クリンソウの育て方

クリンソウの育て方

被子植物で、双子葉植物綱に該当します。サクラソウ目、サクラソウ科、サクラソウ属になるので、かなりサクラソウに近い花といえるでしょう。花としては多年草になるので、根などは普通の状態においては枯れることなく次の年においても咲かせることができます。

育てる環境について

育て方として、栽培をするのであれば置く環境はどのように考えていけばよいかですが、よく知られているサクラソウに準じた方法でも問題はありません。ただし少し高さがありますから、それに対応した環境が必要になってくるでしょう。秋から春にかけては日がよく当たるところが良いです。

夏に関しては日当たりが必要になりますが、その他の季節のように直射日光を受けるようなところは避ける必要があります。夏においては日陰であったり半日陰になるところが最適です。自生をしているところにおいても、この花は自分の好みのところを選んでいるようです。落葉系の広葉樹の下などに自生することが多くなっています。

これらの樹木については、夏には葉っぱが大きく成長するので、その木の下は日陰になります。一方でその他の季節に関しては葉っぱが落ちたりするので日当たりが良くなります。自然においても成長にいいようなところを選んでいます。夏においては直射日光を避けるのと多湿状態も避けるようにしなければいけまえん。

蒸し暑い状態などをあまり好みませんですから風通しを良くするようにしなければいけないでしょう。花が咲き終わるまでは日当たりの良い場所で育てるようにし、花が終わった後については直接当たらないような明るい日陰、半日陰のようなところに移動するようにします。日当たりにおいて最も避けたいところとしては西日の当たるところです。暑さと乾燥の両方をもたらします。

種付けや水やり、肥料について

種付けをするときにおいてどのような用土などを必要とする家ですが、土質にこだわる植物では無いとされています。その面では育てやすいといえるかもしれません。土質以外においては水もち、水はけの良い土を選ぶようにします。その点においては鹿沼土を7割、軽石を3割にするタイプが求められることがあります。

この時の軽石に関しては日向土を利用しても問題ありません。これらを配合した土を用意します。植木鉢においても、直接庭に植えるような場合においても水もちについては考慮したほうがよいでしょう。庭土をそのまま使うのではなく、鹿沼土を混ぜてうえるようにするだけで保水力をアップさせることができます。

この花については、自生しているところでは小川のヘリなどを好みます。湿地に生息することが多い植物とされています。乾燥、水切れをしないようにしなければいけません。春から秋については花が咲いたり種がついたりと育成期になりますから、この時にはしっかりと水を与えるようにします。乾いてからだと少し遅くなることもあります。

夏場などは毎日定期的に、少し湿り気味に与えても問題はありません。冬はどうするかですが、この花は冬は休眠状態になります。では水は必要ないかですが、湿地では冬でもそれなりに水分があります。水があるから腐るようなことはありません。そのような環境を作るほうがいいので、あまり乾かさないようにしなければいけません。庭植えなら冬は水は必要ないでしょう。

増やし方や害虫について

水切れが心配な場合においては、植木鉢であれば受け皿を利用して水をためておきます。そうすればそこから水を吸い上げるので水切れになる心配がありません。これは腰水と呼ばれる管理の方法になります。ただしためておく水は取り替えたりして清潔に保つようにします。増やす方法としては株分けをすることができます。

多年草ですから株が残ってどんどん増えて成長します。それを利用するようにします。株分けをする時期として最適なのは植え替えの時期と同じになります。この花については、根の育成がかなり旺盛になります。そのことから1年から2年に1回ぐらいは植え替えをしないといけないとされます。時期としては新葉が出てくる前が良いとされています。

2月から3月ぐらいに行うようにします。その他に休眠に入る直前の9月から10月などに行うのも良いとされています。株分けもそれと同時に行うようにします。株が大きくなっているものについて、ナイフで一芽ずつ切り分けるようにします。切り分けたらそれぞれを鉢に植え付けるようにします。根がきちんと付くのを確認しなければいけません。

種まきについては花が終わったあとに採取します。発芽は一定の温度が必要とされているので必ず常に出来るわけではありません。通常は春に発芽するようになります。種を乾かすと発芽力が落ちるので湿らせるようにしておきます。害虫ではアオムシであったりヨトウムシなど葉っぱを食べるタイプが出てきます。

クリンソウの歴史

日本においてはお寺が多いとされています。日本におけるお寺は主に仏教の施設で、キリスト教の施設であれば教会になるでしょうし、イスラム教であればモスクなどになるのでしょう。日本においてはその中でもお寺が多くなっています。お寺に関しては特にどのように建てられないとの決まりはありません。

