ブルーレースフラワーの育て方

ブルーレースフラワーの育て方

ブルーレースフラワーはオーストラリア西部を原産とする植物です。現在では色々な地域で栽培されていますが、もともとはオーストラリア西部が原産です。東南アジア諸島あたりも生息地としています。

育てる環境について

日当たりの良いところで水はけの良いところを好みます。日照が多く、温暖な気候を選び、あまり高温になるところは好みません。どちらかというと多湿に弱い傾向があります。多湿にい弱いですから、梅雨の時期には注意が必要です。梅雨以降になると湿度が高くなりますから、

この時期に掃かれやすい傾向があります。涼しい地域であれば夏でも育てることができますが、一般的な平地の暑い地域で夏に育てるのは難しいです。寒さについては、0度以上であれば育てることができます。寒すぎて土壌が凍ってしまうといった状況が最悪の状況で、

こうなると枯れてしまう可能性があります。霜よけはしておいた方が良いでしょう。昼の長さが長い状態で花を咲かせる植物です。冬は日照時間が短くなりますから、そのままでは花を咲かせることはありません。冬に花を楽しみたいと考えるのであれば、明かりを照らすのが良いです。

庭植えとして育てることもできますし、鉢植えとして育てることもできます。多湿を嫌い、根腐れしやすい傾向がありますから注意が必要です。鉢植えの場合には根腐れしないように気をつける必要があるでしょう。庭植えの場合には特に心配はありませんが、

やはり多湿にならない場所を選んで植えておいた方が良いです。外に置くときにも、たとえば雨の当たらないところにおいたほうが良いです。特に梅雨の時期には軒下に鉢を並べるのが良いです。背丈が大きくなりますから支柱があると良いです。

種付けや水やり、肥料について

ブルーレースフラワーは、種が販売されていますし、また苗も販売されています。種から育てる人も多くいます。種を蒔くときには、5センチくらいの間隔をあけます。5ミリくらいの土をかぶせておきます。発芽して本葉が2枚から3枚くらいになってきただんかいで鉢上げします。

3号ポットくらいで良いでしょう。さらに、本葉が8枚から10枚くらいになってきたら植え付けます。20センチから30センチくらい開けると良いでしょう。庭植えの場合には、堆肥や腐葉土などをすき込んだところへ植え付けます。肥料は全体的に控えめにします。

原肥だけでも問題はありません。肥料を与えるとすれば固形肥料を春に与えます。水やりについては、乾き気味に管理をするのが良いでしょう。湿度の高い状態が長く続くと根腐れしやすくなりますから、用土が乾き始めてから水を与えるようにします。

雨が長く続く時期には、軒下におくなどして、雨がかかりすぎないように注意しましょう。庭植えの場合には、植え付けをするときには水で土壌を安定させることは必要ですが、それ以外の時期にはわざわざ水やりをする必要はありません。水をやりすぎると根腐れしやすいですから注意が必要です。

それとともに、肥料を多く与えすぎると根腐れしやすくなりますから注意が必要です。肥料を多く与えすぎると、成長が良くなって長い崛起になることが多いです。弱くて長い茎になり、倒れやすくなりますから、見た目はあまり美しくはありません。

増やし方や害虫について

基本的には種で増やしていきます。20度くらいになれば発芽します。暖かい地域では秋に蒔き、寒い地域では春に蒔くのが基本です。種を蒔いて、少し育ったのなら移植しますが、移植を好まない傾向がありますから良く注意しましょう。本葉が3枚くらいになったときに移植しますが、

このときには根を切らないように、慎重に行いましょう。病気や害虫についてですが、まず灰色カビ病にかかりやすい傾向があります。灰色カビ病になると水がしみたようになります。灰色の胞子が発生して被害が拡大していきますから注意が必要です。

薬で対処するしかありません。しかし、頻繁に薬を散布していると、耐性を持つものが現れます。薬を散布して対処する場合には、一種類の薬だけを用いるのではなくて、複数のものを使い分けていくのが良いです。また、感染した部分は早めに摘み取ります。

風通しが悪くて多湿の状態になると発生しやすい傾向がありますから、風通しを良くして乾燥気味にすることが必要とされます。花が咲き終わったらすぐに摘み取るなどして、病原菌が入ってこないようにしましょう。風通しが良い状態で、用土た多湿ではない状態であれば感染する可能性は低くなります。

害虫についてはアブラムシがつくことがあります。ブラ虫は新芽やつぼみにつくことが多いです。見つけたらすぐに薬剤で撃退しましょう。市販されている薬剤を用いれば良いです。よく観察して見つけたらすぐに防除するのが良いです。

ブルーレースフラワーの歴史

ブルーレースフラワーはオーストラリア西部を原産とする植物です。現在では色々な地域で栽培されていますが、もともとはオーストラリア西部が原産です。東南アジア諸島あたりも生息地としています。ブルーレースというのは、もともとはお守りに使われていた宝石を挿します。

