イキシオリリオンの育て方

イキシオリリオンの育て方

花については被子植物、単子葉類になります。クサスギカズラ目とされることがあります。ヒガンバナ科に属するとされることもあります。この種類としては基本的な4種があり、変種が一つ見つけられているとされています。寒い地域が生息地になっていることもあり耐寒性についてそれなりにあるとされています。

育てる環境について

栽培において育てる環境としてはどういう場所が必要になるかですが、日当たりのいいところ、水はけの良い所を選ぶようにします。耐寒性については、それなりにある、半耐寒性があるともされています。この辺りについてはどれくらいが目安なのかわかりにくいかもしれません。冬の寒さの基準としては、霜に当たらないところが前提となります。

朝などにおいて寒さから霜がおりるようなところになると屋外での栽培を考える必要があります。もちろん栽培ができないわけではありません。室内管理などで対応すればよいでしょう。その他には強い寒さに当てないようにした方がいいとされています。冷たい風が吹くようなところでもあまり良くないと言えるかもしれません。

屋外においても軒下であったりベランダなどで風を防ぐことが出来るようなところであれば育てることができそうです。ちょっとした寒さ対策が出来るならそこで育てるようにします。冬よりも気になることとしては夏越えとされています。耐暑性に少し問題があるとされています。秋に植えて冬を越し、春から夏にかけて花をつけます。

そして夏を迎えることになります。夏においてダメージが大きくなると株を弱らせることにもつながりますから、管理をきちんとしていく必要があります。夏の暑さに関しては気温そのものよりも直射日光を避けるようにする、西日に気をつけるなどのことをするだけでかなりの部分は管理が可能異なるとされています。

種付けや水やり、肥料について

育て方として土においてはどのような土を用意するかでは、市販の花と野菜の土を利用することができます。水はけがいいようにするのであれば赤玉土をメインにして腐葉土を配合させるタイプでも育てることが可能になります。植え付けにおける注意としては、秋に植えます。球根を複数植え付けるときには5センチ位間を空けるようにしたほうが良いとされます。

植えるときの深さについても5センチほど下げます。球根においては表面で管理するタイプもあればきっちり土の中に埋めたほうが良いタイプがあります。こちらについてはしっかりとしたほうが良いタイプになりそうです。根などが多く張るわけではないので、外からの見た目を重視して植えるとよいでしょう。群生したように咲かせるときれいになります。

水やりとしては、土が乾いてきたら水を与える方法です。管理としては乾かしながら育てるとされています。乾燥に強いタイプで、水は最低限で問題ありません。水を与え過ぎないようにする必要があるとされています。庭植えにおいては雨水などがあるのでそれで十分管理をすることができます。

この花に関しては夏の前に花を終えます。そうすると地上部は枯れます。そして球根のみが土の中に残ります。この時期については一切水を与えないようにします。場合によっては腐ってしまうこともあるので注意が必要になります。肥料は秋辺りに即効性があるタイプを利用します。春の開花時期にも液体肥料を与えます。

増やし方や害虫について

この花については球根による多年草となります。秋に植え、冬から春にかけて生育します。春に花がつくとその後夏前に地上部分が枯れてその後夏には休眠になります。夏は暑さに強くないとされていますが、地上ではほとんど生育しませんから暑さへの影響は少なそうです。夏においては暖地では掘りあげて日陰で管理をするようにします。

増やす方法としてはこの球根を利用することがあります。球根が増えているならその球根を分けることで増やせる場合がありますからそれを利用するようにしてみましょう。完全に2つに割れるようなことはありません。小さいタイプができていればそれを少しずつ大きくするようにして咲かせるようにします。すぐに咲くようになるわけではありません。

夏においては掘り上げるかどうかの判断があります。水を与えない環境は良いとしても、雨が降ったりするとどうしても過湿状態になることがあります。雨が多いようであればあげておいたほうが良くなります。そのときに球根の様子を確認して、増やせるようなら分けて管理をするなどが必要になります。

種や球根を購入して増やすかどうかですがあまり出回りにくいとされています。花屋さんで購入するよりもインターネットショップなどから購入したほうが確実かもしれません。病気であったり害虫に関してはあまり心配する必要がないとされているので、育てやすい部類とされています。他の花の色との兼ね合いで育てたい花になるでしょう。

イキシオリリオンの歴史

花においては赤や黄色、白などの色が多いように感じます。その他には紫や青などの珍しいタイプの色の花もあります。それでもそれぞれの花において特徴的な色としてその色がついていることもあります。どういった色の花がきれいに見えるかについてはそれぞれの人によって好みが異なってきます。一概にいえない部分もあるでしょう。