ですから今から建てられるお寺に関してはビルのような、マンションのようなところもあります。中に入るとお堂になっているようになっています。一方で昔ながらの寺院などもあります。お寺においては屋根の上にあるものが取り付けられていてそれは九輪、くりんと呼ばれることがあります。その九輪に似ていると言われている花があり、クリンソウと呼ばれています。

こちらの花については原産は日本とされています。生息地においてもんほんお北海道から本州、四国などにおいて見られる花とされています。この花の学名においてはプリミュラジャポニカと付けられています。ジャポニカは日本の事になります。日本産の、日本原産の意味の花になります。世界においては見られない花とのことで、日本特有の花と言ってもいいでしょう。

日本原産の花について、日本のお寺のある部部分が花の名前についているのはなんとも日本らしくて良いといえるかもしれません。外国的な名前の花もたくさんありますが、同じように並んでいるのであればより日本的な花を選ぼうとする人がいるかも知れません。外国の方でも人気のようです。

クリンソウの特徴

被子植物で、双子葉植物綱に該当します。サクラソウ目、サクラソウ科、サクラソウ属になるので、かなりサクラソウに近い花といえるでしょう。花としては多年草になるので、根などは普通の状態においては枯れることなく次の年においても咲かせることができます。高さに関しては50センチぐらいの花になります。

サクラソウ科の花の中では最も大きな部類になります。この花についてはかなり大型の葉っぱを持ってることが知られています。大きさとしては10センチから20センチぐらいとされています。この葉っぱについては鋸刃になっていて、ギザギザした葉っぱになります。花が咲く時期としては6月から8月になります。

サクラソウについては桜が咲く時期などになりますから、同じ仲間ではありながら咲く時期としては少し遅くなるといえるでしょう。花茎においては円状に花がつくようになっています。通常の花については茎の先のみにつくのでしょうが、この花についてはそれが数段になっています。そのことから寺院などにある九輪に似ているとして名前が付けられたとされています。

さすがに九輪もあるわけでは無いですが、5段ぐらいになっているものがあるようです。葉っぱについては根の近くから出るだけなので花の近くにつくわけではありません。やや楕円形をしていて、しっかりした葉っぱになります。花に関してはサクラソウの種類らしく小さい花がたくさん咲きます。色としてもピンク色っぽい物が多いです。

pixta_westringia

ウェストリンギアの育て方

シソ科・ウエストリンギア属に分類され、別名にオーストラリアンローズマリーの名前を持つ低木がウェストリンギアです。別名にあ...

pixta_herebors

ヘレボルス・チベタヌスの育て方

ヘレボルス・チベタヌスはキンポウゲ科ヘレボルス属の多年草ですので多くのヘレボルスの品種がヨーロッパに生息地としているのに...

pixta_konagi

コナギの育て方

コナギと人間の歴史は大変古くからあります。特に日本人をはじめ、アジア諸国と古くかかわりを持ってきた植物といえるでしょう。...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方について

マンデビラはキョウチクトウ科マンデビラ属で、原産地や生息地は北米や中南米です。チリソケイやディプラデニアという別名もあり...

pixta_gettou

ゲットウの育て方

ゲットウの特徴ですが、南国の植物でショウガ科に属し、葉は生姜の葉と同じ形をしています。葉の幅約15センチ程度、長さが40...

pixta_sanzasi

サンザシの育て方

サンザシの原産地は中国で、主に北半球の温帯を生息地としています。日本や中国に自生している種類の中には、花や実が美しいもの...

pixta_jintyouge

ジンチョウゲの育て方

ジンチョウゲは、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の植物で、漢字では沈丁花と書きます。学名はDaphne odoraで、Dap...

pixta_ninjin_01

人参の育て方

原産地はアフガニスタンで、ヒンズークシーという山のふもとで栽培されたのが始まりだといわれています。古代ギリシャでは薬用と...

pixta_lemon

レモン類の育て方

レモンと言えば黄色くて酸っぱいフルーツです。レモン類には、ライムやシトロンなどがあります。ミカン科、ミカン属になっており...

pixta_herenium

ヘレニウム(宿根性)の育て方

この花に関しては、キク科、ヘレニウム属に属する花になります。花の高さとしては50センチから150センチほどになるとされて...

スポンサーリンク

pixta_endou_02

エンドウとツルレイシ...

エンドウの原産地は、エチオピアから中央アジアや中近東でさ...

pixta_hoteiaoi

ホテイアオイの育て方

ホテイアオイという水草の原産地は南米大陸であり、現在では...

pixta_oogiku

大ギクの育て方

花色や花の形、品種が大変豊富な秋の代表花である大ギク。菊...

pixta_benijium

ベニジウムの育て方

ベニジウムは南アフリカ原産の一年草です。分類としてはキク...