植物の育て方について

植物の育て方について

タイトルにもあるように、私達に生活に溶け込んでいる植物ですが、育て方や栽培方法はどのようにすれば、良いのでしょうか、一般的に人気がある植物は観賞用の植物となります。土に関して、土は水はけができるだけ良い物を選ぶことが重要となります。

植物の育て方

水はけが悪い土の場合、根腐れを起こしやすくなってしまい、花が枯れてしまうおそれがあるので注意が必要です。また、水はけが良い場合、保水性が少なくなってしまうので、頻繁に、水やりが必要となっていきます。ですが、植物の種類によって差がありますので、注意が必要です。

土の入れ替えについて、一般的に鑑賞植物は、一年に一度ほど入れ替えが必要になってくる場合があります。土は日にちがたつにつれて、老化していき、栄養分がない、スカスカな土になってしまうので、定期的に入れ替えが必要です。

また、入れ替えの際に長くな伸びてしまった、根をハサミ等で切ることも必要になっていきます。また、鉢の大きさが足りていないと感じた場合、大きな鉢に植え替えをすることも必要となっていきます。

植物の栽培時の注意点

日当たりについて、多くの植物の場合日光を好みますが、植物の種類によって差があるため、事前に調べておくことが重要です。さらに、日光を好む植物でも、あまりにも日が当たりすぎると、枯れてしまう場合がありますので注意が必要です、コツとしては日陰など適度に日が当たる場所に置くことが良いとされています。

冬の管理について、冬を外に放置してしまった場合、葉や茎の水分が、凍ってしまい、深刻なダメージを与えることがあります。ですので、昼に日光に当てたあとは、室内に移動することも大切です。

温度管理の重要性

室内に常時置いている場合でも、窓の近くなどでは、気温が低くなっており、ダメージを与えてしまう事がありますので、注意が必要であり、できるだけ温かいリビングや、自分の部屋に置くことが良いとされています。

さらに、室内観賞用としての場合、専用の鑑賞用ヒータを活用し、温かい環境を作ることも、非常に重要となっていきます。温度管理センサーやサーモスタットを活用することにより、温度が上がりすぎる心配がなく、設定した温度まで自動的に、調整をしてもらえるので、これらの観賞用ヒータを活用するの手です。

注意点として、小さなビニルハウスのような、空間を作る必要がある点です。これは、観賞用ヒータでは部屋など大きな空間を暖める程の能力が無いため、小さな空間が必要になっていきます。

栽培方法は、一般的に、花の形が良い個体を選び受粉させるのが、多いとされています、この作業を何年も繰り返し、良い個体だけをピックアップしていくことにより、年々自分好みの個体に近づくことができます。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:サザンカの育て方

pixta_turuumemodoki

ツルウメモドキの育て方

人間や動物には性別があります。見た目ではよく見分けすることができない魚や虫にもあります。植物にまであると知り、意外だと驚...

pixta_nezumimoti

ネズミモチ(プリベット)の育て方

ネズミモチ(鼠黐・Ligustrum japonicum)は、モクセイ科イボタノキ属の樹木です。 生長すると樹高が4~7...

pixta_makisiraria

マキシラリアの育て方

この花の種類としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科となっています。常緑の多年草となっているので、ずっと花を咲かせる...

pixta_fozagira

フォザギラ・マヨールの育て方

フォザギラ・マヨールは北アメリカ東部原産の落葉低木です。北アメリカに自生し、山地や森林などを生息地としています。学名はF...

pixta_sirobanatanpopo

シロバナタンポポの育て方

シロバナタンポポの特徴は、花の色が白色であることです。舌状花の数は他のタンポポと比べると少なく、1つの頭花に100個程度...

pixta_pakifitumu

パキフィツムの育て方

パキフィツムは、メキシコ原産の多肉植物です。ベンケイソウ科パキフィツム属の植物は、多肉植物の中でも、肉厚な種類として有名...

pixta_matunonakama

マツの仲間の育て方

マツの仲間の特徴としては、環境や種類によって様々に異なってくるものの、マツ属に含まれるものは、基本的に木本であり、草本が...

pixta_miyakozasa

ミヤコササの育て方

ミヤコササは、イネ科でササ属の多年草です。北海道の南部から九州までの太平洋側に生息していますから、山地でよく見るササ類で...

pixta_sennou

センノウの育て方

センノウは鎌倉時代の末か室町時代の初めごろ、中国から渡来したと言われている多年草です。中国名は「剪紅紗花」と書き、センコ...

pixta_iwakomagiku

イワコマギクの育て方

イワコマギクは和名としてだけではなく、原産地となる地中海海岸地方においてはアナキクルスとしての洋名を持つ外来植物であり、...

スポンサーリンク

pixta_nasu_01

ナスの育て方

インドが原産の植物といわれ、中国でも古くから伝わる植物で...

pixta_kurinsou

クリンソウの育て方

被子植物で、双子葉植物綱に該当します。サクラソウ目、サク...

pixta_kikyou

キキョウの育て方

キキョウとは日本史が好きな方なら、ご存知の方も多いことで...

pixta_chaibu

チャイブの育て方

チャイブは5000年ほど前から中国で食用として利用された...