芝生の育て方

芝生の育て方

芝生には様々な特徴があります。原産地によって育つ時期や草丈などにも差があり、どれを選ぶかは自分の住んでいるところどで決めるのが良いです。他の草花とは違い、毎年生えるし強いところがポイントです。伸びてきたら刈るなどの手入れは必要になりますが、育てるために特に苦労することはあまりないのも特徴といえます。

育てる環境について

芝生を育てるには、各芝に合った育て方をすることが一番のポイントといえます。もともと育っていた生息地を踏まえておく必要があります。暖地型の芝の場合には20度か35度くらいがよく、10度以下では生育は停止してしまいます。冬は葉が黄金色になり、寒さや風、乾燥で休眠状態になりますが、春になると新芽が出てきます。

一方寒地型は冬も美しい緑なので育てる環境に関してはあまり気にする必要はないです。日があまり当たらないところでも逞しく育つのもポイントです。こういった面からみてもわかるように、暖地型は関東より西の地域がよいです。色が四季とともに変わるので、そういった季節の変化を感じたい場合には、こちらが良いです。

一方で寒地型は北海道などでの寒い環境に暮らす場合に向いています。冬でも美しい緑をたもつことができるので、年中緑の美しい芝生が良い場合には寒地型のものにすべきです。一度枯れたようになってしまった場合にも次のシーズンになると自然と新しいものが生えてくれるので環境への変化などはそこまで気にする必要はないですが、

キチンとした手入れをし、芝にとってよりよい環境をつくってあげることによって、より美しく元気な芝を楽しむことができます。綺麗に育てたいという人にとっても、楽に庭の手入れをしたいという人にとってもよいものというのは、なかなかありませんが、その点芝ならばどちらでも可能なので迷った際には芝にするのがよいです。

種付けや水やり、肥料について

草木や花など、植物を育てる上で欠かすことができないのが水です。これは芝生にも、もちろん同じことが言えます。水分が不足すると緑色が失われていき、最後には枯れてしまいます。しかし、だからといって水をあげすぎるのもよくありません。鉢植えと同じくらいの頻度であげ、乾燥させないようにするのが一番です。

春ならば3日から4日に一度で、夏ならば毎日あげなくてはなりません。雨が降らない夏ならば1日2回目あげるのがベストです。日中の日差しが強い時間に水をあげると芝が蒸れて痛む可能性があるので、そういった時間帯は避けるべきです。種付けにも適した時期というのがあるので、いつでも良いというわけではありません。

芝は比較的丈夫なので肥料などがなくても育つと言われていますが、綺麗な芝にしたいのであれば肥料はきちんと与えたほうがよいです。芝によってあげるべき肥料も違うので注意が必要です。もちろん、あげすぎは逆効果になり枯れてしまうのでよくありません。水をあたえすぎるよりも数倍の注意が必要となります。

肥料を与えた後に水をやらなくてはならないと決まっているものもあるので、記載はしっかり読まなくてはなりません。肥料で一番の大事なのは、その成分です。もちろんそれだけではなく、即効性があるものとそうではないものがあるので、時期に合わせて使い分ける必要があります。時期を間違えると効果が十分に得ることができなくなってしまいます。

増やし方や害虫について

芝生を育てる上で気をつけなくてはならないことは、害虫の存在です。水不足でもないし、環境が悪くもないのに枯れてきたと言う場合には害虫がいる可能性が高いです。まだらに枯れてしまったり、一部に穴が空くということも害虫がいることが原因です。まずなによりも、害虫が寄りつきにくい環境をつくることが大切なポイントです。

虫にとって住みにくい環境を作ることが第一です。農薬を使うのも一つの手です。日光が十分にあたり元気に育った芝生は害虫の被害にあいにくいですが、もしそれでも被害に遭ってしまった際には、何か原因の元なのかをしっかりと見極める必要があります。こういったことをキチンとしておかないと、芝生を、増やすことも困難となってきてしまいます。

原因が分からない時には、プロに依頼するというのも一つの手です。鉢植えなどとは違い、芝生は大きな範囲にわたるので一度被害にあうとその全てがダメになってしまうので今まで育てた苦労が水の泡となってしまいかねません。芝生の栽培は、比較的難しいことではないですが、それも枯れてしまった後ではどうにもできません。

自分でできる範囲の手入れと無理な範囲をキチンと見極めることも大切なポイントとなります。インターネットなどで手入れの仕方や害虫駆除の仕方はたくさん書いてあるので、自分でできそうだと考えてしまいがちですが、実際に害虫のせいなのか病気なのかを見極めるのはそう容易なことではないということも知っておかなくてはなりません。

芝生の歴史

芝は、一種類もしくは数種類の芝草を人工的に増やして、刈るなどの手入れや管理をしたもので、イネ科の多年草の総称です。これが一面に敷き詰められたものを芝生と読んでいることが大半です。日本では大きくわけて、日本芝と西洋芝にわけられています。この二つも幾つかの種類に分けられます。日本では昔の和歌などでも芝の記述があるものがあり、芝の歴史の長さが伺えます。

