローズとも呼ばれる花になります。大変小さくて可愛らしい事から、ガーデニングをする人に大変人気があります。主に原産地はスペインになります。香りが大変独特で、ムスクに似たところがある事から、昔から香料として、重宝されてきました。

育てる環境について

シスタスを育てる際には、きちんと環境に配慮してあげなくてはいけません。特に、鑑賞時期が秋から冬にかけてになりますので、直射日光などをたくさん浴びせないように気をつけましょう。そして、出来る限り庭にそのまま育てるのではなく、コンテナや花壇などを使って育ててあげる事をおすすめ致します。

直射日光は苦手ではありますが、日当たりは十分に良いところを好みます。ですが、全くの日陰ではない限り、半日陰の場所であったとしても、育てる事ができます。栽培方法といたしましては、このように太陽の当たるところに気をつけてあげてください。そして、耐寒性がある花になりますので、多少の寒さであれば、十分に持ちこたえる事ができます。

ですが、高温多湿は苦手ですので、夏の暑い時期に関しましては、蒸れないように注意して見てあげましょう。もしも、一からしっかりと育てる事が難しいかもしれないと感じましたら、苗から育てる事も可能です。花屋さんに行きますと、苗から売っているものもありますので、必要に応じて、選ぶと良いでしょう。インターネットなどでも、十分に苗を購入する事が出来ます。

値段も500円前後で購入できるといったところから、大変良心的です。ガーデニング初心者の人であったとしても、環境にきちんと配慮してあげれば、簡単に育てる事ができます。白色の綺麗な花をつけてくれますので、見た目もきれいです。是非、育てる際には、きちんと最後まで責任をもって育てるようにしましょう。

種付けや水やり、肥料について

シスタスは、聖書に登場する花として、大変有名です。特に、ヨーロッパ地方では大変人気で、数多くの園芸品種があります。ピンク色などが一般的ではありますが、中には白色などの花をつけるものもあり、それらはスノーホワイトと呼ばれます。そのピンク色の花びらは、まるで紙をくしゃくしゃにしたかのような形をしております。

太陽の光に照らされて、大変魅力的に咲きますが、花は1日で終わって、次々に新しい花を咲かせていきます。ですので、雨の日や夕方になりますと、花が咲き終わってしまいますので、中には、時期が終わってしまったのではないかと、勘違いする人もいるくらいです。主に山地などが生息地で、岩だらけの乾燥したところでも、立派に育つ事ができます。

ですので、日本の高温多湿の環境が苦手で、育てる際には、花が群れすぎないように気をつけてあげなくてはいけません。半日陰でも十分に育てる事は可能ですが、日当たりが良いところを好みます。鉢植えで育てる際には、用土の表面が乾き始めましたら、たっぷりと水をあげるようにしてあげましょう。ですので、水はけの良い土を選んであげると、大変長く持ちますので、おすすめですよ。

そして、その中に、暖効性の肥料を少し入れて育ててあげることで、元気に育つことができるでしょう。欧米の環境であれば、十分に育つことができる花ですが、日本の場合には、高温多湿に気をつけてあげなくてはいけません。せっかく育てるのであれば、枯れさせないように、きちんと栽培しましょう。

増やし方や害虫について

シスタスは、大きくなると2メートル前後まで成長をする花になります。その香りが独特な事から、日本ではアロマオイルとして大変人気があります。園芸品種もとても多く、ピンク色や白色、そして藤色などもありますので、様々な種類の花を花壇に育てるのも良いでしょう。アロマオイルとして、精油を抽出することもできます。

ですが、水蒸気蒸留法で抽出をしますので、一度に抽出できる量はかなり限られています。ですので、たくさんの精油を取るために、花を育てたいということであれば、かなりの数を育てないといけなくなります。ですが、シスタスは海外であれば、非常に環境が恵まれておりますので、育てやすいのですが、日本の高温多湿の環境には不慣れなところがあります。

特に、夏場に関しましては、きちんと見てあげないと、すぐに枯れてしまう可能性がありますので、注意が必要です。害虫対策なども、しっかりと行わないといけません。必要に応じて、肥料をあげるなどをして、元気に育つように栽培をしてあげましょう。シスタスから抽出される、貴重なオイルは、

抗ウイルス特性や不眠症の解消など、様々な効果をもたらしてくれます。また、スキンケア作用に優れているといった事から、普段使用しているクリームに混ぜることで、アンチエイジング効果も期待することが出来ます。ですが、使用する際には、特に妊娠中の人などは刺激が強くなってしまいますので、お店などに確認してから使用するようにしましょう。

シスタスの歴史

シスタスは、ロックローズとも呼ばれる花になります。大変小さくて可愛らしい事から、ガーデニングをする人に大変人気があります。主に原産地はスペインになります。香りが大変独特で、ムスクに似たところがある事から、昔から香料として、重宝されてきました。現在でも、アロマオイルの精油などで使用されたりしております。

