セラスチウムの育て方

セラスチウムの育て方

セラスチウムは、20センチ前後の、あまり大きくない花になります。ですが、上へと伸びるのではなく、どんどんと横に伸びていきますので、育てる時は注意が必要です。そのままにしておきますと、特にマンションなどでは、近隣住民から苦情が来てしまう可能性がありますので、気をつけましょう。

育てる環境について

セラスチウムの育て方で気をつけなくてはいけない点とは、一体なんなのでしょうか。それは、先ほどももうしました通り、夏の暑さに気をつけるということです。夏に育てる場合には、直射日光と蒸れに気をつけてあげてください。特に、直射日光が当たってしまいますと、直ぐに枯れてしまう可能性があります。

ですので、出来る限り斜光をしてあげましょう。また、日陰か半日陰など、一日中太陽が当たらないように、出来る限り配慮をしてあげる必要があります。ですが、夏以外の季節は、逆にきちんと太陽の当たるところで育ててあげなくてはいけません。なぜかと申しますと、セラスチウムは、基本的には日当たりを大変好む花だからです。

逆に、日当たりが悪いところで育ててしまいますと、全く花が咲かない可能性もありますので、注意が必要です。ですが、セラスチウムは、冬は大変強い花になります。雪の中に埋もれてしまったとしても、枯れずに咲き続けることができる強さを持っております。ですので、あまりにも庭の手入れをしないというのはよくありませんが、

冬に育てるのであれば、夏ほど気を使う必要はありません。上手に育てれば、一面白と銀色の綺麗な庭が出来上がります。大変綺麗な花ですし、小さくて可愛いので、たくさん育てて、綺麗な庭を作り上げてしまいましょう。また、鉢植えでも十分に育てることができますので、花を育てるのが苦手だという人も、大変おすすめです。ですが、その場合には、少し涼しい季節を選んで育てるようにしましょう。

種付けや水やり、肥料について

白の花と、銀色の葉を持つセラスチウムですが、種付けや水やりなどで、気をつけなくてはいけない事とは、一体なんなのでしょうか。まず、一番大切なのが、水やりになります。なぜかと申しますと、セラスチウムは大変繊細な花になるからです。水やりをする際に、シャワーなどで一気に花に水をかけてしまうのは、絶対にしないで下さい。

なぜかと申しますと、花に水が掛かってしまいますと、それだけで花が傷んでしまう可能性があるからです。ですので、水やりをする際には、花に水が掛からないように、優しく下から水をかけてあげる必要があります。ですので、日当たりを大変好む花ではあるのですが、外にそのまま放置してしまいますと、

万が一雨が降ってしまった時に、花に雨が沢山掛かってしまう可能性があります。雨に当たらないようにするためにも、出来る限り雨除けをしてあげたり、軒下など、雨が当たらない様な所を選んで育ててあげる様にしましょう。また、セラスチウムには、肥料は一切必要ありません。かえって肥料を一生懸命あげてしまいますと、

花付きが悪くなってしまう可能性があります。また、徒長してしまう可能性も十分にありますので、気をつけましょう。もしも、一生懸命育てているのにもかかわらず、一向に花がつかないといった時には、肥料をあげている可能性がありますので、止めてみてくださいね。このように、セラスチウムの栽培方法は、少し気を使えば十分に誰でも育てる事ができますので、大変おすすめですよ。

増やし方や害虫について

もしも、セラスチウムをたくさん育てたいという事であれば、出来る限り鉢植えでも育てるのはやめましょう。少しくらいの花であれば、十分に鉢植えでも育てる事は出来ますが、たくさん育てたいという事であれば、鉢植えは蒸れてしまい、枯れやすくなってしまいますので、注意が必要です。

また、どんどんと横に広がっていくという特徴がありますので、たくさん育てる場合には、一定のスペースを確保してあげる必要があります。そうする事で、たくさん花をつけてくれますので、綺麗な庭を作り上げる事ができますよ。また、セラスチウムは、水はけの良い土を使ってあげるようにしましょう。

少し乾燥していて、痩せ地でないと、逆に花をつけない可能性があります。ですので、花のためだからといって、頑張って肥料など土に気を遣う必要はありません。そうする事で、かえって花は付かなくなってしまう可能性がありますので、気をつけましょう。もしも、用意した土が水はけが悪いようであれば、砂利などを入れてあげるようにして、水はけを良くしてあげましょう。

そうする事で、綺麗な花をつけてくれますよ。また、どうしても鉢植えで可愛く育てたいという事であれば、中に入れる土に気を遣ってあげましょう。大切なのは、赤玉土を7、腐葉土を2、川砂を1で配合してあげた土を使用するという事です。鉢の中が蒸れないように、水はけが良くなるように配慮をしてあげてくださいね。そうしませんと、せっかく育てようと思っても、思うように花をつけてくれない可能性がありますよ。

セラスチウムの歴史

セラスチウムは、20センチ前後の、あまり大きくない花になります。ですが、上へと伸びるのではなく、どんどんと横に伸びていきますので、育てる時は注意が必要です。そのままにしておきますと、特にマンションなどでは、近隣住民から苦情が来てしまう可能性がありますので、気をつけましょう。セラスチウムの原産地はイタリアになります。

