ツニアの育て方

ツニアの育て方

この花の特徴はラン科です。園芸分類としてもランになります。見た目もランらしい鮮やかで豪華な花になっています。多年草で、草の高さとしては1メートルほどになることがあります。花が咲くのは通常のランの種類のように冬ではなく夏の6月から7月とされています。花の色としては白色、薄いピンク色などがあります。

育てる環境について

育て方として、環境としてはどのようなところがよいでしょうか。生育期においては日光が当たる所が良いですが、直射日光の基では葉っぱが焼けます。また生育が衰えることがあります。耐暑性はあっても直射日光をそれ程好みません。春と秋など気候が安定しているときは明るい日陰を利用します。直射日光は当たらないけどもそれなりに明るさのあるところです。

夏においては広葉樹の下などに置きます。広葉樹は夏には葉っぱが生い茂りますからその下は結構涼しく感じることがあります。そこに風が吹いたりすると自然のクーラーのような場所になります。このようなところに置くのが良いとされています。明るい日陰を勘違いしてしまうが完全な日陰に置こうとする人がいます。建物の北側や、塀などの真下、軒下など全く光の差し込まないようなところです。

光が全く当たらないとそれはそれで弱る原因になります。日当たりは好きでも直接当てないようにすると考えるといいでしょう。この花は夏に咲きます。そして秋になると落葉します。そして冬には休眠に入ります。一般的なランといいますと最低温度で15度や10度などかなり屋外管理が難しいとされています。

しかしこの花は最低温度が3度ぐらいとされています。本州の太平洋側であれば十分冬越をすることが出来る耐寒性です。休眠の時は生長が止まりますから水やりも要りませんし日差しなどに当てる必要はありません。鉢から出して管理するのが良いとされます。

種付けや水やり、肥料について

栽培するときにおいては植木鉢で育てるようにします。ランにおける定番として使うミズゴケを利用します。ラン用の土として知られるバークを利用することもありますが、バークのみは問題です。それはすぐに乾燥してしまうからです。それなりに水分をキープできる必要があるので、バークを用いるときもミズゴケと一緒に使うようにします。

バークの代わりにおいてはヤシ殻を使うこともあります。水やりは休眠明けから行います。この花は冬の寒い時には休眠に入り、その間は育たないために水やりは一切行いません。掘りあげて、新聞紙などに包んで保管することもあります。そのままにすることもありますが、どちらにしても休眠から明けたときに開始するようにします。

新芽が伸び始めるのは3月から4月ぐらいになります。その頃から花が咲き終わる夏頃までは表面が乾いたらしっかり水をあげる考えで水を与えていきます。ミズゴケなのでそれなりに保持はしていますが、足りなくならないように与えるようにします。花が終わったら水の量を少しずつ減らし、冬になったら完全に水を与えません。

肥料については生長しているときにいかに与えるかが勝負とされています。花を長く楽しもうとすれば丈夫でスタミナのある花にしなければいけません。そのために生長期に与えるようにします。5月頃に1回株元に固形タイプのものを与えます。液体肥料については10日1回ほどを秋にかけて与えていくようにします。

増やし方や害虫について

増やし方としては株分けをすることができます。バルブを節ごとに切ります。それをミズゴケで寄せ植え状態にしていきます。それぞれから芽を出すようになり、どんどん増えていくことがあります。バルブを適度な大きさに切ってミズゴケにおいておくだけで新芽が出てくることがあります。

通常は増やそうとすると結構大変ですが、増やそうとしなくてもいつの間にか増えていることもある植物になります。植え付けに関しては鉢植えでの栽培になります。植え替えをするのは春になる3月に行います。植木鉢においては冬の間については水は一切与えません。となるとミズゴケに関しても乾いている状態です。

そこに水を与えればまた使えそうですが、そのまま使ってはいけません。新しいミズゴケに取り替えてそれから育てるようにします。行っておく作業としては支柱を立てることがあります。この植物は植物自身の茎が結構太いです。ですからそれでも十分支えてくれますが場合によっては転倒してしまうことがあります。それを避けるためにも支柱を立てて、それに支えるようにします。

休眠からあけて春になると植えることになりますが、人によっては新聞紙に包んで管理するのを忘れてそのままにしていることがあります。すると新聞紙の中で新芽が出ていたりします。早めに土に植える必要があります。病気については特にかかるものはありませんし、害虫においてもそれ程発生するものがないとされています。寒さ管理も不要とされます。

ツニアの歴史

ランといいますと冬に花をつけるタイプが多いとされます。冬といいますと日本の寒い冬を想像することがありますが、比較的暖かい地域の冬ですから冬と言ってもそれなりに気温が高い状態です。日本のような寒いところにおいてはいくら冬に咲く花でも屋外で花を咲かせるのは難しい場合があります。

