観葉植物と盆栽の育て方と栽培時の注意点

観葉植物と盆栽の育て方と栽培時の注意点

空前のガーデニングブームにより、観葉植物や盆栽と言った家庭で楽しめる植物が流行しています。簡単な知識と栽培方法を用いて育てられるとあり、多くの人に人気があります。趣味や娯楽として楽しむ人も多く、その世界を知れば知るほど面白いため、好きが高じて長年続ける人もいます。

植物の原産国の気候を知る

それほどの魅力を持つ植物は、とても繊細で綺麗であるため育てがいのある楽しい世界です。観葉植物を栽培する場合、原産国の気候を知る事が大切です。気候によって育て方が異なるため、購入した時は気温や湿度、環境についての詳細をよく聞く事が重要です。

気温が高く熱い国は、強い日差しを好みます。そのため急激に気温が下がる季節は、気温に注意して保管する必要があります。逆に寒い気候で育った植物は、寒さには強いですが、真夏の日差しや高温には耐えられないため、日陰のある場所に置くか、温度管理したハウスで栽培する必要があります。

また観葉植物は毎日水やりを行いますが、水の与えすぎは植物を腐らせる原因となる場合もあります。そのため水の管理も徹底して行う事が大切です。そして中高年に絶大な人気を誇るのが盆栽です。

盆栽の育て方

盆栽の世界は奥深く、日本に昔から愛されている松やケヤキ等の正統派から、中国から伝わってきた輸入品種まで、多くの種類が存在します。それぞれ管理方法が異なるため、育て方をよく知り技術を磨く事が大切です。盆栽はとてもデリケートな物です。

徹底した気温管理、肥料や土の管理、湿度調整や芽切り等、挙げればきりが無いほど作業があります。また定期的に肥料を与えないと、枯れてしまう可能性があるため、常に状況を把握し管理する必要があります。盆栽には大小があります。大きな盆栽はとても樹勢が強く、肥料食いでもあります。

盆栽の手入れの重要性

しかし正しい管理の下、栽培を行えば何十年も生き続けるため、管理する人によって寿命は決まります。幹の太さが年齢にあたるため、キチンと管理する事で太くて丈夫な樹を育てる事が可能です。小さな盆栽は一見簡単そうに見えますが、とても難しい面があります。

それは小さいながらも樹勢良く仕上げるためには、こまめな管理が欠かせないからです。小さい盆栽なのに立派に見える盆栽は、かなり手を掛けて作られています。幹を太く葉を青々しく見せるために、様々な手入れが必要になるためです。

盆栽は手は掛かりますが、育て方次第では、何十万円と言う価値を生みます。趣味として楽しむ人もいれば、商売として売り込む人もいる、それぞれの接し方があります。人間と同じで植物は息をしており、生きています。そして手を掛けただけ応えてくれるため、非常にやりがいを感じます。年月を経る事で感慨深い気持ちになれます。

観葉植物など花の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:コクリュウの育て方
タイトル:バニラの育て方
タイトル:アグラオネマの育て方
タイトル:ドラセナ・フラグランスの育て方

pixta_rabenda

ラベンダーの育て方

ラベンダーはシソ科の植物で、精油などにもよく使われています。実はこのラベンダーの精油はなんと古代ローマ時代から使われてい...

pixta_naganegi_01

誰でもできる植物の栽培法、育て方

植物を初めて栽培すると言う事は、育てたことがない人 にとっては育て方もわからずなんだかハードルが高く感じるものです。そん...

pixta_sankirai

サンキライの育て方

英名は「Chinaroot」で科目はサルトリイバラ科です。原産国は日本や中国、朝鮮半島、インドシナ半島などのアジアを主な...

pixta_dikkia

ディッキアの育て方

まだまだ我々日本人にとって馴染み深いとは言えない植物、ディッキア。数多くの種を保有する植物群のなかでも、かなり特徴的な形...

pixta_graptpetarm

グラプトペタラムの育て方

グラプトペタラムは様々な品種があり日本ではアロエやサボテンの仲間として扱われることが多く、多肉植物の愛好家の間でとても人...

pixta_shikuramen

植物の育て方について述べる

世の中に動物を家で飼っている人は多くいます。犬や猫、爬虫類などを飼って家族と同然の扱いをして、愛情深く飼育している場合が...

pixta_senesio

セネシオ(多肉植物)の育て方

植物としては多年草に分類されます。キク科に属しており、つる植物という独特な分類になっています。これは種類が非常に豊富にあ...

pixta_tomato02

トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害...

pixta_riceflower

ライスフラワーの育て方

ライスフラワーの特徴として、種類としてはキク科、ヘリクリサム属になります。常緑低木です。草丈としては30センチぐらいから...

pixta_beet

ビート(テーブルビート)の育て方

ビートの歴史はとても古く、紀元前より利用されています。始めは野生種の先祖型にあたる植物を薬草として利用されていて、ローマ...

スポンサーリンク

pixta_meranpojiumu

メランポジウムの育て...

メランポジウムはメキシコや中央アメリカを原産としていて、...

pixta_yagurumasou

ヤグルマ草の育て方

ヤグルマギクとも言われていて、キク科ヤグルマギク属のひと...

pixta_satumaimo

サツマイモの栽培方法

サツマイモは家庭菜園初心者の方でも比較的手軽に栽培できる...

pixta_tougan

トウガン(ミニトウガ...

トウガンは漢字で書くと冬瓜と書きますが、冬の瓜と言う事か...