また、南ヨーロッパも生息地になります。一般的に、種から育てるものになりますが、中に入ると苗で売っている可能性もありますので、種から育てるのは苦手だという人は、是非、苗を探してみましょう。また、冬に強く、夏に弱いという特徴を持っておりますので、育てる時には気をつけるようにしましょう。

真っ白な花と銀色の葉が、育てると一面セラスチウムの海のように広がっていきます。是非、一軒家などで庭があるという人は、育ててみてはいかがでしょうか。また、セラスチウムは、花以外にも葉の部分にも鑑賞価値がある、素敵な花になります。その理由は、やはり銀色の葉が特徴的だという事が挙げられます。

中には、花ではなく葉をメインにして育てる人もいます。寄せ植えなど、鉢で簡単に育てる事ができますし、夏の暑さにだけ気をつければ、1年中育てる事ができます。また、ある程度マメに育てなくても、十分に育っていく力がありますので、最初に述べました通り、横に伸びていく事さえ気をつければ、花が育てるのが苦手な人でも、簡単に育てる事ができるでしょう。

セラスチウムの特徴

セラスチウムの特徴は、なんと言いましても、白く繊細な花に対して、銀色の素敵な葉を持っているという事です。また、ある程度適当に育てても、きちんと育つという強さも持っております。ですが、放置してしまいますと、どんどんと横に育ってしまいますので、マメに手入れをしてあげる必要があります。真夏の暑さには弱いのですが、冬の寒さには強いので、高温多湿に気をつけて育てるようにしましょう。

そうすれば、誰でも簡単に育てる事ができますので、大変おすすめですよ。セラスチウムには、冬の強さに耐える事ができるという特徴があります。冬は耐寒性がありますので、雪に埋もれてしまったとしても、枯れるという心配はありません。ですので、寒い地域に住んでいる人でも、安心して育てる事が可能です。

ですが、夏の暑さには弱いので、気をつけなくてはいけません。特に、直射日光と蒸れには大変弱いので、夏に関しましては、かなり手入れには気を付けるようにしましょう。夏は、直射日光が当たらないように、出来る限り日陰で育てるなどの工夫が必要です。

ちょっと育てるのに不安であれば、夏に関しましては、花を育てないようにするのも、一つの手ですよ。夏を除けば、誰でも簡単に育てる事ができますし、冬の寒さには強いという特徴がありますので、その特徴を十分に活かして、育てるようにしてあげましょう。せっかく育てるのであれば、枯らさないで、大切に育ててあげるように心掛けましょう。

pixta_mesennonakama

メセンの仲間(夏型)の育て方

この植物の特徴としては、まずはハマミズナ科に属する植物で多肉植物であることです。ですから茎などがかなり太くなっています。...

pixta_hanaikada

ハナイカダの育て方

ハナイカダはミズキ科の植物です。とても形がユニークですので一度見ると忘れないのではないでしょうか。葉っぱだけだと普通の植...

pixta_hipoesutesu

ヒポエステスの育て方

ヒポエステスは南アフリカのマダガスカル島が原産と言われており、他の生息地としてはユーラシア、アフリカ、オーストラリアの熱...

pixta_komatsuna

コマツナの育て方

コマツナの歴史は国内では江戸時代まで遡ります。東京の江戸川区の小松川で栽培されていたことが、小松菜という名前になった由来...

pixta_shungiku_01

春菊の育て方

春菊の原産地はトルコやギリシャの地中海沿岸を生息地としていたと言われています。その後地中海沿岸から東アジアの地域へ伝わっ...

pixta_ariakesumire

アリアケスミレの育て方

アリアケスミレは日本原産の本州から四国、九州に自生するスミレの仲間ですが、山野草としても扱われて盛んに栽培されています。...

pixta_jagaimo

ジャガイモの育て方と植え付けからの仕事

ジャガイモの種まき時期は、春植えと秋植えが出来る1年を通しての栽培が出来る人気の野菜で、8月下旬から9月上旬に植えておく...

pixta_daikon_01

大根の育て方

大根の原産地は地中海沿岸といわれていますが、いろいろな説もあります。紀元前2500年ごろにエジプトでピラミッドを通ってい...

pixta_hatuyukisou

ハツユキソウの育て方

ハツユキソウは背丈がおよそ1メートル程の高さに延び、その葉先に小さな花をつけます。白く色づく葉は花の回りにある唇型の葉で...

pixta_riefretasu

リーフレタスの育て方

紀元前6世紀にはペルシャ王の食卓に供されたというレタスですが野菜としての歴史は非常に古く、4500年前のエジプトの壁画に...

スポンサーリンク

pixta_rikorisu

リコリスの育て方

種類としては、クサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガンバナ...

pixta_sentedzeranium

センテッドゼラニウム...

センテッドゼラニウムはフロウソウ科のテンジクアオイ属の植...

pixta_kitunenobotan

きつねのぼたんの育て...

きつねのぼたんはキンポウゲ科の多年草です。分布は幅広く北...

pixta_suisen

スイセンの育て方

スイセン、漢字で書くと水仙。この植物は、ヒガンバナ科(旧...