青色の色がきれいに付く花としてはいくつかありそうです。その一つとしてあるのがイキシオリリオンと呼ばれる花かもしれません。見た目に非常にきれいな青色の花をつけることで知られています。原産地としては中央アジア、トルコ、ロシアの南部の地域においてとされています。

日本においても比較的気候がよく似ているところになるかもしれません。この花の名前の由来としては茎や葉がある植物に似ていることから言われることがあります。それはイキシアと呼ばれる植物になります。そして花に関してはユリに似ているとされています。そのことからそれぞれの名前が組み合わされるようになってこの花の名前の由来となっています。

別の呼び名としては特別ありません。発音上の違いからイクシオリリオンと呼ばれることがあるかどうかがあるようです。別にはシベリアンリリーと呼ばれることがあります。シベリアの付近などにおいても見られることがあるからこのように付けられることになったのでしょう。シベリアといいますと非常に寒い地域として知られるので寒さに強そうです。

イキシオリリオンの特徴

花については被子植物、単子葉類になります。クサスギカズラ目とされることがあります。ヒガンバナ科に属するとされることもあります。この種類としては基本的な4種があり、変種が一つ見つけられているとされています。寒い地域が生息地になっていることもあり耐寒性についてそれなりにあるとされています。

球根タイプの花で、秋植えで育てるのが基本になっています。花としては4月から5月くらいに咲きます。花の色の特徴として青色です。美しい青色の花が咲くので非常に人気にもなっています。草の高さとしては30センチぐらいから40センチぐらいとされています。寒さには強いとされていますが、

耐暑性についてはあまりないとされていて日本での栽培については難しいとされることもあります。球根自体は多く出回っています。花の特徴としては6枚ぐらいの花びらがつきます。根本からしっかり開くタイプではなく、花びらの3割近くは根元の部分でまとまっていて、後の7割が開くような咲き方になります。

咲いてくると徐々に反り返るように花びらが広がっていきます。花の色においては青一色で白が入ったりするわけではありません。まさに真っ青な状態で咲きます。時間が経てば色も変化してきますが、つぼみの状態からある程度同じ花の色を維持してくれる花と言えます。葉っぱに関しては根元から出るタイプになります。細いタイプの葉っぱですが、それが花の一ぐらいまで届くようなことがあります。

pixta_satoimo

サトイモの育て方

サトイモの原産地はインド東部からインドシナ半島にかけてだと考えられています。少なくともインドでは紀元前3000年ごろには...

pixta_violla

ビオラの育て方

ビオラの生息地は世界中に広がっており、温帯地帯に500種ほどが自生しているとされ、私たちにとってもっとも身近な植物の一つ...

pixta_nira

ニラの育て方

東アジア原産で、中国西部から東アジアにかけての地域が生息地と考えられます。中国では紀元前から栽培されており、モンゴル、イ...

pixta_eremurusu

エレムルスの育て方

花の特徴では、ユリ科に該当します。花が咲く時期としては4月から7月になります。咲き方としては1年を通して咲く多年草になり...

pixta_sasage

三尺ササゲの育て方

三尺ササゲは別名ジュウロクササゲ、長ササゲともよばれるマメ科ササゲ属ササゲの亜種で見た目はインゲンのようですが別の種類に...

pixta_seironraitexia

セイロンライティアの育て方

セイロンライティアはキョウチクトウ科の植物となります。白くてかわいらしい花がとても素敵なのですが、原産はスリランカとなっ...

pixta_sidareume

しだれ梅の育て方

しだれ梅は原産が中国であり、古くから観賞用として親しまれている木のひとつです。しだれ海の原産は中国ですが、現在では日本で...

pixta_anzu11

アンズの育て方

アンズはヒマラヤ西部からフェルガナ盆地にかけてを生息地としている、バラ科サクラ属の落葉小高木です。英名ではアプリコットと...

pixta_kobaikesou

コバイケイソウの育て方

この植物は日本の固有種ということですので、原産地も生息地も日本ということになります。わたぼうしのような、まとまった小さな...

pixta_patyuri

パチューリ(パチョリ)の育て方

パチューリ(パチョリ)はインドネシアとフィリピンの二ヶ所を原産地とするハーブです。名前の由来はタミル語で「緑の葉」の意味...

スポンサーリンク

pixta_amondo

アーモンドの育て方

アーモンドの主要である、カリフォルニアでは、どのようにし...

pixta_tiranjia

チランジアの育て方

チランジアは中央アメリカや南アフリカ、西インド諸島などを...

pixta_yuriopsuteji

ユリオプスデージーの...

特徴として、キク科、ユリオプス属になります。南アフリカを...

pixta_benjamin

ベンジャミン(Fic...

ベンジャミンの原産地はインドや東南アジアです。クワ科イチ...