サツマイモの栽培方法

サツマイモの栽培方法

サツマイモは家庭菜園初心者の方でも比較的手軽に栽培できる作物です。サツマイモの栽培はゴールデンウィーク前後から行いますが、地域によっては雨季とも重なりますので、良く晴れた日に植え付けることをお勧めします。

サツマイモの品種

良く出回っている「紅あずま」をはじめ、近年その濃厚な味わいで注目されている「安納芋」やホクホクとした食感の「黄金千貫」などがあります。沢山の品種を数株ずつ植えるのもいいですし、数種の品種を大量に植えるのも、収穫の時は楽しみとなります。

さつまいもの育て方が凄く良くわかります♪

サツマイモの育て方

ではサツマイモの育て方を見てみましょう。サツマイモは芋のツルの部分を園芸店やホームセンターなどで購入するか、昨年の芋からツルを伸ばして用意します。サツマイモの種まきなどは行いません。まず堆肥と化学肥料を適量に混ぜ、よく漉いてから畝を立てます。

場合によっては堆肥などの肥料は入れなくても良い場合があります。肥料の代表的な要素として「チッソ」「カリ」「リン酸」などがありますが、チッソと言う肥料をやりすぎると「ツルボケ」と言う状態になり、ツルばかり育ち、肝心のイモの部分が大きく成長しない場合もあります。

逆にカリという栄養素をたくさんやることでイモの部分が大きく成長します。専用の堆肥なども販売されていますので利用されると失敗がなくて済みます。黒マルチを利用して地温を上げる方法も、成長を手助けする有効な方法です。

サツマイモの栽培時の注意点

次に畝の高さは比較的高くした方が良いでしょう。雨季になると水捌けの悪い地質の畑では、畝が水没してしまうことがあり、長期間にわたると腐ることもあります。畝の高さはなるべく高くしましょう。

畝を作り終えたら、ようやく植え付けです。植え付けの方法として小さい小粒のサツマイモが成る「水平植え」や、大きなサツマイモが数個成る「垂直植え」などいくつかあり、その成り具合と作数を計算して植え付けます。

サツマイモはあまり病害虫に蝕まれることは少ないのですが、「ネコブセンチュウ」という病気に侵されると、根にコブの様なものができ、最終的には枯れてしまうことがあります。この場合は他のイモに感染しないうちに、引き抜いてしまいましょう。

またツルが伸び出すとすごい勢いで伸びて、そのツルから根が張り、栄養が他に回ってしまう(不定根)ので、伸びた先のツルが根を張らないように「つる返し」という作業を行います。こうすることでイモが大きく育つことになります。

約半年ほどかけて地中に手大きく成長するサツマイモは10月から11月が収穫の最適期となります。霜が降り始めるころまでには全部収穫してしまいましょう。サツマイモは寒さに弱いので、収穫後は家で保管するか、穴を掘って地中に埋めるのも方法です。

サツマイモの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:サツマイモの育て方

pixta_mokkoubara_01

モッコウバラの育て方

花の中でも王様と呼ばれるほどバラに魅了される人は多いです。そのためガーデニングをはじめる際にバラを育ててみたいと思う人は...

pixta_serinsemayoru

セリンセ・マヨールの育て方

セリンセ・マヨールは、セリンセの園芸品種です。セリンセはムラサキ科キバナルリソウ属の一年生です。「黄花瑠璃草」という和名...

pixta_karasuuri

カラスウリの育て方

被子植物に該当して、双子葉植物綱になります。スミレ目、ウリ科となっています。つる性の植物で、木などにどんどん巻き付いて成...

pixta_katoreakoku

カトレア・コクシネアの育て方

カトレア・コクシネアは、ブラジルの中でも、標高1,000mから1,500mという高地の中の雲霧林に自生している樹木に着生...

pixta_benkeisou

ベンケイソウの育て方

ベンケイソウは北半球の温帯や亜熱帯が原産の植物です。ベンケイソウ科の植物の種類は大変多く、またその種類によって育て方は多...

pixta_kiturifune

キツリフネの育て方

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフネソウ科、ツリフネソウ属になっています。属性までツリフネソウと同...

pixta_brasinoki

ブラシノキの育て方

フトモモ科ブラシノキ属するブラシノキには34種類あるといわれ、オーストラリア全域からニューカレドニアが生息地です。低木か...

pixta_senpelbium

センペルビウムの育て方

センペルビウムはヨーロッパの中部や南部、コーカサス、中央ロシアの山岳地帯に分布している植物で、ヨーロッパやアメリカでは栽...

pixta_ivyzeranium

アイビーゼラニウムの育て方

アイビーゼラニウムは南アフリカのケープ地方原産の植物です。科名はフウロソウ科で、テンジクアオイ属です。テンジクアオイ属は...

pixta_ekizakamu

エキザカムの育て方

エキザカムはリンドウ科の植物で、別名でベニヒメリンドウ、エクサクムと呼ばれることもあります。 属名の Exacum は、...

スポンサーリンク

pixta_mokubyakkou

モクビャッコウの育て...

日本では、神の島「久高島」の浜辺に群生していることで知ら...

pixta_beet

ビート(テーブルビー...

ビートの歴史はとても古く、紀元前より利用されています。始...

pixta_sebrina11

ゼブリナの育て方

ゼブリナは、ツユクサ科トラデスカンチア属で学名はTrad...

pixta_sirobanahebiitigo

シロバナノヘビイチゴ...

シロバナノヘビイチゴの特徴は何と言っても、その花が白いこ...