青みがかった球状の宝石つぃて用いられていました。古くから宝石として用いられていたブルーレースに花の形が似ています。レースフラワーの名前で出回っているものはいくつかの種類がありますが、そのうち白い花をつけるものはヨーロッパを原産とするものです。

それに対して、ブルーレースフラワーは、オーストラリアを原産とするという点で異なっています。もたらされた地域が異なると言うことも考えれば、似たような花ではありながらも、育つ環境は少し異なります。花の形が休憩になるというのが特徴的です。

色はいくつかの種類がありますが、歴史的に見れば青いものが最も古いと考えるのが自然です。そして、色素に関する遺伝子の変異によって、ピンク色のものや白いものができるようになったと考えられます。このような色の歴史については細かくは記録されていませんから、

分からない部分はありますが、他の園芸品種などを見てみると、おそらく原種の青いものからしろ、またはピンクのものが生じたと考えられます。花の形状は球状になるものが多いですが、傘状になるものもあり、品種によっていくらかの違いはあります。

ブルーレースフラワーの特徴

ブルーレースフラワーは球状の美しい花を咲かせます。優しい雰囲気が人気を集めているようです。種から育てる一年草で、春に蒔いても良いですし、秋に蒔いても良いです。育て方は一般的な花と同じで難しくはありません。園芸用のものとして流通していますが、

フラワーアレンジメントに適していると言うこともあって、切り花も流通しています。花は球状に見えますが、これは小さい花がいくつもああ詰まっていて球状になっています。直径5センチから7センチくらいになりますからかなり大きな花のように見えます。

一般的には薄い青色のものが流通していますが、品種改良によってピンクや白のものもあります。草丈は60センチから1メートルくらいにまでなることもあります。切り花は年間を通して流通していますが、開花するのは5月から6月ごろです。寒さに対してはそれほど強くはありませんが、

ある程度の耐寒性はあります。ただ、霜がつくと弱ってしまいますから、霜よけは必要でしょう。耐暑性についてもそれほど強くはありませんが、高温多湿になるような状況を避ければ、問題なく栽培することができるでしょう。

種から育てていく人が多くいるようですが、園芸店などでは苗が出回ることもあります。花が策のはごく短い期間です。開花期間は短いですし、また花持ちも悪いことが少し残念ですが、美しい花を咲かせることからフラワーアレンジメントなどに用いられるなど、重宝されています。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ベゴニア・センパフローレンスの育て方

pixta_koruderine

コルディリネ(Cordyline)の育て方

屋内で育てる場合には鉢植えになりますが、葉の色彩を落とさないためにも、日に充分当ててあげることが必要です。5度を超え、霜...

pixta_mikania

ミカニアの育て方

こちらについては比較的身近な花と同じ種類になっています。キク科でミカニア属と呼ばれる属名になります。育てられるときの園芸...

pixta_satumaimo

サツマイモの栽培方法

サツマイモは家庭菜園初心者の方でも比較的手軽に栽培できる作物です。サツマイモの栽培はゴールデンウィーク前後から行いますが...

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近まで続いていたということですが、世界に広がったのは意外に遅く、ア...

pixta_brnnera

ブルンネラの育て方

ブルンネラはユーラシア西部を原産とするムラサキ科の多年草です。ブルンネラという名前は、スイスの植物博士であるブルナーから...

pixta_miyakowasure

ミヤコワスレの育て方

ミヤコワスレ日本に広く生息している花ですが、もともとはミヤマヨメナという植物を指しています。日本では広く分布している植物...

pixta_okura_01

オクラの育て方

アオイ科に属する野菜で、原産地は、マントヒヒの生息地で知られるアフリカ北東部です。エジプトでは紀元前から栽培されていまし...

pixta_komatsuna

コマツナの育て方

コマツナの歴史は国内では江戸時代まで遡ります。東京の江戸川区の小松川で栽培されていたことが、小松菜という名前になった由来...

pixta_endou_02

初心者でも栽培しやすいえんどう豆の育て方について説明します。

えんどう豆の栽培は、マメ科なので前回マメを育てた場所での栽培は避けた方が無難です。しかし、えんどう豆は日当たりが良く水は...

pixta_kuko

クコ(キホウズキ)の育て方

この植物はナス科クコ属の落葉小低木ですが、ナスの仲間ということで、その実からは何となく似ているかなという感じですが、色は...

スポンサーリンク

pixta_ichigo_01

イチゴを種から育てる

甘酸っぱい味わいが特徴のイチゴの栽培方法として、市販され...

pixta_torikabuto

トリカブトの育て方

トリカブトは日本では”鳥兜”または”鳥冠”の由来名を持っ...

pixta_dexikerosutenma

ディケロステンマの育...

ディケロステンマは原産が北アメリカ西海岸のワシントン州西...

pixta_sanginaria

サンギナリア・カナデ...

サンギナリア・カナデンシスとはケシ科サンギナリア属の多年...