もっと言えばあまり暑い環境を好まないといったほうが良いかもしれません。熱帯や温帯は夏に非常に暑くなって、その他の季節は比較的過ごしやすくなります。日本で言えば春や秋のような気候が冬も続きその辺りで花を咲かせることになります。そのランの中でも夏に花を咲かせるタイプがあり少し珍しいとされています。

それはツニアと呼ばれる花になります。この花の原産は東南アジア、中国とされています。比較的日本に近いところを生息地としています。東南アジアでももっと細かく言えばインド北部、ミャンマー、タイ、中国南部などとされています。暖かい地域のようですが、標高が少し高いところで、千メートルから二千メートルぐらいのところで自生しているとされています。

高地に生息するタイプなので、涼しいところ、寒いところにおいてもそれなりに対応することが出来る花のようです。この花の由来としては、19世紀頃のランの収集家の名前から来ているとされています。ツン・ホーエンシュタインと呼ばれる人がいてその人からついた名前になっています。プリメリアナなどがよく知られている種類です。

ツニアの特徴

この花の特徴はラン科です。園芸分類としてもランになります。見た目もランらしい鮮やかで豪華な花になっています。多年草で、草の高さとしては1メートルほどになることがあります。花が咲くのは通常のランの種類のように冬ではなく夏の6月から7月とされています。花の色としては白色、薄いピンク色などがあります。

夏に咲くことから適度に耐暑性があります。ランといえばほとんどが耐寒性が無いと言ってもいいくらいあまり寒さには強くありません。この花も決して冬に強いわけではありませんが、高山で自生するくらいなのでその辺りの気候までは耐えることが出来るとされています。この花については、比較的太い茎が特徴です。

その茎がまっすぐ伸びて、その先に花がつくようになっています。葉っぱについては細いタイプのものが2列に付きます。花も見事ですが、葉っぱのみの時にも堂々とした面構えで鎮座する草と言ってもいいでしょう。とは言いながらなんといっても花が見事になります。花の大きさとしては10センチぐらいです。まず花の中心に筒状の花びらが付きます。

筒状の内側が派手なピンク色で、外側もそれが透けるように薄いピンク色になっています。これがメインの花びらになりますが、その花びらの周りにも花びらがついています。白色の花の時は真っ白の花びらが付きます。枚数としては8枚ぐらいつくことがあるでしょう。横に広いタイプではなく、細長いタイプの花びらになります。

pixta_ionopsis

イオノプシスの育て方

イオノプシスとはメキシコ〜南アメリカなどを原産地とする多年性草本です。ブラジルから西インド諸島へと分布し、ガラパゴス諸島...

pixta_matubagiku

マツバギクの育て方

原産地が南アフリカなどの砂漠地です。日本には明治の初期に暖地で広がりました。マツバギクは葉が松葉のような形をしてサボテン...

pixta_rakkasei

ラッカセイの育て方

ラッカセイは、マメ科になります。和名は、ラッカセイ(落花生)、その他の名前は、ピーナッツと呼ばれています。ラッカセイは植...

pixta_toritoma

トリトマの育て方

トリトマは、クニフォフィアと言う別名を持つ草花であり、以前はトリトマと呼ばれていましたが、最近ではクニフォフィア属(シャ...

pixta_ruritamaazami

ルリタマアザミの育て方

ルリタマアザミはアザミという名前がついていますが、アザミ属ではなくヒゴタイ属になります。茎と葉はアザミに似ているのですが...

pixta_gaura

ガウラの育て方

ガウラは北アメリカを原産地としている花ですが、北アメリカでは「雑草」と認識されているようです。主な生息地はアメリカ合衆国...

pixta_coffenoki

コーヒーノキ(Coffea arabica)の育て方

コーヒーノキには栽培品種ごとに年代や経路が異なっていることや、栽培されている過程での突然変異等によって作られた品種が数多...

pixta_ojigisou

オジギソウの育て方

オジギソウは非常に昔から日本人に好かれてきた植物です。そもそものオジギソウの名前の由来を見ると、触ると葉を閉じてしまって...

pixta_whiterace

ホワイトレースフラワーの育て方

この植物においてはセリ科になります。ドクゼリモドキ属となっています。宿根草ですから何年も花をつけることができますが、あま...

pixta_riiki

リーキ(無臭ニンニク)の育て方

ニンニクという名称がつけられる場合がありますが、ネギの仲間の野菜であるというのは記述済みです。焼きまんじゅうで知られてい...

スポンサーリンク

pixta_katorea

カトレアの育て方につ...

カトレアと言えば、バラと並んで花のクイーンとも言える存在...

pixta_ezomisohagi

エゾミソハギの育て方

エゾミソハギの特徴について言及していきます。原産地はヨー...

pixta_abokado

アボカドの種を植えて...

アボカドというと、「森のバター」や「バターフルーツ」と呼...

zukkini_01

ズッキーニの育て方

アメリカ南部付近、メキシコあたりまでが生息地であり原産地...