明治時代には西洋芝が使われ出しました。昔からあるもので、今の時代もあるものというのはそれほどまでに日本人の生活には欠かせないものであり身近なものということになります。スポーツの面でもサッカーするところに敷かれていたりと、今や生活の一部としてなくてはならないものといっても良いです。

スポーツの時だけではなく、家の庭に芝を使用している家庭も多く見られます。昔からの歴史でも庭に芝を敷くのはよくあることだったので、昔ながらの文化といっても良いのではないでしょうか。歴史的には長いですが、そこまで注目を集める存在というわけでもなく、あまり気に留められることはありませんが、

日本だけではなく海外の歴史を見てもありとあらゆる面で芝は活用されています。こういった面をみると、芝が人々の生活の中でもいかに役立っていたのかがわかります。歴史の流れとともに芝もより強いものとなっていっていて、少しのことでは枯れないようになりつつあるのも特徴と言って良いのではないでしょうか。

芝生の特徴

芝生には様々な特徴があります。原産地によって育つ時期や草丈などにも差があり、どれを選ぶかは自分の住んでいるところどで決めるのが良いです。他の草花とは違い、毎年生えるし強いところがポイントです。伸びてきたら刈るなどの手入れは必要になりますが、育てるために特に苦労することはあまりないのも特徴といえます。

土やコンクリートの地面とは違い、転んだときに怪我をしにくいのも特徴です。小さな子供がいる家庭や学校、幼稚園、公園などでは芝生は安全性の面でも良いと言えます。それだけではなく夏はコンクリートではとても暑くなってしまいますが芝にすることにより、ヒートアイランド現象の緩和にもつながります。

ホコリなどがたたないので周りに迷惑をかけることも避けられます。目で見てもコンクリートに比べると自然にあふれていて緑があることによりリラックスできる環境となることも良いところと言えます。芝にすることによるメリットはとても多いです。ホームセンターなどでも大体のところでは販売されているので、

手軽に手に入り、自分で庭に芝をつくることもできます。初心者でも比較的簡単にできることや、手入れもホームセンターにある草刈機などでできるので業者に頼む必要がありません。手入れにかかる費用がかからないので、家の庭にも取り入れやすいのが特徴の一つと言えます。水たまりができにくいので、庭にはぴったりというのも頷けるところなのではないでしょうか。

pixta_seroumu

フィロデンドロン・セロウム(Philodendoron bi...

フィロデンドロンとはギリシャ語で「木を好む」という意味を持つ言葉です。セロウムはサトイモ科に属するフィロデンドロン属の仲...

pixta_kiwano

キワーノの育て方

キワーノはウリ科でつる性の植物です。名前については企業の商標登録によってつけられたものですのでこれが正式な名称ではないよ...

pixta_kyuuri

夏野菜の育て方と種まき

今では、ベランダや小さい空きスペースを使って、自給自足生活を楽しむ人が増えています。種をまき、または小さな苗から育ててい...

pixta_yamahotarubukuro

ヤマホタルブクロの育て方

キキョウ目キキョウ科キキョウ亜科ホタルブクロ属の植物で、花の色は紫色や白い色のようです。学名はカンパニュラ・プンクタータ...

pixta_godetia

ゴデチアの育て方

ゴデチアは、アカバナ科イロイマツヨイ族の植物の総称です。現在では、北米西海岸を生息地の中心としており、20種類もの品種が...

pixta_motinoki

モチノキの育て方

モチノキは樹皮から鳥や昆虫を捕まえるのに使う粘着性のあるトリモチを作ることができるため、この名前がついたといわれています...

pixta_kokerui

コケ類の育て方

特徴としては乾燥にも強く様々な環境の中で生きていく力が他の植物よりも強いところがあげられます。光と水だけで育成できること...

pixta_matorikaria

マトリカリアの育て方

花の特徴は、キク科のヨモギギク属とされています。タナセツム属に入ることもあります。園芸分類としては草花に属します。形態と...

pixta_baikakaramatu

バイカカラマツの育て方

バイカカラマツとはキンポウゲ科の植物で、和風な見た目やその名前から、日本の植物のように考えている人も少なくありませんが、...

pixta_afendra

アフェランドラの育て方

アフェランドラはキツネノゴマ科でアフェランドラ属に属します。ブラジル、ベネズエラ、エクアドルなどの熱帯、亜熱帯アメリカを...

スポンサーリンク

pixta_yagurumagiku

ヤグルマギクの育て方

この花の特徴としてはまずは菊の種類であることです。キク目...

pixta_yukka02

ユッカ(Yucca)...

ユッカは丈夫で、育て方もそれほど難しくありません。日当た...

pixta_ipomea

イポメアの育て方

ヒルガオ科サツマイモ属の植物です。一般的にはサツマイモの...

pixta_ingen_01

さやいんげんの育て方

中南米が最初の生息地であり、中央アメリカが原産といわれて...