ですので、花を育てた事はなくても、アロマオイルが趣味でやっている人などは、名前を聞いた事があるかもしれません。シスタスの学名は、Clstuslabdaniferusになります。そして、ハンニチバナ科の花になります。花の香りを嗅ぐ事で、不安や緊張、恐れを鎮静させるといった効果を期待することが出来ます。

また、視覚や聴覚、触覚などの感覚を刺激することができ、喪失してしまった記憶を蘇らせるといった作用もありますので、育てる際には、その独特な香りを楽しむのも良いでしょう。ですが、シスタスを育ててアロマオイルとして楽しむ際には、その香りが独特であることから、妊娠中のお母さんにはおすすめできません。

ですので、使用する際には、適当に香りを楽しむのではなく、まずはきちんとしたお店に行って、確認をするようにしましょう。そうする事で、育てながらも香りを楽しむことができますよ。また、その小さい花ながら、シスタスは人気という花言葉を持っております。是非、育てる際には、花言葉も感じながら育てることをおすすめいたします。

シスタスの特徴

シスタスの特徴は、なんと言いましてもその独特な香りになります。ムスクに似た香りを放つ事から、もしかしたら苦手だという人もいるかもしれません。その香りの良さから、アロマオイルとしても大変重宝されております。少し刺激のある香りを放ちますので、特に妊娠中の人などは、使用する際には気をつけましょう。

不安であれば、きちんとお店の人に確認をする事が大切です。また、シスタスは形の可愛さから、スノーホワイトと呼ばれる事もあります。小さい花を咲かせますので、特に風が強く吹いてしまいますと、それだけで花が散ってしまう可能性がありますので、育てる際には、環境に気をつけてあげましょう。

シスタスは、香りを嗅ぐ事で五感を覚醒させる事ができます。特に、忘れ物や失ってしまった記憶などが蘇るかもしれないと言った効果を期待する事ができますので、アロマオイルとして利用する際には、ティッシュなどに数滴垂らして香りを楽しむのも良いでしょう。また、夜のリラックスタイムを利用して、キャンドルなどに照らしながら香りを楽しむのも良いでしょう。

何れにしても、香りを存分に楽しむ事が出来る花として、大変人気があります。女性に大変人気のある花になりますので、ガーデニングで育てる際には、きちんと育て方を学んでから栽培をするようにしましょう。何となくといった感じで育ててしまいますと、せっかくの花も一向に咲かずに、枯らしてしまうだけで終わってしまいますよ。

pixta_rupinas

ルピナスの育て方

特徴の1つは寒さに強く、暑さに弱い事があります。具体的には寒さであればマイナス5℃程度まで耐えられます。外に置いておいて...

pixta_oonisogaram

オーニソガラムの育て方

オーニソガラムはヨーロッパから西アジア、アフリカが生息地で、約100種類ほどがある球根植物です。ヒアシンス科、オオアマナ...

Plumeria,white flower.

オブッサの育て方

このオブッサとは丸いという意味だそうですが、葉も丸みを帯びていて、独特な柔らかさのある丸い葉なので、穏やかさも演出してく...

pixta_housenka_01

ホウセンカの育て方

ホウセンカは、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草で、東南アジアが原産です。中国では、花を鳳凰に見立てて羽ばたいているよ...

pixta_rakanmaki

ラカンマキ(実)の育て方

特徴としてはマキ科、マキ属になります。シンボルツリーとしても使われる木で、高くなると8メートルから10メートルくらいの高...

pixta_yamamomo

ヤマモモの育て方

ヤマモモの特徴としては、まずは雄木と雌木が別々になっている木として知られています。ですからこの木を一本だけ植えたとしても...

pixta_kuroton

クロトンの育て方

クロトンとは、原産はマレー半島やオーストラリアなど熱帯地方です。アジアからオセアニアにかけて広く分布している熱帯性の常緑...

pixta_kobaikesou

コバイケイソウの育て方

この植物は日本の固有種ということですので、原産地も生息地も日本ということになります。わたぼうしのような、まとまった小さな...

pixta_hagoromojasumin

ハゴロモジャスミンの育て方

ハゴロモジャスミンの原産地は中国雲南省ですが、現在では外来種としてニュージーランドやアーストラリアなども生息地となってい...

pixta_satuki

サツキの育て方

日本が原産のサツキの歴史は古く5世紀から8世紀頃の万葉集にも登場します。江戸時代に多くの品種がつくられました。盆栽に仕立...

スポンサーリンク

pixta_jigitarisu

ジギタリスの育て方

ジギタリスの原産地は、ヨーロッパ、北東アフリカから西アジ...

pixta_arokasia

アロカシアの育て方

アロカシアはサトイモ科に分類される品種であり、学名の「A...

pixta_gamazumi

ガマズミの育て方

ガマズミはその名前の由来がはっきりとわかっていません。一...

pixta_stkesia

ストケシアの育て方

この花は被子植物門、双子葉植物綱、キク亜目、キク目、キク...